Alfa Romeo

Alfa Romeo THE PASSIONISTA

雅楽師の東儀秀樹さんのパッションワード①

自らの道を極める「情熱」と
人生のターニングポイントを、4つの「言葉」、
“パッションワード”で切り取ります。

今週のパッショニスタは雅楽師の東儀秀樹さん。

奈良時代から1300年以上の間、
雅楽を世襲してきた東儀家に生まれ、高校卒業後、宮内庁楽部へ。
1996年のアルバムデビュー後、
宮内庁を退職し、次々とアルバムをリリースされました。

そして、国内外での演奏活動をはじめ、映画やドラマ、CMなどの
音楽も手掛け、雅楽の可能性をひろげ続けています。

そんな東儀さんの初日のパッションワードは・・・
「やってみなけりゃ分からないけれど、できるに決まってる」

高校時代、これからの道に迷っていた東儀さんは
当時、ロックやジャズに傾倒していたのですが、
「音楽が好きなら雅楽もやってみれば?」という
ご両親のすすめで、雅楽を始めました。

その時に雅楽を始めることを後押ししたのは
“自分は音楽が好きだ”という自覚と自信だったそうです。

やってみて、ダメだったら“ダメを知ればいい”・・・。
そこには一歩踏み出した人だけが見ることが出来る
景色があるのではないでしょうか?



  • Message to Studio
  • Twitter
  • Facebook
パソコン・スマートフォンでJ-WAVEが聴ける!! Powerd by radiko.jp