MAKE MY DAY

MAKE MY DAY

YOUR WELLNESS
一緒にヘルスケアしよう!

2021.07.25

お魚王子こと岸壁幼魚採集家の鈴木香里武さんの魚とともにある生活とは?

毎月一つのテーマに沿った専門家の方をお迎えして、
ココロとカラダが喜ぶヘルスケア情報をお届け。
専門家の方が自ら実践している
ライフスタイルやルーティーンなども教えていただきます。

今月は、この梅雨が明ければやってくる
夏に思いを馳せて、
「お魚王子」こと、
岸壁幼魚採集家の鈴木香里武さんに
お話を伺っていきます。

幼少期から漁港でタモ網を片手に、幼魚たちを採集し、
岸壁幼魚採集を続けてきたカリブさん、
現在は、テレビ、ラジオ、YouTube、
そして執筆と活躍の幅を広げ、
心理学の世界から、魚の癒し効果を研究。

現在は、北里大学の海洋生物科学の博士課程で
さらに研究を続けていらっしゃいますが、その魚への愛は、
日常でも止まるところ知らず。研究もするけれど、
魚を食べることも大好きというカリブさんの
魚食へのこだわりは
未利用魚と呼ばれている
市場に出ないけれどおいしい魚も
それぞれのおいしさを感じながら食べたりすること。

そして、魚を食べる際に
日頃から持ち歩いている40種類のマイ塩を
魚の種類によって組み合わせているとのこと。

漁港でタモ網で、幼魚をすくう
「岸壁幼魚採集」を行うと同時に、
心理学的に、魚の癒し効果などについても
研究されているカリブさん。

まだまだ知られていない魚の生態を知る
第一歩の機会として
「魚への世界への入り口作り」が目標だと
お話しいただきました。
難しい話じゃなく、
親近感モテる話を伝える。

『魚への興味を持てるきっかけを作れさえすれば、
今情報はたくさん手に入るので、どんどん深めていける。
大事なのはきっかけ、僕は入り口作りに徹したいと思います。』