2021年09月26日

10月3日は J-WAVE SELECTION CLASSIC CARAVAN

10月3日のJ-WAVE SELECTIONは、
クラシック音楽界が一致団結して取り組む、新たなプロジェクト
「クラシック・キャラバン2021」に注目した
J-WAVE SELECTION CLASSIC CARAVANをお届け!


困難に直面しているクラシック音楽界。
そんなクラシック音楽の事業者・芸術団体のみならず、
多くのアーティストやスタッフ、
舞台、広報、印刷、旅行等の関連産業が一致団結し
立ち上がったのが「クラシック・キャラバン2021」。

全国13カ所、19公演。
“クラシック音楽が世界をつなぐ”をテーマに
数々のクラシックの名曲を、日本を代表する演奏家、
そして演奏の機会が激減しているフリーランスの演奏家がタッグを組み
コンサート・キャラバンという形式で演奏していきます。


番組では演奏家にとって演奏すること、リスナーにとって生の演奏に触れることの大切さを改めて確認しながら、「クラシック・キャラバン2021」の見どころ、聴きどころをご紹介していきます。


番組ナビゲーターは「クラシック・キャラバン2021」のアンバサダーをつとめる早稲田大学特命教授のロバートキャンベル、
そして、音楽ライターの高坂はる香。

ゲストに同じくアンバサダーをつとめる俳優の檀ふみさん。
「クラシック・キャラバン2021」に出演する
ヴァイオリニストの千住真理子さん、
カウンターテナーの米良美一さんもご登場。

コロナ禍を乗り越える音楽のチカラ、シェアしていきます。

クラシック・キャラバン2021 ホームページ


IMG_6028.jpeg


檀ふみ 写真.jpg


mera 9.jpg


1SC_1339_r1-1-1togo (c)Kiyotaka Saito(SCOPE) CREDIT.jpg

J-WAVE STAFF| 23:00 | カテゴリー:

2021年09月13日

09/12 J-WAVE SELECTION ASTRO RENDEZVOUS

J-WAVE SELECTION ASTRO RENDEZVOUS

m-flo ☆Taku Takahashiナビゲート!
ゲストに、YouTubeを中心に様々なメディアで宇宙の魅力を発信し続けている黒田有彩さんをお迎えてお送りしました!

IMG_6654.jpg


番組では現在宇宙で問題になっている宇宙ゴミ"スペースデブリ"について、
宇宙ゴミの除去サービスを行う、「株式会社アストロスケール」ゼネラルマネージャーの伊藤みきさんにお話しを伺いました。

宇宙でゴミ同士ぶつかり合い、分裂しゴミがどんどん増え続けている。
速度は、秒速7・8kmで回っていて、ピストルの弾丸より早い速度なので
もしも宇宙で当たってしまうと大変なことに...。

ですがアストロスケールでは、人工衛星を使い"宇宙デブリの捕獲衛星(サービサー)を開発。
今年の3月に"ELSA-d"という機械で、"宇宙デブリ除去技術実証衛星”のデモンストレーションの衛生機を打ち上げた。
そこで世界初のデブリ捕獲に成功!
今回は本物ではなく、自分達で宇宙に持って行ったゴミを回収したのですが、今後の宇宙空間に浮かぶゴミの除去に大きく前進!
すぐに全て回収!とはいかないですが、この先の未来で"宇宙ゴミゼロ"が実現するかもしれませんね!


そして番組後半では、宇宙とエンタメについてお届け!
黒田さんが宇宙を好きになるにあたり、影響受けたのは手塚治虫さんの漫画「火の鳥」
未来人が改めて、20世紀のことを振りかえり、その文化を楽しむ描写や
地球がダメになり他の惑星を探す...という件にリアリティーを感じた。


Takuさんは、STAR WARS・ガンダムを観て、スペースコロニーの仕組みが"遠心力を使い回っている"だったり、地名などが宇宙にまつわる事だったり、
そういった所から宇宙にハマっていった。
現在のおすすめは、Amazonプライムで配信中の
「エクスパンス -巨獣めざめる-」

23世紀の人類が太陽系中に植民した未来が舞台となっている。
人口は300億を抱え、地球と月は国連により統治。
火星は軍事体制を敷く独立した共和国であり、火星と地球はこの数十年間冷戦状態に。
両内惑星に支配される小惑星帯では、ベルターの非公式な軍事組織OPA(外惑星同盟)が独立を模索する
地球、火星、そして小惑星帯の三極間の危うい関係が描かれ、太陽系と人類の危機を回避しようとしていく...という物語です。

是非皆さんもご覧になってみてはいかがでしょうか?


m-flo ☆Taku Takahashiがナビゲートした
J-WAVE SELECTION 『ASTRO RENDEZVOUS』
番組への感想もよろしければお送りください!

Twitterで#jwaveをつけてのツイートもしくは、
こちらにメッセージお待ちしています!

J-WAVE STAFF| 01:47 | カテゴリー:J-WAVE SELECTION

2021年09月06日

J-WAVE SELECTION ASTRO RENDEZVOUS

9月12日(日)22時からは、
J-WAVE SELECTION 『ASTRO RENDEZVOUS』。

12日は、毛利衛さんが日本人初の宇宙飛行士として、
スペースシャトル「エンデバー」で宇宙へ旅立った日に因んで、
「宇宙の日」に制定!

そんな宇宙の日に、
宇宙のいま、未来。そして、宇宙ゴミ、"スペースデブリ"について!
宇宙を愛してやまない、m-flo ☆Taku Takahashiがナビゲート!

ゲストには、JAXA宇宙飛行士試験で宇宙飛行士を目指している、
黒田有彩さんをゲストにお迎えして、宇宙ついて考えます!

9月12日、日曜夜22時からお楽しみに!

IMG_6654.jpg

J-WAVE STAFF| 12:58 | カテゴリー:J-WAVE SELECTION

2021年09月04日

2021.09.05OA J-WAVE SELECTION ART・WORK・LIFE ~アートのある生活~

スマイルズの遠山正道さんと野崎亙さんがナビゲートした
J-WAVE SELECTION 『ART・WORK・LIFE ~アートのある生活~』

artworklife.pngのサムネール画像

お二人がアートとビジネスの結びつきや、
アート作品を所有する意味、
具体的に私たちの生活に取り入れる方法など、
アートとビジネスを行ったり来たりしながら
「アートのある生活」の魅力をお届けしました。

IMG_1412.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

番組の前半では、
スープストックトーキョーの創業者で
アートコレクター・アーティストとしても知られる遠山さんが
アートとの出会いやアート表現に向かったきっかけ、
そして、ビジネスとの結びつきについて語りました。

9/5に閉幕した「東京ビエンナーレ2020/2021」では
アーティストとして作品を出展している遠山さん。
ビジネスでもアートでも
自らが発意して表現する喜びは同じだと語りました。

「アートとビジネス」の関係性にいちはやく着目し、
作品としてブランド事業を展開してきた遠山さんが
「アーティスト達が自身の全てを注いだ作品を
 所有出来ることはこの上ない贅沢だ」と語っていた部分は
説得力があり、とても魅力的でした。

番組後半では、
遠山さんが立ち上げたアート・コミュニケーションプラットフォーム
「ArtSticker」へ込めた想いや
「アートのある生活」への導きを語りました。

そして「ArtSticker」でも掲載されている
お二人が推薦するアーティスト・立石従寛さんを紹介しました。

IMG_1395.jpgのサムネール画像

立石従寛さんは、
1986年アメリカ・シカゴ生まれの美術家、キュレーター、音楽家。
仮想と現実、自然と人工、制作と運営など、
相対する境界の融和をテーマに人工知能、立体音響、写真、
映像、パフォーマンスを用いたインスタレーションや
<木を食べる>フード・プロダクトの開発など、
領域横断的に活動を展開しています。

そんな立石さんですが
今回この番組のためにオリジナル作品を制作してくださいました。
こちらは「ArtSticker」にて購入可能になっておりますので、
詳しくは作品販売特設ページでご確認ください。

ArtSticker 作品販売特設ページはこちら

なお、ArtSticker 作品販売特設ページでは、
以下のコンテンツも公開しています。ぜひ合わせてお楽しみください。

・「立石従寛 × 高木遊 × 遠山正道」 対談インタビュー
・ 立石従寛 「To The Fog」シリーズ 作品解説に関する音声ガイド
(※ArtStickerアプリから視聴可)

スマイルズの遠山正道さんと野崎亙さんがナビゲートした
J-WAVE SELECTION 『ART・WORK・LIFE ~アートのある生活~』
番組への感想も楽しみにしています。
Twitterで#jwaveをつけてのツイートもしくは、
こちらからメールをお送りください!

J-WAVE STAFF| 22:54 | カテゴリー:J-WAVE SELECTION


2021年 10月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            


バックナンバー

カテゴリー