2021年06月13日

6/20はボサノヴァ・スペシャル/ジョアン・ジルベルト生誕90年祭

次週6月20日は、ボサノヴァ・スペシャル。

4週連続の月間特集「ジョアン・ジルベルト 生誕90年祭」をたっぷりお届けします。

6月10日に生誕90年を迎えた亡きボサノヴァのクリエイター、ジョアン・ジルベルトの歌声を中心に、大勢の音楽家が参加した最新録音のトリビュート・アルバム「ジョアン・ジルベルト・エテルノ」(6月16日発売)の収録曲もご紹介します。

ジョアン・ジルベルトがカエターノ・ヴェローゾ、ジルベルト・ジルとの共演で歌う、故郷バイーア讃歌の歌詞もご紹介。

STAFF| 17:45 | カテゴリー:from stafffrom staff

2021年06月13日

伊藤ゴロー アンサンブル「アモローゾフィア - アブストラクト・ジョアン」

UCCJ-219.jpg.png

Amorozsofia - Abstract João / Goro Ito Ensemble
「アモローゾフィア - アブストラクト・ジョアン」
 伊藤ゴロー アンサンブル

 (Universal : UCCJ-2194)2021年6月9日発売

MORE INFO(ユニバーサルミュージック公式サイト内)

2013年、「ゲッツ/ジルベルト+50」のプロデューサーをつとめ、2017年にはアントニオ・カルロス・ジョビン生誕90周年を記念したアルバム「アーキテクト・ジョビン」を発表したギタリスト/プロデューサー、伊藤ゴローがオーケストラを率いて、生誕90年を迎えたジョアン・ジルベルトにトリビュートした最新録音のアルバムです。

「AMOROZSOFIA(アモローゾフィア)」は造語で、"愛をこめた" を意味するAMOROSO(アモローゾ)と、哲学を意味するFILOSOFIA(フィロゾフィア)の合成。そして『AMOROSO(アモローゾ)』は、クラウス・オガーマンがオーケストラの編曲を行なった、ジョアンの1977年の名盤のタイトルでもあります。

『AMOROSO(アモローゾ)』の収録曲と、伊藤ゴローがジョアンにオマージュしたオリジナル曲を中心に構成。ジョアンを軸に、アントニオ・カルロス・ジョビンとクラウス・オガーマン、この3人の音楽と関わり合いへのオマージュという側面もあるアルバムです。

伊藤ゴロー公式サイト

GORO ITO BOSSA NOVA EXPERIMENT dedicate to João Gilberto & Antônio Carlos Jobim(録音風景などの映像を見られます)

STAFF| 17:14 | カテゴリー:CD InformationCD Information

2021年06月06日

6/13も「ジョアン・ジルベルト生誕90年祭」

次週6月13日は、ブラジルへの音楽の旅にご案内します。

前半は、4週連続でお送りしている月間特集「ジョアン・ジルベルト 生誕90年祭」。

6月10日で生誕90年、亡きボサノヴァのクリエイター、ジョアン・ジルベルトの歌声と、大勢の音楽家が参加した最新録音のトリビュート・アルバム「ジョアン・ジルベルト・エテルノ」(6月16日発売)の収録曲をご紹介します。

秩父とブラジルを結ぶ音楽の旅にもご案内。埼玉県の秩父を拠点に活動しているギタリスト、笹久保伸が、ブラジルの音楽家たちと共演したニューアルバムをご紹介します。

STAFF| 17:50 | カテゴリー:from staff

2021年06月06日

最新トリビュート盤「ジョアン・ジルベルト・エテルノ」6/16発売

UCCJ-2193_tjb_extralarge.jpg.png

João Gilberto Eterno(ジョアン・ジルベルト・エテルノ)
/ Various Artists

(Universal Music UCCJ-2193)2021/6/16 on sale
MORE INFO(ユニバーサルミュージック公式サイト内)

2021年6月10日に生誕90年を迎える、亡きジョアン・ジルベルトへの最新録音トリビュート・アルバム。

ブラジルのギタリスト、プロデューサー、マリオ・アヂネーと、ジョアン・ジルベルトの来日公演の立役者でもあったプロデューサー、宮田茂樹の共同企画で、アルバム・タイトルの「エテルノ」は「永遠の」という意味です。

ジョアンの旧友でもあった大御所ジョアン・ドナート、アントニオ・カルロス・ジョビンの孫ダニエル・ジョビン、ジョイス・モレーノ、ホーザ・パッソス、モレーノ・ヴェローゾなど、日本から小野リサ、伊藤ゴロー、フェビアン・レザ・パネも参加。

ジョアンのレパートリー、ジョアンのオリジナル曲(4,5,6,7,9.12)を歌い、演じます。

⚫️SONG LIST

1. イパネマの娘 (ダニエル・ジョビン&ドーラ・モレレンバウム)
2. 想いあふれて (モニカ・サルマーゾ&ギンガ)
3. イザウラ (マリオ&アントニア・アヂネー)
4. ビン・ボン (モレーノ・ヴェローゾ)
5. ボンファに捧ぐ (ジャン・ シャルノー)
6. オバララ― (アヂネーズ)
7. ミーニャ・サウダージ (ジョアン・ドナート&アントニア・アヂネー)
8. ドラリッシ (ホーザ・パッソス)
9. ジョアン・マルセロ (伊藤ゴロー)
10. ヴォセ・イ・エウ (レイラ・ピニェイロ)
11. マダムとの喧嘩はなんのため (アヂネーズ)
12. ヴァルサ(ベベウ) (ファビアン・レザ・パネ)
13. エスタテ (ジョイス)
14. オール・オブ・ミー (ミカ&リチャード・ストルツマン)
15. 蛍の光 (小野リサ&ファビアン・レザ・パネ)

[NIPPON EXPRESS SAÚDE! SAUDADE...]では6月の4週連続(6/6, 13, 20, 27)で、このアルバムの収録曲をオンエア!


STAFF| 17:11 | カテゴリー:CD InformationCD Information


バックナンバー

カテゴリー