2020年01月17日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #38 ゲスト:甲斐翔真さん

先週に引き続き、俳優の甲斐翔真さんがゲスト!!

甲斐さんのミュージカル・デビュー作となる
『デスノート THE MUSICAL』。
出演が決まった当初「僕でいいんですか?」
という思いに駆られたとか。
それは、原作の漫画『DEATH NOTE』の
熱心なファンだったから。
しかも演じられるのは好きな「夜神月」。

「めちゃくちゃやりがいがある」と興奮ぎみの甲斐さん。
演出は、栗山民也さん、音楽は、
中井智彦も好きなフランク・ワイルドホーン。
2015年にミュージカル化されて、
日本、韓国、台湾で上演されてきました。
今回の公演は、オール新キャスト。
甲斐さんは、オーディションまでまるで
受験勉強のような準備をしたそうです。

オーディションの応募総数は、2,416名。
120%の力を出し切り、
そのなかを勝ち抜いての「夜神月」です。
昨夏には『ヤツの中へ』のミュージック・ビデオを撮影。
テニスをしながら、心のせめぎあいで、
ヒリヒリ感がマックスしていたとか。

そして、人気大作の上演を前に、
「初ミュージカル、初舞台、初主演」と
3つの初めてが並ぶなか、22歳だからこそ出来ることを
精一杯伝えたいと語ります。

『デスノート THE MUSICAL』
1月20日〜2月9日 @東京建物 Brillia HALL
URL : https://horipro-stage.jp/stage/deathnote2020/

190110_1.jpg

本日OAした楽曲
M : So viel mehr / Lisa Anton , Drew Sarich
M : ヤツの中へ / 柿澤勇人&小池徹平
M : デスノート / 浦井健治

staff| 23:00 | カテゴリー:

2020年01月10日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #37 ゲスト:甲斐翔真さん

今週は、俳優の甲斐翔真さんがゲスト!!

1997年生まれの甲斐さんは、高校1年生の時に、
原宿でスカウトされたのがきっかけで、
高校卒業後にデビューされました。

思わぬ進路となったようですが、
もともと映画が大好きで、歌うことも好きで、
カラオケではミスチルを歌うことが多いそうです。

ドラマ『仮面ライダーエグゼイド』でデビューされて、
テレビ、映画など、主に映像の世界で活躍されていますが、
歌を披露するチャンスが
アミューズ主催のファン感謝祭『ハンサム・ライヴ』。
今年は、2月15日、16日に国技館で開催される予定で、
もちろん甲斐さんもご出演されます。

そして、ずっといつかミュージカルに出演したいと思っていた、
念願がようやく実現することになりました。
ミュージカル・デビュー作は『デスノート THE MUSICAL』。

来週は『デスノート THE MUSICAL』に賭ける思いを
たっぷり、じっくりおうかがいします。

『デスノート THE MUSICAL』
1月20日〜2月9日 @東京建物 Brillia HALL
URL : https://horipro-stage.jp/stage/deathnote2020/

190110_2.jpg

本日OAした楽曲
M : あの夏へ / 久石譲
M : 桜の街 / 甲斐 翔真 & 小関裕太
M : He Lives In You (From "The Lion King")
/ Michael Ball & Alfie Boe

staff| 23:00 | カテゴリー:

2020年01月03日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #36 新春生パフォーマンス!

2020年最初の放送は、今年上半期オススメの作品をご紹介。
さらに番組後半でスタジオパフォーマンスをします。

まずはオススメの作品から。

■『ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド〜汚れなき瞳』。
日本初演となるアンドリュー・ロイド・ウェバーの作品で、
三浦春馬さんと、生田絵梨花さんが主演されます。
「劇中歌の『No Matter What』は、
アンドリュー・ロイド・ウェバーのコンサートでの定番曲。
この曲が劇中のどの場面で歌われるのか、それが楽しみのひとつ」
3月7日〜29日 @日生劇場
URL : http://www.whistledownthewind.jp/


■『ニュージーズ』
2012年にブロードウェイで初演されたディズニー作品。
実話を基にした1890年代の新聞配達の少年達の物語で、
音楽を巨匠アラン・メンケンが担当しています。
「新聞を使ったアクロバティックなダンスが驚異的で、
こんなダンスがあるんだ、こんな表現方法があるんだと思われるはずです」
5月上演予定 @日生劇場
URL : https://www.tohostage.com/newsies/


■映画『キャッツ』
名作の映画化です。
「トレーラーが公開された時、
『レ・ミゼラブル』の楽屋で賛否両論に。
どれだけ猫に見えるか、身体表現でどうリアリティを伝えていくか、
それを映像に感じないという意見がありつつ、
僕は映画と舞台で、こだわるポイントが違うので、
どちらかというと、賛成派。
テイラーの新曲が『キャッツ』の
物語にどう組み込まれていくのか……」
1月24日から公開
URL : https://cats-movie.jp/


■『チェス・ザ・ミュージカル』
人気作品の海外カンパニーによる公演。
出演者は、ラミン・カリムルー、サマンサ・バークス、
ルーク・ウォルシュ、佐藤隆紀(ル・ヴェルヴェッツ)。
「大学時代にジャケ買いしたCDで、
アバのこれまでの作風とは異なる、
重厚なオーケストレーションを
切り裂くように入ってくるエレキギターなど、
新たな挑戦にドキドキしながら聴いた思い出があります」
2月1日〜9日 @東京国際フォーラムホールC
URL : https://www.umegei.com/chessthemusical2020/

0103_6_1.jpg


本日OAした楽曲
M : Beautiful Ghosts / TAYLOR SWIFT
M : アンセム / トミー・ショールベリ

スタジオライヴ
M : サムシングス・カミング/中井智彦 with 長濱司
M : メモリー/中井智彦 with 長濱司          


staff| 23:00 | カテゴリー:

2019年12月27日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #35

2019年最後の放送は、今年を振り返る番組!!

大勢のゲストに出演していただき、
さまざまな秘話を披露してもらいました。
たとえば、岡幸二郎さん、
劇団四季に所属していた時代に、ある知り合いの助けを借りて、
『レ・ミゼラブル』のオーディションを受けに行った話。

同じ『レ・ミゼラブル』でも島田歌穂さんは、
ホテルの部屋に演出家のジョン・ケアードが待っていて、
約束をしてくれたという秘話。
中井智彦が島田歌穂さんのエポニーヌ役に感じたのは、
「エポニーヌという役に素顔の
歌穂さんが抱きついている」という印象。

オーディションを受けるのが大好きという中井智彦。
ダンスから始まったオーディションでは
自由に踊る場面で、アクロバティックな
動きをする人が多いなか、ひとり渾身の前転を披露して、
次の審査に進んだことがあったとか。

そして、今年観たミュージカルのなかで、
印象的だったのが『ファントム』。
城田優さんが出演しながら、演出も手掛けている舞台に、
「立ち上がれないほど衝撃を受けた」と言います。

その理由のひとつが、怪人を人間として描いていること。
さらに演出家は“鏡”のような存在、
出演者が見ることができない客席からの舞台を
自分達に代わって見せてくれる鏡だと思っているのに、
その二役を見事に果たしていることに、
衝撃を覚えたといいます。


本日OAした楽曲
M:All I Ask of You〜なぜ僕を愛してくれるのか?
/ 中井智彦&田代万里生
M:マリア / 中井智彦&小野田龍之介 
M:母は僕を産んだ / 城田優

1227_WLM_1.jpg


【番組公開収録】のお知らせ
日時:2020年1月21日(火)夜7時より
会場:東京ミッドタウン日比谷のBillboard café & dining

ゲストに俳優で、演出家の原田優一さん
シンガーで、ミュージカル女優のエリアンナさんを迎えて、
トークとパフォーマンスをお届けします。

この公開収録に、リスナー40組80名様をご招待します。
詳細は、こちらをご覧ください。
URL: https://www.j-wave.co.jp/topics/1912_musical.htm

staff| 23:00 | カテゴリー:

2019年12月20日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #34 ゲスト:三浦春馬さん

ミュージカル『キンキーブーツ』の
主演でも知られる三浦春馬さん、
1月16日、17日に開催されるコンサート
『シンシア・エリヴォ・ミュージカルコンサート』に
出演されます。ミュージカル『カラーパープル』の主演で
知られるシンシアと今回共演するのは『glee/グリー』の
先生役で人気もマシュー・モリソンと、三浦春馬さん。

シンシアとは2017年に行われたコンサート『4Stars』の
楽屋でお会いしたことがあるとか。
その時の印象を「やわらかく、おおらかな人柄」と語ります。

今回三浦さんがコンサートで歌われる曲のひとつが、
ミュージカル『ディア・エヴァン・ハンセン』からの
『ウェイビング・スルー・ア・ウィンドウ』。
2016年にオフブロードウェイで上演されたこの作品を観て、
「今の時代を切り取ったような作品で、
内面をえぐるような音楽」などに魅了されて、
出来れば、主演を演じたいという思いが芽生えたそうです。

『シンシア・エリヴォ・ミュージカルコンサート』
1月16日、17日 @東京国際フォーラム ホールA
URL : https://www.umegei.com/cynthia/


また、三浦さんは、3月に日本初演となる、
アンドリュー・ロイド・ウェバーの作品
『ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド〜汚れなき瞳』
に主演されることがきまっています。

『ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド〜汚れなき瞳』
3月7日ー29日 @日生劇場
URL: http://www.whistledownthewind.jp/

IMG_0523_1_edited-2.jpg

本日OAした楽曲
M : Waving Through A Window
/ Ben Platt & Original Broadway Cast of Dear Evan Hansen
M : I'm Here / Cynthia Erivo
M : Sex Is In The Heel/ Kinky Boots Original Broadway Cast

staff| 23:00 | カテゴリー:

2019年12月13日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #33 中井智彦ソロトーク

今週は、この冬おすすめのショウ2本をご紹介!!

まずは、『ブロードウェイ・クリスマス・ワンダーランド』。
ニューヨークで80年以上も続く
クリスマス・ショウの日本版として、
2016年から開催されています。
アメリカから来日するシンガーとダンサーに加えて、
フィギュアのペアスケーターが出演。
舞台上に作られたリンクで、クリスマス・ソングに合わせて、
素敵な滑りを披露してくれることになっています。

歌われるのはもちろんクリスマスの名曲ばかり。
ブロードウェイなどで活躍するシンガー6名が来日します。

『ブロードウェイ・クリスマス・ワンダーランド』
12月14日?25日 @東急シアターオーブ
URL : https://theatre-orb.com/lineup/19_christmas/top.html

もうひとつは、『ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ』。
ディズニーがブロードウェイに
進出して25年を経た昨年から始まった、
ディズニーのヒット曲を楽しむコンサートです。
今年は、『メリー・ポピンズ』も
主演したアシュリー・ブラウン。
『ターザン』に主演したジョシュ・ストリックランド。
『ライオン・キング』に出演した
アルトン・フィッツジェラルド・ホワイト。
同じく『ライオン・キング』に出演したキシー・シモンズ。
そして、人気俳優の海宝直人さんがゲスト出演されます。

『ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ』
2020年1月30日、31日 @東京国際フォーラム ホールA
URL : http://www.disneybroadwayhits.com/


1213_WLM.jpg

【プレゼントのお知らせ!】
「ブロードウェイ・クリスマス・ワンダーランド」公演の
「オリジナルバッジ」 こちらを10名様にプレゼント!

ご希望の方は、番組HPのメッセージフォームから、
「オリジナルバッジ」希望と書いてご応募ください。

締め切りは、12月16日到着分まで!
当選者の発表は発送をもってかえさせて頂きます
たくさんのご応募お待ちしております!

本日OAした楽曲
M : ホワイト・クリスマス / ビング・クロスビー
M : イントゥ・ジ・アンノウン〜心のままに/イディナ・メンゼル
M : クリスマス・ソング / ナット・キング・コール
M : 美女と野獣 / アンジェラ・ランズベリー
M:ホール・ニュー・ワールド/メナ・マスード&ナオミ・スコット

staff| 23:00 | カテゴリー:

2019年12月06日

■J-WAVE「WE/LIVE/MUSICAL」チケット先行予約受付!!■

「WE/LIVE/MUSICAL」ナビゲーター中井智彦の
コンサート「I Live Musical! 5」の
チケット先行予約を12月6日(金)オンエアの
J-WAVE「WE/LIVE/MUSICAL」から受付けます!

<J-WAVE主催 中井智彦コンサート「I Live Musical! 5」>
日時:2020年5月4日(月曜日・祝日) 開場 17:00/開演 17:30
会場:Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

チケット一般発売日(1月11日)に
先がけての、チケット先行予約です。
受付はお電話とインターネットで。
御都合にあった手段で御予約下さい。

★先行受付期間:12月6日(金) 22:30ー12月7日(土)17:00
◎インターネット先行受付:
https://w.pia.jp/p/nakaitomohiko20jw/

◎電話先行受付:0570−02−9930 
※12月7日 (土)曜日 17:00まで受付

※ただし、上記期間内であっても
規定数に達した時点で受付は終了します。

staff| 22:58 | カテゴリー:

2019年12月06日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #32 ゲスト:大貫勇輔さん

先週に引き続き、ダンサーで俳優の大貫勇輔さんがゲスト!!

大貫さんと中井智彦は、来年7月に再演される
ミュージカル『ビリー・エリオット』で
初共演することになっています。
11歳のビリーがバレエダンサーを目指す物語。
大貫さんは、2017年の初演から大人になった時のビリー、
“オールダー・ビリー”役で出演されていますが、
この作品が「人生のターニングポイントになった」と言います。

その理由のひとつがビリー役の少年達が
オーディションから稽古、公演を通して、
みるみる成長していく姿に感動し、
刺激を受けたことだそうです。

劇中の“ドリーム・バレエ”は、
少年ビリーと2人で踊る話題のシーンですが、
実際に踊るのは尋常ではない緊張を毎回強いられるとか。
今でもいろいろ思い出すと、
感動で泣きそうになるそうですが、
初めてロンドンのウエストエンドの劇場で、
『ビリー・エリオット』を観た時も、
あまりの感動で立ち上がることさえできなかったと言います。

来年の『ビリー・エリオット』で
大貫さんは再びオールダー・ビリーを、
中井智彦は、ビリーの兄トニーを演じることになっています。

『ビリー・エリオット』
2020年7月上演予定 @TBS赤坂ACTシアター
URL : http://www.billyjapan.com/

191206_musical_1.jpg

本日OAした楽曲
M1 : Electricity / Original Cast of Billy Elliot
M2 : He Could Be A Star/ Original Cast of Billy Elliot
M3 : 見果てぬ夢/中井智彦

staff| 22:56 | カテゴリー:

2019年11月29日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #31 ゲスト:大貫勇輔さん

今週は、ダンサーで、俳優の大貫勇輔さんがゲスト!!

今年放映になったドラマ『ルパンの娘』に
円成寺役で出演された大貫さん。
原作にない役で、突然踊りだす男
ということで話題になりました。

そのダンスの原点は、お母さま。
ダンススタジオを主宰されていて、
幼い頃からダンスが身近に存在し、
本格的に始められたのが小学2年生の時。
そして、ピナ・バウシュのカンパニーの
来日公演に衝撃を受けて、
ダンスの固定概念が払拭されることで、
世界が広がったそうです。
その一方で、マイケル・ジャクソンのダンスに憧れて、
マネして踊ったりも……。

17歳でデビューしてからは、
海外のカンパニーの公演にも出演。
そのなかにマシュー・ボーンの
『ドリアン・グレイ』もあり、
彼から全ての動きに意味があり、
首から動くのか、目から動くのか、
体のポジションの動かし方で観客に
与える印象が大きく変わると教えられたそうです。

その後、ミュージカルに出演されるようになった、
初期の作品のひとつが『ロミオ&ジュリエット』。
この作品で、歌の持つ力、
お芝居の持つ力に感動したそうです。

そして、2017年に出演された
ミュージカル『ビリー・エリオット』が
人生のターニングポイントになったとか。

そんな大貫さんが来年2月に出演されるのが
村上春樹の人気小説『ねじまき鳥クロニクル』を
舞台化する新作。芝居、コンテンポラリーダンス、
音楽の融合ということで、楽しみです。

『ねじまき鳥クロニクル』
2020年2月11日〜3月1日@東京芸術劇場プレイハウス
URL : https://horipro-stage.jp/stage/nejimaki2020/

191129_musical_1.jpg

本日OAした楽曲
M:ビリージーン/ マイケル・ジャクソン
M:ロング・グッドバイ オープニングテーマ1 / 大友良英

staff| 23:00 | カテゴリー:

2019年11月22日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #30 ゲスト:Le Velvets

今週は、4人組ヴォーカルグループの
ル・ヴェルヴェッツから
日野真一郎さんと佐藤隆紀さんがゲスト!!

ともにテノールのおふたり、グループの活動と並行して、
それぞれミュージカル作品に出演されています。
佐藤さんと中井智彦は、
今年上演された『レ・ミゼラブル』で共演。
ジャン・バルジャンを初めて
演じた佐藤さんは、毎日がチャレンジ。
試行錯誤を重ねるなかで、
「もうテクニックじゃない。彼になろう」思った日に
自分の中から爆発するものがあり、
自然に涙が流れた時から、何かが変わったとか。

ル・ヴェルヴェッツの新作『ワールド・ミュージカル』は、
世界中のミュージカルの名曲10曲を厳選したアルバム。
日野さんが思い入れの
ある曲のひとつは、『オペラ座の怪人』。
学生時代オペラに興味があった
日野さんが初めて観たミュージカルだったそうです。

そして、メンバーのなかで
いち早くミュージカルに出演されたのが日野さん。
その時の出演作が『ファントム』。
当初は、オペラとミュージカルの違いに戸惑われたとか。

さらに佐藤さんは、来年上演される
『CHESS THE MUSICAL』に出演を予定。
出演者は、ラミン・カリムルーら海外キャスト。
プロモーション活動するなかでも、
刺激をもらっているそうです。

今週は、最後にル・ヴェルヴェッツが
スタジオでパフォーマンス!!
オペラの名曲『誰も寝てはならぬ』を披露してくれます。


『CHESS THE MUSICAL』
2020年2月1日〜9日 @東京国際フォーラムホールC
URL : https://www.umegei.com/chessthemusical2020/

IMG_6382_edited-11.jpg


本日OAした楽曲
M : 民衆の歌 / ル・ヴェルヴェッツ
M : オペラ座の怪人 / ル・ヴェルヴェッツ
M : 誰も寝てはならぬ(スタジオライブ) / ル・ヴェルヴェッツ

staff| 23:00 | カテゴリー: