2024年05月12日

5/19はブラジルとフランスへ

次週5月19日は、ブラジルとフランスへの音楽の旅にご案内します。

5月18日で70歳。アントニオ・カルロス・ジョビン、カエターノ・ヴェローゾ、坂本龍一などと共演してきたチェロのマエストロ、ジャキス・モレレンバウム。

5月19日で生誕95年。ボサノヴァの先駆者、ジョニー・アルフの名曲の歌詞をご紹介。


STAFF| 17:50 | カテゴリー:from staff

2024年05月12日

5/12のゲスト:ゼー・イバーハ(Zé Ibarra)

IMG_1322.jpegのサムネール画像

ファースト・アルバム「SIM SIM SIM」が「2022年ブラジル・ディスク大賞」第1位を獲得、2023年夏の初来日公演も大絶賛を浴びたブラジルZ世代のスーパー・グループ、バーラ・デゼージョのメンバーの一人、ゼー・イバーハ(Zé Ibarra)。昨年リリースした全曲、弾き語りのファースト・ソロ・アルバム「マルケス256」は「2023年ブラジル・ディスク大賞」第7位にランクインしました。

21世紀の "ブラジルの声" との呼び声も高い27歳の俊英が2024年4月、ソロ・ツアーで初来日しました。

ゼーがバーラ・デゼージョ結成前に参加していたバンド、ドニカのメンバーでもあるトン・ヴェローゾ(カエターノ・ヴェローゾの末息子)、ドニカとバーラ・デゼージョの盟友ルーカス・ヌネス、そしてバーラ・デゼージョの女性陣ジュリア・メストリドラ・モレレンバウムは全員、学校のクラスメートでした。

ゼー・イバーハは3歳の頃から、音楽だけでなく「音」に関心を持つようになりました。

家の近くを流れる川の音を聞くのが好きで、ビーチに行った時は、目を閉じて海の音を聞いていました。

音楽が好きになったのは、家族の影響です。

お父さんはサンバ、ショーロ、ボサノヴァといったブラジルの音楽を、お母さんはブラジルや海外のポップスを、お婆さんはクラシ ックを聴いていました。

様々な音楽を聴いて育ち、6歳の時にピアノを買ってもらい、ピアノとクラシックを学び、その後、ガットギター、そしてドラムスの演奏も始めました。

11歳で、学校の同級生と一緒に作ったグループはパーカッションのグループで、メンバーの一人が、ルーカス・ヌネスでした。

ゼー、ルーカス、トン・ヴェローゾ、ジュリア・メストリ、ドラ・モレレンバウムは全員、同級生で、クラスメートでした。

そして、ルーカス、トン、そのほかの友人たちと、ドニカを結成。さらに、ルーカス、ジュリア、ドラと、バーラ・デゼージョを結成。

ゼーは、「とても自然な流れ。大きな情熱から生まれたことです」とコメントしました。

baladesejo.jpg
Bala Desejo "Sim Sim SIm"

ゼー・イバーハは、いろいろな楽器に興味を持って演奏しましたが、最初の頃は、歌には興味がなかったそうです。

4歳の時から打楽器を叩き始め、住んでいたマンションの階段室にパーカッションを持ち込んで叩いていました。階段室だと、音が大きく響いて、リバーブもあって、気持ちよかったんです。

10歳でギターを弾くようになってから、歌に興味を持って、歌い始めました。

階段室にギターを持って行って歌ったら、声の響きが良く、歌が上手くなったように感じたので、
毎日2時間、階段室でギターを弾いて歌うことを1年間、続け、そして歌手になりました。

そんな体験があったので、自分のソロ・アルバムを作る時はぜひ階段室でレコーディングしたいと思い、ドニカやバーラ・デゼージョのメンバーでもある幼馴染のルーカス・ヌネスに、レコーディングのエンジニアを、お願いしました。

階段室なので、エレベーターの音や、犬の鳴き声など、いろんなノイズが入ってきましたが、ゼーにとっては、自分が歌うことの第一歩となった場所で、レコーディングしたい。そんな願いがあったそうです。

zeibarra.marques256.jpegのサムネール画像
ゼー・イバーハ「マルケス、256」
Zé Ibarra / Marques,256.

MORE INFO

自分で作詞作曲を始めた11歳か12歳の頃、ミルトン・ナシメントのアルバム「クルビ・ダ・エスキーナ」に入っていた曲「Cais(カイス)」を初めて聴いて夢中になり、自分がやりたいのはこういう音楽で、ミルトンの音楽は、自分の行く道を照らす灯台のようだと思ったそうです。

miltonclube.jpg
Milton Nascimento, Lô Borges "Clube da esquina"

プロとしての出発点となったバンド、ドニカのメンバーの一人が、トン・ヴェローゾ。カエターノ・ヴェローゾの息子です。

カエターノが、仲の良いミルトンに連絡して、ミルトンがドニカのファースト・アルバムにゲストで参加することになりました。歌った曲が「Pintor(ピントール)」。ゼーと、トンの共作です。

donica.jpg
Dônica "Continuidade dos parques"

その後、ドニカが活動を停止した頃、ゼーは、ミルトンのスタッフから電話を受け、ミルトンのコンサートツアーにバック・ヴォーカルで参加しました。ツアー・バンドに参加し、バック・ヴォーカルだけでなく、ミルトンとデュエットし、ギターやフルートも演奏しました。

「とても栄誉であり、とてつもないスケールの学校でした。
 ミルトン・ナシメントの音楽は、僕の音楽性に最も大きな影響を与えています」。

IMG_1317.JPG

生演奏で歌った曲は、ゼーが作詞作曲した「Itamonte(イタモンチ)」。

イタモンチはミナスジェライス州の、山や滝などに囲まれた場所の名前で、そこに別荘があって幼い頃、よく訪れて滞在していまました。インタビューの最初に話したように、川に行って水の音を聞くのが大好きだったそうです。

「今まで生きてきた中で、最も素敵な思い出の場所に捧げて作った曲」とコメントして歌ってくれました。

1008811975.jpg
Zé Ibarra, Dora Morelenbaum, Julia Mestre "Live at Glasshaus"

STAFF| 17:44 | カテゴリー:informationinformation


バックナンバー

カテゴリー