MAKE MY DAY

MAKE MY DAY

ON THE MOVE
スポーツでカラダを動かそう!

2021.03.07

体を支える縁の下の力持ち、足のトリセツ!!

スポーツの魅力やカラダにまつわる情報をお届けする
ON THE MOVE。

ピックアップしたのは「足のトリセツ 」です!

今朝はこの「足」について、
下北沢病院の院長、 菊池 守さん に教えていただきました。

下北沢病院は、日本で唯一の足の総合病院で
足に関する様々なお悩みを解決する、各科のドクターが揃っており
足のむくみ外来、フットケア外来、装具外来 など、
いくつもの外来があり「足の見えるか検診」という、
足の健康状態をチェックする検診もあるそうです。

足には26個もの骨があり、
それらの関節をうまく連動させながら
精巧かつ精密な動きをして
歩行という動きが成り立っているそう。

ですが、ちょっとでも関節の動きが鈍い部分があると、
歩き全体に支障が出てしまう・・・。
だからこそ、足のケアなどをメンテナンスだったり
日頃から心がけることが大切とお話してくださいました。

下北沢病院では昨年末に、
「“歩く力”を落とさない! 新しい足のトリセツ」という本も出版されました。

ここにも足の健康に関するたくさんの知識が載っているのですが、
足は、足の裏にもたくさんの情報が現れるそうで、
足の裏にできるタコの位置でも自分の足の状態がわかるそう。


菊池さんに足の健康を保つコツを伺ったところ、
「アキレス腱の柔らかさ」であること、教えてくれました。

硬くなってくると、足の歩行の部分で引っかかってしまって
痛みの元にもなるそうです。
さらには足のむくみ、足がつる原因にも。

なので日頃からアキレス腱を伸ばす運動を
しておくことが大切なんだとか。
小学校や中学校の頃にアキレス腱を伸ばす運動をしたことあると思いますが
実は正しいアキレス腱伸ばし方というのは
リズムをとりながら、伸ばすのではなく、
足全体を伸ばしてふくらはぎにジワっと効くような形で
ゆっくり30秒〜60秒伸ばすところをキープする必要とのこと。
足を曲げないで、爪先はまっすぐ前にするのもポイント。
片足 30秒〜60秒を 5回ずつやることを病院ではオススメしているそうです


アキレス腱を柔らかくして、足の健康を保ちましょう!

下北沢病院の医師団が出された本、
「“歩く力”を落とさない! 新しい足のトリセツ」も
是非チェックしてみてください!

下北沢病院WEBサイト