2016年05月22日

5/29はブラジル〜ポルトガル。ブラジルの「6月祭」もご紹介

次週5月29日は、ブラジルとポルトガルをめぐる音楽の旅にご案内します。

6月に、ブラジル北東部を中心に行なわれる大規模な祭り「フェスタ・ジュニーナ(6月祭。別名:サン・ジョアン祭)と、そこで繰り広げられる音楽もご紹介します。

staff| 17:52 | カテゴリー:from stafffrom staff

2016年05月22日

マリーザ・モンチのベスト・アルバム『Coleção』

ブラジリアン・ポップスの女王、マリーザ・モンチ(Marisa Monte)の最新のベスト・アルバム『Coleção』がブラジルで発売されました。意味は「コレクション」。彼女のリーダー作には入っていない、他の音楽家のアルバムにゲスト参加した曲をはじめ、プロジェクト・アルバム、映画のサウンドトラックなどからのセレクションです。

1007055262.jpg

(Brasil : Universal)

ほとんどの曲がデュエットで、共演したパートナーはブラジルだけでなく、北中南米、ヨーロッパ、アフリカまで。マリーザ・モンチの、オリジナル・アルバムとはひと味違う魅力に出会うことが出来るコレクションになっています。

5月22日の放送では以下の3曲をオンエアしました。

★Nú com a Minha Música

『RED HOT + RIO2』に収録されたカエターノ・ヴェローゾの作品で、共演はアメリカのシンガー、デヴェンドラ・バンハートとブラジルのシンガー、ホドリーゴ・アマランチ(ロス・エルマノス)。

★Volta Me Amor

マリーザ・モンチがプロデュースした、リオの老舗エスコーラ・ヂ・サンバ、ポルテーラのヴェーリャ・グアルダ(長老)のアルバム『TUDO AZUL』から、マリーザがゲスト参加した曲です。

★Alta Noite

マリーザの長年にわたる共作者でもあるサンパウロの才人シンガー/ソングライター、アルナルド・アントゥニスの作品。この曲をマリーザはセカンドアルバム『MAIS』で録音しましたが、『Coleção』には、作者アルナルドのリーダー作(93年)にマリーザがゲスト参加したヴァージョンが収録されています。

CDの収録曲などのインフォメーションは、disk UNIONのサイト

MARISA MONTE 公式サイト(英語)

staff| 17:26 | カテゴリー:informationinformation

2016年05月15日

5/22はブラジル〜フランス。マリーザ・モンチのベスト盤を特集

次週5月22日は、ブラジルとフランスをめぐる音楽の旅にご案内します。

ブラジリアン・ミュージックの女王、マリーザ・モンチの、ひと味違うベスト・アルバム「コレサォン」を特集します。

このベスト・アルバムには、彼女のリーダー作からは1曲も選ばれておらず、収録曲は他の音楽家のアルバムにゲスト参加した曲をはじめ、プロジェクト・アルバム、映画のサウンドトラックなどからのセレクト。ほとんどの曲が、デュエット・ソングです。

フランスのパートでは、放送日に92歳のバースデーを迎え、6月に来日公演を行なうシャンソンのレジェンド、シャルル・アズナヴールの歌声をお届けします。

staff| 17:52 | カテゴリー:from staff

2016年05月15日

ジャナイナ・チェッペ「Mountain Blanket」

5月15日の放送でご紹介した、ブラジルの現代美術家、ジャナイナ・チェッペ(Janaina Tschäpe)の個展「Mountain Blanket」。

ジャナイナ・チェッペは、ドイツで生まれブラジルで育ち、現在はニューヨークを拠点に活動している女性の現代美術家です。

自身の体験や神話を基に、自然と生命の調和、生命の根源、人間の本質を、絵画、写真、映像、立体などで表現。今世紀に入ってからは日本でも、何度も個展やグループ展を行なってきました。

今回の、東京ではおよそ3年ぶりとなる個展では、最新のペインティングをはじめ、映像作品、立体作品を発表しています。

5月15日にオンエアしたマリーザ・モンチのライヴ曲「DEPOIS」が収録されているDVD「VERDADE UMA ILUSÃO - TOUR 2012/2013」で、この曲を歌っているときにステージの後方に上映された、ジャナイナ・チェッペの映像作品を見ることができます。

★ジャナイナ・チェッペ「Mountain Blanket」

会場:東京・八丁堀 nca(日動コンテンポラリーアート)
    東京都中央区八丁堀4-3-3 B1
会期:2016年4月22日(金)〜6月4日(土)
営業時間:火 〜土 11:00 〜19:00 (日・月・祝 休廊)
入場無料
詳細はnca公式サイト

mountainblanket.jpg

Mountain Blanket 2015
(Oil on Canvas 208×241cm)

wolkenstaub.jpg

Wolken Staub 2016
(Oil on canvas 21×21cm)

©Janaina Tschäpe
※写真提供:nca

staff| 17:15 | カテゴリー:BRASIL/ARTBRASIL/ARTBRASIL/ART

2016年05月08日

5/15はブラジル〜イタリア

次週5月15日は、ブラジルとイタリアをめぐる音楽の旅にご案内します。

▼ブラジルの "音楽とアート” の関係に注目。ヴィジュアル・アートの分野でも活躍しているブラジルの音楽家、東京で開催中のブラジルのヴィジュアル・アーティストの個展もご紹介します。

staff| 17:52 | カテゴリー:from staff

2016年05月08日

5月8日のゲスト:ドミニック・クラヴィク&マティルド・フェブレール

2016-03-30 13.30.24-1.jpg

5月8日は最新のCD
フレンチ・カフェ・ミュージック〜ギュス・ヴィズール&トニー・ミュレナ作品集」を、大御所アコーディオン奏者のダニエル・コランと組んで発表したヴァイオリン奏者、マティルド・フェブレールと、CDのプロデューサーをつとめたギタリストのドミニック・クラヴィクをゲストにお迎えしました。

2016-03-30 13.18.14.jpg

マティルド・フェブレールは、ジャズのヴァイオリン奏者としてパリを拠点に活動しています。

2016-03-30 13.18.04.jpg

この番組にお迎えするのは2年ぶり、2度目のドミニック・クラヴィク。ギタリスト、プロデューサーとして、ミュゼット、ジャズ、シャンソンなど、幅広い分野で活躍しています。

2016-03-30 13.18.24.jpg

staff| 17:44 | カテゴリー:GUEST

2016年05月01日

5/8はブラジル〜フランス。ゲストの生演奏も。

次週5月8日は、ブラジルとフランスをめぐる音楽の旅にご案内します。

▼この日が命日、1940年代に活躍したサンバのコンポーザー、ジェラルド・ペレイラの名曲集。ジェラルド・ペレイラはジョアン・ジルベルトが愛したコンポーザーです。

▼ゲストはフランスから、ドミニック・クラヴィク(ギター)とマティルダ・フェブレール(ヴァイオリン)。パリの風を運ぶスタジオライヴの生演奏も。

staff| 17:52 | カテゴリー:from staff

2016年04月24日

5/1はブラジル〜スペイン。サンバの女王の歌声も。

次週5月1日は、ゴールデン・ウィークのホリデー気分を盛り上げるセレクションで、ブラジルとスペインをめぐる音楽の旅にご案内します。

▼5月5日に70歳のバースデーを迎えるサンバの女王、ベッチ・カルヴァーリョにフォーカス。

▼日本にも上陸するか? スペイン・バレンシア発祥のスタミナ・ドリンク、オルチャータとは?

staff| 17:51 | カテゴリー:from staff

2016年04月24日

OSKLEN 2016秋冬コレクション

リオのイパネマから世界に最先端のファッションを発信、東京にも直営店を構える人気ブランド、OSKLEN(オスクレン)

今月からブラジルで、2016年・秋冬コレクションの展開が始まりました。

コレクションのテーマは「GOLDEN SPIRIT」。

オリンピックの開催に向けて、クリエイティヴ・ディレクターのオスカル・メツァヴァトが、オリンピック発祥の国、ギリシャを訪れて得たインスピレーションをコレクションに反映しています。

osklen-spfw-inv16-001-318x480.jpg
osklen-spfw-inv16-002-318x480.jpg

シンプルでスポーティーなラインの服が多く見られます

osklen-spfw-inv16-034-654x984.jpg
osklen-spfw-inv16-036-654x984.jpg

オリンピックのシンボル、月桂樹の模様をあしらった服も。

osklen-spfw-inv16-009-654x984.jpg

日本の柔道着からヒントを得たそうです。ブラジルも柔道大国。

osklen-spfw-inv16-015-654x984.jpg

OSKLEN 2016年・秋冬コレクションは、日本では夏前、青山の直営店などに入荷の予定です。

OSKLEN青山店


staff| 17:43 | カテゴリー:Brasil/culture & trend

2016年04月24日

4/24のゲスト:ベナ・ロボ(Bena Lobo)

4月24日の放送では、ブラジル・リオから来日したシンガー/ソングライター、ベナ・ロボ(Bena Lobo)をゲストにお迎えしました。

2016-03-31 12.55.23.jpg

ベナ・ロボは1972年、リオ生まれ。
父がブラジル音楽の大御所、エドゥ・ロボ。
母がボサノヴァのシンガー、ワンダ・サー。音楽界のサラブレッドです。

4月に初めて来日。エドゥ・ロボのライヴにゲスト出演し、リーダーとしてのライヴも行ないました(下の写真)。

2016-04-05 20.13.16.jpg

★ベナ・ロボが語る最近のリオ

リオデジャネイロは、美しくあり続けている
(O Rio de Janeiro Continua Lindo)。
(注:ジルベルト・ジル「Aquele Abraço」の歌詞からの引用)

私は、リオのレブロンで生まれ、今はガヴェアという地区に住んでいます。
一昨年のワールドカップから今年のオリンピックに向けて、リオの人々は世界中から観光客を迎えることを楽しみにしています。

これらの国際的なイヴェントは、リオにとって経済的にも文化的にも重要で、雇用を促進する効果もありますから、私はポジティヴにとらえています。

その一方、現在のリオは、さまざまな問題にも直面しています。

市内のあちこちで工事が行なわれ、交通の渋滞は、市民の生活に混乱を与えています。また、ブラジル国家の政治的な問題も、起こっています。

それでも、リオは私の街であり、私はつねに、リオと共にあります。

★ベナ・ロボの近況

今、私は、次のアルバムをレコーディングしています。
尊敬する音楽家であり、友人でもある、マルコス・ヴァーリの作品集です。
これは私にとって、シンガー/ソングライターとしてではなく、歌手に徹した初めてのアルバムになります。

また、サッカーの王様、ペレのドキュメンタリー映画のサウンドトラックも制作しています。私にとって、初めてのサウンドトラックです。

そしてもちろん、自分の曲作りも続けています。

staff| 17:42 | カテゴリー:GUEST

2016年 5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        


バックナンバー

カテゴリー