MAKE MY DAY

MAKE MY DAY

SARAYA
ENJOY! NATURAL STYLE

野村友里がお届けする
ナチュラル対談!

2021.02.28

「東北大学 大学院」の教授で、 「深海魚」のスペシャリスト、落合芳博さん

今朝のゲストは「東北大学 大学院」の教授で、
「深海魚」のスペシャリスト、落合芳博さん。

「深海魚」と言えば、先日、新種が発見されて、
「ヨコヅナイワシ」と名付けられたというニュースがありました。
水深200メートルより深い場所を深海と呼び、
太陽光が届かない場所になるため、植物が育ちにくい環境に。
自ずと深海魚たちの餌は、上から落ちてくるものか、
他の深海魚を食べるそうです。

深くなればなるほど水圧が強くなってきますが
深海魚たちは様々な水圧に耐えられる様な仕組みが
体に施されており、
例えば水は水圧に押し潰されにくいという性質を生かし、
体の中に水分を増やしているそう。
そのためブヨブヨな体の深海魚が多いとのこと。

「魚好き」が高じて、「水産」の分野に進まれましたが・・・
現在は、取れた深海魚を、食用や医薬品などに
役に立てられるかという研究を重ねています。

落合さんは、『食べられる深海魚ガイドブック』
という本も出版をされています。

淡白な味なものが多いそうで
中には油がしつこく食べすぎると
下痢を起こしてしまうものもあるそうです。


夏場は禁漁期に入るため
深海魚は冬場に出回るものが多いとのこと。
落合さんのこの時期にオススメな深海魚は
「ラブカ」というサメ。
こちらの深海魚は身に甘みがあり
握り寿司にしたら、
酢飯の酸味とマッチして美味しかったそう。

この甘みには深海で生きるために適用した結果の1つ。
例えば生卵を深海に持っていくと固まってしまうほど
タンパク質は実は圧力に弱いんだとか。
なので深海魚の体には
タンパク質が固まらない物質が作られ、
それが甘く感じるそうです。

最後に「水産生物資源」の研究者という立場から
海、そして、水産資源の「有り難さ」「大切さ」について
お話ししていただきました。

『植物プランクトンって海にたくさんいるんですけど
実は人間が出した大量の炭酸ガスを吸収して
光合成で酸素に変えてくれるんですね。
ところが人間が出したゴミとか有害物質が
最終的には全て海に流れ込んでしまいますので
自分の行動に責任を持って海を汚さない様な配慮を
していただければなと思います。』

==================================

サラヤの「ヤシノミ・シリーズ」は人と地球への
“やさしさ”を考えて香料や着色料などは一切無添加!

ヤシノミ洗濯洗剤・ヤシノミ柔軟剤・台所用ヤシノミ洗剤を
セットにした「ヤシノミ・ギフトセット」を毎週2名様に
プレゼントします。

番組の感想やメッセージを添えて、
「サラヤ ヤシノミ洗剤希望」と明記してご応募ください。
『Make my day』のサイトのトップにある
「Message to Studio」からどうぞ。
メールの方は、【mmd@j-wave.co.jp】宛に送ってください。

なお、当選者の発表はプレゼントの発送をもって
代えさせて頂きます。

2019年3月までのサイトはこちら