HOME

2019年8月21日

Photo 2019-08-15 19 02 54.jpg

はっとり「はじめまして、今日からはいったはっとりです!宜しくお願いします!」
マネキン「おいっ。おい!うるさいよ、お前。はっとりって言ったか?」
はっとり「あ、はい。」
マネキン「お前、マネキンが元気よくしゃべってどうすんだよ」
はっとり「はぁ・・・いやでも挨拶大事かなって。」
マネキン「かなってじゃないんだよ、カナッペだかなんだか知らないけど。
    マネキンってのは、お前基本寡黙なんだよ。そんなんだとびっくりされちゃうだろ。」
はっとり「すみません・・・。でも自分ここで絶対成果残したいんです!だから、だから」
マネキン「ああわかったわかった。今どきのやつにしては、ガッツがあることだけは認めよう。
    でもなここには、ルールがあるからまずはそれを頭にいれとけ。」
はっとり「はい!!あの・・・それで僕は何をすればいいんでしょうか?」
マネキン「基本は、静 だ。」
はっとり「性?ですか?」
マネキン「バカお前、そっちじゃないよ、それも出てくるけど、まずは動かない
    静 だ。」
はっとり「すみません、どうしても、そっちに頭がいってしまい。」
マネキン「ずいぶんいっちゃってるやつだなお前は。」
はっとり「先輩!」
マネキン「なんだ?」
はっとり「あれ見てください!!あそこ!きょぬーの子!ほらTシャツの」
マネキン「お前は言ったそばから・・・
    どこだそのきょぬーは。」
はっとり「あれです!」
マネキン「お前ダメだよ動くなよ!っておい!なに誇張させてんだよ!
    誰がそれも展示しろっていったんだよ!」
はっとり「すみません、ヤングアダルトなもので。」
マネキン「わけわかんないこと言ってんじゃないよ。」
はっとり「でもこの仕事って、ずっと動かずに、しかも見られて
    結構大変じゃないですか?」
マネキン「そらお前はじめは大変よ。でもよ、この無の境地を覚えると、
    脳内で様々な世界が広がるよの。
    目先のものなんて、どうでもよくなる。」
はっとり「なるほど深いっすね。あ!あの人こっち見てる。」
マネキン「・・・っておい!!!おーーい!!!お前は盛りのついた猫か!」
はっとり「すみません・・・、こればっかりはどうにも。」
マネキン「まあでもすぐに慣れるだろうよ。
    いいか若造、人間っていうのは、ともかく変態だ。
    究極、目の前の裸体よりも、脳内の真鯛に興奮するって言葉があるくらいだ。」
はっとり「そんな言葉あるんですか?」
マネキン「それに、ほら、昔CMでキ〇タクがマネキンのくびれにしがみついてたろ」
はっとり「いや、それはよくわからないですけど。」
マネキン「ともかくだ。ハンターハンターで、ネテロの正拳突きが最終的に音を超えたろ?」
はっとり「もはや別の話な気が。」
マネキン「ともかく、この仕事をしていると、次元を超えてくる。
    人間の奥深さを感じられるぞ。」
はっとり「じゃあ先輩は、今何なら興奮するんですか?」
マネキン「俺か?そうだな、俺は、スリットかな。」
はっとり「いやふつうーーー
    はい!はっとり!」
マネキン「マネキンの!」
二人「お〜たの〜しみ〜!どうも有難うございました!!」

(はっとり、マネキンを持ちつつはける)


※この物語はフィクションです。


2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31