2019年12月05日

【Suchmos】靴にはこだわる【WEDNESDAY】


今宵も美味しいお酒、飲んでますか?

TAIHEI & KCEE

です

SPARK_1204.jpg


KCEEは一冬に30個くらいお餅を食べるそうです。

TAIHEIの実家ではお父さんがお雑煮を作るそうです。

あぁ、深夜にお腹すいちゃったね。


TAIHEIもKCEEもこだわりの靴がいくつかある

KCEEは最近「これ」という3足を厳選したそう。

TAIHEIはCHURCH'Sの靴を自分の足にしっくりくるまで履き続け

数時間かけて靴を磨くそう。

靴にこだわる男、、、渋いね。


あと、KCEEはクリスマスに「馬」が欲しいらしいよ(笑)

===========================

【BEHIND THE SONGS】

 数ある名曲の誕生秘話と

Suchmosの楽曲制作秘話を掘り下げるコーナーです。

今回は、名曲&レジェンド過ぎるので

曲でアンサーしました。


The Beatles「Something」

1969年のアルバム「Abby Road」の収録曲

この曲は、ホワイトアルバム制作中に、ポールがオーバーダビングの作業に

かかりっきりになっている間

暇になったジョージ・ハリスンがピアノを使って書いた曲。

冒頭の歌詞は、当時、同じくアップルレコードに所属していた

ジェームス・テイラーの

「Something in the way she moves」を引用している。

ジョージは「上下5オンの範囲内で収まっていたはず。

大抵のシンガーは無理なく歌うことができると思うよ。」と

語っている通り、ビートルズの曲の中で2番目にカバーされた曲でもある。

中でもジョージのお気に入りは

ジェームス・ブラウンのカバーだそう。

*  *  *

もうBeatlesについては、語るというか、

そういうレベルじゃない・・・

ということで

The Beatlesを日々聞いて

 Suchmos からのアンサーはこちらです...

 

Suchmos「Water」


みなさん、このアンサーを
受け取っていただけましたでしょうか?

===========================

 【SPARK DREAMER】

第二楽章は、これからのSuchmosの夢や

気になる方との対談などをお届けしていますが


今回は、放送当日に対バンをした

Yogee New Waves

について


メンバー同士、それぞれが出会った時期は

もはや覚えていないぐらいの付き合いになる

SuchmosとYogee New Waves

前に対バンした時と同じ

「Dreamin' Night」

というタイトルで、本日も対バンいたしました。

KCEE「あの頃バチってた。でも今、周りを見たら

あの頃バチってたお前らしかいなくなった。


そして

TAIHEI&KCEE、そしてYogeeのvo.健悟くんは

酔い覚ましにサウナに行ったという『サウナー』仲間

「あ〜頭空っぽになるわ〜」

って若干脱水症状になるぐらい入っていたとか

(※よい子はマネしないように!)


またYogeeと対バンも...と

夢を語りました〜


■―――――――――――――――――――――――――――■

オンエアリスト

Tobbaco / Suchmos

ネオン輝く日々 / 長谷川きよし 

Water / Suchmos

Hard Times / John Lee Hooker & Lightnin Hopkins

Slippin' and Slidin' / Buddy Holly

Aquilare / S.O.L Collective

■―――――――――――――――――――――――――――■


みなさんからのメッセージ

24時間、365日募集中でーす!

「餅は何個食べますか?」など

意外とシンプルな質問なんかも答えてくれるみたいです。

Suchmosとのキャッチボール

ぜひ、あなたのボール(メッセージ)を投げてください!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓


Staff| 01:48 | カテゴリー:Suchmos

2019年11月28日

【Suchmos】今日、ギャル連れてきたんで【チョリッスー☆】


今週はF1の話は無しで!

TAIHEI & KCEE

IMG_0070.jpg


===========================

【BEHIND THE SONGS】

 数ある名曲の誕生秘話と

Suchmosの楽曲制作秘話を掘り下げるコーナーです。

(今回はちゃんと話してくれるかな??)


Mac Miller「Small Worlds」

→同世代のマック・ミラー。

昨年9月に26歳という若さでこの世をさってしまった彼が

2018年にリリースしたアルバム「Swimming」

このアルバムに収録されている曲「Small Worlds」では

ジョン・メイヤーとのこんなやりとりがあった。

ある日、ジョン・メイヤーがマック・ミラーの家に行ったところ

その朝にできたばかりという曲をマックから聞かせてもらった。

すると「ギターを貸して!俺はこの曲に参加する!」とギターをレコーディング。

「お金もクレジットもいらないよ、参加できて嬉しい。

人々がこの曲を聞いた時に、俺じゃなくてマックを第一に思い浮かべて欲しいんだ。」

そう言ったジョン・メイヤー

あるインタビューでは

「参加したかった曲はたくさんあるけど、だいたいそういう曲は

聞かせてもらった時にはすでに完成していて、入る余地がないんだ。

でもこの曲はまだフレッシュだった。」

と語っている。


→このジョン・メイヤーが言っていることわかるな。

本当にやりたい、協力したいと思った作品に参加するって

それ以上何もいらない。

演奏しているその時が一番嬉しいからね。


* * *

そんなお話から、台湾での話へ・・・


TAIHEI「小籠包が美味しかったね」

KCEE「面白い民族楽器を使っているバンドがいて、あれも面白かったね」

TAIHEI「そういえば楽器屋行きましたね。馬頭琴とか二胡とかある。

しばらくセッションしてたよね。」

KCEE「民族楽器ってその、弾いてたら月が見えてくるというか...

わかるっしょ?笑」


民族楽器といえばこの曲・・・

Suchmos「YOU BLUE I」

KCEE「この曲のシタールは俺が弾いてるしね」

TAIHEI「初めからイメージは《シルクロード》でしたから。

イントロの“ガンッガンッ”ってとこはハープを意識して作ったし。」



っていう制作話をちょろっとしてくれました。
目を閉じて聞いてみると、きっとそこにシルクロードが...


===========================

 【SPARK DREAMER】

第二楽章は、これからのSuchmosの夢について

お届けしておりますが

先週に引き続き

TAIKING×オカモトコウキ 

ギタリストBOYS対談 


ソロアルバム「GIRL」をリリースしたコウキくん

今回は、コウキくんとTAIKINGが共に使っているギター

ヴィンテージのフェンダー・ストラトキャスター(64年)の話から

いい曲が出来て奥さんに聞かせた時に、同業者目線で指摘された...など

お家でのお話。

そして、TAIHEIの家で赤ワインを飲んで

ペロペロになっちゃった話まで(笑)

プライベートな部分もた〜くさんお話伺っちゃいました。


SuchmosとOKAMOTO'Sの対バン

再演があるといいですね〜!


オカモトコウキさん、ありがとうございました!!

■―――――――――――――――――――――――――――■

オンエアリスト

Get Lady / Suchmos

Take My Time / Skinshape 

Acadian Driftwood / The Band

TEENAGER / オカモトコウキ

I Never Told You / Quincy Jones

See-Saw / Pink Floyd

■―――――――――――――――――――――――――――■


みなさんからのメッセージ

24時間、365日募集中でーす!

内容はなんでもOK!!


Staff| 03:51 | カテゴリー:Suchmos

2019年11月21日

【Suchmos】TAIKING NIGHT【初ソロ】


今週は特別回!??

TAIKING ソロナビゲート!!

IMG_9065.jpg

SPARK DREAMERのゲストに

オカモトコウキくんもお迎えして

しっかりナビゲーターとして勤めましたよー!


===========================

【BEHIND THE SONGS】

 数ある名曲の誕生秘話と

Suchmosの楽曲制作秘話を掘り下げるコーナーです


Prince & The Revolution「Purple Rain」

1984年リリース。

あるライブのサウンドチェック中にあるコード進行を弾いて

「これを形にしたい」とバンドに伝え

キーを決めた後にセッションして、各パートのメロが作られた。


→TAIKING「俺たちSuchmosの作り方と似ている!

曲は「キー」や「テンポ」によって

いいと思える「キー」と「テンポ」があったりする。

服のサイズ感のように、このブランドのこのMサイズがいいみたいな。

通づるところがあって嬉しいいなぁ」



Suchmos「GIRL feat.呂布」

イントロのリズムは 、TAIKINGとHSUが

Wouter Hamelの「Breezy」をオマージュして作り

友人でもある呂布くんにラップをお願いし

バッチリ決めてくれた1曲。

MV撮影が朝早くからだったため、みんなで泊まろうということに。

お寺に宿泊したが、その手配は全てYONCEがやってくれた。

みんなで布団を並べて修学旅行状態に。

結局コンビニでお酒買って・・・

翌日、みんな寝起きなのに頑張って表情を作ってたそうです。

そんなYONCEの寝起きで頑張っている表情が見られる

↓ GIRL feat.呂布のPVはこちら ↓


===========================

 【SPARK DREAMER】

第二楽章は、これからのSuchmosの夢について

お届けしておりますが

今夜は

TAIKING×オカモトコウキ 

ギタリストBOYS対談 


TAIKINGが対談したい相手として名前があがっていたのが

オカモトコウキくん。

年齢も使っているギターの年代も同じという共通点が多い二人。

先日、ソロデビューした彼の初ライブにTAIKINGも参加しました。

そんなお話、お互いのギタープレイについてなど

お話ししましたよー。



二人の出会い

2年前の「Suchmos The Blow Your Mind TOUR」で対バンしたのが最初。

その後、TAIKINGがギタリスト飲み会に向かうため

街を歩いていたら、バッタリ。

その会に誘って、今やコウキくんが幹事に。



ソロアルバムを作ろうと思った理由は?

OKAMOTO'Sのデモを作っている中で

その時のバンドの色には合わなかったりした曲がたくさんあって

それを作り直したり、どんどん曲がまとまっていって

ソロをやろうと思った。



初のソロライブについて

今回サポートに入ってもらって、他のメンバーが揃って演奏した時に

一人で完結していたものが、みんなで形になった時

すごく嬉しかった。

TAIKINGに「なんかホーリー」を弾いてもらった時に

「あ、Suchmosっぽい!」って。らしさが出るんだね。



テンポよく進む二人の会話に、時間はあっという間に過ぎてしまいました。

今回の対談を聞き逃した方はradikoのタイムフリーで!

(1週間聞き直しできます!)

http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20191121003211


なんと!

来週も「TAIKING×オカモトコウキ」ギタリストBOYS対談を

お届けします!!


■―――――――――――――――――――――――――――■

オンエアリスト

Summer Everyday / Loud As Funk

Blue Monday / New Order

Breezy / Wouter Hamel

LETTER / オカモトコウキ

Pacific / Suchmos

■―――――――――――――――――――――――――――■


みなさんからのメッセージ

24時間、365日募集中でーす!

内容はなんでもOK!!


Staff| 02:05 | カテゴリー:Suchmos

2019年11月14日

【Suchmos】台湾に行くことが決まりました【初台湾】

もう寒くなって来たね〜 

肉まんとか鍋とか食べたい YONCE & OK 

ほんわかした雰囲気でお届けしましたよ〜

IMG_8993.jpg


来年のASIA TOURに先駆けて、今週土曜日!

11/16(土)台湾のミュージックアワード

「第十回 金音創作奨-Golden Indie Music Awards-」 に

ゲスト出演が決定しました!

初の台湾でのパフォーマンス!!

詳しくは、Suchmosのオフィシャルページを見てね〜

Suchmos 公式ホームページ


===========================

【BEHIND THE SONGS】

 数ある名曲の誕生秘話と

Suchmosの楽曲制作秘話を掘り下げるコーナーです


The Police「Every Breath You Take」

1983年にリリースされ、大ヒットした曲。

ボーカルのスティングは、1982年ごろ私生活のゴタゴタにうんざりして

ジャマイカにあるイアン・フレミング(James Bondシリーズの著者)の

別荘「ゴールデン・アイ」に滞在。

静養していた時にこの曲が生まれた。

当時のことをスティングは

「夜中に目が覚めて、あの一節

“Every breath you take,Every move you make,i'll be watching you”

が思い浮かんだ。

ピアノの前に座って、30分で曲を書き上げたんだ。」

と語っている。

イギリスに戻った後、ハモンドオルガンで引き語りしたデモ音源を作り

メンバーに聞かせ、ギターのアンディ・サマーズが

あの印象的なイントロのギターリフをつけて完成した。



Suchmos「A.G.I.T.」

2017年にリリースしたアルバム「THE KIDS」の1曲目

FUJI ROCK FESTIVALのホワイトステージに出演が決まり

ビッグなステージで演奏することを意識し始めた時期に作った曲。


YONCE「イントロのピアノのメロが先にあって、そこからギターのリフが

決まっていたと思う。あのピアノがめちゃくちゃ好きで。

2バース目が終わってからの間奏?

ライブだと無礼講タイムになるのが秀逸だよね。」


OK「ストロボタイムですよね 笑 

2サビが終わるまでは“静” 

その後から一気にストロボが来てラストサビ!みたいな

あれがいつも気持ちいい。カンパーイ!って感じ」


YONCE「この当時、LIVEしててエキサイトする方向にいってた気がして。

その時点での集大成みたいな目的があったと思う。」



ちなみに、当時担当していた「THE KINGS PLACE」で

初オンエアしたこの曲。

スタッフも思い出深い曲だったりします。

彼らはあまり覚えていないらしいので、当時のJ-WAVE NEWSなんかも

ご覧ください

「A.G.I.T.」初オンエア時のJ-WAVE NEWSはこちら


===========================

 【SPARK DREAMER】

第二楽章は、これからのSuchmosの夢について

お届けしておりますが

今夜は、長年のバンド仲間?戦友?である

OKAMOTO'S

について!!


なんと、来週のこのコーナーで

TAIKINGとOKAMOTO'Sのオカモトコウキさんの対談が決定!

その前に、SuchmosとOKAMOTO'Sとの関係性について

教えてもらいました。

一度、Suchmosのツアー(金沢、新潟公演)に

出演してもらったOKAMOTO'S


同年代で、各方面を賑わせている(笑)メンバー。

学生時代からズットズレテルズやOKAMOTO'Sに

刺激を受けていたというOK&YONCE

「もう、パイセンなんだよね」とリスペクト。


来週、TAIKINGと対談するオカモトコウキくんについては

YONCE「打ち上げでコウキくんとビートルズの話とか、

この雑誌の記事が面白いって教えてもらって読んだりした。

レコーディングに関しても知識がすごいから。」

そんなエピソードも教えてくれました。


来週の

TAIKING×オカモトコウキ

ギタリストBOYS対談 

どんな話が聞けるのか??

お楽しみに〜!!


■―――――――――――――――――――――――――――■

オンエアリスト

Water / Suchmos

Winning Days / The Vines

Leaves Never Break / JAKE HOLMES

季節は変わる / 踊ろうマチルダ

Is That All There Is? / John Parish & PJ Harvey

BOUND / Suchmos

■―――――――――――――――――――――――――――■


来週は 

  TAIKING  が ソロナビゲート!

ソロデビューしたOKAMOTO'Sのオカモトコウキさんに対抗して?

TAIKINGもラジオでソロトーーーク!!

SPARK DREAMERでのオカモトコウキさんとの

対談もお楽しみに。


メッセージも24時間、365日募集中でーす!


Staff| 02:48 | カテゴリー:Suchmos

2019年11月07日

【Suchmos】YONCEはダブル派【トイレットペーパー】

今夜は 

YONCEOK

コンビでお届けしました

IMG_8990.jpg


メッセージで

「YONCEさんは、なぜトイレットペーパーはダブルがいいのですか?」

ときましたが

デリケートな話に、笑って答えてくれました。


他にも、OKの行きつけの喫茶店でのお話や

曲のタイトルについてなど

聞き逃した方は、radikoのタイムフリーで!

http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20191107000000

(1週間聞けます)


===========================

【BEHIND THE SONGS】

 名曲の誕生秘話と

Suchmosの楽曲制作秘話を掘り下げるコーナーです


Joni Michell「Big Yellow Taxi」

Janet Jacksonの「Got Til It's Gone」にサンプリングされていることでも

知られているこの曲

ジョニがハワイに行った時

「タクシーでホテルまで行って、翌朝目覚めてカーテンを開けると

遠くに美しい緑の山が見えた。

でも、下を見ると、見渡す限り駐車場だったの。

楽園の破壊に胸が痛んだ。もっと滞在する予定だったけど、

2日で帰ってこの出来事を歌に書いたの。」と語っています。


→OK「俺たちも結構、旅に行ってから書いた曲がある。

Indigo BluesとかOVERSTANDとか。」



Suchmos「Fallin'」

4人組だった時代から存在している曲で、

初めはピアノのリフがあって、そこから作ったはず。

当時、YONCEがちょうど彼女と別れて…というタイミングで

こっぱずかしい事は英語で書こうと決めていた時期の歌詞。


MVは、加入前のKCEEが撮影し、地元の駅構内で

VJの光で大きな影を写し撮影したそう。

(ちなみに、スケボーはKCEEが乗ってます)

MVはこちらで


===========================

 【SPARK DREAMER】

第二楽章は、まずメンバー1人1人にフィーチャー(feat.)して

それぞれの夢について聞いていきます!!


今日のfeat.

YONCE


Q.子供の頃の夢は??

【社長】

小学生の頃「社長やべぇ!」と思ってそう言っていた(笑)

中学生になって「スーツや制服を着ない仕事」

高校生では「音楽」

と夢が変化していった。


Q.今、興味・関心があることは??

【掃除】

ちょうど色々片付けているところ。

浜スタ公演が終わってから旅行とかも行っていないので

物理的なところ以外の掃除もしたい。



Q.会ってみたい、1対1で対談してみたい人は??

GRAPEVINEの田中和将さん

→「バンドってねぇ〜」とゆるく語りたい


Scoobie Doのオカモト"MOBY"タクヤさん

→同じリバプールサポーターとしてサッカー談義を


ギターリペアの豊崎貴志さん

→この夏、湿気でやられたギターを調整してもらい

だいぶお世話になった。

なぜこの道へ進むことにしたのか

ギターメンテのコツとか聞きたい


■―――――――――――――――――――――――――――■

オンエアリスト

PINKVIBES / Suchmos

Closer / TRAVIS

Sleep Walkin' / Masters of Reality

Sweet Dreams / Roy Buchanan 

Jesusu,I Just Want to Go to Sleep / Ginger Baker

FRUITS / Suchmos

■―――――――――――――――――――――――――――■


来週も   YONCE & OK  のコンビでお届け!


真面目な質問から、ちょっと気になるトイレットペーパーの話まで

なんでもOK!!

メッセージも24時間、365日募集中でーす!


Staff| 20:58 | カテゴリー:Suchmos

2019年10月31日

【Suchmos】櫻打管弦楽団【夢】

今夜も TAIHEIKCEE

コンビでお届けしました

IMG_8839.jpg


ハロウィンとか関係ないぜ。


===========================

【BEHIND THE SONGS】

 名曲の誕生秘話と

Suchmosの楽曲制作秘話を掘り下げるコーナーです


Norah Jones「Don't Know Why」

2002年、ノラ・ジョーンズのヒット曲ですが、実は本人が作った曲ではなく

シンガーソングライターのジェシー・ハリスが作詞作曲した曲。

ジェシーによると

「まず最初にメロディーができた。

歌詞は「あなた」を主人公にしようとしていたが、

結局「僕」を主人公にして、よりパーソナルな歌詞になった。

また、一部の歌詞はフェデリコ・フェリーニ監督の

イタリア映画「道」のラストシーンから

アイディアを得ているんだ」

とのこと。

→TAIHEI「映画とか映像に影響を受けて曲を作ることはよくある。」

KCEE「宮崎駿監督のジブリ作品なんて、一つの映像だけで

もう、何曲かけるか。」

映画で言葉にしていない言葉を音楽で表現するという作業。

Suchmosの曲を聴いて、色んな情景を思い浮かべてみてね。



Suchmos「Pacific Blues」

Pacificのリアレンジ版。

限定リリースされたアナログ盤に

横浜アリーナ公演のゲネプロ(リハーサル)で録音した

スタジオライブ音源を収録。

「“クラシック”とその兄弟である“ブルース”が融合したアレンジになっていて

この前の横浜スタジアム公演で頂点を観れたんじゃないかな?」

と、TAIHEIとKCEEは語ってくれました。


===========================

 【SPARK DREAMER】

第二楽章は、メンバー1人1人にフィーチャー(feat.)して

それぞれの夢について聞いていきます!!


今日のfeat.

TAIHEI


Q.子供の頃の夢は??

【パティシエ】

(小6限定)

当時はなかなか「パティシエ」と呼ばれる職業は

富山では珍しく、憧れていたそう。


Q.今、気になっていることは??

【アストンマーチン・レッドブル・ホンダ】

(今週もやっぱりF1)

憧れの車・アストンマーチンがF1に参加している

しかも今シーズン、パワーユニットは日本のHONDA!!

熱い!!

そしてドライバーのマックス・フェルスタッペンも

熱い!!!


Q.会ってみたい、1対1で対談してみたい人は??

小澤征爾さん

クラシック音楽もちゃんとやっていきたいと考えているTAIHEI

フルオーケストラのスコアを書き、指揮もしてみたい。

そして、オーケストラとSuchmosの融合も可能だと思っている。

そのために勉強して、経験して、

ちょっとでも小澤さんの足元ぐらいには近づいた上で

お話をしてみたい。


櫻打管弦楽団の結成、期待しております!!


■―――――――――――――――――――――――――――■

オンエアリスト

Pacific / Suchmos

月の光 / 辻井伸行

Turiya and Ramakrishna / Alice Coltrane

ラ・カンパネラ / 辻井伸行

Sleepy Time Time / CREAM

ROMA / Suchmos

■―――――――――――――――――――――――――――■


来週は   YONCE & OK  のコンビでお届け!

YONCEの素顔を丸裸に・・・!?



Staff| 15:32 | カテゴリー:Suchmos

2019年10月24日

【Suchmos】マックス&チャールズ【F1】

今夜は

マックス櫻打 こと TAIHEI

チャールズ大原 こと KCEE

コンビでお届けしました

IMG_8837.jpg

F1熱が抜けていない二人。

鈴鹿GP、観に行けてよかったね!


===========================

【BEHIND THE SONGS】

 名曲の誕生秘話と

Suchmosの楽曲制作秘話を掘り下げるコーナーです


Beatles「Yesterday」

1965年にポールが、夢の中で思いついたメロディーを

みんなに聞かせたところ

誰も知らないメロディーだったので形にしたそう。

当初、アレンジは電子音楽家のデリア・ダービシャーにシンセサイザーを

使用したものを頼むつもりだったそうだが、

バイオリンなどストリングスを使用したアレンジになった。

また、この曲をテーマにした映画も公開中です。


Suchmos「Burn」

今回は制作秘話というより、アレンジ秘話!

「THE BAY」に収録されている楽曲ですが

最近のLIVEではアレンジが変わっています。

CD音源より、激しいドラムンベースのような

ディープなミニマムテクノのようなアレンジを加えている。


TAIHEIとKCEE曰く、

あの頃作った曲とともに歳をとっている感じで

ずっと同じことをやっても飽きてしまう彼らなりに

その時々でアレンジを変えていく。

今後も変わっていくと思うので、歌詞と主のメロディーで

あぁ、あの曲だな

と思ってくれればいいです(笑)

とのこと。


変わらずにいるために変わり続けるSuchmosらしさってことで

よろしくどうぞ。


===========================

 【SPARK DREAMER】

第二楽章は、メンバー1人1人にフィーチャー(feat.)して

それぞれの夢について聞いていきます!!


今日のfeat.

KCEE


Q.子供の頃の夢は??

【最強のピッチャー】

父親が読売ジャイアンツのファンで

巨人のピッチャーになることを夢見ていたそう


Q.今、気になっていることは??

【スクーデリア・フェラーリ】

(やっぱりF1)

パドックの後ろまで行ったりと、鈴鹿GPを楽しんできました。

28日にはメキシコGPだよ!


Q.会ってみたい、1対1で対談してみたい人は??

Yoji Yamamoto


ファッションショーやF1会場でLIVEしてみたいし

自分たちが好きで、

この人たちのサポーターって本当に素晴らしいと思っている人たちの前で

音楽活動ができたらいいなと思っている。


Suchmos加入前は服を作っていた時期もあり

今は、新しいものを作るんじゃなくて

古着からモードに仕立てる...

ということが面白いかなと思っている。

(この生地をテーラードジャケットの裏地にしよう...とか)


■―――――――――――――――――――――――――――■

オンエアリスト

YMM / Suchmos

Space Oddity(Live) / David Bowie

I Am Malala / Thomas Newman

Lazarus / David Bowie

Känguru / Johann Johannsson

Bubble / Suchmos

■―――――――――――――――――――――――――――■


来週も   TAIHEI & KCEE  のコンビでお届け!

マックス櫻打くんを尋問していきますよ!!



Staff| 14:49 | カテゴリー:Suchmos

2019年10月17日

【Suchmos】OKが今、夢中なこと【F1】

今夜はTAIKING&OKコンビ

IMG_8693.JPG


ドーーーーーーン


===========================

【BEHIND THE SONGS】

 名曲の誕生秘話と

Suchmosの楽曲制作秘話を掘り下げるコーナーです


Massive Attack「Teardrop」

1998年にリリースされたこの曲。

ボーカルはCocteau Twinsのエリザベス・フレイザー。

実は、ボーカルをマドンナにするか、このエリザベスにするか

揉めたという話も・・・。

そして歌の内容は、エリザベスが一時期、恋仲になって別れた後に溺死した

シンガーのジェフ・バックリーについて歌っている。


→これは知らなかった。TAIHEIは好きだろうね。

これを聞いたら「どこまでも走れるぅ〜」って走ってそう笑


Suchmos「DUMBO」

まだTAIKINGやTAIHEIたちが加入する前の初期に存在した曲

「Pillow」が原曲になっていて

TAIKINGが「あの曲をやりたい!」と提案。

サビの歌詞もギターのリフもアレンジし直し

【DUMBO】として生まれ変わった。


→なんと、この話をOKは覚えていない!!!

誰か、、、OKの記憶のかけらが落ちていたら

拾ってあげてください。


===========================

 【SPARK DREAMER】

第二楽章は、メンバー1人1人にフィーチャー(feat.)して

それぞれの夢について聞いていきます!!


今日のfeat.

OK


Q.子供の頃の夢は??

小さい頃は「バスケットボール選手」(笑)

でも、自我が芽生えた頃からは「音楽」かな〜。

だから叶ったっちゃ〜叶った。


Q.今、気になっていることは??

【F1】

今までのチャンピオンクラスのレーサーから

若い新星が飛び出して来ていて

今シーズン、目が離せない!!


Q.会ってみたい、対談してみたい人は??

レーサーの方々は話したい人いっぱいいる!

佐藤琢磨、高木虎之介、鈴木亜久里、片山右京、土屋圭一、、、

若手で頑張っている、笹原右京くんとも最近仲良くしていて

一緒にカートに行って、もうありえない走りだった。


■―――――――――――――――――――――――――――■

オンエアリスト

Fallin' / Suchmos

Everydays / Buffalo Springfield

今を生きて / 矢沢永吉 

Boys / 忌野清志郎

Under the Sea / The Fearless Flyers

HERE COMES THE SIX-POINTER / Suchmos

■―――――――――――――――――――――――――――■


来週は   TAIHEI & KCEE  のコンビでお届け!


Staff| 02:00 | カテゴリー:Suchmos

2019年10月10日

【Suchmos】ミュージックシェアまつり!!【1回目】

今夜は

HSU & YONCE

改め

小杉くんと河西くんがお届けしました

IMG_5496.jpg


皆さんが聞きたいSuchmosの曲

「ミュージックシェアまつり」を開催!!

■―――――――――――――――――――――――――――■

オンエアリスト

VOLT-AGE / Suchmos

Armstrong / Suchmos 

FUNNY GOLD / Suchmos

JET COAST / Suchmos

MINT / Suchmos

■―――――――――――――――――――――――――■


 それぞれの楽曲の制作エピソードなんかも

合わせて語ってもらったら

全然時間が足りなくなっちゃったよ!!!

【VOLT-AGE】

サッカーファンの方からのミュージックシェア!


YONCE「サッカーやってる方に伝わって嬉しい」

HSU「最近、VOLT-AGEを聞いたのは“月曜から夜ふかし”で

イントロのギターの部分が使われてたんだけど

番組に『いつも見てます、Suchmosの曲をかけてくれたら嬉しいです』って

メッセージを送ったらかけてくれたの。」

【Armstrong】

親子でSuchmosのファンで、お母さんがお料理をしながら

口ずさんでくれている...というメッセージ!


YONCE「EPが売れたから、アルバム出していいぞって金子さんに言われて(笑)

よっしゃアルバムだ!って曲を並べたら足りなかったから作った曲。

高田馬場のスタジオで。

ちょうどMichael JacksonのXscapeがリリースされた時で

Love Never Felt So Goodとか。影響受けてる。」

HSU「どうやってできたか覚えてないけど、ジャムしながらサクサク作って。

歌詞はど下ネタで...」

【FUNNY GOLD】

付き合っていた彼との思い出の曲 というミュージックシェア!


HSU「Suchmosの唯一のLOVEソング。DAWを使ったりしたよね。

ちょうどWEEKNDを聞いていた時期で

その影響もあるんじゃないかなぁ」

YONCE「色々やったんだけど、結果、シンプルになった曲だよね。

どうしても俺ら側の照れがまだ勝っちゃってるんだよね。

もっと大人になったら演れるのかも。」

【JET COAST】

教習所に通っている時に聞いて、力をもらっていたという方からの

ミュージックシェア!


YONCE「この曲はHSUが作詞して。」

HSU「サザンみたいに、音のハマりがいい言葉を選んで作詞するんだけど

環状1号って歌ってるけど、そんなのないからね。国道1号だから。

最近 “その時のノリ” みたいなのが書けなくなっちゃって。

重たいな〜って。脳みその使い方が変わってきたんだよね。」

YONCE「もう新人じゃないからね。」

HSU「最近、King Gnuを見てるとタイアップとか

俺たちと同じようなのやってて、前の俺たち見てる感じがして。

こういう時期あったなって。」

YONCE「俺、最近Official髭男dismの曲聞いて“おぉ〜いい曲だ〜”って。

今、Suchmosはほぼみんな髭生えてるから、俺たちがほぼ髭男だよね(笑)

スポットライトを浴びてる彼らが、俺たちと同じようになるとは限らないけど

こうやって俺たちを先輩たちも見てたと思うし

今、自分たちがこう感じているのも自然なのかなって。」

HSU「常に等身大であり続けている自信はある。

JET COASTも当時のリアル。」

【MINT】

同窓会で初恋の人と、カラオケでこの曲を合唱し

青春を蘇らせてもらいました...というメッセージ! 


YONCE「嬉しいですね。今回メッセージをくれたみんなも

10代から50代とか幅広くて。」

HSU「どうやってできたっけ?

いつTAIKINGのあのギターのリフがついたのかも覚えてない。」

YONCE「ツアー中に大阪のスタジオに入って

俺とKCEEの二人で作ってきたから。」

HSU「子どもができて、なんで魂が宿るのか謎なのと一緒で

どうしてこの曲がこの形になったのかわからない。

言葉と音が完全に合っていて、スッキリ気持ちがいい。

アンセムになるだけの曲だなぁと思う。」


制作エピソードから、今の心境も含めて

たくさん語ってもらいました。


ミュージックシェアを送っていただいた皆さん

ありがとうございました!!


まだまだ物足りない?

そんな声もありつつ、第2回目の開催もある・・・かも?


* * * * * *


来週は   TAIKING & OK  のコンビでお届け!

通常コーナーもやります。

みなさんからのメッセージは

24時間365日、受付中

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

Suchmosへのメッセージ送ってね!


Staff| 00:45 | カテゴリー:Suchmos

2019年10月03日

【Suchmos】10月からも続くよ!【プチリニューアル】

今夜はTAIKING&OK

同じ幼稚園コンビ

IMG_8689.jpg


OKは髪を切ってプチリニューアル(笑)

浜スタ公演後は国内 逃亡 旅行をしていたそうです。


===========================

コーナーも今月からプチリニューアル!

【BEHIND THE SONGS】

 名曲の誕生秘話と

Suchmosの楽曲制作秘話を掘り下げるコーナーです


Michael Jackson「BAD」

KING OF POP マイケルが87年にリリースした「BAD」

当初、プリンスとのデュエット曲として制作された。

しかし、プリンスが「僕が参加しなくてもこの曲は売れるよ」と辞退したため、

マイケルのソロ曲となった。

この曲をプロデュースした、クインシー・ジョーンズもこの話を認めていて、

マイケルの家にプリンスを招待して、話し合いの席が設けられたとか。

デュエット曲の想定で制作されたため「“Who's” BAD?」という

歌詞が残っている



Suchmos「STAY TUNE」

元々は、J-WAVE 金曜16:30からの番組「GOLD RUSH」の

ジングル用に作られたメロディでした。

金曜日の番組なので ♫STAY TUNE in Tokyo Friday Night〜 と

歌っているんですね〜。

このジングルは、なんとTAIKINGの実家で録音したそう!!

そして、イントロの「ウィーン」という音は

J-WAVEへ行くエレベーターをイメージしている(らしい)。

六本木ヒルズのロビー階から、J-WAVEがある33階まで

エレベーターに乗っている時間と同じ秒数だとか!??

(信じるか信じないかはあなた次第...)


ほほ〜ぅ

掘り下げると、いろんな制作秘話が飛び出しますね〜

Suchmos通になるには必聴のコーナーとなりそうです!!


===========================

 【SPARK DREAMER】

横浜スタジアム公演を終え、次なる夢を探して...

まずは、メンバー1人1人にフィーチャー(feat.)して

それぞれの夢について聞いていきます!!


今日のfeat.

TAIKING


Q.子供の頃の夢は??

幼稚園の頃は「野球選手」、小学校の頃は「サラリーマン」

父親がサッカーやってたから、反発していたのかも(笑)


Q.今、気になっていることは??

千葉県の現状とか、災害とか人ごとじゃないなって思っている


Q.会ってみたい、対談してみたい人は??

機材に詳しい方(テック)とか

今、いろいろ気になる機材がいくつかあるから詳しい人、技術屋さんみたいな。

あと、DTMを少しずつもう一度やってみようと冨田ラボさんを聞き直してる。

→OK「タイキはメカオタク みたいなところあるからね」


■―――――――――――――――――――――――――――■

オンエアリスト

Miree / Suchmos

Love Rears Its Ugly Head / Tim Christensen 

Montague Terrace (In Blue) / Scott Walker

Everything / MISIA

へい!へい!へい! / すばらしか

Pacific / Suchmos

■―――――――――――――――――――――――――――■


来週は   YONCE & HSU  のコンビでお届け!


皆さんが聞きたいSuchmosの曲

「ミュージックシェアまつり」を開催!!

あなたが聞きたいSuchmosの曲

その曲に関するエピソードを送ってください!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

Suchmosへのメッセージ送ってね!

※早めに送ってね!!!!!

Staff| 01:10 | カテゴリー:Suchmos

1 2 3 4 5

バックナンバー

カテゴリー