「D&I時代」のアートビジネスに注目 曽根秀晶さん

ニューノーマル時代のエッジにフォーカス!
「SAISON CARD ON THE EDGE」

毎週木曜は、600万ユーザーが使っている経済ニュースアプリ
「News Picks」と「STEP ONE」がコラボレーション!
各分野のプロフェッショナルである、
公式コメンテーター「プロピッカー」をお迎えして、
旬の話題について、深く掘り下げていきます!

今日は日本最大級のクラウドソーシング
「ランサーズ」株式会社
取締役 曽根秀晶さんをお迎えして、
「D&I時代」のアートビジネスに注目
という記事を解説していただきました!

近年、「建築やアート作品はお金にならない」という
傾向に変化が起き、
アート系のスタートアップ企業が増加しているそう。

その中でも、
障害のある作家のアートビジネスを展開する
「ヘラルボニー」という企業をピックアップ。

さらに、SDGs×ビジネスという流れが
加速していく中で、
どんな世の中になるのか?
どんな世の中になって欲しいか?
曽根さんの考えを伺いました。


詳細、もう一度聴きたい! という方は
こちらから

選んでください。