【10/14 OAステッカー当選者】

=======================-

▼10/14 OAステッカー当選者

=======================

 

ホラ吹きまおさん

クニー・マーク兇気

江戸のあずみさん

 

おめでとうございます!\(^o^)/

なんと、今夜は特別に本仮屋ユイカさんが、

みみばしるフライヤ―にサインをかいてくださったので、

ステッカーに添えてプレゼントいたします!

メールに住所、お名前記載のない方は再度メールお願いします!

次回放送10/14(日)23時〜各コーナー募集中です!

特に募集しているのは「みみばしる」と「キュンとする(グッとくる)」のコーナーです。

詳細は以下をご覧ください!

 

番組への投稿はメールだと『jumpover@j-wave.co.jp』。
ツイッターの場合は・・・#jumpover813
もしくは番組ホームページの『Message to Studio』からお願いします!

 

==============

▼番組コーナー紹介

==============
☆ちょっと聴いてよ!愚痴大会!
⇒あなたの日々のイライラ・ウップンをぶちまけてね
松居大悟が全力で受け止めます。

ただし、解決はしません!
 

 

☆この曲を撮らせろ!
⇒この曲のミュージックビデオ、私ならこう撮る、または
松居監督にこう撮って欲しい!などなど、
音楽愛に溢れたメッセージお待ちしております。


 

わたしだけがグッとくる

☆わたしだけがキュンとする
⇒10/14の放送はスペシャル!

人が恋に落ちる理由をマニアックな”萌えキュンポイント”から
考察するコーナーあなただけのマニアックな胸キュンポイントを
教えてください!

 

☆煮詰まり大悟

いまのところ、ほとんど進んでいない脚本づくりをみんなに手伝ってもらおうというコーナー!

煮詰まり次第募集します!

 

☆みみばしる話

みみばしるとは・・・耳から入った言葉で、考えるより先に体が動き出してしまっていたことをこの番組では「みみばしる」と呼びます!(流行語にならないかなあ・・・)

そんなあなたの周りであった「みみばしってんなあ〜」というエピソードを募集して、舞台づくりに役立てようというコーナー(のはず)です!(できたてなので、まだやわらいところがあります!ご注意ください!)
エピソードの最後はマスター・オブ・セレモニー大悟・松居の「みみばしってんなぁ〜」

※松居さんの"みみばしる"認定された人はステッカー(大)をプレゼント!

※時には"みみあるく"や"さきばしる"など珍判定も・・・!

 

みみばしる話含め、番組で読まれた方の中から抽選で3名様に番組ステッカーをプレゼント!

なので、ステッカー希望の方は、住所、お名前をお忘れなく!

【10/7 OAステッカー当選者】

=======================-

▼10/7 OAステッカー当選者

=======================

 

神保町乗り換えさん(みみばしる認定)

ららさん(みみばしる認定)

おこめちゃん

目が老眼フリーマンさん

リリーさん

 

おめでとうございます!\(^o^)/

みみばしる認定は大きなステッカーお送りします!

メールに住所、お名前記載のない方は再度メールお願いします!

#25 危険な2人、スタジオに現る・・・!

遅ればせながら、8月19日放送の後記です・・・!

タイムフリーでも遡れない、あの日をもう1度!

======

Twitterのキャンペーンが終わってからフォロワーが先週は1150人いたのに、今週は1137人。微減・・・!グッド・ドクターファンのみなさまの為に唐揚げを現場に差し入れしてくれたという”今日のケンティー”の話を唐突にぶっこむなど、なんとかフォロワーを引き留めようと必死の松居さん。
この日、来年2月の舞台『みみばしる』のオーディション合格者から2人をゲストに迎えて公開稽古を行ったJUMP OVER。

稽古の内容は主に「エチュード」。「エチュード」とは、「即興劇」っていう意味で、設定だけを役者に伝えて、あとはアドリブでやってもらうもののこと。

 

来年2月に上演する舞台『みみばしる』は、


主演/本仮屋ユイカ
音楽監督/石崎ひゅーい
作・演出/松居大悟

(以下50音順)
市川しんぺー (猫のホテル)
祷キララ
工藤真唯
小松有彩
鈴木翔太郎
鈴政ゲン
タカハシマイ(Czecho No Republic)
玉置玲央(柿喰う客)
仲山 賢
奈良原大泰
日高ボブ美(ロ字ック)
藤井克彦
前田航基
三浦俊輔
宮平安春
村上航(猫のホテル)
目次立樹(ゴジゲン)
本折最強さとし(ゴジゲン)
ゆうたろう


松居「この中でも、危険な方の2人なんでどうなるかわかりませんが・・・」

 

JUMPOVER0819_1.jpg

 

そんなこんなで2人がスタジオに登場し、始まったのが来年2月の舞台『みみばしる』の公演に向けて開かれるリアルな稽古場の模様をお届けする『Rehearsal Room』。

さっそく自己紹介をお願いすると・・・!

 

ゲン「鈴政ゲンです(唐突に踊る)」
松居「踊ってもわからないから!(笑)」
藤井「藤井克彦です。松田優作と音楽とブロック塀が好きです。」
松居「みんなは全然知らないやつが来たな、と思っていると思いますが(笑)」

 

そこで藤井君のオーディション課題作文を朗読する松居さん。
内容はいろいろありましたが、簡略すると「イケメンになりたい。」

 

松居「ゲンはさ、藤井のことはどう思う?」
ゲン「イケメンになりたい人あまり好きじゃない・・・」
松居「お、さっそく亀裂が・・・(笑)」

 

そもそも2人はなぜ、キャストオーディションに参加しようと思ったのか尋ねると・・・広島で見たお芝居に刺激を受けて、10万円握りしめて広島から上京した普段役者のゲン。この時期にオーディションを受けようと思っていた時に、なぜかこれだけしか受けなかったという。

 

ゲン「(一般の人も受ける)ハードルの高いオーディションだなあ、と思って」

 

一方身長が190cmくらいある藤井君。普段は楽器屋の店員をしている藤井君はブロック塀の写真集を母親とつくったり、と異色の経歴の持ち主。

 

藤井「ずっと松田優作さんになりたくて・・・」

 

かつてはデヴィッド・ボウイを目指していたこともある藤井君。今は見た目から松田優作の真似をしていた。でもそれだけではだめだ、何か場がないかと思っていたところ、このオーディションに出会ったという。

 

松居「ゲンは謎の踊りを20秒くらいしてたよね・・・あれは家で?」
ゲン「あれは”潜水艦”っていうんですけど、家とか、道路で・・・」
松居「どういう時に?」
ゲン「人を笑かせようと思った時とか」
松居「いろいろ謎だな・・・」

 

自己紹介を済ませたところで早速、本題へ。

 

『2人でエチュード稽古、やってみようか!?』

JUMPOVER0819_10.jpg

 

松居「エチュードやったことある?」
ゲン「前に舞台がっつりエチュードでつくったので」
松居「じゃあ、慣れたもんですね。」
ゲン「慣れたもん、ですね。」
松居「ごめん(笑)藤井君は?」
藤井「ないです」
松居「楽器屋店員だもんなあ(笑)」

 

そんな2人には前週募集した『煮詰まり大悟』のコーナーで2人にやってもらうエチュードのお題を募集。ウォーミングアップでオーディション実技審査で使ったものと同じ台本を使ったのですが・・・

 

松居「不合格!」

 

 JUMPOVER0819_7.jpg


まだまだかなり緊張している2人。
動きがあるならまだしも、声だけのお芝居の難しさを痛感。
しかも与えられているのは設定だけ。

 

JUMPOVER0819_29.jpg

 

オーディションを知っているだけに見守る劇団JUMP OVERもまなざしはほぼほぼオカン状態。

(Mちゃん、写真を撮る距離もぐっと・・・!)

 

JUMPOVER0819_30.jpg


お題は「レンタルショップのノレンから出てきた教師と、ばったり出くわす生徒。とても気まずい。」

 

ゲン「何借りたんですか?」
藤井「会って何秒で、みたいな・・・」
ゲン「何秒で・・・?」
藤井「何してんの?」
ゲン「え…DVD・・・どういう目でうちのこと見てんの」
藤井「いやいやいや・・・」
ゲン「もうやだ、気持ち悪い・・・」

松居「すごいなこの番組・・・(笑)」

 

反省する2人にアドバイスする松居さん。こういう姿は番組の中でもかなり貴重(笑)
舞台の稽古で言うと、プラスマイナス。一方がポジティブな空気にすると、そのほかの人がネガティブな空気にしたり、またポジティブな空気にする・・・と言った感じで空気を変える人が入ったり・・・と、場の空気をつくる作業がある。

松居「2人だけで、設定のみでやったにしてはおもしろかったですけどね・・・お世辞ですけど。
ゲン「松居さん怒ってる・・・」
松居「怒ってないよ(笑)」

 

お題「夏祭りの帰り道。あの角でバイバイしないといけない男の子と女の子。」
エチュードは進み・・・

ゲン「送ってほしいな」
松居「ゲン、一人で帰る方向に・・・」
ゲン「こっちやん?一人で帰るわ。また来月ね」

 

 JUMPOVER0819_34.jpg

 

藤井「うん、連絡する」
松居「藤井君呼び止めて」
藤井「ゲン!」
ゲン「何?」
藤井「予定、」
ゲン「決めたやん」
藤井「その前にまた会いたいなって」
松居「なんで?って」
ゲン「なんで?」
藤井「頭から、離れないっていうか・・・」
ゲン「・・・うちも」

松居「両想いかい!」

 

JUMPOVER0819_23.jpg

 

演出助手の川名さんもスタジオの中へ気がつくと入っていました(笑)だんだん稽古らしくなってきた証拠ですね。
あっという間にお別れの時間になり、2人とも、稽古場のみんなへのメッセージ。

 

JUMPOVER0819_8.jpg

 

ゲン「お時間をいただきありがとうございました。」
藤井「未知の世界、失うものは何もないので全力で頑張ります。」

2人が帰って、一気に静かになったスタジオ。
なんか理性壊れましたね、J-WAVEでかっこつけないといけないと思っていたけど稽古場ラジオの名前そのままに、今後の舞台の作り方が見えたという、松居さん。
翌週は本仮屋ユイカさんが登場するJUMP OVER。

松居「今日の放送を聞いて、藤井君は共演NGになるかも・・・(笑)」

ともあれ今後の展開にこうご期待!

 

 JUMPOVER0819_8_2.jpg

 

あれ・・・松居さん、雪駄すら履いていない(笑)

 

 JUMPOVER0819_19.jpg

 

そして番組最後のコーナーでは、文句を言いながら朗読したMちゃんの日記。来週はM日記がないと聞いて思わず「さみしいですね」と本音がポロリとこぼれたのを我々は聞き逃しませんでしたよ。公開稽古でお疲れのツンデレ松居さん

 

 JUMPOVER0819_13.jpg

 

最後に、癖の強い2人のさらに癖のあるTシャツを!

 

 JUMPOVER0819_17.jpg

 

ちょ、これ・・・ブロック塀だ!すごい、なんかですね(笑)

 JUMPOVER0819_35.jpg

最後に藤井君の作っているブロック塀写真集をもって記念撮影。
(通販してるみたいです!気になった方は調べてみてね!)
またスタジオに遊びに来てね!

 

#31 なおさんからあなたへ【放送後記番外編】

9月30日、あいにくのお天気のためお電話での出演となったプロのデザイナー、なおさんことあきやまなおこさんから番組放送後に語りつくせなかった愛・炸・裂なメッセージをいただきましたので、ここに公開します。とはいえ、まだまだ本人、語り足りないと思いますが、

フライヤーを手にした方はこれを読んでまたフライヤー、見てください。

そうでない方も、フライヤーに会えるのをますます楽しみにしてください。

フライヤーに込められた、みみばしる想い、とくとご覧あれ!!

 

===========

 

アートディレクターのあきやまなおこです。
ついに、ついに「みみばしる」のフライヤーが完成しました!!(パチパチパチパチパチ!)
先週のビジュアル解禁後、たくさんの反響や喜びの感想をいただき、フライヤー制作チームは嬉しく思うと共に、ようやく手応えを感じることができました。


番組では伝えきれなかったお話をこの場をお借りして伝えさせてください。



〈撮影スタッフ〉
フォトグラファー・神藤剛さん
スタイリスト・佐野夏水さん
ヘアメイク・大宝みゆきさん


音楽と舞台の繋がりを強く持ちたいために、数々のミュージシャンとお仕事をするフォトグラファー神藤さん、スタイリスト佐野さん、そして「みみばしる」の公演でヘアメイクを担当する大宝さんと撮影チームを組みました。


爆発シーンのカットは、ライブ感と高揚感を一番大切にしたく、ひゅーいさんに実際に歌っていただくことに。
ひゅーいさん、始まりからテンションあげて熱唱!
それに反応するように、重いラジオを待った松居さんは「ジャンプ オーバー!」と叫びながら、何度も何度も何度も高いジャンプ!
ユイカさんは大きな動きがない分、お顔で大きく鳴る音を表現、その神々しさったら!


撮影陣はそのパンクな空気を受けて感極まって泣きそうになっているのに、ラジオ&舞台の制作陣はジャンプから着地するごとにドヤ顔していた松居さんの可愛さに大爆笑。
(そういや、大ちゃんは元バレー部やからジャンプ高かったのね)
そんな感じでスタジオ内にいろんな感情が渦巻き、とてつもなくエモい空間が生まれていました。

 


〈宣伝コピー〉
宣伝コピー監修・阿部広太郎さん


実はその撮影日が、宣伝コピーの選出発表の日でもあったのです。
撮影の裏側で阿部さんは1041通ものコピーに何度も何度も何度も目を通されていました。
その結果、選出されたコピーは13本!


コピーとコピーの足し算。
コピーとビジュアルの掛け算。
コピーに呼吸がつく改行や句点、句読点……


阿部さんとやりとりを重ねるほど、コピーがどんどん生きものに見えてきて、しかもそれぞれが居心地の良い場所を求めているように感じ、コピーへの愛おしさがシンシンと深まっていく。
イメージビジュアルにつくコピーたちは阿部さんに誘導された位置へ。チームになったコピーたちは私と相談した結果、ラジオから、そして「みみばしる」というタイトルから聴こえる声として演技をすることになりました。


そして、ここでひとつ発表です。
新たにコピーが1本選出されました!


736
J-WAVEが演劇って、どういうことですか?
ぶんぶ


こちらのコピーは、中面の舞台情報ページのリーダーになってもらいました。
しかも、このコピーから繋がる舞台紹介文を、なんと阿部さんが書いてくださっています。
他にもフライヤーを手にしたリスナーが、笑顔になることがあるかと。小さなところにも意味を持たせたので、気づいた方は番組やツイッターで報告してください。^ ^



そんな物語を越えて生まれたこのフライヤーは、クリエイティブなスタッフの能力と技術で、番組リスナーみんなの愛や熱量を視覚化したものになりました。はやくみんなに全部を見てもらいたいなぁ。


どうか「JUMP OVER」「みみばしる」を知らなかった人たちに響きますように。
みんなでこのフライヤーをガンガン拡めていきましょうー!!


それでは、また番組を通してお会いしましょうね。
長文を最後まで読んでくださりありがとうございました。

 


「みみばしる」宣伝美術担当・あきやまなおこ

当サイトとブログにおけるコンテンツはJ-WAVEに帰属し、無断での複写、転載については 一切禁止いたします。