EVERY SATURDAY
8:00 - 12:00

DESIGN YOUR LIFE

9:10 - 9:40

ゲストのライフスタイルを構築しているルーティンをMORNING / WORK / NIGHTというテーマで伺います。
さらに、ゲストの生活に欠かせない「お気に入りのモノ」も深堀り。
トークの内容はカスタムライフのWEBサイトで記事化して公開中です。

BACK NUMBER

2022.1.29

村上淳

1973年7月23日生まれ。大阪府出身。『ぷるぷる 天使的休日』(93)で映画デビュー。『ナビィの恋』(99)、『不貞の季節』(00)、『新・仁義なき戦い。』(00)の3作品で、第22回ヨコハマ映画祭・助演男優賞を受賞。 以降、数多くの映画・ドラマに出演。近年の主な出演作に、『新宿スワン』シリーズ(園子温監督/15、17)、『グラスホッパー』(瀧本智行監督/15)、『パンク侍、斬られて候』(石井岳龍監督/15)、『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』(大森立嗣監督/19)、『ある船頭の話』(オダギリジョー監督/19)、『初恋』(三池崇史監督/19)、『鳩の撃退法』(タカハタ秀太監督/21)、『島守の塔』(五十嵐匠監督/21)などがある。廣木隆一監督との出会いは、当時ストリートカルチャー誌のモデルだった村上淳が、TBS番組「素敵な恋をしてみたい」内のミニドラマ『スケートボード』(藤井フミヤ監督)で演技デビューを飾った作品の監督補として参加していたのが監督との出会いであった。あれから30年近くもの間に、『不貞の季節』『ラマン』『PとJK』『ここは退屈迎えに来て』など10作品以上の監督作品に参加しながらも、『夕方のおともだち』でようやく廣木監督作品初主演、そして芸能生活30周年にあたる記念すべき作品となる。