2019年09月15日

9/22はブラジルとフランス。映画のチケットプレゼントも!

次週9月22日は、ブラジルとフランスをめぐる音楽の旅にご案内します。

ブラジルから来日するアーティストのライヴ・インフォメーションもお伝えします。

フランスのパートでは、9月27日からロードショー公開される映画「パリに見出されたピアニスト」をご紹介します。映画のチケットプレゼントも!

STAFF| 17:50 | カテゴリー:informationinformation

2019年09月15日

11〜12月来日 ブラジルのヴォーカル・グループ、オルヂナリウス

profile_1.jpg

ORDINARIUS オルヂナリウス

12月2日(月)18:30 東京・練馬文化センター 大ホール
12月5日(木)18:30 松戸・森のホール21 大ホール
12月6日(金)18:30 千葉 習志野文化ホール
12月10日(火)18:30 横浜・神奈川県民ホール
12月11日(水)18:30 川崎・カルッツかわさき ホール
12月12日(木)18:30 埼玉・サンシティ越谷市民ホール

Ticket Information(上記6公演は9月19日より前売開始)

オルヂナリウス コンサート公式サイト

2008年、ブラジル・リオデジャネイロで結成されたヴォーカル・グループ、オルヂナリウス。男女6人のシンガー+パーカッション・プレイヤーの編成で、肉声でリズムも表現するアカペラのコーラスを軸に、曲によってギターなども加え、ブラジルの様々な時代と地域の音楽を中心に歌う、エンタテイナー精神あふれるグループです。

オルヂナリウスは、11月から12月にかけて初来日し、全国で20回以上のコンサートを行ないます。

ORDINARIUS公式サイト(ポルトガル語、英語)

STAFF| 17:44 | カテゴリー:informationinformation

2019年09月15日

10月来日 バジ・アサド

IMG_4914.jpeg

Badi Assad Japan Tour 2019
バジ・アサド

10月26日(土)開場14:00 / 開演15:00
@亀戸文化センター カメリアホール
料金:前売 5,000円 当日 5.500円(全席指定)
チケット購入(イーストエンド国際ギター・フェスティバル公式サイト内

Badi Assad Japan Tour 2019 公式サイト

ブラジルを代表するクラシック・ギター・デュオとしてワールドワイドに活躍している、セルジオ&オダイル・アサド(アサド兄弟)の妹のギタリスト/シンガー・ソングライター/ヴォイス・パフォーマー、バジ・アサドが初来日。ソロ・コンサートを行ないます。

クラシック音楽からブラジルの多彩なポピュラー・ミュージックまで網羅し、ギターとヴォーカル、さらにヴォーカリーズやヴォイス・パーカッションを取り入れたソロ・パフォオーマンスを繰り広げます。

IMG_4915.jpeg

STAFF| 17:14 | カテゴリー:informationinformation

2019年09月08日

9/15はブラジルと中南米の旅に

次週9月15日は、ブラジルと中南米の国々をめぐる音楽の旅にご案内します。

ブラジルから来日するアーティストのライヴ・インフォメーションもお伝えします。

滝川クリステルが語る、メキシコの旅の思い出も。

STAFF| 17:51 | カテゴリー:from staff

2019年09月08日

10月来日 シルビア・ペレス・クルス & マルコ・メスキーダ

eizo02.jpg

SILVIA PÉREZ CRUZ & MARCO MEZQUIDA
シルビア・ペレス・クルス & マルコ・メスキーダ

10月9日(水)10日(木)
追加公演 11日(金)
@ BLUE NOTE TOKYO
[1st] Open 5:30pm Start 6:30pm [2nd] Open 8:15pm Start 9:00pm

Sílvia Pérez Cruz シルビア・ペレス・クルス(ヴォーカル、ギター)
Marco Mezquida マルコ・メスキーダ(ピアノ)

MORE INFO(BLUE NOTE TOKYO公式サイト内)

カタルーニャ出身、現代のスペインの音楽を代表する歌姫シルビア・ペレス・クルスが、大反響を呼んだ昨年の初来日公演に続き、2度目の来日。ジャズからフラメンコまで幅広い分野で活躍するピアニスト、マルコ・メスキーダとのデュオ・ライヴを行ないます。

joia-thumb-350x350-73273.jpg

ベスト盤「JOIA」(Universal UCCM-1245/6)2枚組CD

STAFF| 17:44 | カテゴリー:informationinformation

2019年09月08日

オリド マキ個展 〜私のブラジル色〜

kotendmura.jpg

オリド マキ 個展 〜私のブラジル色〜
 サンバに出会いリオに恋した、私のブラジル色を描きました

2019年9月10日(火)〜15日(日)12:00〜19:00(最終日は16時まで)
@恵比寿 Galerie Malle(ギャラリー まぁる)
  東京都渋谷区恵比寿4-8-3神原ビル1階
  Tel&Fax 03-5475-5054
オリド マキ website

女性誌などで活躍しているイラストレーター、オリド マキさんの個展です。

サンバに出会って人生が変わり、CDジャケットのイラストや「サウージ!サウダージ...」のカーニヴァル・イヴェントにも出演しているサンバの打楽器隊チーム、Quer Swingar Vem Pra Cáのメイン・ヴィジュアルも手がけ、ご自身もサンバチームの打楽器隊メンバーとして浅草サンバカーニバルにも出場しているオリド マキさんが、サンバとリオの町や人々の生活を描いた作品が展示されます。

IMG_8729.jpg

IMG_9661.jpg

STAFF| 17:14 | カテゴリー:BRASIL/ART

2019年09月01日

9/8はブラジル〜スペイン

次週9月8日は、ブラジルとスペインをめぐる音楽の旅にご案内します。

都内で開催される、サンバとブラジルがテーマのイラスト展、美術にちなんだスペインのカルチャートピックもお伝えします。

9月7日はブラジルの独立記念日。そこでブラジルの名曲の歌詞をご紹介するコーナー「ポエジーア・ブラジレイラ」では、今から80年前に作られて大ヒットし、海外でも有名なブラジル賛歌「アクアレーラ・ド・ブラジル(ブラジルの水彩画)」をご紹介します。

STAFF| 17:51 | カテゴリー:from staff

2019年09月01日

João Gilberto のライヴ映像「Live In Tokyo」Blu-ray Discも発売

7月6日、88歳で世を去ったジョアン・ジルベルトの、2006年11月の来日公演を収録した映像ソフト「Live In Tokyo」。今春、通販限定のSpecial Blu-ray Boxが発売されたのに続き、8月21日にブルーレイディスク単体でも一般発売されました。

JoaoBDH1.jpg

JOÃO GILBERTO『LIVE IN TOKYO』
Blu-ray Disc
2019年8月21日 発売(Space Shower Music PEXF-3243)5,000円+税
全21曲、収録時間約90分
2006年11月8日、9日 東京国際フォーラムホールAにて収録

公式サイト
Officiel Trailer映像(YouTube)

収録曲、見どころ聴きどころなどは、SAÚDE! SAUDADE..プロデューサー 中原仁のブログに掲載されています。

14-b master.jpg
PHOTO / P-2 VIBRATION(仁礼博、横山慎一)

STAFF| 17:44 | カテゴリー:CD InformationCD Information

2019年08月25日

9/1は「ボサノヴァで、夏にサウダージ」。ジョアン・ジルベルトの歌声も

次週9月1日は「ボサノヴァで、夏にサウダージ」。サマーシーズンの最後の日曜日を、快適なボサノヴァの名曲が彩ります。

7月6日に88歳で世を去ったボサノヴァのクリエイター、ジョアン・ジルベルトの歌声もたっぷりと。

ロードショー公開中の、ジョアンがテーマの映画「ジョアン・ジルベルトを探して」、2006年の来日公演のライヴ映像ソフト「ジョアン・ジルベルト・ライブ・イン・トーキョー」など、最新のトピックもお伝えします。

ブラジルから来日するアーティストのボサノヴァ・ライヴのインフォメーションも。

この夏の思い出を振り返りながら、ごゆっくりお楽しみください。

STAFF| 17:44 | カテゴリー:from staff

2019年08月25日

10月来日 アジムス&マルコス・ヴァーリ

azymth_19001-thumb-668x376-31436.jpg

Azymuth & Marcos Valle
アジムス & マルコス・ヴァーリ

10月25日(金)26日(土)27日(日)@ BLUE NOTE TOKYO

10/25 [1st] Open 5:30pm Start 6:30pm [2nd] Open 8:15pm Start 9:00pm
10/26,27[1st] Open 4:00pm Start 5:00pm [2nd] Open 7:00pm Start 8:00pm

[出演]

Marcos Valle マルコス・ヴァーリ(ヴォーカル、フェンダーローズ)
Alex Malheiros アレックス・マリェイロス(ベース)
Ivan Conti イヴァン・コンチ(ドラムス)
Kiko Continentino キコ・コンティネンティーノ(キーボード、ピアノ)
Patricia Alvi パトリシア・アルヴィ(ヴォーカル)
Jessé Sadoc ジェッセ・サドッキ(トランペット、フリューゲルホーン)

MORE INFO(BLUE NOTE TOKYO公式サイト内)

70年代から活動しているブラジリアン・フュージョンの大御所バンド、アジムス。7年前にオリジナル・メンバーのキーボード・プレイヤーが亡くなりましたが、新たなメンバーを迎えて再出発しました。

そして60年代にボサノヴァのシンガー・ソングライターとしてデビューし、ファンキーでメロウなサウンドにも定評のある、マルコス・ヴァーリ

70年代初頭から共演してきた友人同士が、ここ東京で再び共演する、プレミアムなライヴです。

Azymuth Rio.jpg

Azymuth
Kiko Continentino, Alex Malheiros, Ivan Conti

Marcos Valle_2.jpg

Marcos Valle

sempre.jpg

マルコス・ヴァーリ 2019年New Album「Sempre(センプリ)」
MORE INFO(ディスクユニオン公式サイト内)

STAFF| 17:14 | カテゴリー:informationinformation

2019年 9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          


バックナンバー

カテゴリー