CLOSE

Back Number

2018.7.21 Sat.

第121回 俳優、歌手の山崎育三郎さん

俳優、歌手の山崎育三郎さん をお迎えしました。

山崎育三郎オフィシャルサイト

現在地方公演中で、劇場と宿泊先の往復ばかりで、
外出することが少ないという山崎さん。 この暑い夏の過ごし方を伺うと...

「暑さ対策....外に出ないことですね(笑)
 あ、でも公演中は劇場なので 室内にいるんですけど、グビグビお水飲んでいますよ。
 2リットルくらい飲みます。やっぱり水分がすごく大事ですよ。」


”ミュージカル界のプリンス” として活躍される山崎さんは、
幼少期に家族でミュージカルを見にいくきっかけが多かったのだとか。

その時、同世代の子供たちが活躍する姿に嫉妬していたそうで...
「家で歌ってたら、親バカかもしれないけど母が、
 ”良い声かもしれないね”と言ってくれたんです。
 歌うことで明るい性格になるかもしれないって教室に行くことになったんです。」


98年、山崎さんが12歳の時、オーディションに見事合格し、
いきなりミュージカルで主演を果たします。
拍手を全身で感じたことで、ミュージカルへの道を進むことを決意されました。

かつては、ミュージカルだけを活動の場にしていましたが、
現在では、テレビドラマやバラエティーにも出演されるようになっています。

「ありがたいことに、20代で自分のやりたい作品ほとんどに出演させていただいて、
 今度は自分の思うこと、この素敵な世界を多くの人に知ってもらいたい、
 そのきっかけになればな、と思って、出演するようになりました。
 さらに、子供の頃から憧れていた、美女と野獣の吹き替えもやらせていて... 
 数年前じゃ考えられないですよね。
 ミュージカルというワードが浸透したと思います。」


ミュージカル「モーツァルト」は6月〜8月までの公演ですが、チケット完売。
山崎さん本人も、ミュージカルブームを実感されているそう。

そんなミュージカルの世界を多くの人に届ける山崎さんの
ニューアルバム『I LAND』が来週25日にリリースされます!

「今回は、0から作品を作るというのが目標で、2年くらいかけて完成しました。
 ミュージカルポップス、という自分で作ったジャンルで、ピアノで作曲もしました。
 曲によっては、セリフも入ってますし、新しい挑戦をしました。
 僕は歌う時、ラジオもそうですけど、1対1で歌うことを大事にしています。」


リリースイベントなど詳細は、山崎さんの公式webサイトを御覧ください。

新たなジャンルを切り開き、活躍の場を広げていく山崎さんの
明日を美しくするヒントは... ”今を見ること”。

「あんまり先を見すぎないで、今を見ますね。
 今をしっかり生きていれば、未来につながるとおもっています。」


これからのご活躍応援しています! ありがとうございました。