#23 好きだから、みみばしるから、

松居「もう、気づいたら僕ら、なんとなく、夏ですね・・・ええ、ちょっと恥ずかしかったですね(照笑)」

 

 JUMPOVER0805_1_1.jpg

 

収録ですが、松居さんがひとりで照れてるくだりも惜しみなく電波に乗せます。
番組スタッフこと劇団JUMP OVERです。(逆?)


劇団ゴジゲンの松居大悟が、東京J—WAVEと、福岡CROSS FMの2局ネットで、お送りしている番組『JUMP OVER』初めて聞く方が多い回なので、丁寧に進行します。J-WAVE30周年企画のひとつ、来年2月に下北沢で上演する舞台をつくる番組です。プレ放送を経て4月からスタートしてはや4か月。リスナーが主人公、ということ以外は何も決まっていなかったところから今のところ決まっているのは・・・

 

公演タイトル:みみばしる(仮)
上演期間:2/7(木)〜2/17(日)
劇場:下北沢 本多劇場
主演:本仮屋ユイカ
音楽監督:石崎ひゅーい
作・演出:松居大悟

 

7月末にキャストオーディションを実施。すべてのキャストが決定したところで、今回、遂に音楽監督を務めることだけが決まっていた石崎ひゅーい君を招いての公開音楽打ち合わせをすることに・・・

 

JUMPOVER0805_3.jpg

 

情報盛りだくさんな今回は早速メインの企画をお届けしました。
舞台づくりに向けて、稽古場のみんなからアイデアをもらうコーナー『煮詰まり大悟』。テーマはもちろん・・・
『ひゅーい君、来年2月の音楽、どうしようか?』
先週、稽古場のみんなに、『物語と音楽の関係性』について、どんな芝居が見たいか?アイデアを募集しました。

実はキャストオーディションでは元々は4、5人とろうと思った松居さん。ところが今回採用したリスナーのキャストは10人以上。今回出演するキャストのほとんどがオーディションから選ばれた、かなり個性の強いメンバー。本職の俳優さんはもちろんですが、楽器屋店員さんから、大工さんなどなど・・・

 

ひゅーい「聞いたことないね、そんな舞台(笑)」
松居「めちゃくちゃなことしようと思って(笑)」

 

今回、打ち合わせということで、ギターを持ってきてくれたひゅーい君。
普段はハミングや、メロディーを作って後で詞を書いたり、タイアップの時は題材もらえるからそれに対して書くなど、曲作りのパターンはいろいろだというひゅーい君。

 

 

JUMPOVER0805_1_2.jpg

 

ひゅーい「いろいろ題材いっぱいもらえるでしょう?」


ギター〜♪♪

 

松居「おっ、何かはじまろうとした?」
ひゅーい「いやいや、まだ。ちょっとAマイナーを」
松居「(笑)」

 

主演の本仮屋ユイカさんと話した時に得た、「何かを作っていくこと」をキーワードに、舞台と音楽が切り離されていない方がいいと思っている松居さん。単なる劇伴、ではなくてひゅーい君が物語の中に入っていることをイメージしているみたいです。以前みんなで歌う案もあった2人が例に挙げたのは小中学生の合唱。歌のうまい下手ではなく、ばらばらだった人たちが一緒に歌っている事実。なんとなく涙が出てくる、歌の力について話しました。


松居「ここまでのやり取りで、なんか、ある?」
ひゅーい「すごい無茶〜(笑)」

 

ギター〜♪♪

 

ひゅーい「なんか歌って?」
松居「やだよ(笑)」

 

そうは言いながら松居さんが言葉を、ひゅーい君が音をかけあうセッションを繰り広げる2人。

少しずつ輪郭が見えてくるような、手探りの時間でした。

 

JUMPOVER0805_1.jpg

 


松居「なんか4時間くらいこれやりたいな(笑)」

 

 

JUMPOVER0805_6_1.jpg

 


さて、この日も撮影でおにぎり4個も平らげたグッドドクターの主人公・小児外科研修医・新堂湊役を演じる山賢人さんはと言うと・・・基本的には笑顔が好きだそうで、やわらかい雰囲気やよく笑う人に「なんで笑ってるんだろうな」って思うところ含めかわいいと思うそうです!(メモメモ・・・)


松居「山ファンはもう笑顔に・・・グッとと言えばグッド・ドクター・・・」
山「え、もういいんですか?」


と、逆にコーナー広げてくれる山さん!優しい!(おにぎりあげたい!)
松居さんのグッとくるポイントを逆に聞いてくれたのですが、こちらサイドはおなかいっぱいなので割愛。


松居「現場でいいなあとかあります?」
山「普段現場の女性は現場の格好されてるじゃないですか?」


打ち上げの時に見せる、現場の格好からの女性感、そのギャップにグッとくるそう。そしてこういう現場(小児外科)なので、子どもと遊んでる姿、母性もいいですよね、とはなしていました。

 

JUMPOVER0729_12.jpg


そんな番組に協力してくれた山賢人さん、上野樹里さんが出演する『グッド・ドクター』次回9日放送の第5話は万引き家族で話題の城桧吏さんが出演します。役どころは天才ボーイソプラノ歌手・羽山響(はやま・ひびき)。手術が必要な響ですが、手術をすると高い声が出なくなってしまうかもしれない・・・というはらはらさせる展開。湊たちの活躍、テレビの前で見守りましょう!


ちなみにひゅーい君、この日寄った蕎麦屋で相席になった女性が、蕎麦屋なのにチャーシュー麺を頼んでいるのを見てドキッとしてしまったそうです(笑)

 

JUMPOVER0805_1.jpg


話は再び音楽打ち合わせに・・・
この曲を元に話したいと、松居さんがかけたのは THE BLUE HEARTSの「リンダリンダ」。最後に合唱をしたいって話をしていた時に、その曲はシンプルだけどこみ上げるものがいいと思っていたという松居さん。

 

松居「意味が強くないんだけれど、歌と歌う人と物語で完成してほしい」
ひゅーい「芝居をやって初めてそこで完成するくらいのものってことだよね」
松居「余白があると、それを見ている人が自分の物語にする、それがすごく泣けるなあって」
ひゅーい「今の話でなるほどって思ったから・・・ここでつくったほうがいいのかな」
松居「(まだ)いいんじゃない?」


松居さんの言葉をよそにひゅーい君の音は走り出します。


ひゅーい「ちょっとまってね、なんかないかな・・・」

 

ギター〜♪♪

 

ひゅーい「松居〜何か〜言葉くれよ〜♪」
松居「(笑)みみばしる。」

 

 

 

みみばしるよ
きみの ことば


みみばしるよ
きみの きもち

みみばしるよ
きみの ことば

みみばしるよ


だから ゆくよ

ぼくは ゆくよ

どこか ゆくよ

ぼくは ゆくよ

みみばしるから


みみばしるから

みみばしるから

 

 

JUMPOVER0805_1_1.jpg

 

松居「めっちゃいい!びっくりした!」



あまりのことに異常に手汗をかいた松居さん。
ひゅーいk、ひゅーいさんの歌声にぐっときている様子。

 

松居「独り占めしたかった・・・電波に乗せたことが悔しいよ。」


思いがけない名曲誕生の予感に、大興奮の松居さん。
これは松居さんの頭をかなり刺激してくれたのではないでしょうか・・・!
メールをおくってくれた稽古場のみんなもありがとうございました!

 

JUMPOVER0805_4.jpg

 


次回8月12日の放送では・・・ついに!
『みみばしる(仮)』の全キャストを発表します!

つまり、フライヤーも作れるぞ!ってことで・・・
アートディレクターの「あきやまなおこ」さんをお迎えして、フライヤー・デザインについて公開打ち合わせ!どんなフライヤーが良いか?みなさんのアイデアを『煮詰まり大悟』宛に送ってください!

 

「あきやまなおこ」さんからメッセージが届いています。

***

たくさんのフライヤーの中から持って帰りたくなるフライヤーを作りたい!
お芝居でも映画でも、これは絶対観に行きたい!と思えたり、
部屋に飾りたくなった、など・・・気に入ったフライヤーのどかが魅力的だったの?とかもちろん、「みみばしる」フライヤー、私ならこんなフライヤーを作りたい!
本仮屋さんにこんなことをさせたい!など、具体的に考えた意見も聞けると嬉しいです。

***

 

今回の放送に向けた番組のツイートをフォロー&リツイートしてくれた方の中から抽選で10名様に番組特性ステッカーをプレゼントする件ですが、当選者のみなさまにはtwitterのDMでメッセージを送っております。
ステッカー到着したら、是非#jumpover813でひろめてくださいね!

 

そして番組内でメッセージが読まれた方の中から3名の方にもステッカーをお送りする件ですが、今回の当選者はこの3名!

ひまわりさん(みみばしる認定)
メガネ後期さん(みみばしる認定)
デコぽんちゃん

 

到着までもう少しお待ちくださいね!

おめでとうございます\(^o^)/

 

JUMPOVER0805_5.jpg

 

なぜかステッカーを2人で持つ仲良しアピール(笑)

かわいいかよ(笑)

 

JUMPOVER0805_6.jpg

 

そう言えば、丸井はちゃんと靴下はいているんですよ!

是非木曜日22時からの『グッド・ドクター』でチェックしてみてくださいね☆

 

当サイトとブログにおけるコンテンツはJ-WAVEに帰属し、無断での複写、転載については 一切禁止いたします。