PR

ORIENT STAR OWNER's VOICE Kyoto Jazz Massive/Kyoto Jazz Sextet 沖野修也さんに実際の使い心地を聞きました。

ORIENT STARの腕時計を使用しているオーナーに、
実際の使い心地を聞きました。

Kyoto Jazz Massive/Kyoto Jazz Sextet 沖野修也 SHUYA OKINO

ご愛用 ORIENT STARの詳細はこちら

NEWS

2024.04.19
名越康文さんのインタビューを掲載
2024.03.18
舘鼻則孝さんのインタビューを掲載
2024.02.16
BONNIE PINKさんのインタビューを掲載
シェア

沖野さんが選ばれたのは、Contemporary collectionのSTANDARDですね。

シンプルにしてクール。そしてモダニズム感がある点を気に入って選びました。
実際に使ってからは、エッジの効いたラグ形状が特徴的なデザインの小ぶりなケースやカラーリングは自分のワードローブに合わせ易く、汎用性が高いという嬉しい発見もありました。

周りの方からの反応はいかがですか。

ヴィンテージの時計ですか?と訊かれます。僕自身、この時計には懐かしさと新しさが同居していると感じていて、大きな魅力のひとつだと思っているので、そのように声を掛けてもらえるのは嬉しいですね。

ORIENT STARを迎え入れてから、日常生活に変化があったと伺いました。

ORIENT STARが手元にあるということで、昼も夜も月の存在(一番近い星だから)を意識するようになりました。

最後に、STANDARDの印象やイメージに合う一曲を選んで頂けますか。

印象は、夜の街ですね。曲は、Bobby McfferinのMoondanceですかね。夜の都会をさすらう大人のイメージが合うと思うのです。

沖野修也

沖野修也(Kyoto Jazz Massive/Kyoto Jazz Sextet)

選曲家/作曲家/作詞家/執筆家/ラジオDJ/The Roomオーナー。これまでDJ/アーティストとして世界40ヶ国140都市に招聘されただけでなく、CNNやBILLBOARD等でも取り上げられた本当の意味で世界標準をクリアできる数少ない日本人音楽家の一人。2015年、ジャズ・プロジェクトKYOTO JAZZ SEXTETを始動。ファースト・アルバムをブルーノートよりリリース。2021年12月、KYOTO JAZZ MASSIVEの2ndアルバム『MESSSAGE FROM A NEW DAWN』を発表。2022年4月、Kyoto Jazz Sexetet ft.森山威男としてアルバム『SUCCESSION』を発売。ブルーノート東京、Fujirock Festival’22へ出演。2020年12月23日に渋谷ストリーム1FにオープンしたThe Room COFFEE & BARのクリエイティヴ・ディレクターでもある。今年渋谷The Roomが30周年を迎える。2022年12月24日(土)LIQUIDROOMにてThe ROOM 30th Anniversary Partyを開催。

with ORIENT STAR