MUSIC +1

Flower.farさん登場!

今日は、タイのアーティスト
Flower.farさんに
ご登場いただきました!

今月6月は、LGBTQ+の権利について啓発する
イベント・パレードが行われる
「プライド月間」でもありますが、

今回、butajiさん、Flower.far さん、
日本のトラックメーカーMETさんでタッグを組み、
日本とタイ、海を越えて作られた ”愛”、
”生きる”ことの自由を 讃えるアンセム
『True Colors』がリリースされるということで、
本日、STEPONEにお招き致しました。

●なんてお呼びすればいいんでしょうかね。

→「far」

●Flower.farさんは、
日本に来られたことはありますか?

→ 2回目の来日になりました。
昨年、3Houseとのプロジェクトできた時が初めて。

●日本では何か、見ましたか?

→ アイリッシュバーに行って、ワインを飲んで、
バッファローチキンみたいのものを食べました!

●butajiさんとFlower.far さんは、
どういった繋がりが?
どのような経緯でコラボすることに?

→ レーベルの方に声がかかって、
すごく早いプロセスで、皆さんと一緒に
曲を作っていくことになりました!

元々レーベルに声かかったんだけど、
サポートの活動も自分がしている
っていうこともあって、レーベル側から
自分を選んでもらった、ということみたいですね。

●今回の楽曲について、、、
元々、METさんが制作途中だったトラックに
butajiさんと Flower.farさんが、
「セクシャリティ、そしてナ ショナリティを越えた自由」
という言葉からそれぞれが、楽曲に落とし込んだそうですが

→ 『True Colors』なんですけど、
メッセージで、すごくいいなと思うのは、
自分を愛するとか、他人を愛する、
その時あ無垢な愛というか、
見返りを求めない愛というのはすごく大事で、
それが自由のある愛の始まりだと思うので、
そういったところにとても共感ができました。

→ 今回、butajiさんとは、ほんとに同じ思いだったので、
特に同じ気持ちで曲に向き合えた
ということなんですけれども、
さらにリスナーを考えた時に、
今回、セクシャリティとかナショナリティ、
そういう壁に対して、気持ちを持っているリスナーだけではなく、
色々な意味でのバリアを抱えている人に
聞いてもらいたいというところで、
そういう意味では、色々な人に聞いていただきたい
という気持ちがあります。

●ということで、『True Colors』を
世界最速オンエアさせていただきました。

+1としては、
今月プライド月間ということで、
日本とタイの性の多様性について、
聞いていきたいと思います。

→タイでは、LGBTQということも、
自分自身でいること、自分のことを
表現することがすごく普通で、
ほんとに皆さん、 凄くクリエイティブな
アイデアを持ってる方が多いので、
自分としては、まあまあって呼んでるんですけど、
まあまあ、どうやってこんなクリエイティブなことを
作り出してるの?っていう思いもありますし、
そういう方たちは、すごく自分自身を見せていくこととかを、
勇気を持ってしている人たちなので、
そこにすごくリスペクトを持っています。

→ 音楽だけではなく、例えばメイクとか、
そういうところでも一緒に作り出しています。

●タイはその辺が、進んでるような感じは
以前から感じてますけれども、我々は
タイから学ぶこともたくさんあるような気がしますね。

→ それぞれの国にはそれぞれの良さがあるので、
日本でもファッションとかを通じて、
みんなそれぞれ 美しく自分を表現してると思うので、
それもそれで素敵なことだと思います。

●今後の活動はどうですか、
ほかの曲、どんなものを今作られていたりとか、
どんな予定があるのでしょうか?

→ 今月ね、新曲が出るということと、
他のアーティストとのコラボレーションもあるので、
ぜひそれもチェックしてください。

Flower.far (@flowerfarr) / X

もう一度聴きたい方は、radikoの
タイムフリー、エリアフリー機能をご利用ください!
radikoで視聴する。

選んでください。