NIPPON EXPRESS

SAUDE! SAUDADE...

EVERY SUNDAY 17:00〜17:54

  • Song List
  • Information
  • Blog
  • Message
  • HOME

ON AIR LIST

Back Issue

2020/01/19 (SUN)
  • [BOSSA NA PRAIA] LISA ONO(ボッサ・ナ・プライア=浜辺のボッサ/小野リサ)
  • CD [BRASIL(ブラジル)] (DREAMUSIC / MUCD-1296)
  • "「2014年ブラジル・ディスク大賞」第1位。小野リサが久々に全曲ブラジル音楽を歌ったアルバムから、故ペリー・ヒベイロが60年代に作ったボサノヴァの名曲です。
  • [BRASIL PATRIOTA] LUCAS SANTTANA(ブラジル・パトリオータ/ルーカス・サンタナ)
  • CD [O CEU E VELHO HA MUITO TEMPO] (FRANCE : NO FORMAT! / NOF45)
  • "バイーア出身リオ在住のシンガー/ソングライター/ギタリスト、ルーカス・サンタナ。ダブを取り入れたエレクトリックなサウンドも追求してきましたが、この新作は “声とギター” で録音。ストレートなブラジル音楽の中にヒネリを利かせています。
  • [QUATORZE ANOS] NARA LEAO(カトルジ・アノス=14歳/ナラ・レオン)
  • CD [SUNNY SIDE OF NARA LEAO - MUSIC FOR SUNDAY LOVERS] (UNIVERSAL / UICY-1129)
  • "1942年1月19日生まれ、1989年6月没。今日、生誕78年を迎えたナラ・レオン。ボサノヴァのミューズと称されていますが、ボサノヴァ以外の音楽も積極的に歌ってきました。この曲は同い年のパウリーニョ・ダ・ヴィオラの作品で、ナラがサンバやショーロを歌った83年盤「MEU SAMBA ENCABULADO」から。
  • [NASCI PARA BAILAR] NARA LEAO(ナシー・パラ・バイラール/ナラ・レオン)
  • CD [SUNNY SIDE OF NARA LEAO - MUSIC FOR SUNDAY LOVERS] (UNIVERSAL / UICY-1129)
  • "私は踊るために生まれた” という意味の、ジョアン・ドナートのラテン調の名曲。かつて小野リサもライヴで歌っていました。82年盤「NASCI PARA BAILAR」から。
  • [MININA FLOR] LISA ONO (ミニーナ・フロール/小野リサ)
  • CD [NAMORADA(ナモラーダ)] (BMG VICTOR / BVCR-1001)
  • "歌詞をご紹介しながらブラジルの名曲の世界にご案内するコーナー「ポエジーア・ブラジレイラ」。ルイス・ボンファ(作曲)マリア・トレード(作詞)の60年代の名曲で、花のように可愛らしい女の子が初恋をしたさまを描いています。
  • [WHISTLE SAMBA] LUIZ BONFA & MARIA TOLEDO(ホイッスル・サンバ/ルイス・ボンファ&マリア・トレード)
  • CD [BRAZILIANA(ブラジリアーナ)] (VIVID SOUND / VSCD-747)
  • "M5の作者コンビの65年盤から、当時は夫婦だった2人が共作し、スキャットでデュエットした曲。
[ゲスト・コメンテーターにセルジオ・メンデスを迎えて]


  • [BORA LA] SERGIO MENDES feat. ROGE & GRACINHA LEPORACE(ボラ・ラ/セルジオ・メンデス feat. ホジェー&グラシーニャ・レポラーセ)
  • CD [IN THE KEY OF JOY - DELUXE EDITON] (UNIVERSAL - CONCORD RECORDS / UCCO-8033/4)
  • "2月に79歳を迎えますが、今も元気バリバリのセルジオ・メンデスが、昨年11月に日本先行発売したニューアルバム(MORE INFO)から、サウージ!サウダージのリスナーにオススメの2曲を自ら紹介しました。セウ・ジョルジの親友でもあるリオのシンガー・ソングライター、ホジェーがガブリエル・モウラ、プレチーニョ・ダ・セヒーニャ、セルジオ・メンデスと共作した新曲。バイーアのリズム「イジェシャー」に乗って、ホジェーとセルジオ夫人のグラシーニャが歌います。
  • [MUGANGA] SERGIO MENDES feat. GRACINHA LEPORACE(ムガンガ/セルジオ・メンデス feat. グラシーニャ・レポラーセ)
  • CD [IN THE KEY OF JOY - DELUXE EDITON] (UNIVERSAL - CONCORD RECORDS / UCCO-8033/4)
  • "こちらはセルジオの古くからの親友、ジョアン・ドナート作の新曲。セルジオが「ムガンガ。No meaning」と言って笑い「このタイトルはジョアン・ドナートが作った言葉で、楽園とか楽しい場所といった、アルバムのコンセプトにピッタリの言葉だ」とコメントしました。
  • [SALVE SAO SEBASTIAO] BETH CARVALHO(サウヴィ・サン・セバスチアン/ベッチ・カルヴァーリョ)
  • CD [BRASILEIRA DA GEMA] (BRASIL : MERCURY / 532 994-2)
  • "昨年、亡くなったサンバの女王、ベッチ・カルヴァーリョの96年盤から、リオデジャネイロの守護聖人、サン・セバスチアンを讃えた曲。1月20日がサン・セバスチアンの祝日で、リオは休日になります。
  • [GUAJUPIA, TERRA SEM MALES] G.R.E.S. PORTELA(グァジュピアー、テーハ・セン・マーリス/ポルテーラ)
  • CD [SAMBAS DE ENREDO 2020] (BRASIL : UNIVERSAL / 60250851225)
  • "リオの名門エスコーラ・ヂ・サンバ、ポルテーラの、今年のカーニヴァルのパレード・テーマ曲。ポルトガル人がブラジルに到着する前の時代、現在のリオデジャネイロで暮らしていた先住民の伝説を歌った曲で、意味は「グァジュピアー、悪のない大地」。ポルテーラは2月23日の深夜、リオのカーニヴァルのメイン会場サンボードロモでパレードを行ないます。毎年恒例、サウージ!サウダージのカーニヴァル・イヴェントは2月11日、渋谷クラブクアトロで開催!(MORE INFO)。

【 ATTENTION 】
このページに記載されている情報でご購入の際には、
CD番号とアルバムタイトル名をショップにて今一度ご確認下さい。