2021年06月11日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #111 ゲスト:宮原浩暢さん

先週に引き続き、
ル・ヴェルヴェッツの宮原浩暢さんがゲスト!!

今週は、宮原さんが出演される
『ジーザス・クライスト=
スーパースター in コンサート』のお話から。
あのアンドリュー・ロイド=ウェバーが21歳の時に発表した
ミュージカルのコンサート版ですが、
実は、ミュージカル上演より先に
このコンサート版がアメリカで行われて話題になった作品です。

物語は、キリスト最後の7日間を描いていますが、
音楽はロックという斬新な作品。
中井智彦が2019年にこのコンサートを初めて観た時は、
鉄パイプを複雑に組み立てたセットにまず衝撃を受け、
さらにコンサートの概念を
超えたステージに圧倒されたと言います。

出演者は、ハンドマイクを持って歌い、踊るという演出。
宮原さんも中井も芸大出身で、宗教曲はこういうもの、
という固定観念があるので、
音楽がロックというのも……。
そこにロイド=ウェバーのすごさを
宮原さんは感じるそうです。

宮原さんが演じられるのはカヤバというユダヤ教の大司教。
クラシックのバスでも出ないような低音で歌う役で、
他の出演者がハイトーンでロックナンバーを歌いまくるなかで、
とても異質な存在に感じられると言います。
宮原さんも楽譜を見て、愕然としたそうです。

そして、カヤバは、悪役ではあるけれど、
でも、ユダヤ教を信じているからこその行動なので、
宮原さんは、単純に悪者として演じたくないと話されます。

『ジーザス・クライスト=スーパースター in コンサート』
7月12日〜27日予定 @東急シアターオーブ
公式HP : https://theatre-orb.com/lineup/21_jcs/top.html

0604_0611_musical_1_2.jpg

本日OAした楽曲
M:ヘヴン・オン・ゼア・マインド
/ ジーザス・クライスト=スーパースター
M:スーパースター
/ ジーザス・クライスト=スーパースター

staff| 23:00 | カテゴリー:

2021年06月04日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #110 ゲスト:宮原浩暢さん

今週は、ル・ヴェルヴェッツの宮原浩暢さんがゲスト!!

宮原さんと中井智彦は、芸大の同窓生という関係で、
しかも5月31日まで上演されたミュージカル
『メリリー・ウィー・ロール・アロング』で初共演。
お話は、まずそこから……。

2人の共通認識は、演出家マリア・フリードマンの素晴らしさ。
それぞれの演者から役を引き出そうとする姿勢、
稽古前のディスカッションでいい手応えを感じたと言います。

そもそもというところで、
宮原さんが芸大に進学された理由は、中学時代の合唱団。
学校の先生に歌っている時が一番輝いていると
言われたことがきっかけで、芸術科のある高校に進み、
それから芸大へ。

ル・ヴェルヴェッツにはいろいろなことに挑戦してみたい、
と思っていた時期にオーディションがあることを知り、
参加することに決まったのだとか。
歌うのはクラシカル・クロスオーヴァー、
その美しく、わかりやすい世界観が好きになったそうです。

現在ル・ヴェルヴェッツは、グループでの活動以外に
4人のメンバーがそれぞれミュージカルに出演。
そのなかで宮原さんが
初めて出演したのは2016 年の『グランドホテル』。

演出家は有名なトム・サザーランド、
相手役の安寿ミラさんと3人だけで稽古場にこもって
熱意あるレクチャーをトムから受けたのがいい思い出。
初の出演作で最高の贈り物をもらったと言います。

●ル・ヴェルヴェッツのライヴ
7月28日、29日 @ビルボードライブ東京
公式HP https://www.le-velvets.com/

0604_0611_musical_1_2.jpg

本日OAした楽曲
M:『ファントム・ジ・オペラ』
   / ル・ヴェルヴェッツ
M:『ラヴ・キャント・ハプン』
/ ミュージカル『グランドホテル』より

staff| 23:00 | カテゴリー:

2021年05月28日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #108 ゲスト:斎藤司さん

先週に引き続き、
トレンディエンジェルの斎藤司さんがゲスト!!

現在『レ・ミゼラブル』に出演中の斎藤さん。
2019年にこの名作に出演される前に一度、
映画『シング』の吹き替えでグンター役を担い、
劇中のオーディションの場面で
レディー・ガガの『バッド・ロマンス』を披露。
この時から、斎藤さんが歌えることが
一般に広く知れ渡るように……。

斎藤さん自身は、ミュージカル映画が好きで、
とりわけヒュー・ジャックマンの
『グレイテスト・ショーマン』のファン。
「彼みたいになりたい」という気持ちが強く、
目指すのは究極のエンターテイナーだとか。

中井もそうですが、きっとリスナーの方も
「なぜミュージカルに出演しよう」と思ったのか、
その理由や経緯が気になりますよね。

『レ・ミゼラブル』に関しては、
オーディションのチャンスがあったこと。
チャンスがあれば、何でも挑もうと
決めていたことがまずあるそうです。
そして、芸人としての自分の
特技はなんだろうかと考えた時に、
「芸人のなかでは歌がうまい方」ということを思い、
ミュージカルに挑戦する気持ちになったそうです。

そして、お笑いのオーディションとは全く雰囲気の異なる、
『レ・ミゼラブル』のオーディションで
何かしなくてはという思いもあり、海外からのスタッフの前で、
イングリッシュジョークを披露したこともあったそうです。

舞台は、生もの。
お笑いライヴももちろん“生もの”ですが、
『レ・ミゼラブル』の上演中に自分の
演技がどんどん進化していく、
そのことを2019年の公演で実感されたそうです。

本日OAした楽曲
M:『Drunk-Dazed』/ ENHYPEN
M:『カタオモイ』 / Aimer

staff| 23:00 | カテゴリー:

2021年05月21日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #107 ゲスト:斎藤司さん

今週のゲストは、トレンディエンジェルの斎藤司さん!!
2019年に続き、名作『レ・ミゼラブル』に現在出演中です。

斎藤さんが演じられるのは宿屋の主人、テナルディエ。
強欲で、ファンテーヌから預かった幼い娘、コゼットを
こき使っているような人ですが、
斎藤さんは、「人間らしい悪役、どこか憎めない存在」と言います。

その魅力が最大限に発揮されるのは宿屋のシーン。
客と仲良くしつつ、金を巻き上げながらも、
人を惹きつける魅力があるとか。

前回はミュージカル初出演。アウェイ感満載で、
帝劇の作法とか、マイクの付け方とか、
不慣れなことばかりで、「作品におびえる」状態だったけれど、
今回は、もうちょっとリラックスして、
もっと自分らしさをテナルディエで
発揮できるのではないか、と言います。
具体的にはワクワクして、
観客が笑ってしまうようなテナルディエ。

初出演の時は、演出家のクリスに言われたとおり、
指導に従って演じている感が自身のなかであったそうです。
でも、中井から見ていると、
ちゃんと斎藤さんとしてテナルディエを演じている、
特に下水道のシーンで高らかに
歌う時にそれをすごく感じたと言います。

『レ・ミゼラブル』の音楽に関しては、
ベスト・アルバムと言えるくらい、
素晴らしい楽曲ばかりで、
2年前に稽古場で出演者が歌う歌を聴いて、
鳥肌が立っていたと言います。
個人的にはジャン・バルジャンが芝居の冒頭で歌う
『独白』が「ここが作品のピーク」と思うほど、
心奪われているそうです。

初心者にもわかりやすいストーリー展開、
そのうえセリフではなく、
全て歌で心情を表現していく構成、
そして、その歌の素晴らしさが
『レ・ミゼラブル』の魅力だと言います。

ミュージカル『レ・ミゼラブル』
7月26日まで帝国劇場で上演される予定。
公式HP:https://www.tohostage.com/lesmiserables/

本日OAした楽曲
M : 宿屋の主人の歌 / 『レ・ミゼラブル』より
M : 独白 / 『レ・ミゼラブル』より

staff| 23:00 | カテゴリー:

2021年05月14日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #106 ゲスト:加藤和樹さん

先週に引き続き、歌手で、俳優の加藤和樹さんがゲスト!!

今週は、来月再演されるミュージカル『マタ・ハリ』の
お話をいろいろうかがっていきます。

主人公のマタ・ハリは、実在の人物。
オランダ人ながらエキゾチックな風貌からマタ・ハリと
呼ばれたダンサーで、第一次世界大戦中にスパイとして暗躍します。

物語ではスパイとして生きながらも、
その厳しい日々のなかで見つけた愛との葛藤などが描かれていて、
加藤さんは、女性の強さが見える作品だと言います。
その強い女性を初演では柚希礼音さんが好演されました。

加藤さんが初演で演じられたのは諜報員ラドゥー大佐と
マタ・ハリと愛し合うパイロットのアルマンという二役。
あまりに対照的な役を回替わりで。
世界初演となった韓国でこの作品を観た時、
そのことを韓国の俳優に告げると、
ひとこと「なんてクレイジーなことを」と言われたそうです。

実際にラドゥー大佐とアルマンのデュエット曲があり、
稽古中、どちらのパートを歌うのか、混乱する場面もあったとか。
公演中は、2役を演じる楽しさがあり、
マチネとソワレで役が替わる日とかもあったそうです。

再演にあたる今回は、ラドュー大佐に専念されるとのこと。
義父である将軍に対する複雑な思い、
密かにマタ・ハリに惹かれる思い…、
苦悩や葛藤など、彼の内面をより
深く掘り下げていけたらと言います。

そして、見どころのひとつはマタ・ハリのダンスシーン。
力強くて、妖艶で、魅惑的なダンスになっているそうです。
音楽は、フランク・ワイルドホーンが担当、
マタ・ハリ、ラドゥー、アルマンという
複雑なトライアングルの関係を
彼の音楽が彩ることで作品の魅力がより増すと言います。

ミュージカル『マタ・ハリ』
6月15日より上演予定。
会場は、東京建物Brillia HALL
公式HP:https://www.umegei.com/matahari2021/

0507_WLM_2.jpg

本日OAした楽曲
M : 二人の男 / ミュージカル『マタ・ハリ』より
M : あなたなしでは / ミュージカル『マタ・ハリ』より

staff| 23:00 | カテゴリー:

2021年05月07日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #105 ゲスト:加藤和樹さん

今週は、歌手で、俳優の加藤和樹さんがゲスト!!

4月20日に発表された第46回菊田一夫演劇賞を受賞した加藤さん、
受賞対象作品となったミュージカル『バーナム』で、
主人公のバーナムを演じられましたが、
普段クールなイメージがある加藤さんが
にこやかな笑顔で膨大な量のセリフをしゃべりまくる。
その姿に中井智彦は、新たな一面を見たと言います。

加藤さんのデビューは、2005年の『テニスの王子様』、
もともと原作の大ファンだったこともあり、
オーディションを受けたことで、ミュージカルの
世界に足を踏み入れることになったそうです。
初舞台は緊張したものの、
『テニスの王子様』は出演者全員が男性、
カンパニーの雰囲気は、部活の延長という感じで、
そこから生まれた絆もあったと言います。

その絆のひとつが盟友・城田優さんとの信頼関係。
2019年の『ファントム』は、城田さんが演出、
加藤さんは彼とのWキャストで主演を演じられました。

加藤さんから見た城田さんは、アイディアマン。
だから、演出には向いていると思うし、
そばにいてとても刺激を受ける時間になったそうです。
観劇した中井は、再演されるなかで作品が進化していく、
その素晴らしさを実感したと言います。

そして、2021年はアーティスト・デビュー15周年の
記念すべき年、アニヴァーサリー・ライヴなどが
いろいろ予定されています。
詳しくは、加藤和樹さんのHPをご覧ください。
URL : https://www.katokazuki.com/

0507_WLM_2.jpg

本日OAした楽曲
M :『夢追い人が生まれてくる』/ミュージカル『バーナム』より
M :『Shining Star』/ 加藤和樹

staff| 23:00 | カテゴリー:

2021年04月23日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #105 ゲスト:ウエンツ瑛士さん

先週に引き続き、俳優で、
タレントのウエンツ瑛士さんがゲスト。
今週は、ウエンツさんと中井智彦が初めて共演する、
ミュージカル『メリリー・ウィー・ロール・アロング』のお話を。

アメリカで1981年に初演されたこの作品は、
演出家のハロルド・プリンスと作曲家のソンドハイム
ヒットメーカーがタグを組んだ新作として、
ある意味鳴り物入りで上演されました。

ウエンツさんが演じるのは成功した脚本家のチャーリー。
チャーリーは、人格者ではないはずだけれど、セリフに
嫌な面を見せる言葉がないので、共演者からの評判も
「チャーリーはいい人だよね」となるそうです。

物語の主軸となるフランクとメアリーを加えた3人の親友。
それぞれに闇を抱えているからこそ、
親友としての三角関係が成り立っている。
何をもっての成功か、人生の分岐点とは……、
それを問うところもあるそうです。

『メリリー・ウィー・ロール・アロング』は、
大人になった40歳から過去に時間を遡る展開が大きな特徴、
そのなかでウエンツさんは、20代、30代をこう過ごしたから、
いまの40歳がこうあるというプランニングで、
人生を遡るような演技を考えていると言います。

演出家マリア・フリードマンの方針で、稽古もあえて、
40代の成長したところから時間を巻き戻すカタチでやる、
そのこだわりをウエンツさんの話を聞きながら、
中井は、すごく納得できたと話します。

音楽を担当したソンドハイムは難解で有名。
歌詞は明るくても、不協和音が鳴っていることで、
何かが始まることを示唆している。
そのミスマッチングが今回難しい理由だと言います。
ウエンツさんからのメッセージ
「やっていて非常に難解なので、
観終わった時に何が観客の手元に残るか、
自分達でもわからないけれど、
反対にそれを楽しみにしていただける、
そんな作品だと思います」

『メリリー・ウィー・ロール・アロング』
5月17日から開幕予定。
会場:新国立劇場・中劇場
HP : https://horipro-stage.jp/stage/merrily2021/

0423_WLM_2OK.jpg

本日OAした楽曲
M : フランクリン・シェパード・インク 
M : グッド・シング・ゴーイング
2012年ニューヨーク・キャスト盤より

staff| 23:00 | カテゴリー:

2021年04月23日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #104 ゲスト:ウエンツ瑛士さん

今週のゲストは、俳優でタレントのウエンツ瑛士さん!!

ウエンツさんと中井智彦は、
5月17日から上演予定のミュージカル
『メリリー・ウィー・ロール・アロング』で
初めて共演することになっています。

今週は、作品のお話の前に、
ウエンツさんの留学のお話などをうかがっていきます。
まずイギリスでは舞台が人々にとって身近な存在。
それは観客としてだけではなく、自分も演じる側になることが
クリスマスのイベントなどでよくあることだそうです。

だからか、演劇学校の存在も身近で、
役者を目指す人だけでなく、人生を学び、
人生を豊かにしたい人が通うところでもあり、
シェフとか、会社員で演劇学校卒業した人がいて、
技術だけを学ぶところではないとか。

そして、演劇学校では「君がどんな人生を歩んできたのか」
それを表現して欲しいと言われたところから、
自分のオリジナルはどこにあるのか見つける。
ウエンツさんは、そこから多くのことを学んだそうです。

また、オーディションを受けることもあり、
あまりに日本とは違うことに驚いたそうです。
まずは会場全体がリラックスしたムードに満ちていること。
主催者側にオーディションを受けに来た人が
全力を出せるような工夫をするのは、
我々の使命という考えがあるそうです。

さらに基本の考え方は“タイプ・キャスティング”、
実力だけではなく、その役に合っているかどうか、
それをオーディションでは重視しているそうです。

受ける側もオーディションを受けること自体が幸せ。
こんな素晴らしい審査員に自分の演技を見てもらえるなんで、
とてもいい機会という考えがあるそうです。

0423_WLM_2OK.jpg

『メリリー・ウィー・ロール・アロング』
5月17日開幕予定 @新国立劇場・中劇場
公式HP:https://horipro-stage.jp/stage/merrily2021/

staff| 23:00 | カテゴリー:

2021年04月16日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #103 ゲスト:平間壮一さん

先週に引き続き、俳優の平間壮一さんがゲスト!!
1990年北海道生まれの平間さん、
今週は、プロフィールを紐解きながら、
魅力に迫っていきます。

ダンサーとしての実力も高く評価されていますが、
そもそもダンスに目覚めたのは、お姉さんの部屋で見つめた、
ダンス番組を録画したビデオテープがきっかけ。
これがやりたいとお母さんにお願いしたのが始まりだったとか。
もちろん始めたのはストリート系ダンス。
スクールに通いながらも、
ひたすらひとりで練習する日々を送った後、
上京することになります。

その頃憧れていたのはLA出身のショーン・エバリスト。
ジャンルにしばられることなく、自由に表現するスタイル。
おしゃべりするのも苦手だった当時の平間さんは、
ダンスしている時だけ、気持ちが解放されていたとか。
だから、ミュージカルのオーディションを勧められても、
演技するのが恥ずかしいという気持ちが勝っていたと言います。

でも、ダンスだけだったら、もうやめていたかもしれない
ミュージカルや芝居に取り組むことで、
ダンスも変わってきたと言います。

そんな平間さんに芝居を勧めてくれたのが岸谷五朗さん。
「歌もダンスも芝居も表現という枠でつながっているから、
ダンスだけをやっていても、限界がある。
だから、まずは表現を勉強した方がいい」と言われたとか。
彼の「ただ踊っているだけじゃダサイぞ」という言葉に
最初こそ反発を覚えたそうですが、
そこから研究が始まったと言います。
そして、地球ゴージャズの作品に出演したことが
大きな転機になったそうです。

0409_WLM_1b.jpg

本日OAした楽曲
M: 『クラッシュ』 / ユナ・フィーチャリング・アッシャー
M: 『LOVE GAME』 / 3LDK

staff| 23:00 | カテゴリー:

2021年04月09日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #102 ゲスト:平間壮一さん

今週は、俳優の平間壮一さんがゲスト!!
中井智彦とはミュージカル
『バイオハザード〜ヴォイス・オブ・ガイア〜』で
共演したことがあり、それ以来の再会となります。

平間さんは、3月27日の鎌倉芸術館での
プレビューから始まり、
大阪、名古屋公演を経て、
4月17日から東京公演がスタートする
ミュージカル『イン・ザ・ハイツ』に出演中です。

作品の舞台は、1990年代後半のNYワシントンハイツ。
中南米からの移民が暮らす地域の日常を描いた物語、
平間さんは、貧しさもあり、全てがうまくいかない環境に
作品のリアルさがあると言います。

演じるのは主人公のウスナビ。
ドミニカ共和国からの移民2世で、街の雑貨店を経営。
平間さんの解釈では両親の記憶はなく、
血のつながらないおばあさんに育てられた境遇だとか。

音楽は、ミュージカル界のキーパーソン
リン=マニュエル・ミランダが作曲。
ラテン音楽とヒップホップを中心とした構成で、
歌もあるけれど、ラップで多く、
特に平間さんの場合は、ラップ中心。
その難しさを肌で感じていると言います。

『イン・ザ・ハイツ』
4月17日〜28日 @赤坂ACTシアター
公式サイト:https://intheheights.jp/

0409_WLM_1b.jpg

本日OAした楽曲
M : ブリーズ /『イン・ザ・ハイツ』より
M : イット・ウォント・ビー・ロング・ナウ
/『イン・ザ・ハイツ』より

staff| 23:00 | カテゴリー: