2017年07月16日

7/23はブラジル〜フランス。ゲストはアート・リンゼイ

次週7月23日は、ブラジルとフランスをめぐる音楽の旅にご案内します。

来日するアーティストのライヴ・インフォメーションもご紹介します。

ゲストは、アヴァン・ポップのクリエイターとしてブラジル音楽シーンでも活躍しているアメリカ人アーティスト、アート・リンゼイ。アカペラの生歌も!

STAFF| 17:45 | カテゴリー:informationinformation

2017年07月16日

7/16のゲスト:マウロ・スクイッランテ&サンテ・トゥルジ

IMG_2677.jpg

7月16日は、ニューアルバム「エスターテ〜イタリアの夏」を発表したイタリアのマンドリン奏者、マウロ・スクイッランテ(Maulo Squillante)とギタリスト、サンテ・トゥルジ(Sante Tursi)をゲストにお迎えしました。

IMG_2661.jpg

マウロ・スクイッランテはナポリ出身で、ナポリ・マンドリン・オーケストラの創始者です。

「私は南イタリアのバジリカータ州にあるトルヴェという町で夏を過ごしています。海抜700メートルぐらいの高原にあるので夏でも涼しく、夜は掛け布団が必要なほどで、快適に過ごすことができます。

 トルヴェの人口は、およそ3,000人。とても小さな町ですが、毎年8月15日から17日まで、キリスト教の大きなお祭りが行なわれ、その時は大勢の観光客が訪れて、まるでナポリのような賑わいになります。

 そしてこの祭りが終わると、海沿いのプーリア州に移動して海を楽しみます」。

IMG_2651.jpg

サンテ・トゥルジは、アドリア海に面した南イタリアの港町、バーリの出身です。

「私はバーリと同じプーリア州の、地図で見ると靴のかかとにあたる地域、サレントで夏を過ごしています。

 サレントの海は透明度が高く、美しく、南国の海にいるような気分が味わえ、海で泳いだり、マリンスポーツやサッカーなどを楽しみます。

 もうひとつの楽しみが、食生活。新鮮な魚をはじめ、肉料理、フルーツ、野菜など、美味しいものが揃っているので、毎年ひと夏で10キロぐらい太ってしまいます」。

IMG_2670.jpg

マンドリンとギターのデュオでスタジオライヴ生演奏。曲は「Sera D'estate(セーラ・デスターテ=夏の宵)」でした。

r296.jpg

「ESTATE エスターテ〜イタリアの夏」
  マウロ・スクイッランテ&サンテ・トゥルジ
  (Respect Record RES-296) 2017/6/16 on sale MORE INFO

STAFF| 17:41 | カテゴリー:informationinformation

2017年07月09日

7/16はブラジル〜イタリア。ゲストのスタジオライヴ生演奏も

次週7月16日は、ブラジルとイタリアをめぐる音楽の旅にご案内します。

「海の日」を前に、ブラジルのビーチに心を誘う曲をセレクト。今、ブラジルは季節の上では冬ですが、亜熱帯気候のリオのビーチは・・・。

イタリアからゲストもお迎えします。「イタリアの夏」と題するニューアルバムをリリースした、マンドリン奏者のマウロ・スクイッランテと、ギタリストのサンテ・トゥルジ。スタジオライヴの生演奏のほか、南イタリア生まれ/在住の2人が夏のヴァカンス・シーズンをどう過ごしているか、お話もうかがいます。

STAFF| 17:52 | カテゴリー:from staff

2017年07月09日

伊藤ゴロー アンサンブル「アーキテクト・ジョビン」

ArchitectJobim_CD__wk1.jpg

★アーキテクト・ジョビン/伊藤ゴロー アンサンブル
  Architect Jobim / Goro Ito Ensemble
   (Universal Music UCCJ-2142)2017/7/5 on sale MORE INFO

「2013年ブラジル・ディスク大賞」で第1位を獲得したアッルバム「Getz/Gilberto + 50」のプロデューサーをつとめ、ジャキス・モレレンバウムとのコラボレーション・アルバム「Rendez-vous in Tokyo」が「2015年ブラジル・ディスク大賞」で第2位にランクイン、日本を代表するギタリスト/プロデューサー/アレンジャーとして活躍している伊藤ゴローが、敬愛するアントニオ・カルロス・ジョビンの生誕90年を記念して、ジョビンの名曲を室内楽のアプローチを通じて再構築。ジョビンの音楽の背景にあるクラシックの要素にフォーカスした、全曲インストゥルメンタルのアルバムです。

ギター、ピアノ、ストリングス・カルテットを軸とする演奏で、J-WAVEの土曜日のプログラム「Classy Living」のナヴィゲーターもつとめている村治佳織さん(ギター)と、遠藤真理さん(チェロ)、クラシック界で活躍している2人の女性演奏家をゲストに迎えた曲も!

「ボサノヴァの父」と呼ばれているジョビンのボサノヴァにとどまらない音楽性、ブラジルの自然からインスピレーションを受けて音楽を作ってきたジョビンの精神を浮き彫りにしたアルバムです。

伊藤ゴローHP

UCCJ-2142_release.jpg

STAFF| 17:45 | カテゴリー:CD InformationCD Information

2017年07月09日

7/9のゲスト:フリアン・モウリン(Julian Mourin)

7月9日は、アルゼンチンのシンガー/ソングライター、フリアン・モウリン(Julian Mourin)をゲストにお迎えしました。

IMG_2718.jpg

フリアン・モウリンはアルゼンチンの首都、ブエノスアイレスの出身で、2012年にファースト・ソロアルバムを発表。中南米諸国をはじめスペイン、ニューヨークでもライヴを行ない、6月の下旬に初めての来日公演を行ないました。

「私の両親は、音楽家ではありませんが音楽を聴くことが大好きで、家にはいつも音楽があふれていました。

 少年時代はレオン・ヒエコ、メルセデス・ソーサなどのアルゼンチンのポピュラー音楽や、ラテンアメリカの音楽、アンデスのフォルクローレなどを聴いて育ちました。

 青年になってからは、ローリング・ストーンズなどのロックを聴くようになりました。

 ある日、父親から”これが世界で最高の音楽だ” と言われて、家にあった1枚のレコードを聞かされました。それは、ブラジルのトッキーニョとヴィニシウス・ヂ・モライスがブエノスアイレスでライヴ録音した「ラ・フーサ(La Fusa)」というレコードでした。

 最初はあまりピンと来ませんでしたが、聴き返すうちにだんだん好きになり、そこからブラジル音楽に対する興味が広がって、カエターノ・ヴェローゾ、ジルベルト・ジルなどの音楽も聴くようになりました。

 また12歳から24歳まで毎年、夏に家族でブラジルに旅行していたので、ブラジルの文化に親しむ機会も多くなりました。

 ですから、アルゼンチンのフォルクローレとポピュラー音楽、そしてブラジル音楽が、私自身の音楽のバックグラウントになっています」。

フリアン・モウリンのニューアルバム「カンシオネス・カリンバス」は、子供のための音楽のプロジェクトで、フリアンはギターだけでなく、カリンバ(親指ピアノ)も演奏しています。このアルバムを作った動機について・・・

「このアルバムに入っている曲のほとんどは、私の妻、ソフィーのお腹に子供がいた時に作った曲です。

 当時、私は彼女のお腹に向かって、毎日のようにカリンバを演奏していました。

 子供がお腹の中にいる時に聴いていた音楽を生まれてからまた聴くと、泣きやんだり、リラックスできる効果がある、という話を聞いていたので、実験を兼ねて演奏していたのです。

 カリンバには12種類の音しかなく、ギターに比べるとシンプルな楽器ですが、私は、限られた音だけで演奏する楽しさを覚えるようになりました。

 でも、それをアルバムにすることは考えていなかったのですが、娘が生まれてから、私の友人の音楽家たち、アインダ・ドゥオ(Ainda Duo)の2人に会ったときに、話をして曲を聞かせたところ、とても興味を持ってくれました。

 “素晴らしい作品ができると思う。自分たちと一緒に、子供のための曲を作ろう” と言われ、彼らのホームスタジオで妻のソフィーと一緒にレコーディングして、アルバムが完成しました」。

YouTubeで、奥様のお腹に向かって、そして生まれたお嬢さんに向かってカリンバを演奏している映像がご覧になれます(こちら)。

Julian Mourin公式YouTubeチャンネル

IMG_2709.jpg
IMG_2715.jpg

スタジオライヴでは、ギターの弾き語りで「Abunduncia(アブンドゥンシア)」、カリンバを弾きながら「El Rio y la Flor(エル・リオ・イ・ラ・フロール=川と花)」の2曲を生演奏。2曲目は奥様のお腹の中にいた子供に向かって聞かせていた曲でした。

117811887.jpg

JULIAN MOURIN, SOFIA URRUTI / CANCIONES KALIMBA
 大洋レコード(TAIYO 0030)

STAFF| 17:40 | カテゴリー:GUEST

2017年07月09日

7/15、16「第12回ブラジルフェスティバル」代々木公園

brafes17.jpg

★第12回ブラジルフェスティバル(Festival Brasil)

7月15日(土)16日(日)11:00〜20:00
@代々木公園
入場無料
公式サイト

今年で12回目を迎える「ブラジルフェスティバル」。代々木公園イベント広場にブラジルの料理とドリンクをはじめ、ファッションや雑貨などの店がオープン。

場内のステージではブラジル音楽のライヴ、カポエイラのパフォーマンスなどが行なわれ、15日(土)にはバンダ・ジラソウ、バハヴェント、16日(日)にはケール・スインガール・ヴェン・プラ・カ、カルナバケーションといった、SAÚDE! SAUDADEのカーニヴァル・イヴェントに出演経験のあるグループも出演します。

TIME TABLE

今年、メインアクトをつとめるアーティストは、80年代に人気を確立して以来30年以上にわたって第一線で活躍している、ブラジル北東部の音楽の女王、エルバ・ハマーリョ(Elba Ramalho)。33年ぶりの来日で、16日(日)18時頃から出演します。

ElbaRamalho2_300DPI.jpg

STAFF| 17:09 | カテゴリー:BRASIL/culture & trendBRASIL/culture & trend

2017年07月02日

7/9はブラジル〜アルゼンチン。フリアン・モウリンのスタジオライヴも

次週7月9日は、ブラジルとアルゼンチンをめぐる音楽の旅にご案内します。

ゲストは6月末に初来日公演を行なった、アルゼンチンのシンガー/ソングライター、フリアン・モウリン。スタジオライヴの生演奏も。

アントニオ・カルロス・ジョビンの生誕90周年を記念して、ギタリスト/プロデューサー/アレンジャーの伊藤ゴローがアンサンブルを率い、ジョビンの作品を室内楽のアプローチで演奏したトリビュート・アルバム「アーキテクト・ジョビン」(7月5日発売)もご紹介します。

STAFF| 17:54 | カテゴリー:from staff

2017年07月02日

7/2のゲスト:タチアナ・パーハ&ヴァルダン・オヴセピアン

IMG_2611.jpg

7月2日は、5月下旬から6月初頭にかけて来日公演を行なった、ブラジルのシンガー、タチアナ・パーハ(Tatiana Parra)とアルメニア出身のピアニスト、ヴァルダン・オヴセピアン(Vardan Ovsepian)をゲストにお迎えしました。

IMG_2597.jpg

タチアナ・パーハ(Tatiana Parra)はサンパウロ出身で、2010年にファースト・アルバムを発表。ブラジルだけでなく、アルゼンチンなど様々な国の、様々な分野の音楽家と共演しています。

彼女がこれまでにたどってきた音楽の旅路について、お話をうかがいました。


「私は以前から、世界中の音楽をリサーチしてきましたが、そうした中で、様々な音楽が交じり合う十字路のような瞬間がありました。それは、2005年のことです。

 この年、私が尊敬してやまない、教祖とも言えるピアニスト、ベンジャミン・タウブキンが、ラテンアメリカの国々の音楽家を招いて、サンパウロでコンサートを行ないました。このコンサートを聴いた私は、音楽の豊かさに触れて、完全にノックアウトされました。

 コンサートでアルゼンチンの音楽家、カルロス・アギーレが、ピアノやアコーディオンを弾き、歌うのを初めて聴いて衝撃を受け、彼の他にも、いろんな音楽を知りたいと思った私は、この年、アルゼンチンのブエノスアイレスまでリサーチの旅に出かけました。

 そこで出会ったのが、アカ・セカ・トリオで、彼らの音楽の素晴らしさに、私の頭は爆発しそうなほどでした。そして私は自分で経費を工面して、アカ・セカ・トリオをサンパウロに招き、彼らとの共演でコンサートを行ないました。

 それ以来、私の音楽の旅路は続き、南米の音楽家だけでなく、ヴァルダン・オヴセピアンと出会い、共演するまでに至りました。

 こうした音楽の架け橋は、ベンジャミン・タウブキンが種をまいたことから始まったわけで、私はこれからも、足を止めることなく、音楽の旅路を歩んでいきます」。

IMG_2589.jpg

ヴァルダン・オヴセピアン(Vardan Ovsepian)は旧ソビエト連邦の国、アルメニアの出身で長年、ロサンゼルスで活動しています。ヴァルダンに、タチアナとの出会いについてお話をうかがいました。


「2009年か2010年、私はボストンでブラジル人の建築家、マリーナ・コヘイアと知り合い友人になりました。

 数カ月後、マリーナから、彼女の幼馴染みのシンガーのレコードを聴いて、感想を話して欲しいと言われました。それがタチアナ・パーハのレコードで、聴いた私はすぐに歌声に惚れ込み、以来2年間、まるで一人のファンのように聴き続けていました。

 そして、マリーナからタチアナのメールアドレスを教えてもらって連絡をとり、一緒に音楽を作りませんかと、オファーしました。

 ちょうど彼女も、新たなことに挑戦したいと思っていた時期だったので、ロサンゼルスに来て、一緒にレコーディングを行ないました。こうして、全てが始まったのです」。

IMG_2599.jpg

スタジオライヴの生演奏。曲はヴァルダンが作曲した「Chorinho for Tati(タチアーナのためのショリーニョ)」。

release_information_52_images_thum.jpg

Tatiana Parra / Vardan Ovsepian "Hand In Hand"
more info


STAFF| 17:50 | カテゴリー:GUEST

2017年07月02日

7月8日公開 イタリア映画「歓びのトスカーナ」

★歓びのトスカーナ

7月8日(土)より、シネスイッチ銀座ほか全国順次公開
公式サイト

yorokobi_chirashi.jpg

監督:パオロ・ヴィルズィ(『人間の値打ち』)
出演:ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ、ミカエラ・ラマッツォッティ
原題:LA PAZZA GIOIA/2016年/イタリア・フランス合作/イタリア語/116分/カラー/シネスコ/
配給:ミッドシップ 後援:イタリア大使館、イタリア文化会館
COPYRIGHT©LOTUS 2015

イタリアのアカデミー賞にあたる「第61回 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞」で、作品賞、監督賞、主演女優賞など5部門を受賞した、パオロ・ヴィルズィ監督の最新作です。
滝川クリステルも絶賛!

<STORY>
光が降り注ぎ、風が抜け、緑にあふれたトスカーナ。そんな場所に、精神を病んだ人々が集う診療施設があった。虚言と妄想癖で周りを振り回してばかりのベアトリーチェ。そして過去の出来事から自分を傷つけてばかりのドナテッラ。ひょんなことから施設を抜け出したふたりは、一緒に旅を続ける中、かけがえのない友情で結ばれていく。人生で大切なのは、少しの休暇と女同士の友情。そんな友情を手にしたふたりに、天はささやかな贈り物をするのだった―――。

★リスナープレゼント

「歓びのトスカーナ」の劇場鑑賞券を抽選で3組、6名様にプレゼントします。ご応募はメッセージフォームから、住所、氏名などの必要事項と「プレゼント希望」と明記の上、お申し込みください。

締め切りは7月3日(月)。当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。

プレゼントご応募の受付は締め切りました。

yorokobi.main.jpeg

STAFF| 17:29 | カテゴリー:Europe/CINEMA

2017年06月25日

7/2はブラジル〜イタリア。リスナープレゼント、ゲストのスタジオライヴも!

次週7月2日は、ブラジルとイタリアをめぐる音楽の旅にご案内します。

前半は、7月1日に50歳のバースデーを迎えるブラジル音楽の女王、マリーザ・モンチをクローズアップ。最新曲もオンエア!

イタリアのパートは、7月8日からロードショー公開されるイタリア映画「歓びのトスカーナ」をご紹介します。映画の劇場鑑賞券のリスナープレゼントも!

ゲストもお迎えします。ブラジルの女性歌手、タチアナ・パーハと、アルメニア出身/ロサンゼルス在住のピアニスト、ヴァルダン・オヴセピアン。"声とピアノ" のスタジオライヴ生演奏も!

STAFF| 17:53 | カテゴリー:from staff

2017年 7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          


バックナンバー

カテゴリー