2021年04月11日

4/18はブラジル〜イタリア

次週4月18日は、ブラジルとイタリアをめぐる音楽の旅にご案内します。

現在85歳、手塚治虫との交流もあったブラジルの国民的な漫画家、マウリシオ・ヂ・ソウザの、ブラジル大使館でヴァーチャル開催中の展覧会<未来の形を創造する>をご紹介。

歌詞をご紹介しながらブラジルの名曲の世界にご案内する「ポエジーア・ブラジレイラ」のコーナーでは、4月19日に80歳を迎えるブラジル音楽の帝王、ホベルト・カルロスの、「地平線の向こうに、私たちが愛をはぐくむ美しく平穏な場所がある」と歌う名曲をご紹介。

イタリアのパートでは、"イタリアのカエターノ・ヴェローゾ" と呼ばれているナポリのシンガー・ソングライター、ジョー・バルビエリのニューアルバム「愛おしき記憶」を特集します。

STAFF| 17:50 | カテゴリー:from stafffrom staff

2021年04月04日

4/11はブラジル〜スペイン

次週4月11日は、ブラジルとスペインをめぐる音楽の旅にご案内します。

ブラジルの大御所、ジルベルト・ジルの70年代の名盤「ヘファゼンダ」を、多彩なシンガーやミュージシャンがカヴァーした最新アルバム「ヘファゼンド」を特集します。

スペインのパートでは、バルセロナを中心とするカタルーニャ地方の音楽をご紹介します。バラと本がキーワードの、カタルーニャの祝日とは?

STAFF| 17:50 | カテゴリー:from staff

2021年03月28日

4/4はブラジル〜フランス

次週4月4日は、ブラジルとフランスをめぐる音楽の旅にご案内します。

ブラジル、フランスなどキリスト教の国々は、この日はイースター(復活祭)。ブラジルでは「パスコア」、フランスでは「パック」と呼ばれます。両国の、イースターにちなんだ話題もご紹介します。キーワードは卵とチョコレート。

歌詞をご紹介しながら、ブラジルの名曲の世界にご案内する「ポエジーア・ブラジレイラ」のコーナーでは、4月5日に35歳を迎えるブラジル新世代の才人、アントニオ・ロウレイロが「自由」をテーマに作った曲をご紹介します。

STAFF| 17:45 | カテゴリー:from staff

2021年03月21日

3/28はブラジルとポルトガル

次週3月28日は、ブラジルとポルトガルをめぐる音楽の旅にご案内します。

ブラジル音楽のカリスマ、ジルベルト・ジルの新曲、熱帯雨林を守るキャンペーン・ソングをご紹介。

ポルトガルのパートでは、昨年来日したシンガー・ソングライター、ルイーザ・ソブラルの、ちょっといい話をご紹介します。

STAFF| 17:45 | カテゴリー:from staff

2021年03月21日

笹子重治「Plataforma」

plataforma_sasago shigeharu.jpeg

笹子重治「Plataforma」
(Happiness Records HEBR-0202)2021/3/17 on sale
More Info→笹子重治公式サイト内
Order→BRIDGE公式サイト内

以前「サウージ!サウダージ」のテーマ曲を演奏していたショーロ・クラブ。現在のエンディング・テーマを演奏しているコーコーヤ。このふたつのインストゥルメンタル・バンドのリーダーでもあるギタリスト/プロデューサー/作曲家、笹子重治の最新リーダー作(40年近いキャリアを通じて2枚目)。全曲、自作のインストゥルメンタル曲です。アルバム・タイトル「プラタフォルマ」はポルトガル語で「プラットフォーム」の意味。

Guitar : 笹子重治 Trombone : 村田陽一 Clarinet : 黒川紗恵子 Strings : 橋本歩ストリングス Violin : 高橋 暁 Violin : 江藤有希 Viola : 田中景子 Cello : 橋本 歩 Cello : 柏木広樹 Piano : 林 正樹 Bass : コモブチキイチロウ Percussion : 岡部洋一 Voice : 神田智子 Flute : ヤマカミヒトミ Bass : 織原良次 Pandeiro : Durval Pereira Bandolim : 秋岡 欧

STAFF| 17:44 | カテゴリー:informationinformation

2021年03月14日

3/21はブラジル〜フランス

次週3月21日は、ブラジルとフランスをめぐる音楽の旅にご案内します。

ブラジルの、長い夏の終わりを描いた名曲をご紹介。

番組との縁も深い、日本を代表するブラジル音楽の大御所ギタリスト、笹子重治の最新リーダーアルバム「プラタフォルマ」を特集します。

フランスのパートでは、環境問題にも取り組んでいるバンド、トリヨの25周年記念アルバムを特集します。

STAFF| 17:45 | カテゴリー:from staff

2021年03月07日

3/14はブラジルとアルゼンチン

次週3月14日は、ブラジルとアルゼンチンをめぐる音楽の旅にご案内します。

昨年、75歳を迎えたブラジル音楽の大御所、ガル・コスタが、多彩な顔ぶれの男性シンガーとデュエットしたニューアルバムから3曲をお届けします。

歌詞をご紹介しながらブラジルの名曲の世界にご案内する「ポエジーア・ブラジレイラ」のコーナーでは、70年前に作られた勇ましい歌詞のサンバの名曲をご紹介します。

STAFF| 17:50 | カテゴリー:from staff

2021年02月28日

3/7はブラジルとイタリアの女性シンガーの歌声を

次週3月7日は、3月8日の「国際女性デー」を前に、ブラジルとイタリアから、女性シンガーの歌声をお届けします。

ブラジルの2人の女性シンガー・ソングライターが、女性の立場と主張に基づいて作った曲を、大勢の女性シンガーが歌ったアルバム「エウ・ソウ・ムリェール、エウ・ソウ・フェリース(私は女性。私は幸せ)」をご紹介。

イタリアでは、3月8日は別名「ミモザの日」。この日の風習もご紹介します。


STAFF| 17:50 | カテゴリー:from staff

2021年02月28日

「写真家ドアノー/音楽/パリ」Bunkamuraザ・ミュージアムで開催中

doisneau.jpg

ロベール・ドアノー《流しのピエレット・ドリオン》パリ 1953年2月 ©Atelier Robert Doisneau/Contac

写真家ドアノー/音楽/パリ
ROBERT DOISNEAU LA MUSIQUE PARIS

2021年2月5日(金)〜3月31日(水)
渋谷 Bunkamura ザ・ミュージアム
開館時間/10:00〜18:00(入館は17:30まで)
3/20(土・祝)、21(日)、27(土)、28(日)の4日間に限り【オンラインによる入場日時予約】が必要となります
MORE INFO(公式サイト)

フランスの国民的な写真家、ロベール・ドアノー(1912〜1994)が音楽をテーマに、1930年代から世を去った90年代の初めまで、主にパリで撮影した写真、およそ200点が展示されています。

モデルになった音楽家は、マリア・カラス、エディット・ピアフ、ジュリエット・グレコ、バルバラ、イヴ・モンタン、シャルル・アズナヴールなどの著名人から、街角のアコーディオン弾き、ブラスバンド、踊るカップル、クラリネット工房の職人まで。

シャンソン、オペラ、ジャズ、ロックなど盛りだくさん。パリの音楽散歩が楽しめます。

STAFF| 17:30 | カテゴリー:World/Culture & trend

2021年02月21日

2/28はブラジル〜フランス

次週2月28日は、ブラジルとフランスをめぐる音楽の旅にご案内します。

バースデーを迎える、日本との縁も深いブラジルの女性歌手をご紹介。

フランスのパートでは、都内で開催中の写真展「写真家 ドアノー/音楽/パリ」の見どころを紹介します。

STAFF| 17:50 | カテゴリー:from staff

2021年 4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  


バックナンバー

カテゴリー