HOME

2021年6月16日

  
0608KP-4.JPG
  
  今回はプライベートでも親交がある

音楽クリエイターのヒャダインさんに

コロナ禍での活動や、音楽への想いを伺いました。

  

アイドルへの楽曲制作が多いヒャダインさんですが

昨年の35月は、コロナにより

ライブや、イベントなどが開催できないため曲のリリースもなく

一時はお仕事がほとんどなかったそう。

  

7月くらいからは徐々に活動が回復していき

お仕事も戻ってきましたが・・・

  

『復帰した直後はコロナについて

歌詞に含ませて入れたりとかして出したんだけど

全然ウケなくてビビった。

けど、そうだよね。

毎日ニュースで「コロナが・・・」って言ってて

誰かに会ってもコロナの話しかしない中で

音楽までコロナの話されたらうんざりだよね。

そこで思ったは、俺の役割はコロナで沈んだ気持ちを忘れさせる

明るいものを作ることだなと。』

  

音楽自体、楽しいもので

辛いことや苦しいことを忘れさせることができる存在であり、

今でこそ音楽が必要だとお話してくださいました。

  

また、ライブはやっぱり必要だと言うことで・・・

  

『やっぱり音楽って楽しいじゃん。

不要不急でライブやっちゃいけませんとか多かったけど、

音楽で救われた人もたくさんいるだろうし、

それが命に関わることじゃないって言うのは

ちょっと乱暴だなと思うよね。

音楽にそこまで興味がない人からしたら

ただの遊びだから、

その遊びを優先するなんてどうかしている

って言う人もいるかもしれないけど、

はぁ??だよ!ライブが必要!!』

  

ヒャダインさん、今感じている音楽への想いをお話しいただき

ありがとうございました!!!

  

  


2021年7月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

バックナンバー