HOME

2019年8月 7日

Photo 2019-08-05 15 23 11.jpg


番組が終わったあと、深夜3時、


P「それでは今夜もお疲れ様でした!」

一同「お疲れ様でした!」


ここは都内某所の中華居酒屋。



火曜キンプレが始まって約4か月が経過、
番組は、始まって以来の危機に直面していた。



「エロ川柳なんですけどね・・・」


はじまって間もない飲み会で、重い口を開いたのは、番組ディレクターのCだ。



放送開始以来、絶大の人気を誇っているコーナーエロ川柳、

最近、この川柳のクオリティが問題視されている。


現地民のツイッター、そしてはっとりの父ぱぱっとりからも、

単に下ネタのワードを言っているだけなのでは?と。




はっとり「これ録音してないよな?」


現場に緊張感が走る。



はっとり「いつもの川柳は冗談も冗談。本気出してないだよね。」


レモンサワー一杯で、呂律が怪しいはっとり。




「はじめは見栄だと思いました。」


そう答えたのは、番組当初からはっとりを見続けている
番組ADのO。


実はひそかにはっとりに想いをよせる
入社2年目バツイチアラフォーADだ。




しかし、その後、思わぬ展開を迎える。


はっとり「吟じます。」

3つ、川柳を詠った。





「もとから用意していた、もしくはCディレクターが作ったのかと思いました。」



しゃっくりをしながら、頬をほんのり赤らめたはっとりが詠った川柳は、

その場の誰もが感服、
周りのお客さんまで拍手する事態となった。


巧みな言葉選び、文学的美しさ
そして、しっかりと伝わる、エロ。


「はっとりは、死んでいない。
その場にいる誰もがそう確信したと思います。」


高揚したCディレクターの目には、ほんのり涙が浮かんでいた。








ということで、次回以降のエロ川柳もお楽しみに!

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31