2009年02月15日

CARNAVAL 2009 レポート

11日(水・祝)、麻布十番WAREHOUSE702で開催した毎年恒例のイヴェント「J-WAVE NOEVIR SAUDE! SAUDADE... CARNAVAL 2009」。600人近いお客様にご来場いただき、開催13年目にして最多動員記録を更新しました。ありがとうございました。

お客様には入場に際して長時間お待ちいただき、申し訳ございません。また場内も立錐の余地のない大混雑となりましたが、カルナヴァルの熱気を実感していただけたと思います。

当日のレポートです。今年は「パーカッシヴ」をテーマに、リオ、バイーア、レシーフェの三大カーニヴァルのパーカッション・サウンドをフィーチャーしました。

オープニング・アクトはブラジル北東部レシーフェのカーニヴァルのリズム「マラカトゥ・ナサォン」を中心に演奏する11人のパーカッション・アンサンブル、BAQUEBA(バッキバ)。カラフルな衣装、叩きながらダンスも披露するパフォーマンスをフロアーで繰り広げ、気分はレシーフェのストリートに。

二番手はmocidade vagabunda bateria nota 1000(モシダーヂ・ヴァガブンダ・バテリア・ノタ・ミウ)。パーカッション隊を中心にホーン・セクションやコーラスも加えた総勢25名がステージに登り、リオのカーニヴァルのサンバをはじめロック、ファンク、ヒップホップもミックス、「今」を感じさせる多彩なサウンドでフロアーを熱狂させませた。バトゥカーダ(パーカッション・アンサンブル)のパフォーマンスが圧巻!

R0011461.JPG

フロアーには横浜のバハカォン・ダ・モシダーヂがブライリアン・フードのブースを出店。早々に完売となる大人気でした。

三番手は3年連続の出演となったBarravento(バハヴェント)。「ブロコ・アフロ」と呼ばれるバイーアのパーカッション・グループの編成でパワフルな演奏を展開、貫禄のパフォーマンスで心をバイーアのストリートへと誘いました。

レシーフェ、リオ、バイーア。三大カーニヴァルのパーカッション・サウンドをお届けしたところで、ファイナル・アクトは東京のカーニヴァル! あらゆるブラジリアン・グルーヴを飲み込んだオリジナル・ワールドを繰り広げる快男児、Saigenji(サイゲンジ)が7年連続の出演。初のトリをつとめ、小泉克人(ベース)、福和誠司(パーカッション)とのトリオで番組のオープニング・テーマ曲「走り出すように」などのオリジナル曲とブラジルの曲を披露。オーディエンスのコーラスもフィーチャーし、ステージとフロアーが一体となって気分は最高潮に。

SaigenjiとBarraventoの初のコラボレーションも実現。バイーアの暴れん坊将軍ことカルリーニョス・ブラウンの名曲「Magalenha」(Saigenjiのベスト盤CD「Selecao」に収録)を共演しました。"チェーチェーチェチェレチェ" のコーラスをオーディエンスも一緒に大合唱。

IMG_1712.JPG

DSCN2836.JPG

超満員にふくれあがったフロアー。ご来場ありがとうございました。2010年2月にまたお会いしましょう。

staff| 07:57 | コメント(0) | カテゴリー:

2009年02月10日

CARNAVAL 2009 最終ご案内

※J-WAVE NOEVIR SAUDE! SAUDADE... CARNAVAL 2009

ご予約の受付は終了させていただきました。
たくさんのご予約ありがとうございました。

当日券(4,300円:1drinkつき)は16時より、
WAREHOUSE702のエントランスで発売します。

staff| 15:00 | コメント(0) | カテゴリー:CARNAVAL2009

2009年02月08日

2/11 CARNAVAL 2009 直前情報

いよいよ11日(水)に迫った「J-WAVE NOEVIR SAUDE! SAUDADE... CARNAVAL 2009」。
ご予約(3,800円:1drinkつき)の受付は終了させていただきました。

当日券(4,300円:1drinkつき)は11日(水)の開場時刻(16:00)から、WAREHOUSE702のエントランスで販売します。

ライヴの開演時刻が近づきますと入口が混雑します。入場にお時間がかかることがありますので、どうぞお早めにご来場ください。

WAREHOUSE702へのアクセスは、麻布十番駅7番出口が便利です。7番出口から地上に出て左折、10歩で到着します。

ステージ前のフロアーは全エリア禁煙とさせていただきます。
フロアー後方・中2階に喫煙エリアを設けてあります。

<TIME TABLE>
16:00 open
17:00 opening act:BAQUEBA
    (フロアーで演奏します)
17:10すぎ mocidade vagabunda bateria nota 1000
18:10ごろ Barrravento
19:05ごろ Saigenji
20:00   終了
 (時間はおおよその目安です)

ライヴタイムのセットチェンジ中は、
ゲストDJのKTa☆brasilがフロアーを盛り上げます

<Food Menu>

※モシダーヂ・カレー
エビと野菜、ココナッツを2日間じっくり煮込んだカレー

※パウミット・ドッグ
パウミット、生ハム、ビーツ、レタスを挟んだヘルシーなサンドイッチ

※モシダーヂ・ドッグ
リングイッサとトマトソースをはさんだホットドッグ

※リングイッサ
肉汁たっぷりのブラジル風ソーセージ。野菜のソースをつけて

出店:バハカォン・ダ・モシダーヂ
この日のためにブラジル料理のスペシャルメニューをご用意、お手頃価格で提供します。どうぞお早めにご来場の上、ライヴがスタートするまでの間に腹ごしらえをしてください。

staff| 08:37 | コメント(0) | カテゴリー:CARNAVAL2009

2008年12月21日

2/11(水)開催!NOEVIR SAUDE! SAUDADE...CARNAVAL2009


★J-WAVE [NOEVIR SAUDE! SAUDADE...] CARNAVAL2009

●日時:2009年2月11日(水・祝)
     Open 16:00 Live 17:00〜20:00
●会場:麻布十番 WAREHOUSE702
●LIVE:Saigenji(サイゲンジ)
    Barravento(バハヴェント)
    mocidade vagabunda bateria nota 1000
     (モシダーヂ・ヴァガブンダ・バテリア・ノタ・ミウ)
 Opening Act : BAQUEBA(バッキバ)
●DJ:中原 仁KTa☆brasil
●MC:林 奈穂

●Charge(1 drinkつき/all standing)
   前売・予約¥3,800 当日¥4,300 

※ご予約の受付は終了させていただきました。

番組が主催する毎年恒例のカーニヴァル・イヴェント。13回目を迎える2009年は、麻布十番の大型クラブWAREHOUSE 702で開催!「パーカッシヴ!」をテーマに、ブラジルの三大カーニヴァル・エリア(リオ、バイーア、レシーフェ)のパーカッション・サウンドを網羅、4組のライヴをお届けします。

オープニング・アクトは、北東部レシーフェのカーニヴァルを代表するリズム「マラカトゥ・ナサォン」を演奏する打楽器アンサンブル、バッキバが初出演。続いて同じく初出演となる、打楽器隊を中心とする総勢20名以上のユニット、モシダーヂ・ヴァガブンダ・バテリア・ノタ・ミウ。サンバ・エンヘード(カーニヴァルのサンバ)にロック、ファンク、ヒップホップも取り入れたミクスチャー・サウンドで、現在進行形のリオのストリート・カーニヴァルを表現します。出演4回目のバハヴェントは10数名の打楽器隊を軸に、バイーアのカーニヴァルの花形リズム「サンバヘギ」を演奏。そしてトリは7年連続出演のSaigenji。あらゆるブラジリアン・グルーヴを飲み込んだオンリー・ワンの音楽を通じ、東京オリエンテッドなカーニヴァルを繰り広げます。Saigenjiのライヴのフィナーレでは、他では聴けないスペシャル・セッションも予定しています。

フロアー内には横浜のbarracao da mocidadeが出店、ブラジリアン・フードをご用意します。本場ブラジルのカーニヴァル(2009年は2月20〜24日)に先駆けて、真冬の東京に出現するホットな祝祭空間!2009年もハッピーに盛り上げます!

<ライヴ出演者紹介>

Saigenji(サイゲンジ)

番組のオープニング・テーマ曲を担当するなどJ-WAVEではオナジミ、あらゆるブラジリアン・グルーヴを飲みこんだ歌声とギターを通じ、オンリー・ワンの世界を繰り広げる快男児が福和誠司(パーカッション)らとのバンドで7年連続の出演。フィナーレにはスペシャルなセッションも予定!

DSCN2361.JPG

Barravento(バハヴェント)
アフロ・ブラジル文化の故郷バイーアのリズム "Samba-Reggae" を追求する、総勢10数名の打楽器隊+歌のグループ。母体のブロコ・バハヴェントは2008年の浅草サンバカーニヴァル・S2リーグで初優勝、本場の音楽家とも共演を重ねています。

DSCN2337.JPG

mocidade vagabunda bateria nota 1000
(モシダーヂ・ヴァガブンダ・バテリア・ノタ・ミウ)
サンバ集団G.R.B.P.mocidade vagabundaの選抜ユニット。打楽器隊を中心に総勢20名以上! サンバ・エンヘードをはじめロック、ファンク、ヒップホップも取り入れたミクスチャー・サウンドで、現在進行形のストリート・カーニヴァルを表現します。  

Dsc_0705.jpg

BAQUEBA(バッキバ) *opening act
レシーフェ滞在経験者を中心に集められたカーニヴァルスタイル・タイコ集団。ブラジルの重量級リズム、マラカトゥ・ナサォンの楽器たちを使っておなかに響きからだを揺さぶるグルーヴを展開します。
   
<ゲストDJ>
●KTa☆brasil(ケイタブラジル)
打楽器奏者/MC/DJとして、クラブやライヴの現場からテレビ/ラジオなどのメディアまでマルチに活躍、ブラジルを幅広い層にアピールする斬り込み隊長。リオの名門エスコーラ・ヂ・サンバ「インペリオ・セハーノ」の正式会員でもあります。

<会場ご案内>
麻布十番 WAREHOUSE702
  港区麻布十番1-4-5 深尾ビルB1F(東京メトロ麻布十番駅:7番出口すぐ横)
  tel 03-6230-0343
(注:当イヴェントはレンタルスペース形態での開催となりますため、会場のHPのスケジュール欄への掲載はございません)

staff| 08:25 | コメント(0) | カテゴリー:


バックナンバー

カテゴリー