2020年02月20日

【Suchmos】藍情 LIVE音源【初オンエア】


今週は

YONCE&HSU


IMG_0062.jpg


Q.居酒屋でのオススメメニューは?

というメールが来ました。

あんまり居酒屋には行かないという二人。


YONCEは「やっぱ枝豆かなぁ〜」とのことでしたが、

最近、OKに教えてもらった韓国海苔がうまい!とのこと。


HSUは最近、家でハイボールを飲み、

チーズを生ハムで巻いて、トリフ塩をふって食べるのが

小さな贅沢なんだそうです。


===========================

【BEHIND THE SONGS】

 数ある名曲の誕生秘話と

Suchmosの秘話を掘り下げるコーナーです。

今週は

Bob Dylan「Blowin in the wind」

1963年リリースの邦題「風に吹かれて」

ボブディランが、友人と黒人の公民権運動について

長時間討論した末に生まれたという曲。

ディラン本人によると

「10分で書いた。古い霊歌に言葉を当てはめたんだ。

これがフォークのいつものやり方。すでに与えられているものを使うんだ。

歌詞については、あまり言えることはないけど

ただ答えは風の中で吹かれているということだ。

本にも載ってないし、映画やテレビや討論会を見てもわからない。

風の中にあるんだ、しかも風に吹かれちまっている。」

と語っている。


→YONCE「自分で作った曲に、別の曲を混ぜて

全然関係ない歌詞を乗っけたりするから。

原曲と全然違った。」


HSU「印象だけど、この人は幸せなのかな?と思った時に

どちらかというと、幸せを感じながら

音楽をやっているタイプじゃないと思った。」



*  *  *


Suchmos「Hit Me,Thunder」

HSU「素のままだよね。アレンジするとか考えなかった。」


YONCE「これは、ディランと真逆な感じで。

世の中を客観視しているんじゃなくて、

その時期の自分の中のモヤモヤとか

友達、兄弟との関係とか

上手くいかなかったこととか、ものすごく赤裸々に歌った。」


なんか、“意味のない音楽がいい” よね

とも二人は語っていました。

全てのことに「意味」を求められることがあるけど

そうじゃなくて。

素のまま。


皆さんも、素のまま、聞いてみてください。


===========================

 【SPARK DREAMER】

3月からスタートする

「Suchmos The Blow Your Mind TOUR 2020」

この対バン&ゲストについて毎週語っています。

今夜は、4/13(月)・14(火) の「Zepp Nagoya」で対バンする

GRAPEVINE・田中和将さんとの対談 part1

Yonce_Tanaka.jpg


GRAPEVINEの田中さんが

Suchmosを初めて知った時から、今現在の印象

「THE ANYMAL」をリリースした時は、びっくりした。

今これ出していいの!?と

自分たちのスタイルでいくというのを示したんだなと

思った。


それに対して、YONCEは「GRAPEVINEからそういった要素を受け取った」と

やりたいことを貫いている姿にシンパシーを感じたそうです。



また、それぞれの曲作りやレコーディングについても。

Suchmosは曲によって主導権を握るメンバーが変わってくるけど

GRAPEVINEは、ネタを持ち込んだ人が主導権を握るが

なかなか停滞することもある。

それを打破するために、アレンジに別の方や

外部の人間を入れたりしている。強い意見を言ってくれる人。


そんな曲作りやレコーディングに関する違いを

教えてくれました。


兄さんたちが歩んできた背中を追っているSuchmos

これから先、何か迷うことがあったら

先輩のこの言葉を思い出すかもしれませんね。


そして、前回の打ち上げでは、初っ端にパフェを頼んで

GRAPEVINE先輩をビックリさせたそう。

今回は何を頼むんでしょうね?YONCEくん笑


GRAPEVINEさんとの対バンは

4/13(月)・14(火) の「Zepp Nagoya」です!


さらに、GRAPEVINE兄さんたちの今後の予定は

↓こちらでチェック↓

https://www.grapevineonline.jp/


来週も、GRAPEVINE・田中さん × YONCEの

対バン的対談をお送りします!

お楽しみに!!


■―――――――――――――――――――――――――――■

オンエアリスト

 藍情(LIVE at YOKOHAMA STADIUM 2019.09.08) / Suchmos

Nightfly / Donald Fagen

LET ME GO / SISTERJET

Arlight / GRAPEVINE

BUBBLE / Suchmos

■―――――――――――――――――――――――――――■


Suchmosへのメッセージ、24時間、365日募集中です。

「花粉症にはこれがいいらしいよ」とか

「シマウマの鳴き声が「ワンワン」だって知ってましたか?」

などなど

内容はなんでもOK!!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

Staff| 01:10 | カテゴリー:Suchmos

2020年02月13日

【Suchmos】ウィスキーに合うチョコが欲しい【バレンタイン】


今週も兄弟コンビ

OK&KCEE


IMG_0026.jpg


子どもの頃、二人で初めてのおつかい的な旅をした話も出て

ちょっとほっこり

カッコイイ孫には、カッコイイおばあちゃん有り

ですな。


===========================

【BEHIND THE SONGS】

 数ある名曲の誕生秘話と

Suchmosの秘話を掘り下げるコーナーです。

今週は

QUEEN & DAVID BOWIE「Under Pressure」

1981年にリリースされたシングルで

全英チャート1位を記録した楽曲。

QUEENが気に入っていた、スイスのモントルーにある

レコーディング・スタジオ

そこにある日近くに住んでいたDavid Bowieがやってきた。

一緒に遊びで他のアーティストの曲を演奏していたが

「こんなの馬鹿げてる、俺たち一緒に曲を作らないか?」と

Bowieの一声がきっかけで、このコラボが実現。

ベーシストのジョン・ディーコンのリフを元にジャムセッション

そしてこの曲が完成された


→Suchmosのスタジオは20畳ぐらいのワンルーム。

ボーカル、DJ、鍵盤が4方向から

脳みそに向かって飛んでくるように組んでいて

徐々に良くなってきている。

自分たちのスタジオを持てるって

自分たちの船をゲットしたような感じ(笑)

*  *  *


Suchmos「Get Lady」

4人時代のギターと一緒に作った曲で

その頃からもう完成されていた。

OK「最近、女性について書いた曲少ないね。

Get Ladyってタイトル、今つけるかなぁ?」

KCEE「アンサーソングとして、駆け落ちするみたいな曲を

タイトルはGet Out 」


KCEE「あとこの曲は、ハービー・ハンコックの曲(Give It All Your Heart)を

のっけた時に “おっしゃ!”ってなった。」


===========================

 【SPARK DREAMER】

3月からスタートする

「Suchmos The Blow Your Mind TOUR 2020」

この対バン&ゲストについて毎週語っています。

今夜は、4/13(月)・14(火) の「Zepp Nagoya」で対バンする

GRAPEVINE


OKが中学生の頃から聴きまくっていたバンドの一つでもある

GRAPEVINE

初めて聞いたのは「その未来」

OK「田中さんの詩がすごく好き。

一足先の姿を見せてくれている兄さん的存在。

毎回、いい感じで対バンできる。

幼なじみで組んでいたり共通点もあって。


KCEE「The Birthdayもそうだけど、続けているからこそ

『俺はこれでしかない』という形を見せてくれて

さらに、その先の愛を感じ取れるというか。


【幼なじみバイブス対バン】となるZepp Nagoya

行かれる方、幼なじみとぜひ!


そして来週は、このコーナーで

GRAPEVINEのボーカル・田中和将さんと

Suchmosのボーカル・Yonceによる

「対バン的対談」を行います!

ボーカル同士のガチンコトーク

お楽しみに!


■―――――――――――――――――――――――――――■

オンエアリスト

 YMM(LIVE at YOKOHAMA STADIUM 2019.09.08) / Suchmos

Sings of Life (Remis 2019) / Pink Floyd

Gloria(Live) / ザ・ゴールデン・カップス

CORE / GRAPEVINE

Tidal Wave / Tales of Murder and Dust

STAY TUNE (LIVE at YOKOHAMA STADIUM 2019.09.08)  / Suchmos

■―――――――――――――――――――――――――――■


Suchmosへのメッセージ、24時間、365日募集中です。

「クイズです、この問題わかりますか?」

「Liveで番組リスナーだけがわかる

こんなことやってください」

などなど

内容はなんでもOK!!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

Suchmosへのメッセージはこちらから送ってね!



ーー追記ーー

来週、2/19(水)のSuchmosの「SPARK」では

【藍情】のハマスタライブ音源を初オンエア!

こちらもお聴き逃しなく!!

Suchmos_aijyo_jwave.jpg

Staff| 01:10 | カテゴリー:Suchmos

2020年02月06日

【Suchmos】描いてみた【OK画伯】

OKとKCEE

兄弟コンビでお届けしました。


リスナーさんからのメッセージで

「一番絵が上手いのは誰ですか?」

ってことで


IMG_0022.jpg



描いてみた


IMG_0044.JPG


OK画伯 の HSU

いかがでしょ?笑


===========================

【BEHIND THE SONGS】

 数ある名曲の誕生秘話と

Suchmosの秘話を掘り下げるコーナーです。

今週は

The Chemical Brothers「Setting Sun」

1996年リリースのアルバム「Dig Your Own Hole」収録の

ロックとテクノのビッグビートムーブメントを代表する1曲!

ボーカルは、OASISのノエル・ギャラガー。

この曲のバッキング・トラックを聞いたノエルは

興奮のあまり一夜で歌詞を書き上げ、ボーカルのレコーディングも

1日で終えたらしい。

発売当初はラジオでの放送回数が少なかったが、1週間で10万枚を売り上げ

96年10月12日に全英シングルチャートで1位を獲得。

ブリットポップ一辺倒だったシーンを変えたとも言われています。


*  *  *


Suchmos「808」

アルバム「THE ASHTRAY」の1曲目

通称 “ヤオヤ”

ほぼ2年前の今頃に配信でリリース、そしてミニアルバムに収録され

HONDA「VEZEL」のCMソングとして

耳にした方も多いことでしょう。

この曲は「四つ打ち史上、最大限に詰め込んだ1曲」(by KCEE)

いろんなセッションで生まれたパーツを組み合わせて作られ

転調が3回も起こるという、意外と高難度の楽曲。

ちなみに作詞はOKが担当。

「その時こんなこと考えてたんだな〜って聞いてください」(by.OK)


===========================

 【SPARK DREAMER】

3月からスタートする

「Suchmos The Blow Your Mind TOUR 2020」

この対バン&ゲストについて毎週語っています。

今夜は

The Birthday


前回のThe Blow Your Mind TOURの山口、香川で

対バンしたThe Birthday 先輩

当時のことを振り返ると・・・

OK「リハーサルからぶっ飛ばされて、涙がこぼれてしまいました。

チバさんとクハラさんが変わらないスタンスで

ずっとやってきたんだろうなぁって感じました。」

KCEE「フジイさんのギターはエッヂだしエッチだし。」

OK「イマイさんのベースも推進力のある8ビートで。」

KCEE「そのまま全員で倒しにいく感じで向かって行きましたね。」

OK「結果、日本酒を9升飲みました」

KCEE「商店街の近くにある駐車場で、みんな横になるという。」

OK「本当青ざめたのが、次の日、朝9時集合とかだったんだけど、

誰よりも早く、ビールを飲みながらチバさんがいて

あれを見たときはドン引きしました。笑」


そんな、壮絶なエピソードを明かしてくれました。


今回、The Birthday 先輩との対バンは

3/23(月)・24(火) の「ZEPP FUKUOKA」

みなさん、飲み過ぎ注意ですよ(笑)


■―――――――――――――――――――――――――――■

オンエアリスト

 VOLT-AGE(Suchmos THE LIVE YOKOHAMA STADIUM 2019.09.08) / Suchmos

My Generation / The Who

Cold Turkey / John Lennon

カレンダーガール / The Birthday

Time of The Season / Zombies

Hit Me Thunder (Suchmos THE LIVE YOKOHAMA STADIUM 2019.09.08)  / Suchmos

■―――――――――――――――――――――――――――■


Suchmosへのメッセージ、24時間、365日募集中です。

「涙がこぼれそうな思い出を聞かせてください」

「私も似顔絵描いてみました」

「こんなグッズがあったら嬉しいです」

などなど

内容はなんでもOK!!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

Staff| 01:10 | カテゴリー:Suchmos

2020年01月30日

【Suchmos】ハナレグミ先輩【Wednesday】

TAITAI です。


IMG_0716.JPG



中国公演については、誠に残念ですが

また情報が更新されましたらお知らせいたしますので

こちらをチェック↓

Suchmos オフィシャルHP


===========================

【BEHIND THE SONGS】

 数ある名曲の誕生秘話と

Suchmosの秘話を掘り下げるコーナーです。

今週は

Jamiroquai「Virtual Insanity」

1996年リリースのアルバム「Travelling Without Moving」に収録されているこの曲

某カップ麺のCMソングとしても知られていますが

この曲について、JKは99年の東京ドーム公演のMCで

「札幌公演で、待ちに出たんだけど誰も外を歩いていなくて

一体みんなどこに行っちゃったんだろうと思って。

しばらく歩いて、おばあさんがいたから尋ねたんだ。

そしたら、案内するって言われて、どんどん階段をおりて行った。

すると、なんと地下に街があったんだよ!

その時のことをホテルの部屋でまとめたのが、この曲なんだ」

と紹介し、Virtual Insanityを歌い出した・・・


*  *  *


JamiroquaiのDNAが入っていると思う

Suchmos楽曲は?

TAIKING :「WIPER」

鍵盤ライクの曲の中で、ギターが悪さしてるみたいな悪さ加減が。


TAIHEI :「PinkVibes」

→初期メンバーのトビー・スミスの影響が強い。
ローズ・ピアノを弾きたくて。

1st、2ndアルバムの頃はこの影響が強いように思えるけど
今は、ちょっとJamiroquaiとは離れたところにいる。
そのうち、戻ってくるかもね。

とのことでした。

様々なアーティストのDNAを自分たちで消化しているSuchmos
これからもどんな素材が料理されていくのか
楽しみですね。

===========================

 【SPARK DREAMER】

先日発表された

Suchmos The Blow Your Mind TOUR 2020

最終ラインナップで発表された

ハナレグミさんについて!


実は、まだちゃんとお会いしたことはないそうで

弾き語り、アコースティックのイメージが強い

ハナレグミさん

TAIHEI:「ギター1本持って、どこに旅に行ったことがあります?」とか

聞いてみたい。

どんな生活をして、この曲が生まれてきたのか知りたいそうです。


心温まる歌声のハナレグミさん

どんなスタイルで、どんなライブをみせてくれるのか!?

そして、対バンの相手によってSuchmosのセットリストは変わるのか!?

まだ決まってはいないようですが、

当日まで楽しみにしていましょう!

ハナレグミさんとの対バンは

4/9(木)・10(金) の「SENDAI GIGS」です!!


■―――――――――――――――――――――――――――■

オンエアリスト

TOBACCO (Suchmos THE LIVE YOKOHAMA STADIUM 2019.09.08) / Suchmos

ラスト メトロ / 和田アキ子

SWEET EMOTION / AEROSMITH

サヨナラCOLOR feat.忌野清志郎 / ハナレグミ

Blue Nile / Alice Coltrane

Life Easy (Suchmos THE LIVE YOKOHAMA STADIUM 2019.09.08)  / Suchmos

■―――――――――――――――――――――――――――■


Suchmosへのメッセージ、24時間、365日募集中です。

「好きな鉛筆の濃さは?」とか

「Suchmosをお題に575を作ってみました」

などなど

内容はなんでもOK!!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

Staff| 01:10 | カテゴリー:Suchmos

2020年01月23日

【Suchmos】名もなき詩やってください!!!【Mr.Children】

TAITAI(泰泰)コンビ

真剣に曲を選んでおります。


IMG_0721.jpg


これからもこのJ-WAVEのライブラリーから

メンバーが厳選したGood Music満載でお届けしますよーー!



===========================

【BEHIND THE SONGS】

 数ある名曲の誕生秘話と

Suchmosの秘話を掘り下げるコーナーです。

今週は

Billie Eilish「bad guy」

2020年9月2日に横浜アリーナで来日公演が、

そして映画「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」の主題歌を担当することも決定した

現在18歳のビリー・アイリッシュ

昨年、話題となった曲がこの「bad guy」

この曲の中に出てくる「ダァ」という部分

実は34回もレコーディングし直したそう。

こだわりの「ダァ」なんですね。


*  *  *

Suchmosのルール「チャレンジ制度」について

ビリー・アイリッシュは34回も録り直したそうですが

Suchmosはそんなことはしません。

なぜかというと「チャレンジ制度」というルールがあるから。

これはレコーディングの際に、「もう一回!」と録り直したい場合

3回か4回目以降は「チャレンジ制度」が発動し、さらに録り直す場合に

5万円払わなくてはいけない・・・という過酷なルール。

そのため、基本ほぼ一発で録音し

各パートで気になるところの録り直しは

3回か4回くらいでやめるそうです。

メンバーが言うには

「何度もやり直しても、本人が思っているほど、さほど変化はないから」


TAIHEIが苦労したという「ROMA」はチャレンジ制度ギリギリで決め

TAIKINGはお金を払いたくないから、これでって落ちどころを

決めているんですってよ。

『俺たちはスパルタです。』と自分たちで言うほど
緊張感のあるレコーディングの制度を教えてくれました。

===========================

 【SPARK DREAMER】

先日発表された

Suchmos The Blow Your Mind TOUR 2020

最終ラインナップに

ハナレグミ&Mr.Children

という

激ヤバなラインナップが発表されました!!

今夜はそんな

Mr.Childrenについて!


Mr.ChildrenとSuchmosとの共通点がいくつかあり

・デビュー前に渋谷のライブハウス「La.mama」でライブをしていた

・ONE OK ROCKのツアーゲストを務めた

・ミスチルのAL「深海」とサチモのAL「THE ANYMAL」は似ている

(↑番組Dの見解)


やっぱりみんなMr.Childrenを聞いてきたし、

それぞれの心のどこかにはミスチルがいるはず。

対バンのメンバーにオファーする際に

マネージャーから「誰とやりたい?」『ミスチルーー!』

って言ってみたらOKがきたという・・・

メンバーが「ミスチル」の名前を出したのにも理由がありました。


TAIHEI「昔、『男がピアノって...』って感じがあって

でもMr.Childrenを聞いてたら

『バンドにピアノいるじゃん!かっこいい!』って

バンドをやろうって決めたんだよね。」


TAIKING「初めてギターで弾いたのが『名もなき詩』

あのイントロのジャカジャーン!ってGが弾きたくて

ギターを初めて買ってもらった。

Zeppで聞きたい!お願いします!!!笑」


TAIKINGの願いは届くのでしょうか??笑

Mr.Childrenさんとの対バンは

4/20(月)・21(火) の「Zepp Tokyo」です!!

Suchmos Live Schedule

■―――――――――――――――――――――――――――■

オンエアリスト

MINT(Suchmos THE LIVE YOKOHAMA STADIUM 2019.09.08) / Suchmos

Ruby My Dear / Thelonious Monk

Steamroller/Powerful Thing(Live) / Philip Sayce

名もなき詩 / Mr.Children

WATER / Suchmos

For The Good Times  / Frank Sinatra  

■―――――――――――――――――――――――――――■


Suchmosへのメッセージ、24時間、365日募集中です。

「きっちり120bpmを刻んでみてください」とか

「Suchmosをお題に575を作ってみました」

などなど

内容はなんでもOK!!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

Staff| 01:10 | カテゴリー:Suchmos

2020年01月16日

【Suchmos】浜スタのLIVE音源【配信スタート】

KCEEでーす

YONCEでーす

浜スタのLIVE音源

はい、どうぞ


IMG_0341.jpg


みなさん、配信音源チェックしていただけました?


===========================

【BEHIND THE SONGS】

 数ある名曲の誕生秘話と

Suchmosの楽曲制作秘話を掘り下げるコーナーです。

今週は

Pharel Williams「Happy」

2013年リリースのヒットナンバー

実は、Cee Lo Greenのために制作した楽曲だったが

発売の話が見送られ、ファレルの曲として発表されたのでした。

他にもファレルが所属するNeptunesが

ジャスティン・ティンバーレイクに提供した「Rock Your Body」も

元々、マイケル・ジャクソンのために書いたものだったが

こちらも見送られ、ジャスティンが歌いヒットした。

元々予定していたアーティストから

別のアーティストが歌ってヒットしたという

裏側が隠されていました。


Suchmosが曲提供するとしたら・・・提供というよりは

女性ボーカルとのコラボは面白いかも。

「椎名林檎」さんとか。

(by KCEE)

*  *  *

Suchmos「OVERSTAND」

この曲は2016年の11月ごろ

みんなでグアムへ行った時に色々語り合い

帰国後の最初のジャムで、ほとんど仕上がったという曲

仮タイトルもグアムで宿泊したホテル「ウェスティン」でした。

「これからこれをやりたい、こうなりたい」が詰まっている曲。


===========================

 【SPARK DREAMER】

Suchmos 第2章

先日発表された

対バン & ゲスト 

ラインナップがヤバイ!


みなさん、ラインアップは見ていただけているでしょうか?

Suchmos The Blow Your Mind TOUR 2020

松任谷由実、浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS、The Birthday、

ペトロールズ、GRAPEVINE、cero、GLIM SPANKY

宮城公演、東京公演はまだ発表されていませんが・・・

このラインナップ

どの公演に行けばいいのか!??

迷う!!

メンバーもお客さんとして観たいというほど豪華です。

各公演、どんなステージになるのか楽しみで仕方ないですね!


■―――――――――――――――――――――――――――■

オンエアリスト

YMM(Suchmos THE LIVE YOKOHAMA STADIUM 2019.09.08) / Suchmos

Bright Leaves / Wilco

Russian Lullaby / Jerry Garcia

冬に生まれた子牛 / Khruangbin 

 スカンピン / 鈴木慶一とムーンライダース  

Jet Coast / Suchmos

■―――――――――――――――――――――――――――■


Suchmosへのメッセージ、24時間、365日募集中です。

内容はなんでもOK!!

とは言いつつも

メンバーに突き刺さるような鋭い質問も待っています

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

Staff| 02:40 | カテゴリー:Suchmos

2020年01月09日

【Suchmos】騒がしい場所に引っ越そうか?【WEDNESDAY】

お雑煮ばっかり食べていました

YONCEとKCEEです。

IMG_0358.jpg

 J-WAVE  のロゴが新しくなったの、知ってた?


豪華ゲスト&対バンの情報も発表!最新情報はこちらでチェック


===========================

【BEHIND THE SONGS】

 数ある名曲の誕生秘話と

Suchmosの楽曲制作秘話を掘り下げるコーナーです。

今週は

Marvin Gaye「What's Going On」

1971年のアルバム「What's Going On」のタイトルトラック

ベトナム戦争に従軍していたマーヴィンの弟・フランキーから

送られてきた手紙がきっかけで生まれた。

手紙には戦地での地獄のような日々が綴られていた。

また、サンフランシスコで行われていた反戦運動を見て

レオナルド・ベンソンが書いた歌詞にインスピレーションを受けて

「What's Going On」とマーヴィンが歌詞を追加したため

作詞作曲のクレジットに、レオナルド・ベンソンの名前が記載されている。


*  *  *

Suchmos「FRUITS」

ミニアルバム「THE ASHTRAY」に収録されている曲。

このミニアルバムの曲の中で

「808」→「YOU'VE GOT THE WORLD」→「FRUITS」

という順番で完成していったそうです。

曲に関しては、全体のコードの流れやサビのメロディーなど

HSUのアイディアが多く取り入れられ

『キュート』なアレンジに仕上がった。

歌詞は、大人と子供が混在しているような

その頃の生活で感じていたことがダイレクトに出ていて

YONCEもKCEEも気に入っているそうです。

家族や身の回りの人たちに、素直に「ここまでやってこれたぜ!」と

「正しいのかわからないこともあるけど・・・」

という思いも形にできた。


===========================

 【SPARK DREAMER】

先週に引き続き

メンバーそれぞれの今年の野望や目標を聞いています。


YONCEが今年やりたい事

「去年買ったマンドリンをもっと弾けるようになる。」

(マンドリン日記つけなよ。 KCEE案)


KCEEが今年やりたい事

「やりたい事を全部やる!!」


これまで『音楽以外、気にしてられるか!!』と思ってきた時期があったけど

LIVE、アート、ファッション、映像を撮る などなど

他のものにこだわっていて、そこから受けていた刺激があって

「やっぱり音楽っていいよね」となるんじゃないかと原点回帰。

なので

やりたい事は全部やる。


* * *

あとは〜・・・引っ越しとか?

都内に・・・とまでは言わなくても

ちょっと騒がしいところに

今のうちに身を置いてみるのもいいかも。

環境を変えるのもいいかもと思っている二人なのでした。


■―――――――――――――――――――――――――――■

オンエアリスト

WATER / Suchmos

Spring / Angel Olsen

Come Live With Me Angel / Marvin Gaye

Satisfaction / Otis Redding

Scarlet Town /  Chris Thile & Brad Mehldau

Pacific / Suchmos

■―――――――――――――――――――――――――――■


Suchmosへのメッセージ、24時間、365日募集中です。

内容はなんでもOK!!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓


Staff| 02:43 | カテゴリー:Suchmos

2020年01月02日

【Suchmos】2020年はLIVEやる!!【ことよろ】

新年あけましておめでとうございます。

0101_600.jpg

 

 TAIKING & TAIHEI

めで“たい”コンビで幕開けです。


===========================

【BEHIND THE SONGS】

 数ある名曲の誕生秘話と

Suchmosの楽曲制作秘話を掘り下げるコーナーですが

今週はRADIOHEADの楽曲誕生秘話から

RADIOHEAD自体と、Suchmosとの共通点について掘り下げました。


Radiohead「Creep」

1992年のデビューアルバム「パブロ・ハニー」収録曲。

「But I'm a Creep(でも俺はウジ虫だ)」とかなりネガティブな内容。

この曲で印象的な、サビの直前に聞こえる威嚇的なギター。

これについて、Gt.ジョニー・グリーンウッドは

「動きのない静かなイントロが好きじゃなかった。だからハードに弾いてみた。

本当に強く叩くようにプレイしたんだ」と語っている。

もう一人のGt.エド・オブライエンは

「ジョニーは曲を壊そうとしてあのサウンドを出したんだ。

曲をダメにしようとした結果、あの曲が出来上がったんだよ。」とも。

*  *  *

そんなRADIOHEADとSuchmosの関係性について掘り下げてみると

メンバーに兄弟がいたり、大学を出ていたり、

1stアルバムから2nd,そして3rdで問題作をリリースしたり

似てる点が多い。


ものすごく明るいことを切なく歌う世界観

この先、進んでいく上で悩むこともあるけれど

そんな時にRADIOHEADの言葉を読んだり、流れを汲み取っていくと

「救われるわ〜」とTAIHEI


そして
アコースティック版の「Creep」も聴きながら
『曲の本質は、バッキング1個と歌!!あと人間性!!』

とも。

Suchmosのアコースティック・スタイルも聞いてみたいですね。

===========================

 【SPARK DREAMER】

今年最初の放送ということで...

2020年 Suchmosの夢

山ほど音楽を作る!

LIVEをする!

みんなで旅をする!


これをやっていく事から。

シンプル is ベスト


TAIKINGが今年やりたい事

チャリティーをやりたい。

その活動に向けて動き始めている。

あとは、ギターの弾き方をちょっと変えてみようと考えているそうで

一言で言えば、今年は「修行」


TAIHEIが今年やりたい事

地元に関わる事

音楽以外のカルチャーと繋がって形にしていきたい。

SuchmosのLIVEがない日も

ふらっとピアノのある店でピアノを弾いたり、

DJをしたりと

その場にいる人たちを、いかに感動に巻き込めるのか

やっていきたい。

言うだけ簡単だから、ちゃんと形にする!


* * *


そんな二人の野望も語ってもらいました。

さぁ他のメンバーは??

次週もお楽しみに。


■―――――――――――――――――――――――――――■

オンエアリスト

Indigo Blues / Suchmos

Walk This Way / Aerosmith

Creep(Acoustic) / RADIOHEAD

Cool of Lullaby / 落日飛車 Sunset Rollercoaster

Muddy Water Blues (Live) /  Paul Rodgers & Friends

Life Easy / Suchmos

■―――――――――――――――――――――――――――■


Suchmosへのメッセージ、新年のご挨拶、今年の目標

内容はなんでもOK!!

メッセージ

24時間、365日募集中です。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓


Staff| 01:30 | カテゴリー:Suchmos

2019年12月26日

【Suchmos】メリクリ【ありがとう2019】


 TAIHEI & TAIKING

「TAITAIコンビ」

ですよー!


IMG_0233.jpg



今更な発表になってしまいましたが・・・

TAIHEIさん・・・・結婚してました。


おめでとうございます。


===========================

【BEHIND THE SONGS】

 数ある名曲の誕生秘話と

Suchmosの楽曲制作秘話を掘り下げるコーナーです。

John Lennon,Yoko Ono

「Happy Xmas(War Is Over)」

クリスマスといえば!ですよね。
1971年に二人の名義でリリースされたシングルで、
1969年にジョンとヨーコが世界11ヶ国に
「WAR IS OVER!If you want 」
“あなたが望めば、戦争は終わる”
広告看板を掲示したことをきっかけに制作された。
当時続いていたベトナム戦争に対する反戦歌でもある。

冒頭のささやき声では
「Happy Christmas KYOKO」「Happy Christmas Julian」と
二人の前妻、前夫との子供「京子」と「ジュリアン」の名前を揚げ
この子達の為に作ったとも言われている。


*  *  *  * 

Suchmos「FUNNY GOLD」

通称「ラムちゃん」という

TAIHEIのキラキラしたシンセから始まるこの曲。

Suchmos 唯一のポップなラブソング!?

この曲は真冬にKCEEの家で制作していたそうで

寒すぎて、KCEE宅の床暖に「あったけぇ〜」と

みんな這いつくばりながら作ったとか(笑)

みんなでジャムりながら作ることが多いSuchmosですが

この曲は、いろいろと構想を練って作ったそうです。

そういった点でも、他の曲とは違う雰囲気が出ているんでしょうね〜

===========================

 【SPARK DREAMER】

早いもので、今回が2019年ラストのSPARK WEDNESDAY

って訳で

2019年 Suchmos年表!


いろいろあった2019年のSuchmosを

ザザーーーーっと振り返りました!


1月 THE ANYMAL 制作


2月 ギリギリまでTHE ANYMAL 制作


3月 1ヶ月限定でJ-WAVEナビゲーターとしてカムバック!

初回にTAIKINGがパパになったことを報告

26日には、3rdフルアルバム「THE ANYMAL」発売!


4月 SPARK WEDNESDAYのレギュラーにな〜る!

ARENA TOUR 新潟と福岡公演が中止に


5月 VIVA LA ROCK!→5月末にTAIHEIが結婚!


6月 ASIA TOUR 中止(2020年1月に改めて行きます!)


7月 中止になった新潟と福岡公演の振替公演!

いっぱい来てくれて感動した!!


8月 SUMMER SONIC 灼熱のマリンステージ


9月 横浜スタジアム ワンマン公演!

(台風の中、みなさんありがとうございました)


10月 とにかく休む!(笑)→TAIHEIは新婚旅行


11月 台湾のGOLDEN INDIE MUSIC AWARDSゲスト出演


12月 Yogee New Waves presents “Dreamin Night vol.6”出演



ザザーーーッと振り返りましたが

TAIHEIの結婚をスタッフも初めて知りました(^▽^ )オメデトー

アルバム(問題作)のリリースから、ツアーの中止や台風などなど

これまでに経験したことのない困難を乗り越えて来た2019年のSuchmos

経験値を積んで、2020年はさらにLIVEをやりたいとか??

来年の活躍にも乞うご期待!!

■―――――――――――――――――――――――――――■

オンエアリスト

TOBACCO / Suchmos

Love's Theme / David T.Walker

The Christmas Song / Nat King Cole 

Pilgrim / Eric Clapton

HERE COMES THE SIX-POINTER /  Suchmos

In a Sentimental Mood / Bill Evans

■―――――――――――――――――――――――――――■


Suchmosへのメッセージ

2020年も24時間、365日募集しまーす!

みなさんの2020年の目標とか、

こんな夢を叶えたいとか、

新年さっそくこんな事があったとか、

特に関係ないけど、これ美味しいよとか、

うちの街のイベントにライブしに来て欲しいとか

とか。

内容はなんでもOKです!!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓


Staff| 01:10 | カテゴリー:Suchmos

2019年12月19日

【Suchmos】男の料理はまず「納豆ごはん」【米】


 OK & 
YONCE 

20歳のお金がなかった頃は、ご飯に「せんべい」食べてたこともあったよね〜

IMG_0107.JPG



オープニング、いきなりのハイテンション。

レーシングカーのように駆け抜けましたね。

師走だからですか?

===========================

【BEHIND THE SONGS】

 数ある名曲の誕生秘話と

Suchmosの楽曲制作秘話を掘り下げるコーナーです。


オードリー・ヘップバーン「Moon River」

1961年公開の映画『ティファニーで朝食を』の主題歌。

ヘンリー・マンシーニ作曲、ジョニー・マーサーが作詞をし、

映画の主人公のホリー・ゴライトリー役を演じたオードリー・ヘプバーンが歌った。

この曲は、ヘンリー・マンシーニが、

オードリーの限られた声域に合わせてメロディーを作曲。

冒頭の3音を編み出すのに約1カ月かけたのに、

残りは30分弱で作り終えたという逸話が残っています。

また作詞したジョニー・マーサーによると、

マンハッタンに住む主人公ホリーが、ニューヨークのハドソン川について歌っている

と思っている人が多いが 

実は「ムーン・リバー」の正体はアメリカ南部にある川なのだそう。


*  * Suchmosの中でも難産だった曲 *  * 

Suchmos「BOUND」

AL「THE ANYMAL」収録曲。

アレンジが大幅に変わり、歌詞も最後の最後に出来上がり

レコーディング中に

OKが「DADGAD」チューニングにしたギターを弾いたら

“あれ?これじゃね?”と。

初めのアレンジは疾走感のあるアレンジだったけど

このチューニングのギターを使い、オーガニックなアレンジになったのは

すごく良かった。

レコーディング中に、すごく偶然を採用していった曲。


まだLIVEで披露していないので

LIVEでやるとどうなるのか??


今後も楽しみです。



===========================

 【SPARK DREAMER】

第二楽章は、これからのSuchmosの夢や

気になる方との対談などをお届けしています。

先週に引き続き

OK×笹原右京さん

モータースポーツ対談


モータースポーツが大好きなOKが

若きレーシングドライバー・笹原右京さんに

根掘り葉掘り聞いちゃいました!!


IMG_0105.jpg


今年ポルシェ・カレラカップ・ジャパンに参戦し

見事チャンピオンになった笹原さん。

テクノロジーの進化など、そのレースによって

レギュレーションが様々なので

求められるものも変わってくるそう。

このレースは対応力、基本的なテクニックなど

ドライバーの実力が試されたレースだったそうです。



Q.笹原さんの夢は?

→ F1ドライバー、そしてワールドチャンピオンになること。

今、23歳でレースの世界ではそこまで若くはない中で

世界の舞台で戦って、自分は世界で何番目なのか?

若いうちに、たくさんチャンスをもらって挑戦したい。


まっすぐな眼差しで、真摯にお応えいただきました。



YONCE「OKは、右京くんにF1ドライバーになって欲しいんだね?」

OK「うん!!!!!」


笹原さん、世界の頂点を目指して、これからも頑張ってください!

応援しています!!

笹原右京さん公式ホームページ


■―――――――――――――――――――――――――――■

オンエアリスト

Miree / Suchmos

Magician's Success / Vanishing Twin

Nobody's Fault But Mine / Jimmy Page & Robert Plant

Sharks Can't Sleep / Tracy Bonham

Style It Takes /  Lou Reed & John Cale

■―――――――――――――――――――――――――――■


Suchmosへのメッセージ

24時間、365日募集中でーす!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓


Staff| 02:00 | カテゴリー:Suchmos

1 2 3 4 5 6

バックナンバー

カテゴリー