奥深い辛さが病みつきに!インドの風漂う「カシミールカレー」

このコーナーでは、毎週番組が「いま食べたいグルメジャンル」をセレクト。月曜日から木曜日まで、毎日“グルメハンター”が、そのテーマに沿った、おすすめランチの情報を紹介!

今週のランチテーマは、、、
「華麗なるカレーの元祖を学ぶ!老舗・東京カレー物語。」

今月、“主婦と生活社”から、自身二冊目のカレー本「簡単!ヘルシー!まいにちカレー」をリリースされた、ホフディランの小宮山雄飛さんが、都内で頂ける"元祖カレー屋"をハントしてくれます。今日は、上野の老舗「デリー」をピックアップ!

ご紹介するのは、お店の看板メニュー「カシミールカレー」(1000円)。オリジナルメニューでかなり辛いのですが、これが病みつきになって毎日注文される方もいらっしゃるのだとか…!日本のご飯に合うようにソースがサラサラで、クミンやコリアンダーをベースに17種類の香辛料が入っています。味に深みを加えるために野菜や果物をペースト状にして入れているのもポイントで、後からじわじわ辛さが伝わってきます。柔らかいチキンと、ジャガイモも、良いアクセントに。辛いもの好きな方だけでなく、汗をかいてスッキリしたいときにもオススメ!

ちなみに、辛いものが苦手な方には、とろとろ玉ねぎが入ったマイルドなカレー「コルマカレー」がオススメです♪

「デリー」は東京メトロ銀座線・上野広小路駅から徒歩2分。始まりは昭和31年。戦前商社マンとしてインド、パキスタンに駐在していた創業者の田中敏夫さんが「インドで食べたカレーを日本に広めたい!」との思いで、上野にお店をオープンしました。 創業から61年経った今も愛され続け、地域の方々をはじめお客さんが絶えません。

夏もいよいよ。刺激が欲しいお昼に、辛いカレーであなたの1日にスパイスを!気づいたら虜になっているかも?

カレーとインド料理のデリー

選んでください。