MORNING INSIGHT

毎日、注目の話題を特集!

NASAで火星探査ロボット開発をしている小野雅裕さんをお迎え!

今朝は、NASAジェット推進研究所で
火星探査ロボット開発に従事されている
小野雅裕さんをお迎えしました!

小野さんは1982年生まれの35歳で
東京大学、マサチューセッツ工科大学を経て、
慶応義塾大学に助教として就任・・・

そして現在は、NASAの中核研究機関ジェット推進研究所で
研究を続けていらっしゃいます!

宇宙というと、日本はJAXAという印象ですが、
小野さんがNASAに勤務されているのは
小さい頃に見た、ボイジャーに憧れがあったからとのこと!

宇宙開発と言いますと、番組でも紹介しましたが
最近ではイーロン・マスクのSpace Xが
また大きなチャレンジを成功させました!

大型ロケット「ファルコンヘビー」の打ち上げと、
ブースター2機の帰還、テスラ・ロードスターに乗ったマネキン
「スターマン」をネット中継で見た方も多いのではないでしょうか?

それについてNASAの小野さんは
純粋に興奮したと語っていました!笑
自分のところ以外の機関が成功させたから・・・
とか、そんなのどうでもいいことですよねぇ。

そして、そのイーロンマスクは2024年には
「火星」へ人類を送り込む!と発言しています。

その火星のローバーを研究していますのが小野さん。
今は2020年打ち上げ予定の“マーズ2020ローバー”を
火星に着陸させてサンプルを採取し、
採取したサンプルを地表に置いておくのが目標とのことです。
 
そんな、小野さんはエンジニアとしてだけではなく、
文筆家としても活動されています!

今月新しく出版された
「宇宙に命はあるのか 人類が旅した一千億分の八」は 
宇宙開発の歴史から 未来の宇宙開発に至るまで
小野さん独自の視点からとてもわかりやすく書かれています!

地球外生命はいるのか?いないのか?
いないとすればこの孤独な地球に僕たちが産まれたのは
どれほど奇跡的ことなんだろうか・・・

是非、みなさんチェックしてください!!!


  • Message to Studio
  • Twitter
  • Facebook
パソコン・スマートフォンでJ-WAVEが聴ける!! Powerd by radiko.jp