MAKE MY DAY

MAKE MY DAY

SARAYA
ENJOY! NATURAL STYLE

野村友里がお届けする
ナチュラル対談!

2019.11.10

今朝のゲストは精神科医で音楽活動や執筆など、幅広く活躍されている星野概念さん

精神科医を目指されたきっかけは大学6年生の時。
勉強より音楽の方に力を入れていましたが
池谷裕二さんと糸井重里さんの対談から作られた本
「海馬―脳は疲れないー」に出会い、
脳のメカニズムだけではなく、
それに基づき人生について語られている
この作品を読んで医者の部門の中で
その本に一番近いことをやっているのが精神科だと思い
その道を目指されたそうです。

精神科を目指されたようですが、
音楽活動の方で生活する気持ちでいたようで
大学の医局に入る際、精神科の教授に
「多分売れるから、途中で止めるんですけど
それでも入局してもいいですか?」と話していたそうです。
ですが結果は売れず・・・
その当時のことを星野さんは
『今は笑える話なんですけど、
でもその時の自分にとったら
とても大きな挫折だったんですよね。
なんかその挫折体験みたいなことを味わったことで
より物事はなかなかうまくはいかないよな
と思えるようになったんですよね。
それはどこか診療をするのに生きている気がします。』

星野さんは「精神科」の医師として総合病院に勤務される一方で、
執筆や音楽活動を始めとして、
本当に幅広く活躍されていますが
日々の中ですみ分けはせず、
モードを変えないようにしているそうです。
『診療するときは真面目にみたいな感じでやっていたんですけど
そうするとなんか硬くなっちゃうんですよ。
診療って “人 対 人”なので雰囲気が硬いと
心通じるみたいなのに時間がかかるですよ。
だったら、なるべく自然体でいれた方が
いいような気がするなみたいな』

Webの「Yahoo! ライフマガジン」では
「めし場の処方箋」という連載を担当されていてます。
『ぼく、飲食が大好きなんですよ。
いろんなところでやっぱり食べたりとかするわけですよ。
で、いろんな人がいたり、いろんな場所があったりとかで
感じることがそれぞれあるんですよね。その場に対して。
それを僕は普段は精神科医をしていますから
精神医学とか心理学とかのことが
常に頭の中にあるわけですよ。
だからそういうフィルターを通して
感じたことみたいなのを書いているんですけど・・・』

星野概念 Twitter

サラヤの「ヤシノミ・シリーズ」は人と地球への
“やさしさ”を考えて香料や着色料などは一切無添加!

ヤシノミ洗濯洗剤・ヤシノミ柔軟剤・台所用ヤシノミ洗剤を
セットにした「ヤシノミ・ギフトセット」を毎週2名様に
プレゼントします。

番組の感想やメッセージを添えて、
「サラヤ ヤシノミ洗剤希望」と明記してご応募ください。
『Make my day』のサイトのトップにある
「Message to Studio」からどうぞ。
メールの方は、【mmd@j-wave.co.jp】宛に送ってください。

なお、当選者の発表はプレゼントの発送をもって
代えさせて頂きます。

2019年3月までのサイトはこちら