HOME

2021年3月12日

   
 
0310KP-2.jpeg
  

今回は秋山黄色さんをゲストにお迎えして

コロナ禍でライブへの想いや活動について伺いました。

 

秋山さんは36日から

ライブツアー「一鬼一遊TOUR Lv.2」をスタート。

有観客でのワンマンライブは実に1年ぶり。

 

その間にも勢力的に音楽活動を続け

知名度をどんどんと広げていますが、

本来なら、歴史あるライブハウスを通って

段々と大きな会場へ進みたかったとのこと。

 

そんな想いもある中での久しぶりのワンマンツアー。

今回のライブの意気込みお話していただきました。

 

秋山 『昔はアンコールができないくらい、

体力のペース配分が全然できなくて。

ステージに出てきて「できないんです。」

っていうっていうことが

初期の頃は結構あったんですね。

けど最近はカッコイイ見せ方とか、

セットを最後まで見ながらできるとかあって。

そんなライブを経てセカンドアルバムを作って、

少しギターから離れている楽曲もあって

見せ方が広がったんです。

だけど、さすがにワンマンライブから見られてない

お客さんもかなりいるので、

ちょっとこのツアーは全部アンコールできるかどうか

保証できないくらいのテンションで

やりたいなと思っていて。』

 

秋山黄色さんは33日に

セカンドアルバム「FIZZY POP SYNDROME

をリリース。

この2枚目のアルバムを出せたことによって

ご自身の楽曲制作に向けた心意気を

示せたのではないかと語ります。

 

秋山 『活動を本格的に初めて

           2、3年っていうレベルなので、

ファン心理ってすごい理解ができるというか。

ファーストアルバムは自分が地元で孕んだものを

全部出し切って聴かせているという気合で出したので、

聴いてくれている人の中で

あの頃の曲が好きだというのが

起こるなって思ったんですね。

けど僕としては作曲って

すごく楽しんでやっているので。

個人的には「楽しいと思えば、なんでもやるんだよ」

っていうのがわかってくれれば 

というのがすごくあるので、

タイミング的には今出せて

すごく良いなと思っているんですよね。』

 

曲は考えるというより降りてくるタイプだと分析。

完成形に近い形で思いつくため

曲作りは模写に近いとのこと。

 

楽曲制作は

カラオケやボーリングに近い感覚と話す秋山さん。

4月の緊急事態宣言の時には

暇だったのでひたすら曲を作っていたそうで

その時期に作っていた曲が『PAINKILLER』。

今回のアルバムの最後に収録されています。

 

秋山黄色さんお誕生日おめでとうございます!

次はねるねるねるね一緒に練りましょう!!

 

 

2022年4月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー