SUNRISE FUNRISE SUNDAY 6:00am-9:00am RADIO PROGRAM NAVIGATOR レイチェル・チャン

SUNRISE FUNRISE SUNDAY 6:00am-9:00am RADIO PROGRAM NAVIGATOR レイチェル・チャン

FUTURE DESIGNERS

暮らしにヒントをくれる人にフォーカスする20分

2019.01.13

「生きづらさを抱える人たちの物語」、企画・共作・共同演出の阪本洋三さん

18日金曜日から、池袋の東京藝術劇場シアターイーストでスタートする舞台
『Ping Chong's ドキュメンタリー・シアター Undesirable Elements
「生きづらさを抱える人たちの物語」』
この舞台の企画・共作・共同演出を担当されています、阪本洋三さんを
お迎えしました。

ニューヨークを中心に活動される演出家Ping Chongさんの手がける
Undesirable Elementsというシリーズで、今回が68作目。
ひとつの社会のなかで境界線にいる人たちの舞台を、ということで
始まったUndesirable Elementsのシリーズ。90年代初頭、
阪本さんは最初の作品にニューヨークで出演されたそうです。
今回は、現代の日本で生きづらさを感じている人、障がいのある人、
合計6人へのインタビューを演劇に再構成し、それをご本人が演じる、
という舞台。阪本さんは、この舞台について
「日本はオリンピック、パラリンピック、万博など近未来にイベントがたくさん
予定されていますが、ひとりひとり社会に生きている人に目を向けて
ひとりひとりの物語に耳を傾けることが大切なのでは?
それと向き合うことをこの舞台をきっかけにしてもらえれば」
とお話くださいました。

阪本洋三さんのFuture Designは、、、
「今、世の中の演劇は受ける、売れる、面白い、ということにウエイトを
置いているように感じますが、私は、民主主義的な価値観、自由、平等、
どうすればひとりひとりが人権をまっとうできる社会になるか。
難しいかもしれないけれど、そうした舞台を作っていきたいと思います」

『Ping Chong's ドキュメンタリー・シアター Undesirable Elements「生きづらさを抱える人たちの物語」』
は、1月18日金曜日から20日日曜日まで、
池袋の東京藝術劇場シアターイーストで上演されます。
大阪でも1月26日、27日グランフロント大阪ナレッジシアターで上演されます。
ぜひお出かけください!