2019年09月27日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #22 中井智彦ソロトーク

今週はみなさんから寄せられたメッセージを
ご紹介、質問にもお答えをし、
さらに現在来日公演中の
『ウエスト・サイド・ストーリー』について、
観劇の感動が冷めやらぬ中井智彦が熱く語ります!

■リスナーからの質問
Q:歌詞は、どのように覚えるのですか?
A:歌詞だけで考えるのではなく、
単語だけで覚えるのではなく、
その人物がどういう状況で生きてきたのか、
構築をすることで…… 

Q:声のエクササイズはどのように?
A:いい声を出すために練習をするのではなく、
反対に声をいかに休めるか、
アップの時にいかにノドが温まるか、
それを大切にしています。

Q:休みの日のリフレッシュ方法を教えてください
A:朝から夜まで温泉施設にいます。

Q:男女を問わず、どの役を演じてみたいですか?
A:たくさんあるけれど、
『レ・ミゼラブル』のファンテーヌ、
僕が『夢やぶれて』を歌ったらどうなるか……

Q:演じる役によってプライベートに影響がでるか。
A:プライベートと完全に切り分けたいタイプ。
『オペラ座の怪人』に出演した際に
入院した経験があるので……。

Q:初めて観たミュージカルと、好きな劇中歌は?
A:初めて観たミュージカルは、『ジキルとハイド』
好きな曲は全てだけれど、敢えて1曲あげるならば、
ミュージカル『ラ・カージュ・オ・フォール』の
『ありのままの私』。

そして、『ウエスト・サイド・ストーリー』、
360度回転する舞台だからこその臨場感、
1950年代のニューヨークの闇を表現したセット、
新しい感覚で観ることができる名作ミュージカルです。
見どころは、映像と舞台の融合であり、
若手キャストも、脚本のなかに生きようとしていて
演技から歌からリアリズムが伝わってきます。

『ウエスト・サイド・ストーリー』
10月27日まで上演 @IHIステージアラウンド東京
URL : https://www.tbs.co.jp/stagearound/wss360_2019/

IMG_6129.JPG


本日OAした曲
M : 愛せぬならば / 中井智彦
(ライヴ・パフォーマンスから)
M : ANYTHING BUT LONELY / 中井智彦
(LIVE CD『魅惑の宵』より)
M : アイ・フィール・プリティ /『ウエストサイド物語』より

staff| 23:00 | カテゴリー:

2019年09月20日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #21 公開収録の模様をOA!

先週に続いて、
今週も番組初めての公開収録の模様をお届けしました。
ゲストは、俳優で演出家の吉原光夫さんと、
俳優の小野田龍之介さん。
中井智彦とは今年の『レ・ミゼラブル』で共演した関係です。

公開収録は、東京ミッドタウン日比谷にある、
Billboard Café & Dinningで行われました。

今週は、中井智彦のソロ・パフォーマンスの模様から。
ミュージカル『クレイジー・フォー・ユー』より
『アイ・ガット・リズム』。
2007年に『レ・ミゼラブル』の司教役でデビューした彼が、
なぜ2009年に劇団四季に入団したかというと、
この『クレイジー・フォー・ユー』という
作品が大好きだからとか。

ここから続けて、トークを挟みながら、
パフォーマンスをたっぷりと。
ミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』より
『エーデルワイス』。
小野田龍之介さんに登場していただいて、
彼が来年も出演する予定のミュージカル
『ミス・サイゴン』より『ホワイ・ゴット、ホワイ?』を。
さらに、中井智彦とのデュエットで、
『ウエスト・サイド・ストーリー』より
名曲『マリア』を美しく熱唱。

そして、吉原光夫さんにも登場していただいて、
名作『ラ・ミゼラブル』より『民衆の歌』を3人で。
吉原さんがミュージカル以外の
ステージで歌うのはとても貴重なことです。

26.jpg


本日OAした楽曲 (全曲ライヴ・パフォーマンス)
M:アイ・ガット・リズム / 中井智彦
M:エーデルワイス / 中井智彦
M:ホワイ・ゴット、ホワイ? / 小野田龍之介
M:マリア / 小野田龍之介&中井智彦
M:民衆の歌 / 吉原光夫、小野田龍之介、中井智彦

staff| 23:00 | カテゴリー:

2019年09月13日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #20 公開収録の模様をOA!

今週と来週は、番組初めての公開収録の模様をお届けします。
ゲストは俳優で演出家の吉原光夫さんと、
俳優の小野田龍之介さん。
中井智彦とは今年の『レ・ミゼラブル』で共演した関係です。

公開収録は、東京ミッドタウン日比谷にある、
Billboard Café & Dinningで行われました。

『レ・ミゼラブル』は、全キャストが
オーディションで選ばれるそうで、
小野田さんが初めてオーディションを受けたのは15歳の時。
最終選考まで残りつつ「まだ若いから、
20歳になったら来てください」と言われて、
その後、『ミス・サイゴン』の
海外スタッフに勧められて、出演することに。

一方で、吉原さんは、
ちょっとした意地の張り合いから受けたところ、
イケメン揃いのオーディション会場での
ご本人の感触とは違い、
見事2011年にジャン・バルジャン役を射止めます。

そんな2人から見た『レ・ミゼラブル』とは、
数多くあるミュージカルの名作のなかでも、
“完璧”と思える作品だそうです。
役者が音楽に委ねることができて、
オーケストレーションから情感のみならず、
匂いや囚人の疲労感まで伝わる、
という思いを持っているとのことです。

そんな『レ・ミゼラブル』は、
2021年の再演が決定していて、
今年オール・キャストの
オーディションが行われることになっています。

3_2.jpg

本日OAした楽曲 (全曲ライヴ・パフォーマンス)
M:ラ・マンチャの男 / 中井智彦
M:愛せぬならば / 中井智彦
M:魅惑の宵 / 中井智彦

staff| 23:00 | カテゴリー:

2019年09月06日

STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL #19 ゲスト:水野貴以さん

今週のゲストは、女優の水野貴以さん!!

水野さんと中井は、
2018年の朗読ミュージカル『カラフル』で初共演。
『ナイツテイル』で共演した際には、
カーテンコールでアンサンブルが歌う企画で、
“ナカイ、タカイ”と指名されたことから、
そこに照井さんが加わった、自主企画のライヴ
『ナカイ タカイ テルイ!』を開催している仲でも。
そして、今月上演される
ミュージカル『おでかけ姫』で再共演することになっています。

そのなかから劇中歌『愛の奇跡』を
中井の弾き語りで、スタジオでデュエット!!

そんな水野さんがミュージカルにデビューしたのは10歳の時。
『アニー』で主演を務められました。
人見知りの性格で、オーディションの
質疑応答では何も答えられなかったとか。
その後、劇団四季の聴講生、
短大の演劇科を経て、本格的にデビュー。

最近ではアニメーションの声優も務め、
『ちいさなプリンセスソフィア』では
悪役にも挑戦!! 低音で役作りをされているそうです。

そして、26日から上演される『おでかけ姫』、
水野さんは、“素敵な出会い”を
秘かに夢見る主演のアナウンサー役、
中井は、そんな主人公が
夢のなかで出会う“素敵な男性”の泥棒。

タップも踊るコメディ作品のなかで、
演出家のハマナカトオルさんから
「水野と中井は、毎回何か生まれそうだから、
そのまま生まれていったらいい」と。
25日に幕を開けてからも、
毎回新たな化学反応が楽しめそうなミュージカルです。

『おでかけ姫』
9月25日〜29日 @品川六行会ホール
URL : http://www.musical-za.co.jp/

IMG_5916.jpg

本日OAした楽曲
M:トゥモロー / クワベンジャネ・ウォレス
M:いつもそばに / 水野貴以
M: 愛の奇跡 / 水野貴以 & 中井智彦 (スタジオライヴ)


staff| 23:00 | カテゴリー:

2019年 12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バックナンバー

カテゴリー