NIPPON EXPRESS

SAUDE! SAUDADE...

EVERY SUNDAY 17:00〜17:54

  • Song List
  • Information
  • Blog
  • Message
  • HOME

ON AIR LIST

Back Issue

2018/09/23 (SUN)
30周年記念コンピレーションCD「SAUDE! SAUDADE...30+beyond」


  • [BIM BOM] BEBEL GILBERTO(ビン・ボン/ベベウ・ジルベルト)
  • CD [SAUDE! SAUDADE... 30+BEYOND(サウージ!サウダージ... サーティー・プラス・ビヨンド) ユニバーサル ミュージック編] (UNIVERSAL MUSIC / UCCU-1582)
  • "ジョアン・ジルベルトとミウシャの娘、ベベウ・ジルベルトは2000年にワールド・デビュー。リオとニューヨークを行き来しているコスモポリタンな感性と音楽性の持ち主です。『ALL IN ONE』(2009年ブラジル・ディスク大賞4位)から、父ジョアンが1958年に録音したオリジナル曲。アントニオ・カルロス・ジョビンの孫のピアニスト、ダニエル・ジョビンをデュエットのパートナーに迎えています。
  • [VAI E VEM] MALLU MAGALHAES(ヴァイ・イ・ヴェン/マルー・マガリャエス)
  • CD [SAUDE! SAUDADE... 30+BEYOND(サウージ!サウダージ... サーティー・プラス・ビヨンド) ソニーミュージック編] (SONY MUSIC LABELS / SICP-31183)
  • "2008年、16歳でデビュー・アルバムを発表したサンパウロ生まれのシンガー/ソングライター、マルー・マガリャエスは21世紀のブラジリアン・ポップスの申し子。これは日本でも好評を博した最新アルバム(2017年ブラジル・ディスク大賞9位)からのヒット曲です。現在26歳、声にはあどけなさが残っていますが一児の母で、夫はロス・エルマーノス(同CDのM5)出身のマルセロ・カメーロです。
  • [SO DANCO SAMBA] LISA ONO(ソ・ダンソ・サンバ/小野リサ)
  • CD [SAUDE! SAUDADE... 30+BEYOND(サウージ!サウダージ... サーティー・プラス・ビヨンド) ユニバーサル ミュージック編] (UNIVERSAL MUSIC / UCCU-1582)
  • "10月1日(月)21時から開局記念特番内で放送する「NIPPON EXPRESS SAUDE! SAUDADE… 30th Anniversary Special Edition」にゲスト出演する小野リサ。2001年10月から8年半、番組のマンスリー・ナヴィゲーターをつとめ、毎月最終日曜を担当しました。アントニオ・カルロス・ジョビンの長男パウロ・ジョビン(ギター)、孫のダニエル・ジョビン(ピアノ)と一緒にリオで録音した『ボッサ・カリオカ』(98年ブラジル・ディスク大賞3位)から、ジョビンとヴィニシウス・ヂ・モライス(作詞)が共作した、"サンバしか踊らない" という意味の名曲です。
  • [MARACANGALHA] MARIO ADNET with ANTONIO CARLOS JOBIM(マラカンガーリャ/マリオ・アジネー with アントニオ・カルロス・ジョビン)
  • CD [SAUDE! SAUDADE... 30+BEYOND(サウージ!サウダージ... サーティー・プラス・ビヨンド) ソニーミュージック編] (SONY MUSIC LABELS / SICP-31183)
  • "小野リサのアルバムの編曲も数多く手がけているギタリスト/歌手、マリオ・アジネー。これはバイーアの巨匠、ドリヴァル・カイミの作品で、"僕はマラカンガーリャに行くよ。白い服と麦わら帽子で" という内容の曲です。カイミとも交流が深かったアントニオ・カルロス・ジョビンがゲスト参加、ピアノを弾いています。ジョビンがこの世を去る2年前、1992年の録音です。
  • [EU SAMBO MESMO] ROSA PASSOS(エウ・サンボ・メズモ/ホーザ・パッソス)
  • CD [SAUDE! SAUDADE... 30+BEYOND(サウージ!サウダージ... サーティー・プラス・ビヨンド) ソニーミュージック編] (SONY MUSIC LABELS / SICP-31183)
  • "歌詞をご紹介しながらブラジルの名曲の世界にご案内するコーナー「ポエジーア・ブラジレイラ」。"スカートをはいたジョアン・ジルベルト" とも呼ばれるボサノヴァの後継者、ホーザ・パッソス。ヨー・ヨー・マやロン・カーターと共演した録音もあり、海外でも高く評価されています。敬愛するジョアンのレパートリーを歌ったアルバム『AMOROSA』(2004年ブラジル・ディスク大賞6位)から、この曲は1940年代に作られたサンバの古典で、サンバに対する愛と誇りが歌詞のテーマです。
  • [DANS MON ILE] HENRI SALVADOR(ダン・モニール/アンリ・サルヴァドール)
  • CD [DANS MON ILE(ダン・モニール)] (FRANCE : BARCLAY - UNIVERSAL / 065 122-2)
  • "今は亡きフランス音楽界の巨人、アンリ・サルヴァドールは40年代前半にリオにも滞在していました。これは50年代の自作のヒット曲で、ボサノヴァに影響を与えたとも言われています。後にカエターノ・ヴェローゾがカヴァーしました。
  • [BIRDS PART 1] CHASSOL(バーズ、パート1/シャソール)
  • CD [BIG SUN] (FRANCE : TRICATEL / TRICDFR 046)
  • "10月に来日、フランス文化のフェスティヴァル「セゾン・ルージュ」に出演するコンポーザー/ピアニスト/映像作家、シャソール。鳥の鳴き声などの自然界の音、人の話し声や歌声などをサンプリングして、ピアノでメロディーやハーモニーを加えて曲にした、独創的な音楽世界が広がる2015年盤から。
[ブラジルのシンガー/ソングライター&ギタリスト、ハファエル・ジメネスをゲストに迎えて]


  • [IGARAPE] RAPHAEL GIMENES(イガラペー/ハファエル・ジメネス)
  • CD [RAPHAEL GIMENES & AS MONTANHAS DE SOM(ハファエル・ジメネス&アス・モンターニャス・ヂ・ソン)] (IMPARTMAINT / RCIP-0263)
  • "1987年、ブラジル北東部ペルナンブーコ州のレシーフェで生まれ、18歳のときに交換留学生として渡ったデンマークで音楽活動を始め、現在もデンマークに住んでいるシンガー/コンポーザー/ギタリスト、ハファエル・ジメネス。8月に4人編成の多国籍バンドで初来日しました。ファースト・アルバムのタイトルは「音の山々」という意味。
  • [ESSE MENINO] RAPHAEL GIMENES & AS MONTANHAS DE SOM(エッシ・ミニーノ/ハファエル・ジメネス&アス・モンターニャス・ヂ・ソン)
  • [STUDIO LIVE @ J-WAVE]
  • "ハファエル・ジメネスが率いるグループ、アス・モンターニャス・ヂ・ソン。女性のフルート奏者は、南米のボリビア出身。タブラを演奏するパーカッション奏者は、ドイツ人。バンドネオン奏者は、デンマーク人。国籍が異なる4人のメンバーが集まったグループで、ファースト・アルバムにも入っているハファエルのオリジナル曲をスタジオライヴ生演奏。

【 ATTENTION 】
このページに記載されている情報でご購入の際には、
CD番号とアルバムタイトル名をショップにて今一度ご確認下さい。