2019年05月19日

5/26はブラジル〜ポルトガル

次週5月26日は、ブラジルとポルトガルをめぐる音楽の旅にご案内します。

日本で出版された、ブラジル音楽界の大御所、ミルトン・ナシメントの伝記本「ミルトン・ナシメント “ブラジルの声”の航海(トラヴェシア)」をご紹介。

サマーシーズンが近づくポルトガルのカルチャートピックもお伝えします。

STAFF| 17:53 | カテゴリー:informationinformation

2019年05月19日

5/19のゲスト:ケイ・リラ&マウリシオ・マエストロ

IMG_6001.jpeg

5月19日のゲストは、4月にブラジル・リオから来日、全国ツアーを行なった、ケイ・リラ&マウリシオ・マエストロ(Kay Lyra & Mauricio Maestro)の夫妻。スタジオライヴの生演奏を3曲、お送りしました。

歌手のケイ・リラは、先日、85歳を迎えたボサノヴァのレジェンド、カルロス・リラの娘。スタジオライヴの1曲目は、カルロス・リラが作詞作曲したボサノヴァのスタンダード・ナンバー「Influencia do Jazz」でした。

そしてケイ・リラよりも20歳以上、年上のご主人が、シンガー&ギタリスト、マウリシオ・マエストロ。40年以上にわたって、ヴォーカル・グループ、ボカ・リヴリのメンバーとして活躍しています。

それより前の1967年、10代のときに、テレビ局が主催したソング・フェスティヴァルで、ヴォーカル・グループ、モメント・クアトロのメンバーとして、エドゥ・ロボのバックをつとめました。

そのフェスティヴァルで優勝したのが、エドゥ・ロボが歌ったオリジナル曲「Ponteio」(作詞:カピナン)。マウリシオ・マエストロにとっても、キャリアの出発点になった思い出の曲ということで、スタジオライヴで歌っていただきました。

そしてスタジオライヴの3曲めは、ケイ・リラとマウリシオ・マエストロが共作した「The Night Will Fall」でした。

IMG_5994.jpeg

STAFF| 17:52 | カテゴリー:informationinformation

2019年05月19日

6月来日 ルシアーナ・ソウザ

0611_Luciana_Souza.jpg

★Luciana Souza featuring Chico Pinheiro & Scott Colley
ルシアーナ・ソウザ featuring シコ・ピニェイロ&スコット・コリー

6月11日(火)12日(水)13日(木)@丸の内 COTTON CLUB
 [1st.show] open 5:00pm / start 6:30pm
 [2nd.show] open 8:00pm / start 9:00pm

MEMBER
Luciana Souza (vo)
Chico Pinheiro (g)
Scott Colley (b)

詳細、予約はCOTTON CLUB公式サイト内

ルシアーナ・ソウザはサンパウロ出身のシンガー。長年、ニューヨークを拠点に、ブラジル音楽からジャズまで幅広いフィールドで活躍しています。

共演は、ギタリストのシコ・ピニェイロ。サンパウロ出身、ニューヨーク在住で、昨年、ジョイス・モレーノのライヴのゲストで来日。「サウージ!サウダージ」の放送30周年イヴェントにも、出演しました。

そしてもう一人の共演者が、アメリカ人のベーシスト、スコット・コリーです。

ルシアーナ・ソウザのニューアルバム「The Book of Longing」は、一緒に来日する2人とのトリオ編成で録音。ルシアーナが英語のオリジナル曲を歌っています。

SSC-1518.png

「The Book of Longing」Luciana Souza
(SUNNYSIDE SSC-1518)
MORE INFO(キングインターナショナル公式サイト内)

STAFF| 17:14 | カテゴリー:informationinformation

2019年05月12日

5/19はブラジル〜フランス。ケイ・リラ&マウリシオ・マエストロのスタジオライヴ!

次週5月19日は、ブラジルとフランスをめぐる音楽の旅にご案内します。

ゲストはブラジルから来日したボサノヴァ歌手、ケイ・リラと、シンガー&ギタリスト、マウリシオ・マエストロの夫妻。スタジオライヴ生演奏を3曲!

ブラジルの名曲の歌詞をご紹介するコーナーでは、この日に生誕90年を迎える亡きボサノヴァの先駆者、ジョニー・アルフの名曲を。

来日するアーティストのライヴ・インフォメーションもお届けします。

STAFF| 17:51 | カテゴリー:informationinformation

2019年05月12日

「デイリー日葡英辞典 カジュアル版」

ssd12291.png

デイリー日葡英辞典 カジュアル版

監修:武田千香 
編:三省堂編修所
刊:三省堂 B6変形判 896ページ 2色刷
定価:本体1,900円+税

日本語からブラジル・ポルトガル語と英語に対応した「デイリー日葡英(にっぽえい)辞典 カジュアル版」。

発音もカタカナで表記されています。

また付録として、日常会話で頻繁に使う用語集、分野別の単語集も掲載されています。

持ち運びがしやすいハンディーサイズの辞書ですので、ブラジルに旅行に行くときはもちろんのこと、日本に来たブラジル人と会話するときにも重宝しそうです。

MORE INFO(三省堂公式サイト内)

★リスナープレゼント

「デイリー日葡英辞典 カジュアル版」を抽選で5名様にプレゼントします。

ご応募はメッセージフォームから。

ご住所、お名前などの必要事項、そして「プレゼント希望」と明記の上、お申し込みください。

締め切りは、5月14日(火)。なお当選者の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。

*プレゼントのご応募は、5月14日で締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

STAFF| 17:00 | カテゴリー:BRASIL/Book etc.BRASIL/Book etc.BRASIL/Book etc.

2019年05月05日

5/12はブラジル〜フランス

次週5月12日は、ブラジルとフランスをめぐる音楽の旅にご案内します。

ブラジル音楽の歌詞をご紹介するコーナーは、この日にバースデーを迎えるベベウ・ジルベルトの曲をお送りします。

日本語、ポルトガル語、英語に対応した最新刊の辞典「デイリー日葡英辞典 カジュアル版」をリスナープレゼント!

フランスのカルチャートピックもお届けします。

STAFF| 17:50 | カテゴリー:from staff

2019年05月05日

5月来日 エルメート・パスコアール

hermeto1.jpg

★Hermeto Pascoal e Grupo
 Música Universal Japão Tour 2019

5月11日(土)「FUJI & SUN '19」
@静岡県 富士山こどもの国
詳細は公式サイト

5月13日(月)
@Billboard Live Tokyo
1st Stage Open 17:30 / Start 18:30
2nd Stage Open 20:30 / Start 21:30
予約、詳細はBillboard Live Tokyo公式サイト

ツアー公式サイト

82歳を迎えた今も第一線で元気に活躍しているブラジルの作曲家、マルチ・インストゥルメンタル・プレイヤー、エルメート・パスコアール。

ブラジルの北東部のリズムとジャズの即興性を軸に繰り広げる、自由奔放で奇想天外な音楽性は、祝祭感にあふれ、これまでの来日公演を通じて、ブラジル音楽を知らない若いオーディエンスも熱狂させてきました。

6人編成のグループを率いた、「ムジカ・ウニヴェウサル(ユニバーサルな音楽)」と題するジャパンツアーです。

hermeto_band2.jpg

STAFF| 17:40 | カテゴリー:live/event info

2019年05月05日

5月来日、ベト・カレッティ with ミシュカ・アダムス

BetoMishka_omotephoto.jpeg

★Beto Caletti with Mishka Adams Japan Tour 2019
 ベト・カレッティ with ミシュカ・アダムス
 〜Puentes invisibles:見えない橋でつながる音楽

5月10日(金)
@青山 Praça 11(プラッサ・オンゼ)

open 18:30 / start 19:30, 20:45(2ステージ入れ替えなし)
Charte:予約 3,500円+order / 当日 3,800円+order
予約方法など詳細は プラッサ・オンゼHP内

5月11日(土)
@鎌倉 Café Vivement Dimanche(カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ)

open 18:00 / start 18:30
Charge:4,000円+ドリンク
※予約&問合せ先 カフェ・ヴィヴモンディモンシュ Tel : 0467-23-9952

*ツアー全体のインフォメーションは「毎日がブエノスディアス」内

ベト・カレッティは、ブエノスアイレス出身のシンガー/ソングライター&ギタリスト。アルゼンチン人ですが、ブラジル音楽を中心に歌い、過去6回の来日公演を通じて日本でも人気の高いアーティストです。

ミシュカ・アダムスは、フィリピンとイギリスがルーツのシンガーで、ロンドンとブエノスアイレスを拠点に活動しています。

この2人がデュオで来日。ベト・カレッティは7年ぶりの来日公演で、初めての女性シンガーとのデュオになりますので、これまでとは違った新たな一面を聴くことが出来るでしょう。

miniPuentesInvisibles_BetoCalettiMishkaAdamss.jpg

来日記念盤CD「Puentes invisibles(見えない橋でつながる音楽)」
MISHKA ADAMS & BETO CALETTI ミシュカ・アダムス&ベト・カレッティ
ライヴ会場にてPaPiTaMuSiCaによる日本語解説付販売予定 

STAFF| 17:38 | カテゴリー:live/event info

2019年04月28日

5/5はブラジル、スペイン、アルゼンチン

次週5月5日は、ブラジル、スペイン、アルゼンチンをめぐる音楽の旅にご案内します。

ブラジルの名曲の歌詞をご紹介するコーナー「ポエジーア・ブラジレイラ」では、子供の日にちなんで「子供の微笑み」と題する曲をご紹介。歌は、4月30日に72歳で世を去ったサンバの女王、ベッチ・カルヴァーリョです。

連休明けにアルゼンチン、ブラジルから来日するアーティストのライヴ・インフォメーション、4月28日に続いてスペインのグラナダから届いた春の便り(テーマは小鳥)もお届けします。

STAFF| 17:51 | カテゴリー:from staff

2019年04月28日

写真展「SAMBAの鼓動 〜 人類最大の祭、RIOのCARNAVAL」

3202327a-1df5-4900-97ec-cf34064d0b06.jpg

「SAMBAの鼓動 〜 人類最大の祭、RIOのCARNAVAL」 
 撮影:KTa☆brasil(ケイタブラジル)

会場:ニコンプラザ銀座 フォトプロムナード
   中央区銀座7-10-1 STRATA GINZA(ストラータ ギンザ)1F

会期:4月27日(土)〜5月31日(金)10:30〜18:30(最終日は15:00まで)
休館日:日曜、5/3(金・祝)〜6(月・祝)
入場無料

ケイタブラジルさんは、20年余りにわたって毎年、カーニヴァル・シーズンを中心にリオに滞在し、打楽器奏者として活動。

名門のサンバチーム「インペリオ・セハーノ」をはじめ、さまざまなチームの打楽器隊のメンバーとして、リオのカーニヴァルに出場しています。

また、リオ市の公式カメラマンとしてカーニヴァルの模様を撮影し、人類最大の祭りの熱気を日本のメディアを通じて紹介してきました。

その膨大なライブラリーの中から、今年のカーニヴァルで撮影した写真を展示しています。

KTa☆brasil(ケイタブラジル)公式Blog

以下、ケイタブラジルさんが今年のリオのカーニヴァルで撮影した写真です。被写体の表情にご注目を!なお、ニコンプラザ銀座には別の写真が展示されています。

5850f8ac-121a-4820-9c0c-0bc5302f826a.jpg

KTabrasil_samples06.jpg


以下はケイタブラジルさんと「サウージ!サウダージ」プロデューサー中原仁の共著です。滝川クリステルが帯コメントを寄稿。ケイタさん撮影の写真も掲載されています。

IMG_9635.jpg

「リオデジャネイロという生き方」
著者:中原仁、KTa☆brasil(ケイタブラジル)
双葉社 2016年 1,500円+税
AMAZON

STAFF| 17:14 | カテゴリー:BRASIL/ARTBRASIL/ARTBRASIL/ARTBRASIL/ART

2019年 5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  


バックナンバー

カテゴリー