2016年12月04日

12/11はノエル・ホーザの誕生日/滝川クリステルの旅報告も

次週12月11日は、ブラジルを中心に音楽の旅にご案内します。この日はサンバの歴史を切り開いたコンポーザー、ノエル・ホーザの106回目のバースデー。ノエル・ホーザが作った名曲もご紹介します。

11月に取材でオーストラリアのタスマニア島を訪れた滝川クリステルの旅報告も。

STAFF| 17:52 | カテゴリー:from stafffrom staff

2016年12月04日

「2016年ブラジル・ディスク大賞」投票締切りました

form16_title.gif

J-WAVE「NIPPON EXPRESS SAÚDE! SAUDADE..」と世界の音楽情報誌「月刊ラティーナ」が共同主催、リスナーの皆様の投票で決定するブラジリアン・ミュージックの年間アルバム・ベスト10「2016年ブラジル・ディスク大賞」。今年で21回目を迎えます。

投票の受付は12月4日24時で締切らせていただきました。大勢の方々にご参加いただき、ありがとうございました。

「2016年ブラジル・ディスク大賞」の発表は12月25日(日)の放送で!

STAFF| 16:30 | カテゴリー:informationinformation

2016年11月27日

12/4は「ブラジル・ディスク大賞」候補アルバム紹介ファイナル

次週12月4日は、リスナーの皆様からの投票で決定するブラジル音楽の年間アルバム・ベスト10「2016年ブラジル・ディスク大賞」の投票締切り日。候補アルバムを曲と共にご紹介していきます。オンエアをご参考に、ぜひ投票にご参加ください。

カルチャートピックのコーナーではフランス・パリのクリスマスシーズンの様子をご紹介します。

STAFF| 17:53 | カテゴリー:from staff

2016年11月27日

11/27のゲスト:ダニ&デボラ・グルジェル

11月は4週連続でブラジルからのゲストをお迎えしてきました。

27日のゲストは、新作「DDG4」を発表し、11月に4年連続4度目のジャパンツアーを行なった、ダニ&デボラ・グルジェル・クアルテート(Dani & Debora Gurgel Quarteto)のツイン・リーダー、歌手のダニ・グルジェルとピアニストのデボラ・グルジェル。

2016-11-04 14.11.33-1.jpg

2016-11-04 13.49.40.jpg

スタジオライヴ生演奏の曲は、今年の初めに生まれたダニ・グルジェルの初めての子供、Rita(ヒタ)の誕生を前に、ダニが新たな生命との出会いの喜びを歌詞につづり、デボラが作曲した「Samba pra Rita」。新作「DDG4」では1曲目に収録されています。

2016-11-04 14.17.45.jpg

ヒタちゃんと一家。左から母のダニ、DDG4のドラマー/プロデューサーでもある父のチアゴ、お婆様のデボラ。

STAFF| 17:52 | カテゴリー:GUESTGUEST

2016年11月27日

パリのデパート、ギャラリー・ラファイエットのクリスマス・ディスプレイ

27日のカルチャートピックでご紹介した、パリのデパート「ギャラリー・ラファイエット」毎年恒例のクリスマス・ディスプレイ。

今年のテーマは「Noël Extra Polaire(北の果てのクリスマス)」。雪と氷に覆われた国で繰り広げられる、シロクマのファミリーの物語です。

氷が溶けてしまい生きる環境が脅かされているシロクマが、子グマたちと一緒に北極を離れ新しい氷原を探す旅を、ウィンドウと、館内のディスプレイで表現しています。

レポートしてくれたH.P.FRANCEパリ・オフィスの上野洋祐さんから届いた写真です。

IMG_0839.jpeg

IMG_0842.jpeg

2点ともウィンドウのディスプレイです

IMG_0856.jpeg

IMG_0902.jpeg

本館の吹き抜けにはフランス人アーティスト、ロレンゾ・パパスによる「紙だけで出来た、独創的なクリスマスツリー」が展示されていて圧巻です。

そして、アプリを使用した、バーチャル・リアリティー体験も。

IMG_0876.jpeg

IMG_0888.jpeg

スマートフォンのカメラに専用のアプリをダウンロードしてクリスマスツリーを見ると、肉眼では見えないシロクマが現れたり、吹雪になったり、ドームが開いたりと、もうひとつの世界が、アプリ上に現れます。

(上記2点の写真は専用アプリで見た風景です)


STAFF| 17:30 | カテゴリー:World/Culture & trend

2016年11月19日

11/27は「ブラジル・ディスク大賞」候補アルバム紹介/ダニ&デボラ・グルジェルのスタジオライヴも!

次週11月27日も、ただいまリスナーの皆様からの投票を受付中の、ブラジル音楽の年間アルバム・ベスト10「2016年ブラジル・ディスク大賞」の候補アルバムを曲と共にご紹介していきます。オンエアをご参考に、ぜひ投票にご参加ください。

そして11月は4週連続で、ブラジルからの来日アーティストをゲストに迎えてスタジオライヴの生演奏をお届けしています。

27日のゲストは、今月、来日公演を行なったダニ&デボラ・グルジェル・クアルテートから、シンガーのダニ・グルジェルとお母様のピアニスト、デボラ・グルジェル。

STAFF| 17:53 | カテゴリー:from staff

2016年11月19日

11/20のゲスト:ビアンカ・ジスモンチ

11月は4週連続でブラジルからのゲストをお迎えしています。

20日のゲストは10月にトリオを率いて来日した作曲家/ピアニスト/歌手、ビアンカ・ジスモンチ(Bianca Gismonti)。ブラジル音楽界の巨匠、エグベルト・ジスモンチのお嬢さんです。

2016-10-12 12.20.13.jpg

2016-10-12 12.23.15.jpg

ニューアルバム『プリメイロ・セウ』の収録曲「A Luz Sem o Veu」(ビアンカ作詞作曲)を、トリオのベーシスト、アントニオ・ポルトとのデュオでスタジオライヴ生演奏

2016-10-12 12.44.46.jpg

ビアンカ・ジズモンチ・トリオ。写真左がビアンカのご主人でもあるドラマー/プロデューサー、ジュリオ・ファラヴィーニャ。

STAFF| 17:51 | カテゴリー:GUESTGUEST

2016年11月19日

12月来日、アンドレ・メマーリ・トリオ

21世紀のブラジル音楽を代表するピアニスト/作曲家、アンドレ・メマーリ(André Mehmari)のトリオを率いて来日。ブラジル音楽からジャズ、クラシックまで呑み込んだボーダレスな音楽の世界をライヴで展開します。

AM3_flyer.JPG

★アンドレ・メマーリ・トリオ ジャパン・ツアー2016

<東京公演>

12月7日(水)
@渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール
  渋谷区桜丘町23/21  
開場18:30 開演19:00

出演:
André Mehmari (piano)
Neymar Dias (double bass)
Sérgio Reze (drums)

料金:前売 6,000円 当日6,500円(指定席券/未就学児入場不可)
前売券はLive Pocketにてオンライン販売中

詳細はNRTホームページ

AM3_flyer_p2.JPEG

STAFF| 17:15 | カテゴリー:informationinformation

2016年11月13日

11/20は「ブラジル・ディスク大賞」候補アルバム紹介/ビアンカ・ジスモンチのスタジオライヴも

次週11月20日も、ただいまリスナーの皆様からの投票を受付中の、ブラジル音楽の年間アルバム・ベスト10「2016年ブラジル・ディスク大賞」の候補アルバムを曲と共にご紹介していきます。オンエアをご参考に、ぜひ投票にご参加ください。

そして11月は4週連続で、ブラジルからの来日アーティストをゲストに迎えてスタジオライヴの生演奏をお届けしています。

20日のゲストは作曲家/ピアニスト/歌手のビアンカ・ジスモンチ。10月にトリオを率いて来日公演を行ないました。

STAFF| 17:52 | カテゴリー:from staff

2016年11月13日

11/13のゲスト:ガブリエル・モウラ

11月は4週連続でブラジルからのゲストをお迎えしています。

13日のゲストはリオのシンガー/ソングライター&ギタリスト、ガブリエル・モウラ(Gabriel Moura)。ジャイルス・ピーターソン presents ソンゼイラ・ライヴバンドのメンバーとして10月に初来日し「モントルー・ジャズ・フェスティヴァル・ジャパン2016」に出演しました。

2016-10-07 13.26.39-1.jpg

96年に結成された、サンバとファンクやヒップホップをミックスしたバンド、ファロファ・カリオカ(Faofa Carioca)の初代リーダーで、同バンドのフロントマンに当時は無名だったセウ・ジョルジ(Seu Jorge)を抜擢。現在もセウ・ジョルジと数多くの曲を共作し、"ヤキソバ!ヤキソバ!"と連呼する日本語まじりの曲「Japonesa」はガブリエル・モウラが作詞作曲しました。

2016-10-07 12.51.47.jpg

スタジオライヴ生演奏の1曲目は、ガブリエル・モウラが従兄弟や友人と共作した「Mini Saia(ミニスカート)」。痛快なギター弾き語りで披露してくれました。

2016-10-07 13.15.24.jpg

スタジオライヴ生演奏の2曲目は、毎年2月の「サウージ!サウダージ」のカーニヴァル・イヴェントでMCもつとめている、カンタス村田こと村田匠(カルナバケーションのリーダー)との共作、共演で「Bacana!」。

村田匠は学生時代、ファロファ・カリオカに憧れて前身のバンド、カンタス村田とサンバマシーンズを結成したほどの、筋金入りのガブリエル・モウラのファン。今年の初めにリオでガブリエルと知り合い、ガブリエルから誘いを受けてこの曲を共作、一緒にレコーディングも行ないました(未発表)。

STAFF| 17:50 | カテゴリー:GUESTGUEST

2016年 12月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


バックナンバー

カテゴリー