2019年09月13日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #20 公開収録の模様をOA!

今週と来週は、番組初めての公開収録の模様をお届けします。
ゲストは俳優で演出家の吉原光男さんと、
俳優の小野田龍之介さん。
中井智彦とは今年の『レ・ミゼラブル』で共演した関係です。

公開収録は、東京ミッドタウン日比谷にある、
Billboard Café & Dinningで行われました。

『レ・ミゼラブル』は、全キャストが
オーディションで選ばれるそうで、
小野田さんが初めてオーディションを受けたのは15歳の時。
最終選考まで残りつつ「まだ若いから、
20歳になったら来てください」と言われて、
その後、『ミス・サイゴン』の
海外スタッフに勧められて、出演することに。

一方で、吉原さんは、
ちょっとした意地の張り合いから受けたところ、
イケメン揃いのオーディション会場での
ご本人の感触とは違い、
見事2011年にジャン・バルジャン役を射止めます。

そんな2人から見た『レ・ミゼラブル』とは、
数多くあるミュージカルの名作のなかでも、
“完璧”と思える作品だそうです。
役者が音楽に委ねることができて、
オーケストレーションから情感のみならず、
匂いや囚人の疲労感まで伝わる、
という思いを持っているとのことです。

そんな『レ・ミゼラブル』は、
2021年の再演が決定していて、
今年オール・キャストの
オーディションが行われることになっています。

3_2.jpg

本日OAした楽曲 (全曲ライヴ・パフォーマンス)
M:ラ・マンチャの男 / 中井智彦
M:愛せぬならば / 中井智彦
M:魅惑の宵 / 中井智彦

staff| 23:00 | カテゴリー:

2019年09月06日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #19 ゲスト:水野貴以さん

今週のゲストは、女優の水野貴以さん!!

水野さんと中井は、
2018年の朗読ミュージカル『カラフル』で初共演。
『ナイツテイル』で共演した際には、
カーテンコールでアンサンブルが歌う企画で、
“ナカイ、タカイ”と指名されたことから、
そこに照井さんが加わった、自主企画のライヴ
『ナカイ タカイ テルイ!』を開催している仲でも。
そして、今月上演される
ミュージカル『おでかけ姫』で再共演することになっています。

そのなかから劇中歌『愛の奇跡』を
中井の弾き語りで、スタジオでデュエット!!

そんな水野さんがミュージカルにデビューしたのは10歳の時。
『アニー』で主演を務められました。
人見知りの性格で、オーディションの
質疑応答では何も答えられなかったとか。
その後、劇団四季の聴講生、
短大の演劇科を経て、本格的にデビュー。

最近ではアニメーションの声優も務め、
『ちいさなプリンセスソフィア』では
悪役にも挑戦!! 低音で役作りをされているそうです。

そして、26日から上演される『おでかけ姫』、
水野さんは、“素敵な出会い”を
秘かに夢見る主演のアナウンサー役、
中井は、そんな主人公が
夢のなかで出会う“素敵な男性”の泥棒。

タップも踊るコメディ作品のなかで、
演出家のハマナカトオルさんから
「水野と中井は、毎回何か生まれそうだから、
そのまま生まれていったらいい」と。
25日に幕を開けてからも、
毎回新たな化学反応が楽しめそうなミュージカルです。

『おでかけ姫』
9月25日〜29日 @品川六行会ホール
URL : http://www.musical-za.co.jp/

IMG_5916.jpg

本日OAした楽曲
M:トゥモロー / クワベンジャネ・ウォレス
M:いつもそばに / 水野貴以
M: 愛の奇跡 / 水野貴以 & 中井智彦 (スタジオライヴ)


staff| 23:00 | カテゴリー:

2019年08月30日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #18 ゲスト:平方元基さん

先週に引き続き、平方元基さんがゲスト!!

平方さんが10月に出演される
ミュージカル『ストリート・オブ・マイ・ライフ』は、
2009年にブロードウェイで初演された作品。
登場人物は、トーマスとアルヴィンという幼馴染の男性2人だけ。

今回が日本初演となりますが、
相棒を演じるのは田代万里生さん。
しかも公演日によって、役をチェンジするとか。
つまり、台本の全て、
歌の全てを覚えなくてはいけないという、
なかなか挑戦的な試みをされるそうで、
笑いながら「毎日毎日、台本に追われています」と……。

出演が決まった際に、韓国公演を見に行かれたそうですが、
韓国では大人気の作品で、観客が笑ったり、
泣いたり、感情表現が豊かな会場で、
平方さんも言葉を超えて、
ぐっと涙がこみあげてくる場面があったと言います。

そんな平方さん、オフの日の過ごし方もなかなか刺激的。
行き先を決めず、駅や空港に行き、
一番早い列車や飛行機に乗って、
知らない街を旅するのが楽しいそうで、
その旅が自分をリフレッシュさせてくれると言います。

『ストーリー・オブ・マイ・ライフ』
10月4、5日:大阪・新歌舞伎座
10月9日〜16日:東京・よみうり大手町ホール
10月19日、20日:水戸・水戸芸術館ACM劇場
10月29日: 名古屋・御園座

URL : https://horipro-stage.jp/stage/soml2019/

IMG_5792.JPG

本日OAした楽曲
M : Normal/ Will Chase & Malcolm Gets
The Story of My Life (Original Broadway Cast Recording)
M : The Butterfly  / Will Chase & Malcolm Gets
The Story of My Life (Original Broadway Cast Recording)
M : 魅惑の宵/中井智彦

staff| 23:00 | カテゴリー:

2019年08月23日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #17 ゲスト:平方元基さん

俳優の平方元基さんがゲスト!!

2011 年に『ロミオとジュリエット』で
ミュージカル・デビューした平方さん。
『ロミオとジュリエット』に出演するまでは
映画で観たことはあっても、ミュージカルを
生の舞台で観たことがほとんどなかったとか。
オーディションを受けて、ティボルト役を獲得したものの、
右も左もわからないような状態での初挑戦。

続いて、2012年に人気作品『エリザベート』に出演。
この作品がミュージカルへの情熱を掻き立てることになり、
2013年には交響劇を含む4本の作品に出演されています。

そして、アンドリュー・ロイド・ウェバーの
音楽に魅了されて、自ら出演を熱望し、
オーディションを受けたのが『サンセット大通り』。

この作品で出会ったのが演出家の鈴木裕美さん。
小劇場からストレートプレイ、
ミュージカルまで幅広く手掛けられる演出家。
芝居への情熱は、中井の耳にも届いていて、
いつかご一緒したいと思っている方のひとりだと言います。

その『サンセット大通り』、
2020年3月の再々演が決まっています。

会場:東京国際フォーラムホールC
日時:2020年3月14日〜3月29日
URL : https://horipro-stage.jp/stage/sunsetblvd2020/

IMG_5793.JPG


本日OAした楽曲
M:本当の俺じゃない/ 平方元基
M:On the Street Where You Live(君の住む街で)
/ Julie Andrews
M:サンセット・ブールヴァード(サンセット大通り)
/ アンドリュー・ロイド・ウェバー & ケヴィン・アンダーソン


staff| 23:00 | カテゴリー:

2019年08月16日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #16 ゲスト:有川マコトさん

先週に引き続き、俳優の有川マコトさんがゲスト!!

新作ミュージカル『怪人と探偵』の話をたっぷりうかがいます。
この作品の原作は、江戸川乱歩の明智小五郎シリーズ。
有川さんは、小学生時代に
この推理小説の大ファンだったそうです。

ミュージカルを企画したのは
作詞家としても活躍されている森雪之丞さん。
5年前から大切に温めて企画は、
“人間の光と影”がひとつのテーマです。

この言葉をどう解釈するか……。
有川さんの持論は? また、中井智彦の解釈は?

音楽は、ロックバンド・WEAVERの
ヴォーカル、杉本雄治さんが担当。
テーマ曲を東京スカパラダイスオーケストラが手懸け、
音楽監督が島健さん。
劇中歌は、バラエティに富んでいて、
有川さんの心に琴線に触れるものばかりだそうです。

中井曰く、有川さんはカメレオンタイプの役者。
同じ作品のなかで、全く異なる2役を演じることも多く、
『怪人と探偵』でも1幕は、
博物館の館長、2幕は、せむし男を。

演出は、妥協を知らない素敵な大人の白井晃さん。
照明の独自のこだわりがあり、今回もテーマに合わせて、
暗いライティングに特徴があるだろうと、
期待しているとのことです。


ミュージカル『探偵と怪人』
会場:KAAT 神奈川芸術劇場
日時:9月14日〜29日
URL : https://stage.parco.jp/web/play/kaijintotantei/

48714.jpg


本日OAした楽曲
M:マッチョ・ドラゴン / 藤波 辰爾
M:ありのままの私 / 中井智彦
M:僕らの永遠 〜何度生まれ変わっても、
 手を繋ぎたいだけの愛だから〜/ WEAVER

staff| 23:00 | カテゴリー:

2019年08月09日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #15 ゲスト:有川マコトさん

今週は、俳優の有川マコトさんがゲスト!!

中井智彦が初めて有川さんと共演したのは
2016年のミュージカル
『バイオハザード〜ヴォイス・オブ・ガイア〜』。
有川さんの役は、空軍オタクの“ゼルグ”。
演出家で脚本を手懸けた、G2さんの空想の産物でした。

G2さんの脚本は、
語呂合わせのようなユニークなタイトルから
物語を構築していく方法で、空想のなかで、
出演者が勝手にしゃべるセリフを台本に綴っていくとか。

中井曰く、それと全く同じ方法で、書かれたのが
有名なビクトル・ユゴーの『レ・ミゼラブル』だそうです。

有川さんにとって
『バイオハザード〜ヴォイス・オブ・ガイア〜』は
ミュージカルのデビュー作でしたが、
それ以降、『She Loves Me』、
音楽活劇『Shiranami』など、作品が続いています。

ストレートプレイ出身の有川さんにとって、
ミュージカルと、ストレートプレイの違いとは? 
また共通点とは? 中井智彦と語り合います。

48713.jpg

本日OAした楽曲
M:愛の讃歌 / 美輪明宏
M:Days Gone By / Ludwig Donath
M:マイ・フェイバリット・シングス / トニー・ベネット

staff| 23:00 | カテゴリー:

2019年08月02日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #14 ゲスト:浦井健治さん

今週も俳優の浦井健治さんがゲスト!!

7年ぶりに日本で再演される
ロック・ミュージカル
『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』で、
浦井さんは、主演されます。

実は、2004年に三上博史さんの主演で初演された時、
当時まだ大学生だった中井智彦は、
演出家・青井陽治さんの授業を受けたことから、
公開稽古を見る貴重な機会に恵まれていました。

なぜ主演のヘドウィグは、派手なメイクの女装をするのか。
彼が怒りの対象とする“アングリーインチ”とは何か。

浦井さんがこの作品で表現したいテーマ。
中井が観客として受け取ったメッセージ。
熱く語り合います。

ミュージカル『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』
@EX THEATHER ROPPONGI
8月31日〜9月8日
URL : https://www.hedwig2019.jp/

190802_WLM_.JPG


番組の最後に、中井智彦の新作LIVE CD『魅惑の宵』から
『I Got Rhythm』を紹介。
CDは、9月3日にリリース予定です。
オフィシャルサイト:https://www.nakaitomohiko.jp/

nakai.jpg

本日OAした楽曲
M:Angry Inch / Hedwig And The Angry Inch
M:ミッドナイト・レディオ / 浦井健治
M:I GOT RHYTHM / 中井智彦

staff| 23:00 | カテゴリー:

2019年07月26日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #13 ゲスト:浦井健治さん

俳優の浦井健治さんがゲスト!!

浦井さんとは2008年の
ミュージカル『ルドルフ〜ザ・ラスト・キス』で初共演。
久しぶりの再会です。

浦井さんが役者の喜びに目覚めたのは2004年に出演した
大人気ミュージカル『エリザベート』。
そこからシェイクスピアの戯曲を学ぶなど、
意識が大きく変わっていったそうです。

その後、『ルドルフ〜ザ・ラスト・キス』、
『デスノート』、『笑う男』と
作曲家フランク・ワイルドホーンが
手懸けたミュージカルに出演。
天才肌のワイルドホーンが現場でアイディアが膨らみ、
ドラマティックな新曲がどんどん生まれていくという、
刺激に満ちた経験をされたそうです。

そして、彼が『デスノート』の際に
全ての出演者に語ったのが、
「みなさんがオリジナルキャストです。
それを誇りに思って欲しい」という熱い言葉。

また、コンサート活動もしている
浦井さんにとって”歌とは”。
その思いもたっぷりと…。

190726_WLM.jpg

本日OAした楽曲
M:闇が広がる / 浦井健治
M:Something more/神田沙也加 & 浦井健治
M:いまは子供のままで /浦井健治

staff| 23:00 | カテゴリー:

2019年07月19日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #12 ゲスト:大澄賢也さん

先週に引き続き、大澄賢也さんがゲスト。
偉大な振付師の話をたっぷりうかがいます

大澄さんが初めてミュージカルに主演したのは
2003年にコマ劇場で上演された
『サタデー・ナイト・フィーバー』。
この公演で、ダンスの監修をしたのが
“クラブ・ダンスの神様”坂見誠二さん。

大澄さんは、11月に豊洲の
IHIステージアラウンドで上演される、
日本キャストによるミュージカル
『ウエスト・サイド・ストーリー』の振付指導を担当。
この名作の振付をしたのは、ジェローム・ロビンズ。

ブロードウェイの3大振付師のひとりです。
他に大澄さんが影響を受けたボブ・フォッシーと、
『コーラスライン』の振付をしたマイケル・ベネットがいます。

まさに伝説の振付師ですが、
彼らに影響を受けたのがマイケル・ジャクソン。
有名なMV『BAD』の振付は、
『ウエスト・サイド・ストーリー』の“COOL”の再現、
また、ボブ・フォッシーの
映画『星の王子様』のダンスの影響が
いろいろなところで見られるとのこと。
こういうお話を聞くと、
ダンスを見るポイントが変わってきます。

ミュージカル『ウエスト・サイド・ストーリー』
@豊洲IHIステージアラウンド東京

海外キャスト版 8月19日〜10月27日
URL:https://www.tbs.co.jp/stagearound/wss360_2019/

日本キャスト版 11月6日〜2020年1月13日
URL:https://www.tbs.co.jp/stagearound/wss360_1/

IMG_5661.JPG


本日OAした楽曲
M:『恋のナイト・フィーヴァー』/ビー・ジーズ
M:『プッティング・オン・ザ・リッツ』/ フレッド・アステア
M:『なにかが起こりそう』/ ミュージカル『ウエスト・サイド・ストーリー』より

staff| 23:00 | カテゴリー:

2019年07月12日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #11 ゲスト:大澄賢也さん

俳優、ダンサー、振付師とマルチな
活躍をされている大澄賢也さん。
中井智彦とは2018年の
ミュージカル『ナイツ・テイル』で初共演。

日本初演の新作における、
演出家ジョン・ケアードのエピソード。
現場でどんどん作品が進化していく
おもしろみを2人は体験したそうです。

大澄さんと言えば、
“日本のボブ・フォッシー”と呼ばれるほど、
ブロードウェイで活躍した伝説の振付師の
スタイルを継承されている第一人者。
彼の代表作『シカゴ』では
アメリカのカンパニーの舞台にも出演。

また、振付のアシスタントとして、
日本公演のオーディションに立ち会い、
その時に女優・米倉涼子さんが言った
「ブロードウェイに立ちたい」という言葉と、
それに向けて、英語、ダンスの努力を
重ねる彼女の姿に驚愕したとか。

また、再演されるミュージカル
『天使にラブ・ソングを』のお話も。

米倉涼子さんが出演されるミュージカル『シカゴ』
8月7日〜18日 東急シアターオーブ
URL: https://theatre-orb.com/lineup/19_chicago/

大澄賢也さんが出演されるミュージカル
『天使にラブ・ソングを〜シスター・アクト〜』
11月15日〜12月8日 東急シアターオーブ
URL: https://theatre-orb.com/lineup/19_sister/

IMG_5660.JPG


本日OAした楽曲
M:『オール・ザット・ジャズ』
   / ミュージカル『シカゴ』より
M:『キャンディード 序曲』
   / ミュージカル『キャンディード』より
M:『テイク・ミー・トゥ・ヘヴン』
   / ミュージカル『天使にラブ・ソングを』より

staff| 23:00 | カテゴリー: