MAKE MY DAY

MAKE MY DAY

THERMOS
CHEERFUL TIME

ライフスタイルがより充実するヒントやアイディアをお届け

2021.09.19

思い出の器をずっと一緒に。自宅でつくろう金継ぎの世界!

今回は物を大切にするフィロソフィー、
海外でも注目を集める日本の伝統文化
「金継」を取り上げました。

お話を伺ったのは金継作家としても活動する
荻窪のブックカフェ
『6次元』の店主ナカムラクニオさんです。

元々は漆(樹液)を接着剤にして、
金をまく手法である金継ぎ。
茶人たちが朝鮮から輸入した高級な器を1度壊して、
金を入れて、愛でたのが元々の始まりだとか。
金継をするために、そもそも高級な器を割ったり、
器ができた際に壊れていると、
かえって喜んでいたそうです。


本来はクラシックな手法をだと
1つの器を修復するのに1年かかる金継。
金継をより身近なものにと、
普及活動されているナカムラさんが
提案する手法で今回、金継に挑戦しました。


器が欠けている場合の手順は、おおきく分けて3つ。
パテ(合成樹脂)で傷を埋めて、埋めた部分を削って整える、
そして漆で接着する。
埋めるときのポイントは
傷の形が金になった時に美しいなと思う形を
想像して埋めること。
そして1回で完成ではなく、
何回でも、塗り重ねられるため
がしがしスポンジでこすらなければ、10年もつそう。

今回使った道具や傷のことを解説した
「金継ぎ手帖」は玄光社から販売中です。
また、ナカムラさんのお店では
ワークショップを開催しているので、
気になる方は「6次元」のHPを
チェックしてみてくださいね。

http://rokujigen.blogspot.com

===================

今週のプレゼントは、真空断熱スポーツボトル。

スポーツに必要な水分を冷たいままで素早く補給。
冷たさをキープする真空断熱構造の保冷専用ボトル。
片手で操作しやすいロックリング付き。

こちらのマットパープルを1名様にプレゼントします。

番組TOPページ、MESSAGE TO STUDIOからご応募ください♪
こちらを1名様にプレゼントします。