HOME

2021年12月17日

  

   

今回は10周年の企画ライブ

SHE’S 10th Anniversary So Close, So Far」』に来てくれた

お客さんの声をお届けしました!

  

So Close, So Far」は 1010日の横浜からスタート。

広島・金沢・仙台・札幌・高松・福岡・名古屋、 

そしてツアーファイナル、大阪の

9カ所10公演を行ったツアー。

そんなツアーに参加されたお客さんに

番組スタッフが電話インタビューしました!

  

==========================

RN:水色のぽちゃっこさん (福岡公演に参加)

彼と一緒に行きました。 

Amulet」というアルバムを引っ提げてのツアーということで、

このアルバム自体もすごくSHE'Sらしくて

温かい曲がいっぱいあるので、

楽しみだなと思っていましたが、

ライブでは会場の一体感というか包み込まれるようにな歌声で、

すごい幸せな時間が流れていました。

特に好きだった『Do you want?』っていう曲があるんですけど、

曲のサビがすごいキャッチーで頭からその後も離れず、

帰り道もずっと2人で口ずさみながら帰るぐらい、

とっても大満足で幸せな時間でした。』

==========================

  

今回のツアーではゲストに

アルバム「Amulet」でも参加してくださっている

サックス奏者の永田こーせーさんも出演。

普段、サックスの入らない曲も

今回は永田さんの演奏がプラスされ豪華なライブとなりました。

  

続いては、、、

  

==========================

RN:もえかさん (札幌2公演とファイナルの配信を観た)

2日間で何曲か違って楽しかったです。

特に2日目の方で『遠くまで』っていう曲をやってくれて、

その曲の歌詞が「あなたともっと遠くまで一緒に行きたい」

っていうような内容の歌詞で、

その曲を聞けたのが嬉しかったです。 

今回はレーザーの照明があって、

そのレーザーが色の印象・雰囲気によって変わっていて

すごい圧倒されました。

竜馬さんが

『ファンのみんなが優しいから』って言ってくれたんですけど、

SHE'Sのファンが優しくいられるのは

SHE'Sからの優しい音楽だったり言葉だったり、

そういうものをたくさんもらってるから

優しくいられてるんだよなっていう思いました。 

==========================

  

セットリストについては演出の都合上

照明さんとの兼ね合いがあるため

事前に決めてはいるそうですが

やはり演奏しているうちに

その時の会場の雰囲気、自分たちの高揚感で

アンコールの曲を変えることもありました。

ここだけの話、アンコールで使うはずだったレーザーも

曲が変わったことで、出番がなくて

レーザー専門の照明さんが

固まってたなんてこともあったそう。()

  

最後は、、、

  

==========================

RN:なちょさん (大阪公演に参加)

“みんな”じゃなくて、

”あなた”っていう表現をしてくれるところが、

聞いてる人、1人ひとりに寄り添った言い方で

その言葉とか歌・音楽がすごい自分に届くっていうか、

一人一人にちゃんと向かって届けてくれるところが

すごく好きです。

一番印象的だったのはアンコールの2曲なんですけど、

『歓びの陽』で

「ここまで来るのに1人じゃなかったんだ」っていう歌詞の時に、

竜馬さんが両手を広げて、

他のメンバーの3人をさしてるような感じがして、

4人で10年間続けてくれてよかったなって思ったし、

メンバー同士の信頼感というか、

お互いを想い合っているSHE'Sはすごく素敵だなって思いました。 

あと、もう一つのアンコールの『Curtain Call』は、

みんなのお客さん一人一人を見て歌ってくれて、

すごいグッときました。

マイクの前じゃなくて、自分の声で歌うところが、

すごい感動してよりSHE'Sの思いが伝わって

胸いっぱいになりました。』

==========================

  

井上『歓びの陽で両手を広げたのも

最終公演で最後のアンコールやし

っていうのでグッと来て。

もちろん10年間やってきたメンバーもありつつ、

スタッフおるし、

何よりそれこそお客さんの“あなた”。

一人一人の力で支えられていますから、

10年間やってきたことは当たり前じゃないなと

やりながら思っていましたね。』

  

インタビューお答えいただいた 

きょこさん、ペンギノンさん、

もえかさん、水色のぽちゃっこさん、 なちょさん 、

ありがとうございました!!

  

  

2022年4月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー