<藤井フミヤ上京物語>

話題のアーティストや新作、
更に名盤など様々なミュージック・トピックをピックアップ、 
番組独自の視点で掘り下げていきます。

今週は、特別企画!
ミュージシャンと思い出の地に出向き、
当時の思い出を伺う、上京物語。

最終日の今日は、藤井フミヤさん!

訪ねたのは、目黒区にあります、『大鳥神社』

今でも三社参りに訪れるそう!

ここは、大鳥神社の真裏に「YAMAHA」の量があり、上京当時チェッカーズのメンバーと暮らしていました。

当時は、お金もなく遊びもお酒もまだまだ未熟だったが、近くの飲食店にはよく足を運んでいたそう。
有名な藤井さんでも下積みがありました。

また、今回は以前住んでいた「YAMAHA」の寮へ…という予定だったのですが今は違う建物に・・・

実は「ギザギザハートの子守唄」はこの場所で初めて聞かされた場所!!
バリバリのロックをやっていた当時には悪い意味で衝撃的だったそう・・・。

~~~~~~~~~~

上京してから、寮を出られるまでのお話を中心にお伺いしました。

そして、今回も、藤井フミヤさんより、上京したばかりの方にむけて、お手紙をいただきました!

~~~~~~~~~~~
久しぶりにここを訪れ、34年ぶりに建物に入ったんですが、
実際に来てみると、時の流れの速さを感じました。

新東京人の皆さん、東京は日本一の都会です。

まぁ、色々なことがあると思いますが、
とりあえず自分の人生を振り返ってみると、要所、要所にラッキーがありました。

ラッキーとは、人との出会いです。

どうすれば、そのラッキーを、持ち込めるようになるのか?
それは多分、好奇心だと思うし、行動力だと思うし、日頃の行いであるし、
そういったものが、積み重なり小さなラッキーコインが集まると、
大きなラッキーコインに変えることができ、さらにいい出会いがある気がします。

とにかくいい人に出会うように、いつも好奇心を持って、
人に優しく、自分に厳しく、社会人として頑張っていってください。
                   藤井フミヤ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~










選んでください。