NIPPON EXPRESS

SAUDE! SAUDADE...

EVERY SUNDAY 17:00〜17:54

  • Song List
  • Information
  • Blog
  • Message
  • HOME

ON AIR LIST

Back Issue

2020/09/20 (SUN)
  • [COLA NA BOCA] IVE GREICE(コラ・ナ・ボカ/イヴィ・グレイシ)
  • SINGLE [COLA NA BOCA(コラ・ナ・ボカ)] (BRASIL : 自主 / 配信)
  • "ブラジルの首都ブラジリアの出身で、現在はポルトガルで活動しているイヴィ・グレイシのうっすらアフロなサウンドのニューシングル。偶然、マドンナが彼女の歌を聴いて惚れ込んだというエピソードもあります。
  • [NATUREZA AINDA] SANDRA DE SA(ナトゥレーザ・アインダ/サンドラ・ヂ・サー)
  • SINGLE [NATUREZA AINDA(ナトゥレーザ・アインダ)] (BRASIL : THE SA MUSICA / 配信)
  • "ブラジルのソウル・ディーヴァ、サンドラ・ヂ・サーが、若手のシンガーたち(As Bee, Danny Black, Filhos de Sa, Nanda Fellyx, Nickoly Ribeiro, Simone Malafaia, Santa Planta, Soul de BR)と共演、アマゾンの大自然を讃えた曲。今年の9月4日、アマゾンの日(Dia da Amazonia)の前日にリリースされました。
  • [ACAI] DJAVAN(アサイー/ジャヴァン)
  • CD [AO VIVO Volurme 1] (BRASIL : EPIC / 2-492477)
  • "アサイー椰子はアマゾン原産ですが、ジャヴァンの故郷であるブラジル北東部のアラゴアス州にもあるそうです。自ら作詞作曲した80年代のヒット曲を、99年のライヴ盤から。オーディエンスが大コーラス、曲の途中のアコギ・ソロは息子のマックス・ヴィアナ。
  • [LOVELY DAY] STEPHANE SAN JUAN & SAMBACOOL(ラヴリー・デイ/ステファン・サン・フアン&サンバクール)
  • SINGLE [LOVELY DAY] (USA : SAMBACOOL MUSIC / 配信)
  • "フランス生まれのドラマー、パーカッション奏者、ステファン・サン・フアン。2003年、ブラジルに移住して、モレーノ・ヴェローゾやカシンらと共演し彼らのバンドで来日。現在はニューヨークに拠点を移し、デヴィッド・バーンのバンドでも活動しています。ステファンがニューヨーク在住のブラジル人、ヴィトール・ゴンサルヴェス(ピアノ)、エドゥアルド・ベロ(ベース)と組んだサンバ・ジャズのトリオ、ファースト・シングルはビル・ウィザーズのヒット曲のカヴァー。11月にフル・アルバムを発表します。
  • [COM A PERNA NO MUNDO] GONZAGUINHA(コン・ア・ペルナ・ノ・ムンド/ゴンザギーニャ)
  • CD [OS ORIGINALS] (BRASIL : EMI / 833471 2)
  • "歌詞をご紹介しながらブラジルの名曲の世界にご案内する「ポエジーア・ブラジレイラ」のコーナー。9月22日で生誕75年を迎えるリオ生まれのシンガー・ソングライター、ゴンザギーニャ(1991年、交通事故のため45歳で他界)の70年代末のヒット曲で意味は「世界に足をつけて」。父親の、ブラジル音楽の大御所ルイス・ゴンザーガと折り合いが悪く、リオのサン・カルロスの丘にある里親ジーナの家で育てられたゴンザギーニャが、新たな人生を目指し里親のもとを出ていく実体験から生まれた、将来を見据えた青年の決意を歌った曲です。
  • [PARA BRISA] TINCHO ACOSTA(パラ・ブリサ/ティンチョ・アコスタ)
  • CD [SILENCIO(シレンシオ)] (TAIYO RECORD / TAIYO 0038)
  • "ここからの3曲はアルゼンチン。ラ・プラタ川のほとりの街、ラ・プラタで活動しているシンガー・ソングライター&ギタリスト、ティンチョ・アコスタのニューアルバムから「そよ風へ」という意味の曲。ロドリゴ・カラソがゲスト参加、デュエットしています。
  • [ANTES DEL TIEMPO] RODRIGO CARAZO(アンテス・デル・ティエンポ/ロドリゴ・カラソ)
  • CD [OCTOGONO(オクトゴノ)] (INPARTMAINT / RCIP-0308)
  • "アルゼンチンの第二の都市、コルドバ出身のシンガー・ソングライター/マルチ器楽奏者、ロドリゴ・カラソのニューアルバムから。日本盤には日本でも人気の高いアルゼンチンの音楽家、カルロス・アギーレが書いたメッセージが掲載されています。以下、一部を引用。 
    「アルバム<オクトゴノ>によって私たちは、ロドリゴ・カラーソの魔法のような世界へ旅することが出来ます。その濃密で、海の水のように開かれた、創造性の世界。幼少時代と、あらゆる場所に向けた旅。それは、私たちをまるごと包み込み、見る者に、どうか終わらないで欲しいと思わせるストーリーのような、まるで映画の体験のようでもあるのです」
  • [SO PARA FICAR] RODRIGO CARAZO(ソ・プラ・フィカール/ロドリゴ・カラソ)
  • CD [OCTOGONO(オクトゴノ)] (INPARTMAINT / RCIP-0308)
  • "歌詞はスペイン語とポルトガル語。2017年、ダニ・グルジェルと一緒に来日し、この番組にも出演したサンパウロのシンガー・ソングライター、ト・ブランヂリオーニがゲストで歌っています。リズムもどことなくバイーアっぽい曲です。
  • [SE PA TUM DERE] FLAVIA K(セ・パ・トゥン・デレ/フラヴィア・ケー)
  • CD [JANELAS IMPREVISIVEIS(ジャネーラス・インプレヴィジヴェイス)] (THINK! / THCD-568)
  • "サンパウロ出身24歳。ネオ・ソウルを軸にジャズ・テイストな曲も歌う実力派シンガー・ソングライター、フラヴィア・ケー(ネイティヴな発音はフラヴィア・カー)。ファースト・アルバムから、自身のスキャットのフレーズをタイトルにした曲。
  • [PE NA AREIA] JULIA VARGAS(ペー・ナ・アレイア/ジュリア・ヴァルガス)
  • SINGLE [PE NA AREIA(ペー・ナ・アレイア)] (BRASIL : 自主 / 配信)
  • "リオ州の郊外ビーチリゾート、カボ・フリオ生まれ、コンテンポラリー・バレエの踊り手でもある歌手、ジュリア・ヴァルガスが、ブラジルの真夏2月にリリースしたシングル。「砂に足をつけて」という意味のサマーアンセムです。

【 ATTENTION 】
このページに記載されている情報でご購入の際には、
CD番号とアルバムタイトル名をショップにて今一度ご確認下さい。