HOME

2021年9月 2日

水曜キンプレを担当するSaucy Dog。

今回のキングスミーティングは、
先週リリースしたミニアルバム「レイジーサンデー」に関して
リスナーさんからのメッセージを紹介しました。

RN 赤ねこじゃらしさん
リスポーンを聴いて心打たれました。
私は男の子側も女の子側も経験したことがあるので、
聴いてて胸が痛くなりました。
元恋人の存在はどうしてあんなに大きくなってしまうのでしょう。

RN もぬもぬさん
全曲良すぎて呼吸困難になりそうです!
特に「なつやすみ」が好きです。
私は今大学生で、夏休み中に将来のことを考えています。
背中を押してくれる曲だなと思って、大好きな曲がまた増えました!
新しい宝物をありがとうございます!

RN SIVAさん
たまたまラジオで聴いたリスポーンに心を打たれて
配信でミニアルバムを購入しました。
婚約破棄になって心が沈んでいた時にこの曲を聴き、
失恋ソングなんだけど背中を押してくれる前向きな声に
私も前を向いて進めていけそうです。

そのほか紹介しきれなかったたくさんのメッセージ、
ありがとうございます。

このメッセージを糧にSaucy Dog、そして番組スタッフも
心に寄り添った番組作りを心がけようと思います。
作品の感想メッセージは常に募集中です。
抑えきれない伝えたい思いがあったら、
ぜひ番組まで送ってくださいね。

2021年8月31日

  
IMG_4526.JPG
  

今回は831日に最終日を迎えた

UNISON SQUARE GARDEN 

Revival TourCIDER ROAD』に参加された方に

スタッフが電話インタビューした模様をお届けしました。

  

RN:みうら さん  宇都宮公演に参加

『とにかくヤバな公演だった。 

ずっとDVDを見ていたので、『あ、ここのアレンジが!』とか、

個人的には「いつかの少年」が胸に響いた。

like coffeeのおまじない」の前に、

当時のMC再現します!と言う感じで 

『踊れる?』とか、微笑みました。 

好きになった当時はあまりライブに行けなかったので、

その分たくさんDVDを見て 

『ライブってこういうものなんだ!』って

初めて思ったのがユニゾンのDVDだったから 

当時の気持ちと一緒にライブが観れたこと、

あと、セットリストがわかってたから 

『次この曲だ!』ってワクワクできたのがすごく良くて、

やっぱり当時の曲で

今はあんまり聴けないなっていう曲も聴けたのが

すごく良かったです。」

  

  

RN:りこぴ さん  神戸公演に参加

「8年前は初めて行ったユニゾンのライブだったから

『楽しすぎる!』と衝撃を受けました。 

今回もかっこよくて楽しいライブではあったけど、

感動して泣いてしまうシーンがありました。 

UNISON SQUARE GARDEとの)出会いのきっかけは

双子の妹が勧めてくれたことです。

8年前のツアーも妹と一緒に行きました。 

今、妹は関東にいるので関東での公演に行っていて、 

本当に楽しくて、

明日仕事なのを忘れるくらい楽しいっていう話をしました。 

楽曲とか、CIDER ROADだと

アルバムの良さを再認識できるツアーになっていると

思いました。」

  

  

ライブを続けていくことについて

リスナーさんの目線でどんな風に感じているのかも

伺いました。

  

*やっぱりライブをすることでしか

伝わらないことってありますし、

それを決意しやってくれていると思います。

あと、観客の私たちも

気をつけないといけないことはたくさんあると思うけど、

それを信じてライブを続けてくれるっていうことは

すごくありがたいし、

私も今一度すごく気をつけていかなきゃなと思っています。

  

*コロナ禍でライブをするっていうのは

すごく勇気がいることだと思いますし、

自分からするとライブに行くことが

自分の中でストレス発散の部分だったり、

人生を生きていくためのモチベーションの一つで、

その楽しみを奪われないっていうところで、

変わらずやってくれるというのがリスナーとしては

ありがたいです。

このまま変わらずユニゾンはライブを続けてくれると思うので、

また自分のタイミングで必ずライブに参加したいです。

  

*私にとってライブは本当に生きていく力になる源なので、

すごく大変な状況だけどライブが続いていくことで

前向きに生きていくことができるので、

本当にスタッフやメンバーやファンの皆さんと一丸となって

安全なライブを作っていきたいと思っています。

  

  

2021年8月26日

水曜キンプレを担当するSaucy Dog。

今回のキングスミーティングは、
今日リリースしたミニアルバム「レイジーサンデー」について、
そして同日発売のBlu-ray&DVD「send for you」について、
2回に分けてお送りしました。

send for youとは2月に開催した日本武道館公演のタイトル。
リリースに先駆けて先月には全国の映画館で
このライブの上映会を行いました。
ファンの生の声を届けたい!ということで、
武道館にきた東京在住のKanaさん。
そして映画館上映を見た名古屋在住のさいえんすさんに
スタッフが電話インタビュー。

Saucy Dogのライブの魅力、
武道館のステージを目の当たりにして感じたこと、
映画館だからこそ味わえたこと、気づいたこと、
音楽ファンという立場からコロナ禍のライブについて
感じたことなどをお話いただいて、
「Saucy Dogとファンは幸せものじゃない?」という
せとゆいか嬢のお言葉をいただきました。

来週は、皆さんから届いた
「レイジーサンデー」の感想メッセージを紹介します。

2021年8月24日

先日新木場スタジオコーストが

来年1月末で閉館されることが発表されました。


新木場スタジオコーストは2002年に開業。

昼間はライブハウス

夜はオールナイトイベントが開催されてきました。

リスナーの皆さんも足を運ばれたことがあったんじゃないでしょうか。

 

 

番組では KEYTALKの新木場スタジオコーストの思い出を語りました。

 

まずキンプレLIVEでも何度もお世話になりました!

本当にありがとうございました!

 

 

義勝個人の思い出は、、、

ワンマンツアー「KEYTALKワンマンツアー 3K組お祭り先生 〜

『先生!義勝君の給食費がありません!』〜」のファイナル

「桜花爛漫」の途中で

天井から給食費が入った袋を降らせるという

演出をしたことが思い出。

リハでは見事に舞っていたが

ライブでお客さんの熱気で袋が湿ってしまい

まさかの塊で落ちてきた。

新木場スタジオコーストで給食費の袋を降らせたのは

後にも先にも僕たちだけ。

 

 

 

八木個人の思い出は、、、

キンプレLIVEの「楽屋突撃ミーティング」

ほぼ初対面のバンドの方々の楽屋に突撃して

滑って変な感じになる。

とにかくメンタルが鍛えられた。

メンタルトレーニングだった。

唯一andropの佐藤さんとドラゴンズ繋がりで仲良くなれた。



新木場スタジオコーストの意志を継ぐものが

何かしら戻って来てくれることを願っています!

by KEYTALK

 

2021年8月19日

水曜キンプレを担当するSaucy Dog。

今回のキングスミーティングは、
北海道のイベンターWESS・塚越さんに
リモート出演していただきました。

先週末に北海道に開催した「ROCK CIRCIUT」や、
道内の大型フェス「RISING SUN ROCK FES」を
主催するWESS。

ロックサーキットは、当初出演予定だったアーティストが
急遽出演キャンセルとなり、
「代役はSaucy Dogしかいない!」と
塚越さんの後押しでピンチヒッターを務めることになった。
この日はもう1組の出演者もキャンセルとなり、
Saucy Dogが出演を決意しなければ、
開催自体が中止になっていたとのこと。

塚越"もう芝生に正座してライブを見ました"
メンバー"いや、腕組んで立って見てましたよww"

秋から始まるSaucy Dogのホールツアー
北海道公演もWESS・塚越さんにお世話になるということで
両者の深い絆が垣間見える対談となりました。

2年連続で中止となった
ライジングサンロックフェスに関しては…

"ライジングサンはありがたいことに
 北海道の皆さんに愛されているんですが、
 残念な気持ちはお客さんと同じです。
あの規模でオールナイトのキャンプインだと
どうしてもリスクが伴うので、
今できることを無理のない範囲でやっていくしかないという
開き直りの状況です。

"去年の春ごろ、イベントが全くなくなった頃は
 さすがに転職を考えました。
 でも昨年の夏頃から徐々にライブができるようになったけど、
 去年の秋ぐらいにツアーを回ってくれるバンドは、
 絶対に赤字じゃないですか。
 そんななかSaucy Dogは北海道に来てくれたから嬉しかったです"


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32

2021年9月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

バックナンバー