NIPPON EXPRESS

SAUDE! SAUDADE...

EVERY SUNDAY 17:00〜17:54

  • Song List
  • Information
  • Blog
  • Message
  • HOME

ON AIR LIST

Back Issue

2021/02/28 (???)
  • [AMORES E FLORES] MELIM(アモーリス・イ・フローリス/メリン)
  • ALBUM [AMORES E FLORES(アモーリス・イ・フローリス)] (BRASIL : UNIVERSAL / 配信)
  • "リオデジャネイロ州ニテロイの、メリン3兄弟(男2、女1)によるポップ・バンド。「愛と花」と題する2021年ニューアルバムのタイトル曲。
  • [TAO BEAT] PEU, BIG UP(タォン・ビーチ/ペウ、ビッグアップ)
  • ALBUM [PEU(ペウ)] (BRASIL : DECK / 配信)
  • "バイーアのシンガー・ソングライター、ペウ。サンパウロのユニット、ビッグアップを迎えた、ニューアルバムのメイン・トラック。
  • [AGUA DA MINHA SEDE] MONICA SALMASO(アグア・ダ・ミーニャ・セーヂ/モニカ・サウマーゾ)
  • CD [CAIPIRA] (BRASIL : BISCOITO FINO / BF 485-2)
  • "2月27日で50歳を迎えた、サンパウロの歌手モニカ・サウマーゾ。2017年、彼女の歌の大ファンという渡辺貞夫さんの招きで初めて来日しました。2019年には作曲家、ギタリストのギンガと一緒に来日。東京でのコンサートのライヴとスタジオ録音をミックスしたアルバムは「2020年ブラジル・ディスク大賞」第7位にランクインしました。ブラジルの地方色が豊かな音楽を歌った2017年盤から、バイーアのホッキ・フェヘイラ作の名曲。
  • [ALVORADA] TERESA CRISTINA(アルヴォラーダ/テレーザ・クリスチーナ)
  • CD + DVD [CANTA CARTOLA(カンタ・カルトーラ)] (BRASIL : NONESUCH RECORDS - UNS / 7559-79437-7)
  • "2月28日で53歳を迎えた、リオの歌手テレーザ・クリスチーナ。リオの中心部ラパのライヴハウスで新世代のサンバ・シンガーとして注目を集め、2003年に初来日。これが彼女にとって初の海外公演でした。2016年には「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン」に出演。ギタリストとのデュオでサンバの巨匠カルトーラの名曲を歌い、さらにカエターノ・ヴェローゾとも共演しました。「2015年ブラジル・ディスク大賞」で第3位にランクインしたライヴ盤(カルトーラ名曲集)から、夜明けの美しさを歌った曲。
  • [QUANDO O AMOR ACONTECE] JOAO BOSCO(クアンド・オ・アモール・アコンテッシ/ジョアン・ボスコ)
  • CD [AI, AI, AI DE MIM(空想小説)] (EPIC/SONY / 32・8P-208)
  • "歌詞をご紹介しながらブラジルの名曲の世界にご案内する「ポエジーア・ブラジレイラ」のコーナー。ジョアン・ボスコの1986年盤から、ボスコが作曲、2月28日に76歳を迎えたアベル・シルヴァが作詞した「愛が目覚める時」という意味のラヴソング。
[フランスの写真家、ロベール・ドアノーの音楽がテーマの写真展を紹介]


  • [VIENS M’EMPORTER] AZNAVOUR(ヴィアン・マンポルテ/アズナヴール)
  • CD [TOUJOURS] (FRANE : EMI / 5099902869322)
  • "ここからの3人は、Bunkamuraザ・ミュージアムで3月31日まで開催中の「写真家ドアノー/音楽/パリ」に、ロベール・ドアノー撮影の写真が展示されています。2018年に94歳で他界したシャルル・アズナヴール、2011年盤からのオリジナル曲。
  • [ACCORDEON] JULIETTE GRECO(アコルデオン/ジュリエット・グレコ)
  • CD [MERCI !(メルシー!)] (RESPECT RECORD LTD. / RES-274~275)
  • "2020年9月、93歳で他界したジュリエット・グレコ。この曲は1950年代末の録音で、当時は無名だったセルジュ・ゲンズブールの作品を気に入って歌いました。
  • [BELLEVILLE] DJANGO REINHARDT(ベルヴィル/ジャンゴ・ラインハルト)
  • CD [RETROSPECTIVE(レトロスペクティヴ 1934 ~ 1953)] (UNIVERSAL / UCCM-9168/70)
  • "マヌーシュ・スウィングと呼ばれる、スウィング・ジャズとロマの音楽をミックスしたスタイルの匠、ギタリストのジャンゴ・ラインハルト。1948年録音のオリジナル曲で、ベルヴィルはパリの大衆的な街区の名前です。
  • [A PEGADA AGORA E ESSA] ANTONIO NEVES(ア・ペガーダ・アゴーラ・エ・エッサ/アントニオ・ネヴィス)
  • CD [A PEGADA AGORA E ESSA(ア・ペガーダ・アゴーラ・エ・エッサ)] (UK : FAR OUT / FARO 221)
  • "トロンボーン奏者でドラマーの、リオ新世代の俊英アントニオ・ネヴィス。サックスとフルートの名手、エドゥアルド・ネヴィスの息子です。UK経由でワールドワイドにリリースされた最新セカンド・アルバムから、パーカッションの名手エスグレーバをフィーチャーした曲。
  • [SOPROU] SILVA, CRIOLO(ソプロウ/シルヴァ、クリオーロ)
  • ALBUM [CINCO] (BRASIL : FAROL MUSIC / 配信)
  • "リオとバイーアの間、エスピリート・サント州出身のシンガー・ソングライター、シルヴァ。ニューアルバムから、サンパウロのクリオーロと共作・共演した曲。

【 ATTENTION 】
このページに記載されている情報でご購入の際には、
CD番号とアルバムタイトル名をショップにて今一度ご確認下さい。