2021年01月10日

1/17はブラジル〜アルゼンチン

次週1月17日は、今が真夏のブラジルとアルゼンチンをめぐる音楽の旅にご案内します。

リオデジャネイロの守護聖人、サン・セバスチアンの祝日(1月20日)とは? 詳しくはオンエアで!

ブラジルの名曲の歌詞をご紹介する「ポエジーア・ブラジレイラ」のコーナーでは、1月のリオを歌ったジョイスの名曲を取り上げます。

STAFF| 17:49 | カテゴリー:from stafffrom staff

2021年01月10日

【CARNAVAL2021】2月の開催は見送ります

毎年2月11日(祝)前後に開催してきました、番組がプロデュースするブラジル・スタイルのカーニヴァル・イヴェント【SAÚDE! SAUDADE... CARNAVAL】。

1997年にスタート、2013年以降は毎年、渋谷クラブクアトロで開催し、回を重ねるごとにスケールアップ、真冬の東京ブラジル音楽シーンをリードするイヴェントに定着しました。

2021年は開催25年目を迎えるところですが、昨年来のコロナ禍を鑑みるに、現状ではお客様にも出演者にも、安全な状況が確保された上で、心から満足していただけるイヴェントの開催は不可能と判断し、2月の開催は見送ることといたしました。

ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

STAFF| 16:59 | カテゴリー:informationinformationinformation

2021年01月03日

1/10は音楽関係者が選んだ「2020年ブラジル・ディスク大賞」

次週1月10日は、ブラジルとフランスをめぐる音楽の旅にご案内します。

12月27日に発表したブラジル音楽の年間アルバム・ベストテン「2020年ブラジル・ディスク大賞」。音楽関係者が選んだベストテン上位の結果を、曲と共にご紹介します。

STAFF| 17:51 | カテゴリー:from staff

2021年01月03日

1/3のゲスト小野リサ 1/23にオーチャードホールでコンサート

IMG_7757.jpeg

2021年1月3日のゲストは小野リサ。2020年1月1日(水)の3時間特番「J-WAVE NEW YEAR SPECIAL NIPPON EXPRESS SAÚDE! SAUDADE... BEST WISHES FOR YOU」を2人でナヴィゲートして以来、1年ぶりの滝川クリステルとの再会でした。「サウージ!サウダージ」出演は産休の滝川クリステルに代わって2020年1月〜3月のナヴィゲーターをつとめて以来です。

小野リサ LISA ONO 公式YouTubeチャンネル

1月3日のオンエア曲「Batucada Surgiu」の映像はこちらをクリック!

番組内の2人のトーク内容(抜粋)がJ-WAVE NEWSにアップされました。(2021/1/7追記)

J-WAVE主催
「LISA ONO CONCERT 2021 〜 NEW YEAR JOURNEY」

2021年1月23日(土)開場15:00 / 開演16:00
会場:Bunkamuraオーチャードホール
料金:6,800円(全席指定)
問合せ:東京音協:TEL) 03-5774-3011

※新型コロナウイルス感染拡大防止の一環として、座席間隔の確保するため、座席を間引いて販売いたします。そのため、複数枚でご購入いただいても、連番でのご用意ができません。予めご了承ください。
※未就学児童入場不可
MORE INFO

2020年12月27日

1/3は小野リサと新春スペシャル・トーク!

2021年最初の放送、1月3日は、ブラジルへの音楽の旅にご案内します。

後半は、ゲストに小野リサが登場。子育てトークから、STAY HOME期間の過ごし方など、滝川クリステルと和気藹々のトークを展開します。

小野リサがブラジルの音楽家とリモートで共演、自身の公式映像チャンネルにアップしたブラジルの名曲も、特別にオンエア!

STAFF| 17:50 | カテゴリー:from staff

2020年12月27日

発表!2020年ブラジル・ディスク大賞

B20form_title.jpg

[NIPPON EXPRESS SAÚDE! SAUDADE...] が世界の音楽情報誌「e-magazine ラティーナ」と共同主催、25回目を迎えたブラジリアン・ミュージックの年間アルバム・ベストテン「2020年ブラジル・ディスク大賞」。リスナーの皆様からの投票(総数2,815票)をもとに、本年度の結果が決定しました。

[2021/1/10追記] 最後に音楽関係者投票部門のベストテン作品を追記しました。

<1位>
セルジオ・メンデス「イン・ザ・キー・オブ・ジョイ」

Sergio Mendes [IN THE KEY OF JOY]
243票

2021年2月11日に80歳を迎えるセルジオ・メンデスが、ブラジル、アメリカなどのミュージシャン、そして日本盤ではラッパーのSKY-HIともコラボした5年半ぶりのアルバム。セルジオは「TIMELESS」(2006年)、「BOM TEMPO」に続いて、10年ぶり3度目の第1位です。

sergiokey.png

<2位>
シンカンセン「新幹線」

Shinkansen [Shinkansen]
210票

チェロ奏者のジャキス・モレレンバウム、ベーシストのリミーニャ、パーカッション奏者のマルコス・スザーノ、ギタリストのトニーニョ・オルタ。この4人のベテラン・ミュージシャンが結成したインストゥルメンタル・バンド。約10年前、リミーニャがオーナーをつとめるリオのスタジオでトニーニョ・オルタがレコーディングしていたとき、日本に20回以上も行ったことがある、トニーニョに対してリミーニャはゼロだったので、日本に12回行ったジャキスと、30回以上も行ったスザーノに声をかけて、4人でアルバムを作って、このバンドで日本に行こう!ということになりました。そしてトニーニョが作った曲のタイトルでもある「新幹線」が、バンド名、アルバム・タイトルになり、配信でワールドワイドにリリース。日本だけ、CDも発売されました。坂本龍一が1曲、ゲスト参加しています。

shinkansen.jpg

<3位>
カエターノ・ヴェローゾ&イヴァン・サセルドーチ
「カエターノ・ヴェローゾ&イヴァン・サセルドーチ」

Caetano Veloso & Ivan Sacerdote「Caetano Veloso & Ivan Sacerdote」
202票

当アワードで最多のランクイン回数を誇るカエターノ・ヴェローゾが、若手のクラリネット・プレイヤー、イヴァン・サセルドーチと、初めて共演。デュオを中心にオリジナル曲を歌い、配信でリリースしたアルバム。

caetanoivan.jpg

<4位>
アイルトン・モンタホーヨス
「ジョアン・ジルベルト・イ・ア・ヘヴォルサォン・ダ・ボサノヴァ

Ayrton Montarroyos「João Gilberto e a Revolução da Bossa Nova (Ao Vivo)」
147票

アルバム・タイトルは「ジョアン・ジルベルトとボサノヴァの革命」。ジョアンのレパートリーをギタリストとのデュオで歌った、25歳のシンガー、アイルトン・モンタホーヨスの、配信でリリースしたミニアルバム。

ayrton.jpeg

<5位>
マルコス・ヴァーリ「シンゼント」

Marcos Valle [Cinzento]
136票

2019年のアルバム「センプリ」が初の「ブラジル・ディスク大賞」第1位を獲得した、キャリア55年を越すレジェンド、マルコス・ヴァーリ。2年連続となる新作で、マルコスが年下の俊英たちに作詞を依頼しています。

marcoscinzento.jpg

<6位>
ムーンズ「ドリーミング・フリー・アウェイク」

Moons [Dreaming Free Awake]
114票

ブラジル内陸の高原地帯、ミナスの、新世代の音楽家が集まったグループ、ムーンズ。2019年のアルバム「EARLYBIRD」が「ブラジル・ディスク大賞」の4位にランクインしたレオナルド・マルケスがプロデューサー/レコーディング・エンジニアをつとめ、ヴォーカルはジェニフェル・ソウザ。この2人は、それぞれ来日したことがあり、番組にゲスト出演、生演奏で歌ってくれました。

moons.jpg

<7位>
ギンガ、モニカ・サウマーゾ、テコ・カルドーゾ、ナイロール・プロヴェッタ
「ジャパン・ツアー2019」

Guinga, Monica Salmaso, Teco Cardoso, Nailor Proveta [Japan Tour 2019]
103票

作曲家/ギタリストのギンガ、歌手のモニカ・サウマーゾ、管楽器プレイヤーのテコ・カルドーゾとナイロール・プロヴェッタ。この4人の、2019年の来日公演のライヴ録音と東京でのスタジオ録音をミックス。クラウドファンディングで実現したアルバム。

japantuor2019.jpg

<8位>
グス・レヴィ「マジア・マジア」

Gus Levy [Magia Magia]
96票

今年30歳、リオデジャネイロで活動している新世代のシンガー・ソングライター&ギタリスト、グス・レヴィ。日本盤のCDがリリースされた「魔法」という意味のアルバム。注目の女性シンガー、アナ・フランゴ・エレトリコがコーラスに参加。

guslevy.jpg

<9位>
アドリアーナ・カルカニョット「ソ」
 
Adriana Calcanhotto「Só」
91票

2008年の「マレー(MARE)」、2011年の「サンバの微生物(MICROBIO DE SAMBA)、過去に2回「ブラジル・ディスク大賞」で1位を獲得したアドリアーナ・カルカニョット。今年のステイホームの期間に、毎日、作詞作曲して新曲を作り、リモートでレコーディングを行ない、配信でリリースした「ひとりだけ」という意味のアルバム。

adriana.jpg

<10位>
サンパウロ・パニック「サンパウロ・パニック」

São Paulo Panic [São Paulo Panic]
82票

サンパウロのシンガー、ダニ・グルジェルが、夫のドラマーのほか、アメリカ、デンマーク、イスラエルのミュージシャンたちと組んだインターナショナルなユニット。ダニ・グルジェルのアルバムは、2013年から8年連続で「ブラジル・ディスク大賞」にランクイン。

saopaulo.jpg

【関係者投票結果】

関係者投票はe-magazine LATINAの主催です。
詳細はe-magazine LATINA(有料サイトです)

1位 Maria Bethânia/Mangueira – A Menina dos Meus Olhos

1008042795.jpg

2位 Luedji Luna/Bom Mesmo É Debaixo d’Água

luedjisingle.jpg

3位 Fran/Raiz
3位 Priscila Tossan/Iceberg
3位 Vitor Kley/A Bolha
6位 Adriana Calcanhotto/Só
6位 マルコス・ルファート/ヴァータ
8位 Kiko Dinucci/Rastilho
8位 Rincon Sapiência/Mundo Manicongo : Dramas,Danças e Afroreps
8位 ギンガ、モニカ・サウマーゾ、テコ・カルドーゾ、ナイロール・プロヴェッタ/ジャパン・ツアー2019

関係者投票1位のマリア・ベターニアから3位のアルバム3タイトルまでの紹介コメントは、SONG LISTのページ(2021年1月10日放送分)をご覧ください。

2020年12月20日

12/27は発表!「2020年ブラジル・ディスク大賞」

B20form_title.jpg

12月27日は、[NIPPON EXPRESS SAÚDE! SAUDADE...] と世界の音楽情報誌「e-magazine ラティーナ」が共同主催、リスナーの皆様の投票で決定するブラジリアン・ミュージックの年間アルバム・ベストテン「2020年ブラジル・ディスク大賞」の結果発表!

今年のアルバム・ベストテンを、曲と共にご紹介します。

STAFF| 17:51 | カテゴリー:from staff

2020年12月13日

12/20は、ボサノヴァでクリスマス

次週12月20日は「ボサノヴァでクリスマス」。

ボサノヴァの名曲と、クリスマス・ソングのボサノヴァ・ヴァージョンをセレクト。真夏にクリスマスを迎えるブラジルにご案内します。

ブラジルのクリスマス・ソングの歌詞もご紹介します。

STAFF| 17:50 | カテゴリー:from staff

2020年12月13日

12/20 カエターノ・ヴェローゾがクリスマス・ライヴを無料配信

127235511_3154046098033134_192781264406815879_o.jpg

日本時間の12月20日(日)午前9時(現地時間19日午後9時)、カエターノ・ヴェローゾがクリスマスのスペシャル・ライヴをYouTubeで無料配信します。

LIVE do Caetano de Natal
視聴はこちら!(リンク先が変わったので反映しました)


STAFF| 17:49 | カテゴリー:live/event info

2020年12月06日

2020年ブラジル・ディスク大賞 投票受付終了

B20page-title.jpg

[NIPPON EXPRESS SAÚDE! SAUDADE...] が世界の音楽情報誌「e-magazine ラティーナ」と共同主催するブラジリアン・ミュージックの年間アルバム・ベストテン「2020年ブラジル・ディスク大賞」。迎えて25回目です。

リスナーの皆様の投票で、今年度のアルバム・ベスト10が決定します。

投票フォームには約100タイトルの候補アルバムがリストアップされています。投票にご参加くださった方には、抽選でプレゼントも当たります。

番組では11月1日、8日、15日、22日、29日の5週連続で、今年の主な候補アルバムを曲と共にご紹介しています。オンエアも参考に、ご参加ください。

投票は締め切りました。発表は12月27日(日)の放送で!

STAFF| 18:00 | カテゴリー:ブラジル・ディスク大賞

2021年 1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            


バックナンバー

カテゴリー