HOME

2021年6月 1日

尾崎世界観のキングスプレイス

3回目のキングスミーティングは観衆たちの声ということで、

リスナーの皆さんにお話を聞きました。


RN:さくら


「私はフェスとかいろんなバンドが出るライブとかの時に、

 ライブの良さを感じるなと思っていて、クリープハイプが出てくると、

 この音楽がやっぱり一番だなって改めて思います。

 クリープハイプのライブで続けてほしいこととして、

 登場する時の音楽がない状態で登場するのをずっと続けてほしい。

 というのも、何も混じり気がない状態で真っ暗な中から、

 スッと4人が出てきて、照明がついて1曲目の音楽が耳に入る瞬間に、

 クリープハイプのライブに来た!会えた!って強く思うので、

 ずっと続けて欲しいなって思います。」


尾崎「あー、そうですね。イベントとかフェスで出てきた時に、

   安心感を感じる… そうですねって相槌何?今の(笑)

   お前受ける立場だろって思うよね(笑)

   ありがたいですね。SEがないのに関してはね、いつまでも

   無音なのかは分かりませんけどね。

   次は刑事コロンボのテーマ曲で出ようかな(笑)」



RN:甘夏


「クリープハイプのライブは、行くと女性が多くて、

 その中でも男の人がいたりカップルかなって方とかいるんですけど、

 みんな好きで来ていて、それぞれ体を揺らしたりとか、

 頷いたりとか、私はいつも泣いちゃうんですけど(笑)

 マスクをして歓声を出しちゃいけないっていうのは辛いんですけど、

 こっちも愛を伝えたいんですよ!

 ライブ中会場に向かって指ハート作ってたんですけど、

 私が何やってるのか分かってるのかなって。

 あちらから愛を受けるのに、

 こちらから愛を拍手でしか伝えられないのが辛くて、

 大好きなんだぞって伝えられる術を尾崎さんから

 提案してくれたら、我々はやります!」


尾崎「なんかいいね(笑)勢いがあって(笑)

   嬉しいですね。いいんだよ!だからもう。

   いいって言ったじゃねーかよ!キングスミーティング

   聞いてねえなこの人!って思ったら、ちゃんと聞いてるし、

   その上でさらに伝えたい!ってだからいいんだよ!

   指ハート知ってますか?って、

   クリスハートなら知ってるけど指ハートなんか知らないよ(笑)」

   指ハートって何?あー、あれね。

   いいよしなくてそんなこと!すんな!突っ立ってろそこに!

   (笑)お客さんに突っ立ってろって言ったの初めてだな〜

   あの人なんかしたのかなって思われるよね対バンのファンに(笑)

   バケツ持って立ってなさいそこに。

   充分伝わってますからそれでね。

   引き続きお願いします。」


RN:星


去年の2月にあった仙台のライブが初めてのライブだったんですけど、

 ライブハウスってどういう感じなのかなっていう不安があったんですけど、

 始まってから一気に持ってかれました。

 尾崎さんがライブで言ってたこともあるので、

 空席を作ったらだめだなって思って。どうしてもいけなかった人とか、

 医療で働いてる方もいると思うので、そういう方でも見れるように、

 空席ができたらそこにパネルを置いて顔の部分はタブレットとか置いて、

 いかにもその席にいるかのような感じを作って、

 行きたいけど行けない人が見れるようにするのはどうでしょうか。

 ヤクルトが好きなので、ライブで会うのはもちろんなんですけど、

 いつか神宮で尾崎さんに会えたらいいなって思ってます。


尾崎「タブレットのアイデアはすごい良いですよねー。

   まぁ大変なんだよねシステムを作るのがね。

   でも言ったじゃん!空いてるところもいいなって、

   今までは平面だったのが立体的になったなって、

   このコーナーで、俺言ったじゃん!

   これ俺言ったじゃんのコーナーじゃないよね?

   俺言ったじゃんのコーナーになっちゃってるよ(笑)

   でも嬉しいですね。聞いてくれないんだよねファンの人って。

   それがいいですよね。それでもって飛び越えてくるからね。

   とてもありがたく存じます。」



電話取材を受けてくれた皆さん、有難うございました

2021年6月 1日

    
今回はライブハウスの声を届け!

CHAIの地元 名古屋のライブスペース

K.Dハポン-空き地-で店長をされているモモジさんに

お話を伺いました。

  

K.Dハポン-空き地-」は

普段から音楽だけではなく、映画の上映会や、ダンスなど

様々な形で使われているため

表現する人がいて、お客さんがいれば

こういう場所はずっとなくならないだろうと思っていたそうですが

このコロナ禍により、根本から考えが覆されたと話すモモジさん。

  

コロナ禍により演者側のライブの自粛で

ライブが少なくなってきたこともあり、

一時はライブとしての営業は休止。

その代わり

カフェ営業に切り替えたり、ドネーショングッズを作ったり、

地元バンドで繋いで作り上げた曲を

フリーダウンロードで聴けるようにしたりと、

ライブ以外での活動を積極的に行っていたそう。

  

久々にライブの営業ができたときに

「K.Dハポン-空き地-」を続けていてよかったなと

感じたそう。

  

モモジ『お客さんがいて、出演者がいて、

             ライブがあって、スタッフがいて、

ハポンがあって、、、このどれが欠けても成り立たない。

かけがえのないものなんだな、というのをすごい感じて。

出演者とかお客さんが、お互いに

「ありがとう」と言っている光景を見て、

ものすごく心に響いたというか。

やっていてよかったなと思った。』

  

モモジさんありがとうございました!

  

  

2021年5月28日

  

今回はCHAIのライブに行ったことあるお客さんに

電話取材した模様をお届け!

  

RN:すしえさんは2018年の

CHAIいく!CHAIくる!トゥアートゥアートゥアー」

広島公演に参加。

  

クリスマス前ということもあり、

CHAIがサンタクロースの格好をして登場。

クリスマスプレゼントとしてカナさんが投げたお煎餅を

見事キャッチ!

そこから何週間も部屋に飾っていて、

いざ食べるときには湿気っていたそう。

当時、受験を控えていた すしえさん。

受験に対する不安の気持ちが強かったそうですが

CHAIのライブに行って頑張ろうという気持ちに変化したとのこと。

すしえさんにとっての常に元気を与えてくれる存在で

楽しい気持ちにさせてくれるとお話ししてくれました!

                 

  

RN:足の小指が、あ、いたたた さんは2019年からツアーは全部参加。

  

CHAIは悩みを歌詞で表現してくれて

ライブではそれを全身全霊で伝えてくれるところが

好きだそうです。

CHAIのライブの魅力として

元気や笑顔いっぱいで、ドキドキやワクワク感がすごく

何が起こるかわからない楽しい場所でもあり

素になって楽しめる場所だとお話ししてくださいました。

  

  

全国ツアーCHAIWINK TOGETHER TOUR」が始まります!

新たなに様々なことに挑戦したニューアルバム「WINK」の曲が

ライブで聴けちゃいます!

どうやってパフォーマンスするのか想像もつかない曲たち。

今までのCHAIとはまた違うワクワクドキドキが体感できちゃうかも!

お楽しみに!

  

  

2021年5月28日

AJICOの最新EP「接続」について語りました。

 

「地平線Ma」「惑星のベンチ」

「接続」「L.L.M.S.D.」4曲ともテーマは一貫している。

曲は特色があって、それぞれが個性的に完結できている。

 

リードトラック「地平線Ma」のMaはママのこと。

歌詞の冒頭にもある「右も左も関係ない」

地平線も人が立って見ていれば、一本の線に見えるけど

ずっと繋がっていけば丸い、結局最後は繋がる。

ややこしい時代だけど、地球人だということを

感じるような瞬間があって、地球を愛して

心の中で抱きしめてよっていう想いが込められている。

 

L.L.M.S.D.」は最後にほっこりするセーターの歌。

新しいものを買わないと社会はまわっていかないという

資本主義の真逆のことで日常的なことを歌っている。

 

今回のEP4曲はすごいあったかいことを言っていると思う。

たくさんの人にまずは純粋に音楽として新鮮に聴いてみて欲しい。

 


2021年5月25日

尾崎世界観のキングスプレイス

3回目のキングスミーティングはライブハウスの声ということで、

下北沢DaisyBarの店長、加藤良行さんにお話を聞きました。


まずはコロナ禍になってからのライブハウスについて。


加藤「去年の4月から6月の半ばぐらいまではお店を完全に閉めた

   状態で、そこから少しずつ無観客での配信もやるような形で

   整えていって、6月後半からお客さんもちょっとずつ入れながら

   配信も行いながらという形で。

   個人的には配信ってどうなのかなっていうのはあったんですが、

   スタッフがそういうところをどんどん準備していって、

   実際やってくとこれはこれでアリだなというのが見えてきました」


  「何かしら発信していかないとどうしようもないかなって所で、

   お客さん入れてのライブだけにこだわってるとバンドも出来ないし

   我々もやることなくなっちゃうなっていうのがあったんで。

   実際のライブとは違うんですけど、

         ライブハウスとバンドとお客さんが、

   繋がっていく機会を作れたのは良かったなと思います」


続いて、尾崎さんとも話した上で、コロナ禍の状況に対する思い、

ライブハウスとして加藤さんがすべきことについて聞きました。


加藤「やっぱり今までコロナ前までが、

   すごく特殊な世界だったのかもしれないということを言っていて、

   確かにお客さんもバンドもいろんな意味で

   無理しながら楽しんでいるところがあって、

   その無理が楽しかった所もあるんですけど、

   その辺も少し見直す機会にはなるのかなっていうことを

   思いましたね」


  「ライブハウスとして、配信やったりとか新しいこともやりながら、

   基本はいいバンドに出てもらって、それを呼ぶ努力をして、

   いいライブをやってもらうという所に変わりはないかなと思って、

   逆にそれを一生懸命にやっていく、

   基本をちゃんとしっかりやることが

   大事かなっていうのは思いましたね」


尾崎「ライブハウスでライブをやるってすごい大事なんですよね。

   今はコロナの中でお客さんが半分になったりして、

   物理的に少なくてもチケットがちゃんと売れて、

   満員だっていう意識の中でやれているのが当たり前だけど、

   やっぱライブハウスで5人も来てくれないような

   ライブをやるというのは大事ですね。

   何かあった時に筋肉としてその経験が残ってると思うので。

   DaisyBarでずっと積み重ねてきた、

   なんだったんだろうこれっていうライブが今になって、

   今まで行けなかった所に届ける力になっていると思うので、

   そういう風にバンドを育てる、

   地力をつけるためにライブハウスっていう

   存在は必要だと思いますね。」



最後に、加藤さんから尾崎さんへのメッセージをいただきました。


加藤「こういう状況になってから、色々ライブハウスのことを

   気にしてくれているなっていうことをすごく思いまして、

   すごく感謝しています。

   そこもちゃんと応えられるようにやっていきたいと思いますので、

   よろしくお願いしますというのと、

   ありがとうございますっていうことですかね。」


加藤さん、ありがとうございました!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24

2021年6月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

バックナンバー