HOME

2021年6月 3日

2021-05-28 17 00 15.jpg


おはようサンフランシスコ


華の水キン
尾崎カリ・リストラがナビゲート

あっというまの1時間、いかがでしたでしょうか。



今週は、KBC(ケン・ベン・ちょろまかし)ひゅーいさんとの
キングスミーティング


ミーティング史上、
一番無駄を愛せた時間だったんじゃないでしょうか。

石崎さん側のスタッフも苦笑い。




ぜひ次回は、ぽなのかこなのか
ぽこ問題最終討論会を実施したいと。




6月ですね。



今日はオリンピック問題について、
切り込みたいと思います。



思っただけで、
書く気は さらさらございません。




最近、覚えた言葉があります。

〜いずれ菖蒲(あやめ)か杜若(かきつばた)〜

どちらも優れていて、優越がつけにくい という意味です。




これを聞いて、
お気づきの人もいるかと思いますが、



そうです。




今、島耕作にはまっています。




『ああ、13巻のツーリングカーの』って思った人
ご名答。


キャンペーンガールを選ぶ際に、
当時の中沢部長が放った言葉です。たしか。




とにかく、この島耕作、
非常に仕事も出来るのですが、
どこの派閥にも入らずに、
好きな仕事をこなしていく。クール。
あと、とにかく女性にもてる。
三話に1回は誰かを抱いている。
しかし、読んでいると、なんとも純粋。

あれ、こんなに色んな女性と寝ているのに?
これって普通なのかな?
と脳の錯覚を起こしている感覚です。


今は社長になったということは、
生きてりゃなんとなく情報はいってきます。

私は基本的にネタバレOKなので、
問題ございません。

どんな困難に出くわしても、
『でも社長になるんでしょ?』というマインドで読んでいます。


一番好きなシーンは、
今野に因縁つけられ、
食堂で水ぶっかけられた際に、
当時の部下たちが一人一人
今野につっかかり、
やっつける
という、ここだけ聞くとなんのこっちゃですが、

爽快すぎてそこだけ何度も読みました。

最悪そこだけ読んでください。



ああ、部長編早く読みたいので、
このあたりで失礼します。


とにかく、
島耕作
対に読め!!!!!



2021年7月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

バックナンバー