3代続く変わらぬ美味しさ。見た目もかわいいレトロコッペパン

このコーナーでは、毎週番組が「いま食べたいグルメジャンル」をセレクト。月曜日から木曜日まで、毎日“グルメハンター”が、そのテーマに沿った、おすすめランチの情報を紹介!

今週のランチテーマは、、、
「昔なつかし、いまは新し!コッペパン特集!!」

給食でもおなじみだった コッペパンが、ここ最近ブーム中! そこで今週は、「パンマニア」としてメディアで活動されている片山智香子さん にお店をご紹介いただき、そのブームのヒミツに迫っていきます。

今日は、福島で愛されているコッペパンの味を楽しめる千駄木のお店「大平製パン」をピックアップ!

もともとは昭和24年に創業した福島のパン屋さん「ボンジュール大平」がご実家のオーナーが、東京に出店したこちらのお店。68年間愛され続ける味わいをそのまま再現しています。

おすすめいただいたコッペパンは「あんこ&マーガリン」(180円)、「かぼちゃ」(180円)、「本日の調理パン」(300円)。甘いパンも総菜パンも個性豊かでおいしい!全部で28種類ほど販売しているのだそうです。3代変わらない製法のパン、具材が懐かしくておいしい、思わず笑顔があふれ出します。すべてのパンに押されている焼印もかわいい!

「大平製パン」は東京メトロ千代田線・千駄木駅1番出口から徒歩5分。
見た目も可愛いレトロなコッペパン。ぜひ手にとってみてください!

「大平製パン」食べログページ

選んでください。