2020年05月29日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #57 ゲスト:田代万里生さん!

今週は、俳優でテノール歌手の田代万里生さんがゲスト!!

2010年から出演されている
ミュージカル『エリザベート』のお話をたっぷりと。
田代さんが最初に演じられたのはルドルフ皇太子。
そして、5年後に再出演された時は、その父親である、
フランツ・ヨーゼフ皇帝役で。
今年もフランツでの出演が決まっていました。

親と子を演じた田代さんが感じる
『エリザベート』という人気作品の魅力とは、
オーストリア版“大河ドラマ”だそうです。
時代、文化、国家、人生、生と死といったものが
詰まったドラマティックな物語。

昨年にはハプスブルク家の足跡を辿るために、
オーストリアを実際に旅した時に感じたのは、
彼らが生きた時代がわずか100年ちょっと前だということ。

そして、ステイホームの間は、
ひたすらピアノ教本ハノンでピアノの練習をしていたとか。
夢中で指を動かした後は、気分がスカッするそうです。


本日OAした楽曲
M : 闇が広がる/田代万里生 with 石丸幹二
M : 悪夢/ミュージカル『エリザベート』シェーンブルン宮殿野外ライヴより
M : Simpatia Prelude 〜威風堂々〜/田代万里生

staff| 23:00 | カテゴリー:

2020年05月22日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #56 ゲスト:大澄賢也さん!

今週は、ミュージカル『アナスタシア』に出演されていた
俳優で、ダンサーの大澄賢也さんがゲスト。
開幕が遅れたうえに、千秋楽を待たずに幕を下した
この新作について、お話をうかがいます。

物語は、ロシア最後の皇帝一族のなかで、
革命家たちに殺されず、唯一生き延びたと言われる
「アナスタシアの伝説」をもとにしたもので、
大澄さんが演じられたのは、詐欺師のヴラド。
「貴族でも、革命家でもなく、裕福な夫人からもらう
高価な贈り物を売って、生計を立てていた孤独な男」は、
アニメ映画でもブロードウェイ作品でも
恰幅のいい中年男性でしたが、日本版は、
大澄さんに合わせてセクシーなヴラドに、、、

そして、『アナスタシア』の魅力のひとつが多彩な音楽。
それに合わせて踊るダンスも自ずとジャンルが
多岐にわたるなかで、日本のカンパニーのスキルの高さに、
観劇できた中井智彦はもちろん、
振付担当のペギー・ヒッキーも称賛していたとか。

なかでも中井が感動したのは劇中のバレエシーン。
劇中劇という立ち位置であっても、
カーテンコールまで盛り込まれた、
バレエを本格的に見せるもので、
演目はチャイコフスキーの『白鳥の湖』。
大澄さんによれば、アナスタシア(アーニャ)と
詐欺師のディミトリ、そして、革命家のグレブの
三角関係を暗に表している、
という裏テーマが潜んでいるそうです。

番組最後にお知らせした『アナスタシア』のグッズの詳細は、
梅田芸術劇場のサイトをご覧ください。
URL:https://www.anastasia-japan2020.jp/goods.html

0522_WLM.jpg

本日OAした楽曲
M : ラーン・トゥ・ドゥ・イット
/『アナスタシア』ブロードウェイ・オリジナル・キャスト盤より
M : ジャーニー・トゥ・ザ・パスト
/『アナスタシア』ブロードウェイ・オリジナル・キャスト盤より
M : オン・ブロードウェイ
/ 『スモーキー・ジョーズ・カフェ』より

staff| 23:00 | カテゴリー:

2020年05月15日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #55 ゲスト:小野田龍之介さん!

今週は、俳優の小野田龍之介さんが電話でゲスト出演!!

4年ぶりの再演が決まっていた名作『ミス・サイゴン』は、
残念ながら一度も幕を開けることなく、
上演中止を余儀なくされました。

小野田さんは、残念な気持ちはあるけれど、
濃厚接触を避けての稽古に不安を抱いていたこともあり、
よりいい作品を観客のみなさんに届けるためには
仕方ないことだった。
今は、未来の舞台のための、
長い長い稽古をしているつもりで、
実生活を過ごしていると、語っています。

そのなかで2度目のクリスという役。
生きることにまっすぐでありながらも、
彼の人生は、壮絶なドラマの連続。
優しいバラードを歌い、ラヴ・シーンがあっても、
それはロマンティックなものではなく、
演じる上で鋭さ、幹の太さ、
緊張感を決して手放してはいけないと、
いつも考えていらっしゃるそうです。

再演される日を楽しみに待ちましょう!!

0515_WLM.jpg

本日OAした楽曲
M : Why God Why / 小野田龍之介
M: Bui-Doi /『ミス・サイゴン:
ザ・ディフィニティヴ・ライヴ・レコーディング』盤

staff| 23:00 | カテゴリー:

2020年05月08日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #54 作曲家のフランク・ワイルドホーン特集!

今週は、作曲家のフランク・ワイルドホーンを特集。
親日家としても知られ、宝塚歌劇団をはじめ、
『デスノート』など、日本の新作ミュージカルのために
音楽を書き下ろしている作曲家です。

彼の音楽の特徴は、耳馴染みがよく、
脳の中にすっと入り込んでくるようなメロディーライン。
その背景にあるのは、彼のキャリアが、
ポップシンガーに楽曲を提供するところから始まったこと。
ホイットニー・ヒューストンの全米NO.1ヒット曲
『ブロークン・ハーツ』を書いたのもワイルドホーンです。

中井智彦によれば、
彼のミュージカル処女作『ジキルとハイド』は、
ロンドンの街の怪しさと音楽で見事に表現し、
そのなかでキャラクターのソロ曲が会場中の拍手を呼び込み、
ショーストップになる作りになっていると、言います。

また、ブロードウェイで評判になった
『スカーレット・ピンパーネル』が初めて宝塚で
上演される際には、『ひとかけらの勇気』という
新曲が追加で書き下ろされました。
「再演のたびに作曲家自らが動き、よりいいものに
作り直していく姿勢」こそが舞台のリバイバルにおいて、
とても大切なことだとも言います。

そんな彼の新作ミュージカル『四月は君の嘘』が
7月に東京建物Brillia HALLで幕を開ける予定になっています。
スケジュール等は、チケットぴあのサイトで
チェックしてください。

本日OAした楽曲
M : Something Like You
/『ジキルとハイド』ブロードウェイオリジナルキャスト盤より
M : 時が来た / 中井智彦
M : ひとかけらの勇気 / 石丸幹二
M : ヤツの中へ / 柿澤勇人&小池徹平
M : So Viel Mehr
/『ル・ドルフ』ウィーン・オリジナル・キャスト盤より

staff| 23:00 | カテゴリー:

2020年05月01日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #53 ミュージカル映画の名作をご紹介!


今週は、家で過ごす時間がある今だからこそ
ゆったりと観たいミュージカル映画の名作をご紹介!!

ご紹介するのは、永遠の名作リストの上位に
いつもランクインする作品ばかり。

・『オズの魔法使い』
ジュディ・ガーランドが16歳で主演した映画。
1939年に全米公開。
中井智彦が初めて観たのは大学時代。
ジュディの透き通る歌声に心惹かれたと言います。
今年彼女の自伝映画『ジュディ』が日本公開されています。

・『ライオン・キング』
アニメーション映画、ミュージカル舞台化、
実写版映画とこれまでに何度も制作されてきた名作は、
エルトン・ジョンが音楽を手掛けたことでも知られていますが、
3作品それぞれに音楽が違っています。
ぜひそこに注目してご覧いただきたいです。

・『サウンド・オブ・ミュージック』
音楽がとにかく素晴らしい作品で、
中井は、とりわけメロディーに
ハマる歌詞の素晴らしさに、いつも感心すると言います。

・『メリー・ポピンズ』
ウォルト・ディズニーがぜひ映画化したい強く希望した作品。
作家とウォルトが交渉を重ねたエピソードが、
『ウォルト・ディズニーの約束』で映画化されています。

・『屋根の上のバイオリン弾き』
日本ではミュージカルにとても人気がある作品。
原作は、バイオリンではなく、
フィドル弾きとなっていることはご存じでしょうか。

・『ミュージック・マン』
1962年にミュージカルを映画化した作品。
今アメリカで注目度を増しているのは
今秋ヒュー・ジャックマン主演で、
ブロードウェイでリバイバル上演
されることになっているからです。

いずれの作品もDVD、Blue-ray、
動画配信サービスでご覧いただくことができます。

本日OAした楽曲
M:Over the Rainbow / ジュディ・ガーランド
M:エーデルワイス/ 中井智彦
M:Sunrise Sunset / (From Fiddler on the Roof)
M:Till There Was You/ Shirley Jones

staff| 23:00 | カテゴリー:

2020年 6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

バックナンバー

カテゴリー