2019年11月08日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #28 ゲスト:島田歌穂さん

先週に引き続き、女優で、歌手の島田歌穂さんがゲスト!!

代表作のひとつ『レ・ミゼラブル』には
1987年の日本初演時からご出演。
2001年まで、長くエポニーヌ役を演じられました。

当初オーディションを受けられた時は、
意外にもきっと合格するのは難しいだろう、
参加することに意義がある、
と思いながら挑戦されたとのこと。

演出家は、有名なジョン・ケアード。
指定されたホテルの一室に行くと、
彼がピアノを弾きながら、待っていたそうです。
会話から始めて、ピアニストの伴奏で歌い、
そして、彼に掛けられた言葉が、
「君にエポニーヌをやってもらいたけれど、
まだまだオーディションは続くので、
ここで約束はできないけれど、
本当に君にこの役をやってもらいたいと思っているからね」
オーディションは、4次審査まで続いたそうです。

そして、世界中のキャストのなかから選ばれた人による、
アルバム『レ・ミゼラブル・コンプリート・
シンフォニック・レコーディング』に参加。
さらに英国王室主宰のチャリティイベント
『ロイヤル・バラエティ・パフォーマンス』にも
世界各国のキャストとともに出演されて、
エリザベス女王の前で、
『オン・マイ・オウン』を日本語で歌われています。

島田さんと中井智彦は、
2018年の『ナイツ・テイル〜騎士物語』でも共演。
ジョン・ケアードのオリジナル・ミュージックで、
世界初上演の作品、初演ならではの苦労もありつつ、
イチから作品を作り上げていく現場を
懐かしく思い出しながら、2人ともに楽しんだと語っています。

IMG_6311_edeit_1.jpg

本日OAした楽曲
M : オン・マイ・オウン / 島田歌穂
M : いのちの詩 / 島田歌穂

staff| 23:00 | カテゴリー:

2019年11月01日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #27 ゲスト:島田歌穂さん

今週は、女優で歌手の島田歌穂さんがゲスト!!

島田さんと中井智彦は、2007年に上演された、
20周年スペシャルキャストによる
『レ・ミゼラブル』で初共演。
その時、島田さんはエポニーヌ役、中井は司教役でした。
そして、再共演となったのが
昨年の『ナイツ・テイル〜騎士物語』。

島田さんが子役としてTVドラマにデビューされてから45年、
それを記念したアルバム
『スローバラード〜おとこごころ』をリリース。
全編男性アーティストの歌を歌っておられますが、
言葉を伝える大切さのなかで、
男性シンガーのカヴァーは挑戦しがいがあるテーマ。
膨大な候補曲のなかから10曲を厳選されています。

19歳頃に音楽家のお父さんの勧めで、
ジャズを歌い始めた島田さん。
最初に歌ったのがドリス・デイの
『二人でお茶を』と、『先生のお気に入り』。
ここを原点に、自分なりの
フレーズを見出していったと言います。
そして、毎日ピアノトリオの
生演奏でジャズを歌う経験を積まれたとのこと。

ピアニストの島健さんとのデュオコンサートでは
民謡をジャズ風アレンジで歌われることもあるそうです。

島田歌穂さんと島健さんのコンサート
『Duo Xmas Special 10th Anniversary
〜Slow Ballade・おとこごころを歌う〜』
12月14日、15日 @青山スパイラルホール
URL : http://shimada-kaho.com/contents/news

IMG_6308_edited-1_1.jpg

本日OAした楽曲
M : I LOVE YOU / 島田歌穂
M : スマイル/ 島田歌穂

staff| 23:00 | カテゴリー:

2019年10月25日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL#26 ゲスト:小野田龍之介さん

先週に引き続き、小野田龍之介さんがゲスト。
小野田さんは、来年上演される名作『ミス・サイゴン』で、
4年ぶりにクリスを再演されることになっています。

ベトナム人少女キムと恋に落ちながら、
アメリカにひとり帰国し、
エレンという別の女性と結婚してしまうクリス。
『ミス・サイゴン』ファンの中にも
クリスが好きではない人がいることを前提に、
小野田さんは、クリスの人生を尊重したかったとのこと。

キムに対する思いも単なる恋ではなかったはず。
それまでクリスがベトナムで犯したことへの贖罪の思い、
そこから発展した、彼女を守り、
彼女の生きる道を作り、愛する気持ち。

そして、今回はキム役が4人。
高畑充希さん、昆夏美さん、大原櫻子さん、屋比久知奈さん。
毎回演じる相手、恋に落ちるキムが
違うのがまたおもしろいとのこと。
前回の公演では、今日このキムとどういうドラマが出来るのか。
それを楽しみにしていたそうです。

さらに音楽が素晴らしく、
ドラマティックにエネルギッシュに描かれている。
その楽曲のなかでどう生きるのか……。

『ミス・サイゴン』は、
キャメロン・マッキントッシュがプロデュース。
ミュージカルを変えた人物、
今年の『メリー・ポピンズ』が
日本初演だったこともあり、来日した際に
初めて会うことが出来たそうです。

『ミス・サイゴン』
2020年5月19日〜6月28日 @帝国劇場
URL : https://www.tohostage.com/miss_saigon/

IMG_6287_2.JPG

本日OAした楽曲
M : This Is the Moment / Jekyll
M:WHY GOD WHY?/ カール・ウェイン

staff| 23:00 | カテゴリー:

2019年10月18日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL#25 ゲスト:小野田龍之介さん

今週は、俳優の小野田龍之介さんがゲスト!!
中井智彦とは彼が15歳の時に初共演した間柄で、
9月に行われた番組の
公開収録にもゲスト出演していただきました。

19歳でひょんなことから出場が決まった、
シルヴェスター・リーヴァイ
国際ミュージカル歌唱コンサート・コンクールで、
リーヴァイ特別賞を受賞したのが
ひとつの転機になったとのこと。
今年の『レ・ミゼラブル』で中井と再共演となりました。

それに続く出演作は、
日本語上演版の『ウエスト・サイド・ストーリー』。
2016年に劇団四季公演で
『ウエスト・サイド物語』に出演された際は、
トニーを演じられましたが、
今回は、ジェット団のリーダー、リフ役を。
ある意味で孤独であるトニーとの相違点でもある、
仲間と常にいるリフを今は、楽しんでいるとのことです。

また、当番組にもゲスト出演された岡幸二郎さんが、
10月27日に開かれる
デビュー30周年記念ミュージカル・ガラ・コンサートに
ゲスト出演されるとのこと。
中井は、岡幸二郎さんの“歌の姿勢”に共感していると話します。

日本語上演版ミュージカル『ウエスト・サイド・ストーリー』
2019年11月6日〜2020年1月13日@IHIステージアラウンド東京
URL : https://www.tbs.co.jp/stagearound/wss360_1/

IMG_6285_1.jpg

本日OAした楽曲
M : Ich bin, ich bin Musik / Oedo Kuipers
M : Jet Song / West Side Story Film Cast
M : ブイ・ドイ / 岡幸二郎

staff| 23:00 | カテゴリー:

2019年10月11日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #24 ゲスト:屋比久知奈さん

先週に引き続き、屋比久知奈さんがゲスト!!

女優として、また歌手として活躍されている屋比久知奈さん。
11月15日に幕を開けるミュージカル
『天使にラブソングを〜シスター・アクト』に、
修道女見習いの
シスター・メアリー・ロバート役で出演されます。

屋比久さんは、メアリーと性格的に共通する部分があり、
初めて観た時から共感することが出来たと言います。

ミュージカルの物語は、
映画『シスター・アクト』と同じですが、
音楽は、巨匠アラン・メンケンが全面的に書き下ろしています。
ゴスペル風、R&B風のパワフルで、ハッピーな曲が多く、
屋比久さんもソロの熱唱で魅せることになりそうです。

また、来年5月に帝国劇場で上演予定の
名作『ミス・サイゴン』への出演も決定。
初めて観た時から絶対に演じてみたいと
思っていたキム役を、「全力を出しきった」と
語るオーディションを経て、見事に獲得されました。

ミュージカル『ミス・サイゴン』は、
ベトナム戦争末期のサイゴンでのベトナム人少女キムと、
アメリカ人クリスの物語。中井智彦は、観るたびに心が痛み、
なかなか席を立ちあがれなくなってしまうとのこと。
そして、心の中で、クリスに対して、
「なんだよ」と怒っているそうです。

ミュージカル『天使にラブソングを〜シスター・アクト〜』
11月15日〜12月8日 @東急シアターオーブ
URL : https://www.tohostage.com/sister_act/

3_2.JPG

本日OAした楽曲
M : ザ・ライフ・アイ・ネヴァー・レッド
/ ケイティ・ローリー・ジョーンズ
M : dawn on you / 屋比久知奈
M : I'd Give My Life for You / Lea Salonga & Chorus

staff| 23:00 | カテゴリー:

2019年10月04日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #23 ゲスト:屋比久知奈さん

今週は、女優であり、歌手の屋比久知奈さんがゲスト!!

屋比久さんと中井智彦は、
今年の『レ・ミゼラブル』で初めて共演。
4月の帝国劇場の公演から始まり、
9月の札幌公演までのロングラン公演、
屋比久さんは、「長かったし、
短かったし、長かった」という感覚だったとか。

2018年に超音楽劇、ミュージカル、
リーディングドラマに立て続けに出演されて、
今年ミュージカル『レ・ミゼラブル』で
エポニーヌを演じられた屋比久さんは、
今注目の若手のひとり。

そのデビュー作は、
2017年のディズニー・アニメーション映画
『モアナと伝説の海』、主人公モアナの声優と、主題歌でした。
初めて挑んだ声だけで演じる難しさ、
その一方で、モアナに共感できるところが多く、
主題歌では湧き出る感情を素直に歌われたそうです。

また、歌手として、ディズニー・プリンセスの
新テーマ曲の日本語版、
『Live Your Story〜私だけの物語(ストーリー)』
も歌われています。

1.JPG


本日OAした楽曲
M:『どこまでも〜How Far I’ll Go〜』/ 屋比久知奈
M:『Creep』/ 屋比久知奈
M:『Live Your Story 〜私だけの物語(ストーリー)』/ 屋比久知奈

staff| 23:00 | カテゴリー:

2019年09月27日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #22 中井智彦ソロトーク

今週はみなさんから寄せられたメッセージを
ご紹介、質問にもお答えをし、
さらに現在来日公演中の
『ウエスト・サイド・ストーリー』について、
観劇の感動が冷めやらぬ中井智彦が熱く語ります!

■リスナーからの質問
Q:歌詞は、どのように覚えるのですか?
A:歌詞だけで考えるのではなく、
単語だけで覚えるのではなく、
その人物がどういう状況で生きてきたのか、
構築をすることで…… 

Q:声のエクササイズはどのように?
A:いい声を出すために練習をするのではなく、
反対に声をいかに休めるか、
アップの時にいかにノドが温まるか、
それを大切にしています。

Q:休みの日のリフレッシュ方法を教えてください
A:朝から夜まで温泉施設にいます。

Q:男女を問わず、どの役を演じてみたいですか?
A:たくさんあるけれど、
『レ・ミゼラブル』のファンテーヌ、
僕が『夢やぶれて』を歌ったらどうなるか……

Q:演じる役によってプライベートに影響がでるか。
A:プライベートと完全に切り分けたいタイプ。
『オペラ座の怪人』に出演した際に
入院した経験があるので……。

Q:初めて観たミュージカルと、好きな劇中歌は?
A:初めて観たミュージカルは、『ジキルとハイド』
好きな曲は全てだけれど、敢えて1曲あげるならば、
ミュージカル『ラ・カージュ・オ・フォール』の
『ありのままの私』。

そして、『ウエスト・サイド・ストーリー』、
360度回転する舞台だからこその臨場感、
1950年代のニューヨークの闇を表現したセット、
新しい感覚で観ることができる名作ミュージカルです。
見どころは、映像と舞台の融合であり、
若手キャストも、脚本のなかに生きようとしていて
演技から歌からリアリズムが伝わってきます。

『ウエスト・サイド・ストーリー』
10月27日まで上演 @IHIステージアラウンド東京
URL : https://www.tbs.co.jp/stagearound/wss360_2019/

IMG_6129.JPG


本日OAした曲
M : 愛せぬならば / 中井智彦
(ライヴ・パフォーマンスから)
M : ANYTHING BUT LONELY / 中井智彦
(LIVE CD『魅惑の宵』より)
M : アイ・フィール・プリティ /『ウエストサイド物語』より

staff| 23:00 | カテゴリー:

2019年09月20日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #21 公開収録の模様をOA!

先週に続いて、
今週も番組初めての公開収録の模様をお届けしました。
ゲストは、俳優で演出家の吉原光男さんと、
俳優の小野田龍之介さん。
中井智彦とは今年の『レ・ミゼラブル』で共演した関係です。

公開収録は、東京ミッドタウン日比谷にある、
Billboard Café & Dinningで行われました。

今週は、中井智彦のソロ・パフォーマンスの模様から。
ミュージカル『クレイジー・フォー・ユー』より
『アイ・ガット・リズム』。
2007年に『レ・ミゼラブル』の司教役でデビューした彼が、
なぜ2009年に劇団四季に入団したかというと、
この『クレイジー・フォー・ユー』という
作品が大好きだからとか。

ここから続けて、トークを挟みながら、
パフォーマンスをたっぷりと。
ミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』より
『エーデルワイス』。
小野田龍之介さんに登場していただいて、
彼が来年も出演する予定のミュージカル
『ミス・サイゴン』より『ホワイ・ゴット、ホワイ?』を。
さらに、中井智彦とのデュエットで、
『ウエスト・サイド・ストーリー』より
名曲『マリア』を美しく熱唱。

そして、吉原光男さんにも登場していただいて、
名作『ラ・ミゼラブル』より『民衆の歌』を3人で。
吉原さんがミュージカル以外の
ステージで歌うのはとても貴重なことです。

26.jpg


本日OAした楽曲 (全曲ライヴ・パフォーマンス)
M:アイ・ガット・リズム / 中井智彦
M:エーデルワイス / 中井智彦
M:ホワイ・ゴット、ホワイ? / 小野田龍之介
M:マリア / 小野田龍之介&中井智彦
M:民衆の歌 / 吉原光男、小野田龍之介、中井智彦

staff| 23:00 | カテゴリー:

2019年09月13日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #20 公開収録の模様をOA!

今週と来週は、番組初めての公開収録の模様をお届けします。
ゲストは俳優で演出家の吉原光男さんと、
俳優の小野田龍之介さん。
中井智彦とは今年の『レ・ミゼラブル』で共演した関係です。

公開収録は、東京ミッドタウン日比谷にある、
Billboard Café & Dinningで行われました。

『レ・ミゼラブル』は、全キャストが
オーディションで選ばれるそうで、
小野田さんが初めてオーディションを受けたのは15歳の時。
最終選考まで残りつつ「まだ若いから、
20歳になったら来てください」と言われて、
その後、『ミス・サイゴン』の
海外スタッフに勧められて、出演することに。

一方で、吉原さんは、
ちょっとした意地の張り合いから受けたところ、
イケメン揃いのオーディション会場での
ご本人の感触とは違い、
見事2011年にジャン・バルジャン役を射止めます。

そんな2人から見た『レ・ミゼラブル』とは、
数多くあるミュージカルの名作のなかでも、
“完璧”と思える作品だそうです。
役者が音楽に委ねることができて、
オーケストレーションから情感のみならず、
匂いや囚人の疲労感まで伝わる、
という思いを持っているとのことです。

そんな『レ・ミゼラブル』は、
2021年の再演が決定していて、
今年オール・キャストの
オーディションが行われることになっています。

3_2.jpg

本日OAした楽曲 (全曲ライヴ・パフォーマンス)
M:ラ・マンチャの男 / 中井智彦
M:愛せぬならば / 中井智彦
M:魅惑の宵 / 中井智彦

staff| 23:00 | カテゴリー:

2019年09月06日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #19 ゲスト:水野貴以さん

今週のゲストは、女優の水野貴以さん!!

水野さんと中井は、
2018年の朗読ミュージカル『カラフル』で初共演。
『ナイツテイル』で共演した際には、
カーテンコールでアンサンブルが歌う企画で、
“ナカイ、タカイ”と指名されたことから、
そこに照井さんが加わった、自主企画のライヴ
『ナカイ タカイ テルイ!』を開催している仲でも。
そして、今月上演される
ミュージカル『おでかけ姫』で再共演することになっています。

そのなかから劇中歌『愛の奇跡』を
中井の弾き語りで、スタジオでデュエット!!

そんな水野さんがミュージカルにデビューしたのは10歳の時。
『アニー』で主演を務められました。
人見知りの性格で、オーディションの
質疑応答では何も答えられなかったとか。
その後、劇団四季の聴講生、
短大の演劇科を経て、本格的にデビュー。

最近ではアニメーションの声優も務め、
『ちいさなプリンセスソフィア』では
悪役にも挑戦!! 低音で役作りをされているそうです。

そして、26日から上演される『おでかけ姫』、
水野さんは、“素敵な出会い”を
秘かに夢見る主演のアナウンサー役、
中井は、そんな主人公が
夢のなかで出会う“素敵な男性”の泥棒。

タップも踊るコメディ作品のなかで、
演出家のハマナカトオルさんから
「水野と中井は、毎回何か生まれそうだから、
そのまま生まれていったらいい」と。
25日に幕を開けてからも、
毎回新たな化学反応が楽しめそうなミュージカルです。

『おでかけ姫』
9月25日〜29日 @品川六行会ホール
URL : http://www.musical-za.co.jp/

IMG_5916.jpg

本日OAした楽曲
M:トゥモロー / クワベンジャネ・ウォレス
M:いつもそばに / 水野貴以
M: 愛の奇跡 / 水野貴以 & 中井智彦 (スタジオライヴ)


staff| 23:00 | カテゴリー: