特撮ヒーロー系オモチャのインフレ化!? その謎に迫る!

気になるニュースの裏側から光を当てる「BEHIND THE SCENE」。
今朝は、クリスマス商戦真っ只中、サンタさんを悩ます「特撮ヒーロー系オモチャのインフレ化」にフォーカス!

『週刊はてなブログ』や『別冊映画秘宝・特撮秘宝』で記事を書いている特撮ヒーローマニアでブロガーの結騎了さんにお話を伺いました。

仮面ライダーシリーズやスーパー戦隊シリーズなど、いつの時代も世代を超えて愛される特撮ヒーローモノ!
特に男子は、劇中に出てくるヒーローの武器やオモチャ集めに夢中になった方も多いのでは?

そんな特撮ヒーロー系のオモチャが今インフレ化…なぜそのようなことが起きているのか伺ったところ、ヒーローの数も増え、それにともないおもちゃの数や種類も増えインフレ化。
そして玩具展開がストーリーに密接に関わっていることが多かったり、発売日近くにはその玩具が劇中で大活躍するなど、そういう方法論が近年はより激化しているとのこと。

仮面ライダーエグゼイドを例に、1シリーズ店頭で売っているものを全て買ったとすると、なんと17万円もかかるとのこと!!

サンタさん(とその代理の人たち)もびっくりです。
そんななか上手に買い物をするコツを伺いました。

最近の特撮ヒーローの玩具は「①メインとなる玩具」「②収集系小物」の構成で販売されるそう。
例えば仮面ライダーだと、①はライダーベルト、②はそれに組み合わせることができる小型アイテム

②のアイテムを組み替えると、それに応じた多種多彩な音声や発光パターンで遊ぶことが出来るようになるとのこと。

クリスマスツリーでいえば①がクリスマスツリーの木で、②が多種多彩な飾り物、という風に、年間を通して飾り物を買っていくイメージ。

なので、①を持っていないのであれば、まずは商品展開の土台となる①に相当する玩具を買うのが基本になるとのこと。
②だけあっても、遊ぶ側としては物足りないと思われます・・・。

もしすでに①を持っている場合は、クリスマス時期にあわせた特別な②がちゃんと劇中で活躍しますので、それを贈るのが良いとのことでした!

結騎了 (@slinky_dog_s11) | Twitter

選んでください。