ピノのアーモンド味、あんなに美味しいのになんで6個入りで商品化しないの?

バニラ、チョコ、そしてアーモンドと3種類の味が
入っているボックスタイプの「ピノ チョコアソート」。
そのなかでも、熱狂的に支持されているのが“アーモンド味”!
あんなに美味しいのに、大勢のファンに愛されているのに、
なぜ6個入りパックで発売されないのでしょうか?
その“謎”を解き明かしてくれるのは、この方!
森永乳業、ピノのマーケティング担当、林正義さん!

ピノのアーモンド味!なぜ6個入りで商品化しないのは
ボックスタイプのアソートをご購入いただいたお客さまだけに
お楽しみいただける“特別な存在”にしておきたいというのが
森永さんの考えとのこと・・・

マーケティング的にも、その希少性が“ある種の特別感”は、
熱い支持を頂いている一つの要因かも…

なんと3日に1件のペースで「アーモンド味だけで発売して欲しい」
という問い合わせが届いているそうです!
そもそもアーモンド味が登場したのは
ピノチョコアソートを発売した1992年。
1990年代前半、アメリカではナッツ系のアイスが定番という話を聞き、
開発の結果、アソートにいれようという話になった…

<「森永 HP」>

選んでください。