2018年02月11日

番組からのお知らせ

2月11日まで「J-WAVE NIPPON EXPRESS SAÚDE! SAUDADE... CARNAVAL 2018」の記事がトップに掲載される設定になっています。

毎週、更新する番組の次週予告やインフォメーションは「CARNAVAL 2018」の記事の下に順次、アップします。

STAFF| 17:06 | カテゴリー:information

2018年02月11日

2/11【SAÚDE!SAUDADE...CARNAVAL2018】渋谷クラブクアトロ

carnaval2018_bannar.jpg

★J-WAVE [NIPPON EXPRESS SAÚDE! SAUDADE...]
  CARNAVAL 2018

【日時】
2018年2月11日(日)
開場17:00 / 開演17:54(終演予定 21:30)

【会場】
渋谷 クラブクアトロ(CLUB QUATTRO)
     渋谷区宇田川町 32-13-4・5F Tel 03-3477-8750

【出演】
Saigenji
mocidade vagabunda bateria nota 1000
Banda Girassol
BAQUEBA

【司会と歌】
村田匠 (from Carnavacation)

【DJ】
中原仁(J-WAVE SAÚDE! SAUDADE…producer)

【Brasilian Foods & Drink】
barracão

【料金】
前売3,900円/当日4,500円
 (税込/All Standing/別途1ドリンク500円)

【前売券販売】
イープラス
チケットぴあ(Pコード 102-728)0570-02-9999
ローソンチケット(Lコード 74099)0570-084-003
渋谷 Bar Blen blen blen
横浜関内 barracão

*メール予約 ca18@artenia.co.jp

  お名前 (フルネーム/要フリガナ), 枚数, 電話番号をご記入の上、
  お申し込み下さい。
  代金のお支払いとチケットの発券は、当日の会場受付で承ります。

*電話予約・問合せ:ARTENIA 03-3496-1705
     (月〜金 12:00〜19:00)

【ご注意】
ご入場の際、ドリンク代500円をお支払い下さい。
ご入場は当日のご来場順となります
中学生以下はご入場できません。

主催:J-WAVE
制作:アルテニア

【ご案内】

リオ!バイーア!レシーフェ!
ブラジル三大カーニヴァルが東京に集結!

J-WAVE開局以来の長寿番組、放送29周年を迎えた<NIPPON EXPRESS SAÚDE! SAUDADE...(サウージ!サウダージ)>(日曜17:00〜17:54放送/ナヴィゲーター:滝川クリステル)がプロデュースする、毎年恒例のブラジル・カーニヴァル・イヴェント、第22回!

開場時刻の17:00からは、会場内に当日の番組をリアルタイムでオンエア。

17時54分、放送終了と同時に、4グループ(総勢60名以上)が出演するカーニヴァルの開幕です。

リオのサンバ!
バイーア(サルヴァドール)のサンバヘギ!
レシーフェのマラカトゥ!

ブラジル三大カーニヴァルのカラフルなパーカッション・サウンドが東京に集結します。

MCはカルナバケーションのリーダー、カンタスこと村田匠。”歌う司会者” として盛り上げます。

DJは番組プロデューサーの中原仁。

4階エントランス・フロアーには今年も横浜のブラジリアン・ダイニング&バー、barracão(バハカォン)が出店。ブラジル料理とブラジルを代表するカクテル「カイピリーニャ」をご用意します。

本場ブラジルのカーニヴァルと同時期(2018年は2月9日〜13日)、真冬の東京に出現する祝祭空間!2018年もどうぞご期待ください!

CARNAVAL2018_b.jpg

【出演者紹介】

●Saigenji(サイゲンジ)

 Saigenji(vocal, guitar)小美濃悠太(bass)斉藤良(drums)南條レオ(percussion)

Saigenji18.jpg

番組のオープニング・テーマ曲も担当、多彩なブラジリアン・グルーヴに根ざした歌声とギターを通じてオンリー・ワンの世界を創造し、ブラジル系イヴェントからフジロック、サマーソニック、ライジングサン、各地のジャズフェスにも出演してきた快男児が16年連続の出演。4人編成のバンドでヘッドライナーをつとめ、ブラジル・オリエンテッドな東京のカーニヴァルを繰り広げます。
公式サイト

saigenjic17.jpg

●mocidade vagabunda bateria nota 1000
 (モシダーヂ・ヴァガブンダ・バテリア・ノタミウ)

mv nota1000_18.jpg

横浜を本拠に活動し、2017年に結成10周年を迎えた新感覚サンバ集団、モシダーヂ・ヴァガブンダの、サマーソニックにも出演した選抜ユニット。バテリア・ノタミウ(1000点満点のパーカッション隊)+ヴォーカル、ギター、ホーン隊の編成で、サンバを軸にロックやファンクやヒップホップをミックス。ブラジルの名曲に日本語のオリジナル曲もまじえ、リオと日本を結ぶ現在進行形のカーニヴァルを展開します。
公式サイト

mvc17.jpg

●Banda Girassol(バンダ・ジラソウ)

girassol_photo_main.JPG

2005年1月、浅草サンバカーニバル等に出演する関東の有名サンバチームなどで活躍するメンバーを中心に結成。アフロ・ブラジル文化の故郷、バイーア州サルヴァドールのリズム"Samba Reggae(サンバヘギ)"を演奏する、女性だけのパーカッションバンドとして数々のイヴェントに出演。Girassol(ひまわり)のような明るい笑顔と、迫力のパーカッションにダンスをmixしたパフォーマンスをコンセプトに、各地で活動中です。
公式サイト

girassol photo.jpg

●BAQUEBA(バッキバ)

baqueba_img1506.jpg

ブラジル北東部、ペルナンブーコ州レシーフェの重量級リズム、Maracatu Nação(マラカトゥ・ナサォン)をベースに繰り広げる世田谷ビート。個性豊かなメンバーから放たれるパワフルなサウンドが特徴の体育会系太鼓チームです。ワールドミュージックのフェスティヴァル「スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド」(富山県)には6年連続出演中。当日はフロアーに降りて、お客様の目の前で演奏します。
公式サイト

●司会と歌:村田匠(むらた たくみ)

cantas2.jpg

音楽エンターテイメント集団、カルナバケーションのリーダーをつとめるシンガー/ソングライター/ギタリスト/パーカッション奏者、またの名をカンタス村田。”歌う司会者” としてカルナヴァルを盛り上げます。
公式サイト

●DJ:中原仁(SAÚDE! SAUDADE…producer) 公式ブログ

CARNAVAL2018_ura.jpg

STAFF| 17:00 | カテゴリー:CARNAVAL2018CARNAVAL2018CARNAVAL2018

2018年01月21日

1/28はブラジル〜イタリア

次週1月28日は、ブラジルとイタリアをめぐる音楽の旅にご案内します。

歌詞をご紹介しながらブラジルの名曲の世界にご案内するコーナー「ポエジーア・ブラジレイラ」では、1月31日に70歳を迎えるジョイス・モレーノの、80年代のヒット曲をご紹介します。

1月27日に開幕するイタリア・ヴェネツィアのカーニヴァルの見どころ、2月11日に開催する番組のカーニヴァル・イヴェント「サウージ!サウダージ カルナヴァル2018」のインフォメーションも。

STAFF| 17:51 | カテゴリー:from stafffrom staff

2018年01月21日

2月に来日、ホメロ・ルバンボ

30年余り、ニューヨークを拠点にワールドワイドに活躍しているブラジル人ギタリスト、ホメロ・ルバンボ(Romero Lubambo)が来日。アメリカ人ピアニスト、ピーター・マーティンと共にジャパンツアーを行ないます。

romero.jpg

★Romero Lubambo JAPAN TOUR 2018
 Rio - New Orleans - Tokyo with Peter Martin 

2月27日(火)@渋谷 WWW X
open 19:00 / start 19:30

出演:Romero Lubambo (guitar) Peter Martin (piano)
スペシャルゲスト:西嶋徹 (bass) 仙道さおり (per)

料金:一般 6,500円、学生 5,000円(前売)*当日500円増
    (税込 / 全自由 / ドリンク代別)
前売券販売:Peatix

詳細:WWW X
制作:つむぎ企画

ホメロ・ルバンボはリオデジャネイロで生まれ、1985年からニューヨークで活動。

ブラジルのシンガーだけでなく、ダイアナ・クラール、ダイアン・リーヴスといったアメリカのジャズ・シンガーや、渡辺貞夫、坂本龍一とも共演、ニューヨークの音楽シーンを代表するブラジリアン・ギターの第一人者として活躍しています。

2012年にブラジルのシンガー、ルシアーナ・ソウザとのデュオで来日した際、番組にゲスト出演し、スタジオライヴの生演奏を聞かせてくれました(写真はこちら)。


STAFF| 17:15 | カテゴリー:informationinformation

2018年01月14日

1/21はブラジル〜フランス

次週1月21日は、ブラジルとフランスをめぐる音楽の旅にご案内します。

来日するブラジル人アーティストのライヴ・インフォメーション、2月11日に開催する番組のカーニヴァル・イヴェント「サウージ!サウダージ カルナヴァル2018」のご案内も。

取材で南フランスのマルセイユを訪れた滝川クリステルのレポートもお届けします。

STAFF| 17:52 | カテゴリー:from staff

2018年01月07日

1/14はブラジル〜ヨーロッパ

次週14日は、ブラジルとヨーロッパの国々をめぐる音楽の旅にご案内します。

今が真夏のブラジルから、寒さを忘れるホットなサウンドを!

ヨーロッパのカルチャートピック、2月11日に開催するカーニヴァル・イヴェントのインフォメーションもお伝えします。

STAFF| 17:51 | カテゴリー:from staff

2017年12月31日

1/7は「2017年スタジオライヴ・セレクション」

次週1月7日、2018年最初の放送は、前週に続き「2017年スタジオライヴ・セレクション」。

2017年に来日、番組にゲスト出演したアーティストのスタジオライヴ生演奏をアンコール放送します。

<ブラジル>ダニ・グルジェル&ト・ブランヂリオーニ、セルソ・マシャード、ジェニフェル・ソウザ、アート・リンゼイ

<フランス>アルバン・デ・ラ・シモーヌ、ヴィアネ、ジュリアン・ドレ

2月11日、渋谷クラブクアトロで開催する番組のカーニヴァル・イヴェント「サウージ!サウダージ カルナヴァル2018」のインフォメーションも。

STAFF| 17:53 | カテゴリー:from staff

2017年12月31日

12/31のゲスト:ヘナート・ブラス

12月31日の放送、2017年スタジオライヴ・セレクションの中でこの日、初めてゲストにお迎えしたアーティストが、11月下旬から12月初旬に来日公演を行なったブラジルのシンガー、ヘナート・ブラス(Renato Braz)。

IMG_3502.jpg

ヘナート・ブラスは1968年、サンパウロ生まれ。90年代から活動を始め、2004年、ブラジル音楽にも精通しているアメリカ人サックス・プレイヤーのポール・ウィンターと共演し、アメリカでもデビューしました。

「私は友人たちと一緒に歌い演奏しながら音楽を覚えました。

 また、私の両親はブラジルの田舎の出身で、母はサンパウロ州の内陸を流れるパラナー川のほとり、父はバイーア州の内陸部パラグアスー川のほとりで生まれました。

 私も音楽を通じて自分のルーツをたどり、父の故郷に伝わる楽器、ビリンバウや、母の故郷に伝わるラテンアメリカ的なパーカッションを知りました。バイーアの音楽は、アフリカの影響が強く、ブラジルの内陸部はパラグアイと国境を接していて、音楽にもスペインの影響があります。この二つの対照的な局面が、音楽家としてだけでなく、私という人間の形成につながっています。

 このように様々な音楽をリサーチしながら、私は独学で音楽を学びましたが、その過程で大勢の音楽家の友人たちに助けを得ました。素晴らしいギタリストで作曲家のマリオ・ジル。彼にはギターをはじめ、多くを教わりました。またパーカッション奏者、ナナ・ヴァスコンセロスからも、いろんな話を聞き、パーカッションの演奏を学びました」。

スタジオライヴの生演奏は2曲。「Outro Quilombo」は、2002年のリーダーアルバムのタイトル曲で、「このアルバムが私の海外でのキャリアを開きました。私に幸運を与えてくれた曲です」とコメント。そしてもう1曲は、綺麗な日本語で歌った「故郷(ふるさと)」。2017年の最後の放送、12月31日の夜にぴったりの歌声だったのでは?

a2822105912_10.jpg

ポール・ウィンターのレーベル、Living Musicから発売されたリーダー作「SAUDADE」(2015年)


STAFF| 17:51 | カテゴリー:GUEST

2017年12月24日

12/31は「2017年スタジオライヴ・セレクション」

次週12月31日は「2017年スタジオライヴ・セレクション」。今年、来日して番組にゲスト出演したアーティストのスタジオライヴ生演奏を、2週連続でアンコール放送します。

<ブラジル>タチアナ・パーハ&ヴァルダン・オヴセピアン、ジョイス・モレーノ、ペドロ・ミランダ、ヤマンドゥ・コスタ

<イタリア>マウロ・スクイッランテ&サンテ・トゥルジ

<アルゼンチン>フリアン・モウリン

そしてもう一人は、11月末から12月に来日し、番組にはこの日が初登場となるブラジルのシンガー、ヘナート・ブラス。ギターの弾き語りによるスタジオライヴ生演奏を2曲、お送りします。2017年の最後を飾る曲は、、、お楽しみに!

STAFF| 17:50 | カテゴリー:from staff

2017年12月24日

発表!2017年ブラジル・ディスク大賞

23722633_1557821010971129_7274343977106945159_n.jpg

J-WAVE「NIPPON EXPRESS SAÚDE! SAUDADE..」と世界の音楽情報誌「月刊ラティーナ」が共同主催、22回目を迎えたブラジリアン・ミュージックの年間アルバム・アワード「2017年ブラジル・ディスク大賞」。リスナーの皆様からの投票(総数3,447票)をもとに、本年度の結果が決定しました。

<1位>トリバリスタス/トリバリスタス
Tribalistas (Arnaldo Antunes, Carlinhos Brown,Marisa Monte) / Tribalistas 
(Brasil : Universal / 060355785723) 325票

tribalistas2017.jpg

<2位>
伊藤ゴロー アンサンブル/アーキテクト・ジョビン
Goro Ito Ensemble / Architect Jobim
(Universal - Verve / UCCJ-2142)  247票

ArchitectJobim_CD__wk1.jpg

<3位>
ダニ・グルジェル/オウトロ・ソン
Dani Gurgel / Outro Som
(Rambling Records /RBCP-3204)  189票

OutroSom-660x660.jpg

<4位>
ジョイス・モレーノ/ある旅をした
Joyce Moreno / Fiz Uma Voagem
(Rambling Records / RBCP-3196)  178票

joyce_fiz-uma-viagem-660x660.jpg

<5位>
ジョアン・ドナート&ドナチーニョ/シンテチザモー
João Donato & Donatinho / Sintetizamor
(Think! Records - DiskU nion / THCD-427)  173票

Capa Sintetizamor.jpg

<6位>
アート・リンゼイ/ケアフル・マダム 
Arto Lindsay / Cuidado Madame
(P-Vine / PCD-25212) 152票

29190103505_C_1.jpg

<7位>
アレシャンドリ・アンドレス&ハファエル・マルチニ/ハル
Alexandre Andrés & Rafael Martini / Haru
(Brasil : indies / NRTI-019)  140票

1007492314.jpg

<8位>
カート・ローゼンウィンケル/カイピ
Kurt Rosenwinkel / Caipi
(Song X Jazz / SONG X 042)  116票

SONGX042_Cover.jpg

<9位>
マルー・マガリャエス/ヴェン
Mallu Magalhães / Vem
(Brasil : Sony Music / 8985373862)  104票

mallu.jpg

<10位>
ドメニコ・ランセロッチ/オルガンス山脈
Domenico Lancellotti / Serra dos Orgãos
(P-Vine / PCD-24620)  92票

1007336966.jpg

ベスト10に選ばれたアルバムに関する詳しいインフォメーションはSong Listのページ(2017年12月24日放送分)をご覧ください。

12月26日(火)開催のトーク&映像イヴェント「2017年ブラジル・ディスク大賞/2017〜18ブラジル望年会」の詳細はこちらのページ

月刊ラティーナ2018年1月号に、この結果と詳しい解説、および音楽関係者投票のベスト10が掲載されています。


STAFF| 17:45 | カテゴリー:informationinformation

2018年 1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      


バックナンバー

カテゴリー