MAKE MY DAY

MAKE MY DAY

YOUR WELLNESS
一緒にヘルスケアしよう!

2021.04.11

免疫力アップの食事法!

毎月一つのテーマに沿った専門家の方をお迎えして、
ココロとカラダが喜ぶヘルスケア情報をお届け。
専門家の方が自ら実践している
ライフスタイルやルーティーンなども教えていただきます。

今月は栄養コンサルタントのエリカ・アンギャルさんに
学ぶ免疫力アップの方法!

2004年から8年間に渡って
ミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタントとして、
世界一の美女を目指すファイナリストたちに
「美しくなる食生活」を指南されてきた
エリカさん。 栄養学、薬理学、生理学など
予防医学における幅広い専門知識を駆使して、
“内側からより美しく、心も身体もすこやかに輝く”をテーマに、
ハッピーな毎日のための食とライフスタイルに
まつわる情報を発信されています。

そんなエリカ・アンギャルの最新書籍が、
幻冬舎より発売となっている
『最強でエレガントな免疫を作る100のレッスン』。

このコロナ禍で書き上げたというこの本の中には、
免疫力をアップさせる様々な方法が掲載されているんですが、
今回は、エリカさんがおすすめする
免疫力アップの食事法について教えていただきました。

免疫細胞の7割が存在するという腸を
活性化させる発酵食品と食物繊維。
この2つが欠かせないものとのこと。

エリカさんが日本食の良さに初めて出会ったのは、
高校時代、日本に留学した時のこと。
ホームステイ先のおばあさんが作ってくれたという
日本食を食べることで、
ニキビが一気に無くなったという経験をしたところから。
先ほども「一汁三菜」という言葉が出ましたが、
食事の基本に取り入れて欲しい、というお話でした。

そしてエリカさんが提案する
「最強でエレガントな免疫」を作る方法としては
青魚やしいたけ、他にも卵のキミなどにも含まれている
ビタミンDをとること。

自然の生活の中では、
太陽から得られるというものなんですが、
ちょうど太陽が弱くなる冬場に
インフルエンザや風邪などになりやすいというのも
ビタミンDが関係しているそうです。

さらに抗酸化成分や、細胞を活発化する成分も
含まれている緑黄色野菜を取ることも重要とのこと。

日本人が長年食べてきた日本食に
オリーブオイルやナッツなどの地中海食材をプラスすると
最強の食事となるそうです。