2019年06月28日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #9

不朽の名作『サウンド・オブ・ミュージック』を特集!

1859年にブロードウェイで舞台化されて、
1965年にはジュリー・アンドリュースの主演で、
映画化されて、日本でも大ヒットしました。

音楽は、作曲家リチャード・ロジャースと、
作詞家オスカー・ハマースタイン2世という
ブロードウェイで活躍した黄金コンビが作曲。

劇中歌から『ド・レ・ミの歌』、『エーデルワイス』、
『マイ・フェイバリット・シングス』など、
今も歌われている名曲がたくさん生まれました。


それらの魅力を中井智彦がアカペラで歌いながらご紹介。
あらためて『サウンド・オブ・ミュージック』の素晴らしさを。

また、ロジャース&ハマースタイン2世の名作のひとつに
シャム(現在のタイ)を舞台にした『王様と私』があります。

ブロードウェイでは渡辺謙さん、ケリー・オハラさんの主演で、
19年振りに再演されて、
トニー賞を受賞するなど話題になりましたが、
そのカンパニーが遂に来日!!

7月11日〜8月4日 東急シアターオーブ
URL:https://theatre-orb.com/lineup/19_KingandI/

471871.jpg


本日OAした楽曲

M:『前奏曲|サウンド・オブ・ミュージック』マリア
M:『私のお気に入り|ザルツブルク・モンタージュ』 マリア
M:『ド・レ・ミの歌』マリアと子供たち
M:『もうすぐ17才』 ロルフとリーズル
M:『エーデルワイス』 大佐とマリアと子供たちとコーラス

staff| 23:00 | カテゴリー:

2019年06月21日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #8 ゲスト:岡幸二郎さん

先週に引き続き、岡幸二郎さんがゲスト!!

岡さんが9年ぶりに出演されるミュージカル『ひめゆり』。
『ミス・サイゴン』同様に戦争をテーマにした作品で、
21年前の初出演から大切に取り組まれている舞台のひとつです。

岡さんが演じられるのは“鬼軍曹”と恐れられた滝軍曹。
でも、もともとは鬼のような人間ではなく、
戦争が彼を変えてしまった。
それを表現したいと思われているとのこと。

中井智彦が岡さんをリスペクトする理由のひとつが
「言葉」を大切に伝えようとしている姿勢。
ミュージカルではもちろん、そ
れを強く感じるのがソロコンサート「言魂」。
そのレパートリーは、ジャンルを超えて、
岡さんが歌詞に惹かれて選んだものだそうです。

また、ソロ アルバム『I AM WHAT I AM〜私はアタシ〜』では
女性キャストが歌うミュージカル・ナンバーを歌っていますが、
その歌に触発されて中井智彦がCDで
歌ったのが『Someday』(ノートルダムの鐘)。

ミュージカル、歌への思いを2人でたっぷりと……。

ミュージカル『ひめゆり』
7月11日〜15日 戸田市文化会館
URL:http://urx2.nu/htnv

46725.jpg


本日OAした楽曲
M:『命をあげよう』岡幸二郎
M:『明日への階段』岡幸二郎
M:『ワン・デイ・モア』岡幸二郎

来週は、不朽の名作
『サウンド・オブ・ミュージック』を特集します。

お楽しみに!

staff| 23:00 | カテゴリー:

2019年06月14日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #7 ゲスト:岡幸二郎さん

『オペラ座の怪人』や『ミス・サイゴン』などの
活躍で知られる岡幸二郎さん。

その岡さんが初めて観た
ミュージカルは、『コーラスライン』。
高校生だった岡さんは、
衝撃を受けて、将来の道を心に誓ったそうです。

そして、大学卒業後に受けたのが劇団四季のオーディション。
その際に、主宰者の浅利慶太さんが
「コイツをトニーにする!!」と称賛したことを
後に関係者から聞かされたと言います。

トニーとは『ウエストサイド・ストーリー』の主人公です。

ミュージカルや舞台のオーディションでは
「自分で運を引き寄せるのが大切」。
そう語る中井智彦ですが、
岡さんの『レ・ミゼラブル』の
オーディションでのエピソードは、
まさにそうやって引き寄せたものでした。

それが楽しくて、ほのぼのとする人情物語なのです。
あるおばあさんの“嘘”が岡さんに幸運をもたらしました。

46723.jpg


本日OAした楽曲
M:『スターズ』岡幸二郎
M:『ザ・ファントム・オブ・ジ・オペラ』
   岡幸二郎 with 吉岡小鼓音

話上手な岡幸二郎さん。
まだまだ楽しいお話をお持ちのようなので、
来週も引き続き出演いただきます!!
お楽しみに。

staff| 23:00 | カテゴリー:

2019年06月07日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #6 ゲスト:田代万里生さん

2人の共通点のひとつに、ラウル役を演じたことがあります。
とは、言っても、
中井智彦は、ミュージカル『オペラ座の怪人』で、
田代さんは、ミュージカル『ラブ・ネバー・ダイ』で
ラウルを演じています。

この2作品は、アンドリュー・ロイド・ウェバーが
作曲したもので、後者は、『オペラ座の怪人』の続編。
ラウルの10年後が描かれています。

巨匠ウェバーにとって、『オペラ座の怪人』と
『ラブ・ネバー・ダイ』は、特別な思い入れのある作品のよう。
2014年に『ラブ・ネバー・ダイ』に田代さんが出演された時は、
わざわざ初日に駆けつけて、
オーケストラのスコアを手直ししたとか……。

音楽にも関係性を持たせていて、
同じメロディーラインを取り込むなど、
出演者にとっては、緻密なつながりが
心惹かれるポイントになっているそうです。

ということで、中井智彦のキーボードの伴奏で、
それぞれにラウルのレパートリーを生演奏で披露!!
舞台とは違う、スタジオならではの親密感に満ちた歌を。

2人は、藝大の同級生で、
同じミュージカルの舞台で活躍しながら、
意外にも今まで共演したことがなく、
この番組が貴重な初共演になったようです。

190531_PIA_1.jpg


本日OAした楽曲
M:『遠い昔、別の時代』ロンドン・オリジナル・キャスト
(ミュージカル『ラブ・ネバー・ダイ』より)
M:『オール・アイ・アスク・オブ・ユー 〜 なぜ僕を愛する』
中井智彦&田代万里生
(ミュージカル『オペラ座の怪人』『ラブ・ネバー・ダイ』より)
M:『オール・アイ・アスク・オブ・ユー』中井智彦 
(LIVE CD『愛せぬならば』より)


来週は、ミュージカル俳優の
岡幸二郎さんをゲストにお迎えします。
お楽しみに!!

staff| 23:00 | カテゴリー:

2019年 7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー

カテゴリー