RECONNECTING TO MUSIC

過去の音楽と今の音楽シーンとを結び付け、未来へと届けます。

世界の音楽史に大きな足跡をのこした “サッチモ”こと、ルイ・アームストロングの音楽にリコネクト④

今週は、
世界の音楽史に大きな足跡をのこした
“サッチモ”こと、ルイ・アームストロングの音楽にリコネクトしています。

1940年代にはジャズ界で不動の人気を獲得したルイ・アームストロングは、
1950年代に入ると、より広いレパートリーを手がけるようになりました。

そして、1960年代、
1964年にリリースした「ハロー・ドーリー!」は、
5月9日付けの全米ナンバーワンを記録しましたが、
これは、「62歳9ヶ月と5日」という史上最高齢での偉業!

しかも、
2月から14週=およそ3ヶ月間にわたって、3曲で1位を獲得、
トップの座を独占していたビートルズの連続1位の記録を
ストップさせた曲となりました。

そして、1967年、
ルイ・アームストロング「What A Wonderful World/この素晴らしき世界」が
録音されました。

この曲、1967年にもヒットしたんですが、
実は、ルイ・アームストロングが71年に亡くなったあと
1987年に、ロビン・ウィリアムズ主演の映画『グッド・モーニング・ベトナム』で
使われたことから再びヒットチャートをにぎわせました。

<今日お届けしたミュージック>

1950年録音、シャンソンを取り上げた
「C’est Si Bon/Louis Armstrong」

1964年の全米ナンバーワンヒット
「Hello, Dolly !/Louis Armstrong」

1967年に録音された
「What A Wonderful World/Louis Armstrong」

詳しくはラジコのタイムフリーでチェック!


  • Message to Studio
  • Twitter
  • Facebook
パソコン・スマートフォンでJ-WAVEが聴ける!! Powerd by radiko.jp