NIPPON EXPRESS

SAUDE! SAUDADE...

EVERY SUNDAY 17:00〜17:54

  • Song List
  • Information
  • Blog
  • Message
  • HOME

ON AIR LIST

Back Issue

2020/11/29 (???)
[2020年ブラジル・ディスク大賞、主な候補アルバムをご紹介 Vol.5]


  • [DESDE QUE O SAMBA E SAMBA] CAETANO VELOSO, GILBERTO GIL(デスヂ・キ・オ・サンバ・エ・サンバ/カエターノ・ヴェローゾ、ジルベルト・ジル)
  • CD [DOIS AMIGOS, UM SECULO DE MUSICA.(ドイス・アミーゴス、ウン・セクロ・ヂ・ムジカ)MULTISHOW AO VIVO] (BRASIL : SONY MUSIC / 88875179222)
  • "「2016年ブラジル・ディスク大賞」第1位。バイーア出身の同い年、カエターノとジルが2015年に行った完全デュオ・コンサートのライヴ盤。この、サンバが題材のカエターノの名曲は、2人の共演盤「TROPICALIA 2」(93年) で初披露しました。
  • [DEIXA] BEBEL GILBERTO(デイシャ/ベベウ・ジルベルト)
  • CD [AGORA(アゴーラ)] (UK : PIAS / PIASR5015CD)
  • "「2020年ブラジル・ディスク大賞」候補アルバム。亡きジョアン・ジルベルトとミウシャの愛娘、ベベウがトーマス・バートレットのプロデュースで発表した6年ぶりのリーダー作から。
  • [PELA SOMBRA] MARCELO D2(ペラ・ソンブラ/マルセロ・デードイス)
  • ALBUM [ASSIM TOCAM OS MEUS TAMBORES(アシン・トカン・オス・メウス・タンボーリス)] (BRASIL : PUPILA DILATADA / 配信)
  • "「2020年ブラジル・ディスク大賞」候補アルバム。ヒップホップ界のカリスマ、マルセロ・デードイスが多彩がゲストを迎え、アフロ・ブラジル色も濃い新作から、ナサォン・ズンビの歌手ジョルジ・ドゥ・ペイシを迎えた曲。プロデュースは複数回、来日してDJを行なったDJ NUTS。
  • [MANGUEIRA] MARIA BETHANIA(マンゲイラ/マリア・ベターニア)
  • CD [MANGUEIRA A MENINA DOS MEUS OLHOS(マンゲイラ ア・ミニーナ・ドス・メウス・オーリョス)] (BRASIL : QUITAUSE / QUI614-2)
  • "「2020年ブラジル・ディスク大賞」候補アルバム。カエターノ・ヴェローゾの妹でもある大御所、マリア・ベターニアがリオの名門サンバチーム、マンゲイラにトリビュートしたアルバムから、バイーア出身のサンバ作曲家のレジェンド、アシス・ヴァレンチが1930年代に作曲したマンゲイラ賛歌。マンゲイラは2016年のリオのカーニヴァルで、マリア・ベターニアを讃えるテーマでパレードし優勝しました。
  • [VOCE ESTEVE COM MEU BEM?] AIRTON MONTARROYOS(ヴォセ・エステーヴィ・コン・メウ・ベン?/アイルトン・モンタホーヨス)
  • MINI ALBUM [JOAO GILBERTO E A REVOLUCAO DA BOSSA NOVA(ジョアン・ジルベルト・イ・ア・ヘヴォルサォン・ダ・ボサノヴァ)AO VIVO] (USA : SUNNYSIDE / SSC1575)
  • "「2020年ブラジル・ディスク大賞」候補アルバム。北東部レシーフェ生まれ、25歳の実力派歌手、アイルオン・モンタホーヨスがギタリストのデュオ・ライヴで、ジョアン・ジルベルトにゆかりの曲を歌ったミニ・アルバムから、ジョアン・ジルベルトがボサノヴァのスタイルを作る前の時代の1953年、30代前半で作った「君は僕の彼女に会ったかい?」といった意味の曲を、ブラジル音楽の名曲の歌詞をご紹介する「ポエジーア・ブラジレイラ」のコーナーで紹介しました。この曲は当時、ジョアンと交際していた女性歌手のマリーザ・ガタ・マンサが録音しました。
  • [NAO IDENTIFICADO] GAL COSTA(ナォン・イデンチフィカード/ガル・コスタ)
  • CD [GAL COSTA(ガル・コスタ)] (BRASIL : UNIVERSAL - PHILIPS / 73145149922)
  • "11月28日から渋谷のシアター・イメージフォーラムでロードショー公開中のブラジル映画「バクラウ 地図から消された村」のオープニング・シーンで流れる曲。ガル・コスタが1969年前にレコーディングしたカエターノ・ヴェローゾの作品で、意味は未確認飛行物体。愛の歌を空飛ぶ円盤に録音しよう、という歌詞です。
  • [CIRANDA SEM FIM PARA LIA] LIA DE ITAMARACA(シランダ・セン・フィン・パラ・リア/リア・ヂ・イタマラカ)
  • CD [CIRANDA SEM FIM(シランダ・セン・フィン)] (BRASIL : 自主 / LDI-2019)
  • "「バクラウ 地図から消された村」の冒頭、亡くなった村の長老の女性役で出演している方が、歌手のリア・ヂ・イタマラカ。「シランダ」と呼ばれるブラジル北東部の伝統音楽の名手です。「シランダに終わりはない」という意味の、「2020年ブラジル・ディスク大賞」候補アルバムからお送りしました。
  • [BESTA E TU] JOAO CAVALCANTI(ベスタ・エ・トゥ/ジョアン・カヴァルカンチ)
  • ALBUM [REPLAY ACABOU CHORARE(リプレイ アカボウ・ショラーレ)] (BRASIL : SOM LIVRE / 配信)
  • "「2020年ブラジル・ディスク大賞」候補アルバム。70年代に活躍した伝説のグループ、ノヴォス・バイアーノスの1972年の名盤「ACABOU CHORARE」を曲順にそって、当時は生まれていなかった世代の音楽家たちがカヴァーした企画アルバムから。ノヴォスのヒット曲を、レニーニの息子でリオのサンバ新世代バンド、カズアリーナ出身のジョアン・カヴァルカンチの歌で。
  • [MANE JOAO] ERASMO CARLOS(マネー・ジョアン/エラズモ・カルロス)
  • ALBUM [QUEM FOI QUE DISSE QUE EU NAO FACO SAMBA(ケン・フォイ・キ・ヂッシ・キ・エウ・ナォン・ファッソ・サンバ)] (BRASIL : SOM LIVRE / 配信)
  • "「2020年ブラジル・ディスク大賞」候補アルバム。60年代から活躍している大御所、エラズモ・カルロス。ホベルト・カルロスとのコンビで数多くのヒット曲を放ってきました。「私がサンバをやらないなんて、誰が言ったんだ」という意味の、サンバ系のオリジナル曲を新たにレコーディングしたアルバムから。
  • [CONVIVIO] MAHMUNDI(コンヴィーヴォ/マームンヂ)
  • ALBUM [MUNDO NOVO(ムンド・ノヴォ)] (BRASIL : UNIVERSAL / 配信)
  • "「2020年ブラジル・ディスク大賞」候補アルバム。エレクトロからネオ・ソウルまで幅広い、リオの新世代ソウル・シンガー、マームンヂことマルセラ・ヴァリのミニアルバムから。
  • [DANCE DANCE] FERNANDA ABREU(ダンス・ダンス/フェルナンダ・アブレウ)
  • ALBUM [SLOW DANCE(スロー・ダンス)] (BRASIL : UNIVERSAL / 配信)
  • "「2020年ブラジル・ディスク大賞」候補アルバム。ステイ・ホームでゆっくりダンス、そんなメッセージを込めた、80年代から活躍しているフェルナンダ・アブレウのベスト・アルバムからの新曲。

【 ATTENTION 】
このページに記載されている情報でご購入の際には、
CD番号とアルバムタイトル名をショップにて今一度ご確認下さい。