MAKE MY DAY

MAKE MY DAY

HUMMINGBIRD
SUSTAINABLE LIFESTYLE

日曜日の朝、未来について考える5分間

2020.09.27

自然由来の電気で脱炭素社会を目指す、自然電力

SDGsにむけた様々な取り組み、ご紹介する、
HUMMINGBIRD SUSTAINABLE LIFESTYLE。
2015年9月、国連サミットで採択された、
持続可能な開発目標「SDGs」。
その17の項目には、より良い未来のために、
今、私達ができること、地球にそして人について
考えるヒントが込められています。

今回ピックアップしたのは「自然電力」です。
2011年6月に、「自分たちの未来は自分たちで作り
たい」と30代の若手創業者3人が立ち上げた「自然
電力」。元々、海外を回ったり、サーフィンなど
自然の中で遊ぶのが好きだったりと自然に思い入れ
が深かったことから、自然由来のエネルギーを「作
る」と「使う」の両側面から増やすことを目指して
いる企業なんです。
自然電力株式会社、ブランディング&コミュニケー
ションチームの杉山ちひろさんにお話を伺いました。

自然電力は自然エネルギー発電所の開発、建設、運
営保守、アセットマネジメント、電力の小売事業、
そしてデジタル技術を活用した防災にも役立つミニ
マムグリット事業までグループで掲げています。太
陽光、風力、小水力、バイオマスに関わっています。
電力に注目した最大の理由は、気候危機、地球の温
暖化、温室効果ガスの削減など、気候危機への影響
を少しでも抑えるため。日本で排出されている二酸
化炭素のうち40%以上もエネルギー部門が占めてい
る事から、エネルギーの脱炭素化が重要なのだそう
です。

自然電力では作ると使うの両面から自然エネルギー
を推進していますが、その中でも長期的に安定稼働
する発電所をきちんと作るというを開発段階から意
識していると言います。地元の方々にしっかりと受
け入れてもらえる発電所を作るために、売電収入の
約1%を活用した「1% for Community」という地域
還元事業を通じて地域産業の進行や送出、社会課題
解決を目指す地域の事業者の方々のサポートに取り
組んでいます。

その中の一環として2018年には食品ブランド「ハロ
ージャパンフード」というものが始まり、発電所が
設置された地域ならではの農作物を活用した商品の
開発や販売も行っています。

日々何気なく使う電気。環境、地球のためを考える
とそこにも選択肢があるようです。

自然電力


10/11(日)、ハミングバードでは、オンラインイベントを開催します。
今回ご紹介した自然電力さんもサロンパネラーとして
参加されるそうなので、是非チェックしてみてください。

詳しい参加方法などは下記URLよりご確認ください。
https://hummingbirds.tokyo/2020/09/25/?p=391