BIN'S ROOM

菅原敏の詩の世界をご紹介

2020.02.11

『バスタブの音楽』

-菅原敏ゆかりの街-
小田急線・豪徳寺駅にほど近い、現在の私の部屋から一編の詩を。

以前住んでいた古い長屋暮らしからの反動で、快適さを求めてたどり着いた今の住まいは3階建ての低層マンション。床暖房、浴室乾燥機、クリーニングサービス、シェアカー付き、広々としたお風呂で気分もいい。
毎朝昼近くに目覚め、私はいつもの音楽をかけて風呂に入り、朝食の材料とコーヒーを買いにく。
運が良いと買える美味しいパン屋がいくつかあるので、この街に住んでから、私はサンドイッチを頻繁に作るようになった。
焼きたてのバケットに切れ目を入れて、チーズ、ルッコラ、クレソン、トマトそして、切ってもらったばかりのハムやサラミを挟んで胡椒を軽く回し、バリバリと雷のような音を立てて食べている私の毎日が、この街にあります。

小田急線沿線、豪徳寺の街に注ぐ一編の詩


『バスタブの音楽』菅原敏

こんな毎日でさえ
暮らしと呼ぶことが 
ようやく許されるようになり あまり美しいとは言えないが
わたしはわたしの暮らしの肩を やさしく抱き寄せ
何か良いところを見つけてやろうと
朝から晩まで その時間をなぞってみる
目覚まし時計のいらない月曜の朝
カーテンの隙間から差し込む光
真昼間のバスタブで聞く音楽
運がいいと買えるパン屋
少しの仕事 少しの昼寝 
散歩ついでの一杯のお酒
そして
よくないことだと知りながら
繰り返してしまう
幾つかの後悔も含めて あまり美しいとは言えないが
わたしはわたしの暮らしの肩を やさしく抱き寄せ
その頬に手のひらを寄せる
あと十年も経てば おまえのことを幸せな気持ちで
きっと懐かしく思い出す
真昼間のバスタブで

ARCHIVE