2011年01月25日

 1月29日のJ-WAVE SPECIALは、創刊25周年を迎えた雑誌『スイッチ』とのコラボレーション企画。題して、
 『Switch 25th Anniversary Project: Seoul - Tokyo 2011〜坂本龍一・井上雄彦』

IMG_8611.jpg

 1月9日、韓国ソウルの「ソウル・アーツ・センター」で開催された、「Ryuichi Sakamoto: Playing the Piano in Seoul 2011」のライブの模様と、それを見に行ったマンガ家・井上雄彦、帰国翌日、東京で対談した坂本龍一と井上雄彦の言葉の記録をお伝えします。


IMG_8681.jpg

IMG_8756.jpg

 マンガ家・井上雄彦が音楽家・坂本龍一に訊ねる、「音楽を奏でることの楽しみ」「音楽の色や匂い」「2011年の音楽の可能性」、井上雄彦が語る「マンガの可能性と向こう側」「創作の意味」「デジタル書籍とマンガの可能性」・・・異なる世代の2人のクリエイターの言葉に耳をすませ!

 また、この対談の模様や、ソウルでの坂本龍一ライブのリポートが、2月20日発売の雑誌『スイッチ』誌上でも紹介されます。J-WAVEとSWITCHとのコラボレーションも、お見逃しなく!

J-WAVE STAFF| 13:18 | カテゴリー:

2011年01月22日

「第3回CDショップ大賞」!!

今日は、「第3回CDショップ大賞」にフォーカスして
お届けしました。

今回が第3回目ということで、新しい賞なのですが、
ノミネートされている作品は、
バラエティ豊かなラインナップで、
聴いていると色々な発見がある賞となっています。

大賞を受賞したアーティストandymoriも、
スタジオに来てくれました!
ライブでは、迫力の演奏を披露してくれましたが、
スタジオでは、メンバー同士仲のいい、
ほんわかした一面も見せてくれました。

皆さんは、どのくらいの頻度でCDショップに足を運ばれてますか?
ショップには、今日ご紹介したアーティストはもちろん!
そのほかにも、色々な時代、色々な国の、
多くのアーティストの作品が並んでいます。
そんな多くの作品の中から、
自分のお気に入りのCDを見つけたときのワクワク感は、
CDショップでこそ味わえるものです!

新しい音楽との出会いを探しに、
CDショップに行ってみてはいかがでしょうか?

J-WAVE STAFF| 16:57 | カテゴリー:

2011年01月22日

「第3回CDショップ大賞」大賞受賞アーティスト登場!

今夜24時からのJ-WAVE SPECIALは、
第3回CDショップ大賞」にフォーカス!

大賞受賞アーティストの
andymoriがスタジオに登場!
ナビゲーターは、彼らとも交流がある藤田琢己。

他にも入賞アーティストや、
CDショップ店員さん、
受賞ライブのお客さんのコメントを交えてお届けします。

放送は今夜24時から!

J-WAVE STAFF| 04:18 | カテゴリー:

2011年01月20日

「第3回CDショップ大賞」に迫ります!

今日大賞受賞アーティストが発表になる、
第3回CDショップ大賞」。

今週22日の放送では、この「第3回CDショップ大賞」を大特集!
受賞式や大賞受賞アーティストによるライブの模様、
CDショップ店員さんの生の声、
大賞受賞アーティストと、
ナビゲーター:藤田琢己との対談などお届けします。

日本の音楽シーンの注目イベント、
第3回CDショップ大賞
をフォーカスしたJ-WAVE SPECIALは、
22日(土)24時からのオンエアです。
是非チェックしてくださいね!

J-WAVE STAFF| 02:05 | カテゴリー:

2011年01月15日

LITTLE CREATURES’CHRONICLE

DSCF7417.JPG

今夜の「J-WAVE SPECIAL LITTLE CREATURES’CHRONICLE」
いかがでしたでしょうか?

ナビゲーターの渡辺祐さんが最後に言った通り
LITTLE CREATURESは

「音楽に説得力がある。それが素晴らしい」

確かにそうですね。

そして、これからもLITTLE CREATURESは
LITTLE CREATURESの歩幅で音楽シーンを歩いてゆくのでしょう。

たくさんのファンとたくさんのアーティストに愛されながら。

J-WAVE STAFF| 16:03 | カテゴリー:

2011年01月12日

私たち、こんなにも愛されていまして…

Cornelius%BE%AE.jpg


Clammbon%BE%AE.jpg

ShutokuMukai%BE%AE.JPG

小山田圭吾、クラムボン、向井秀徳(敬称略)

この顔ぶれ!
'90年代以降の日本の音楽シーンの重要人物たち…。
この方々、ぜーんぶこの人たちのファンなのです。

LOVE%20TRIO%A5%B8%A5%E3%A5%B1%BC%CC.jpg

はい!そうです!LITTLE CREATURES
日本の音楽シーンの中でも、
ヒジョ〜にマイペースな活動を続ける“孤高の3人組”。

“何故、そんなに愛されているのか!?”

1/15(土)24:00から紐解いていきます。
題して"LITTLE CREATURES' CHRONICLE"
もちろん上記の方々はじめ、
メンバーご当人も登場します。

きっとどんな業界にも

多くの尊敬を集め、
独自の活動を続け、
着実に結果を残し、
影響力を及ぼす。

そんな存在の方々っていますよね!?
今回はそんなヒントにもなりそうな予感。
乞うご期待!

J-WAVE STAFF| 17:49 | カテゴリー:

2011年01月07日

第6回日本放送文化大賞の2作品をOA

今週1月8日のJ-WAVE SPECIALでは、
2010年11月5日に日本民間放送連盟から発表された
第6回日本放送文化大賞、ラジオにおいて、
準グランプリとグランプリを受賞した2作品を放送します。

<日本放送文化大賞とは?>
質の高い番組がより多く制作され、放送されることを促す目的で、
日本民間放送連盟が2005年に制定したものです。

第1部(24:00-25:00)
【ラジオ 準グランプリ】J-WAVE 「〜JK RADIO〜 TOKYO UNITED」

2009年6月26日金曜日、
午前6時から午前11時30分まで生放送された番組。
番組中に入ったマイケル・ジャクソン急死の第一報を受け、
予定していた内容を急遽変更。
世界の動き、関係者の証言、さらにリスナーの想いを
マイケル・ジャクソンが残した音楽とともに、刻々と伝えました模様を、
1時間に短縮・編集してお送りします。


第2部(25:00-26:00)
【ラジオ グランプリ】横浜エフエム放送「海の男たちに愛された本屋さん」

2010年5月29日土曜日、午後10時から11時まで放送された番組。
横浜の伊勢佐木町に開業して54年、
戦後から今に至るまで、海で働く船員たちに本を配送している
イセザキ書房の店主、佐藤智子さん。
番組では、佐藤さんから船員たちへ宛てた手紙の朗読を随所に織りこみ、
当時の船員らが、イセザキ書房との心温まる交流を振り返る。
(日本民間放送連盟のWEBSITEの説明から抜粋)

J-WAVE STAFF| 05:45 | カテゴリー:

2011年01月05日

1月1日放送の追記です!

KICK OFF 2011、いかがでしたでしょうか!?
番組に収まりきらなかったものも含めて、
下記、お楽しみ頂ければ幸いです!

【インタビューゲストプロフィール】

<遠藤保仁(えんどうやすひと)選手>
ガンバ大阪 鹿児島県出身 30歳
FIFAワールドカップ南アフリカ大会では
グループリーグ第3戦のデンマーク戦で直接フリーキックを決めて
ワールドカップ初得点。
4試合トータルでチーム1の走行距離を記録するなど
まさにチームのダイナモである。
10月の韓国戦で代表100キャップを記録。
今後も日本代表になくてはならない存在である。

<今野泰幸(こんのやすゆき)選手>
FC東京 宮城県出身 27歳
FIFAワールドカップ南アフリカ大会では、
大会直前のコートジボワール戦で
相手選手の悪質なファールにより左ひざ靭帯損傷のケガを負ったが
懸命のリハビリで大会に間に合わせ、デンマーク戦で途中出場を果たす。
ザッケーローニ監督となってからはアルゼンチン戦、
韓国戦共にセンターバックでフル出場。
日本の守備の要としての活躍が期待されている。

<宇佐美貴史(うさみたかし)選手>
ガンバ大阪 京都府出身 18歳
2009年5月20日のACLのFCソウル戦に先発し、
ガンバ大阪史上最年少デビューを記録。
今シーズン中盤からガンバでレギュラーとなり、
2004年に森本貴幸が記録した高校生Jリーガー
最多得点4点を上回る7得点を挙げる。
2010年Jリーグベストヤングプレーヤー賞(新人王)を受賞する。
卓越した技術とセンス、シュート力で若手注目No.1選手である。

【スタジオゲストプロフィール】

<後藤健生(ごとうたけお)>
サッカージャーナリスト
ワールドカップは1974年の西ドイツ大会から取材している、
日本サッカージャーナリズムの重鎮。
『ワールドカップの世紀』『日本代表の90年』など著書多数。

<佐藤俊(さとうしゅん)>
サッカージャーナリスト
サッカー日本代表から絶大な信頼を寄せられる選手インタビューの第一人者。
『中村俊輔リ・スタート』『宮本恒靖 主将戦記』など著書多数。


未公開インタビューからチョット抜粋

今野選手

Q)今野選手にとって日本代表とは?

A)国を背負っているわけだし、プレッシャーも、もの凄いけど、本当に自分を成長させてくれる場所だと思っています。

Q)代表で求めるのは結果or内容?

A)どちらも求めたいんですけど、やっぱり一番いいのは勝つこと。結果が凄く大事だと思っています。

Q)ザッケローニ監督のサッカーはどんなサッカーですか?

A)選手11人が組織的に守備も攻撃もバランスよくするサッカー。
自分もディフェンスに入ったから守備だけするんじゃなくて、攻撃にもどんどん絡んでいかなきゃならないし、攻撃の第一歩となるパスをどんどん出していければいい名と思っています。

Q)ワールドカップ期間中よく聴いた曲、リクエストいただけますか?

A)HYの『366日』

スタッフから一言
大会直前のケガでワールドカップの出場が限られた分、
今野選手の代表への想いは強いと感じました。
クレバーな守備でブラジル大会に日本を僕らサポーターを連れてってください!
頑張れ!今野泰幸選手!!

遠藤選手

Q)大会前、監督からシステムの変更とスタメンの変更が伝えられた時はどう思った?

A)それまで負けが続いていましたし、どこかで変化を求めたいという監督の気持ちの表れだと思うので、僕自身そんなに驚きもなかったですし、一度試してみる価値はあるんじゃないかなと思いながら聞いていました。

Q)俊輔君とか正剛君とか外れて、チームに動揺はなかった?

A)チームの中心でやってきた選手がワールドカップ直前で外れるというのは、チームにどう影響するかわからないし、個人個人のモチベーションの持ち方だったり、メンタルの持ちようは難しいかなと思いますけど、ワールドカップまでの時間を考えるとギリギリの選択だったかなという気はしますけど。

Q)チームには一体感はあったの?

A)うん。合宿入って、その前からもそうですし、いいコミュニケーション取れてましたし、監督と選手の間のコミュニケーションも取れてましたし、一体感というのは間違いなくあったのかなという気はします。

Q)チームを一つにしたものはナンだのかな?

A)皆がチームのためにって気持ちでプレーしたことかなと思いますし、ピッチ内だけじゃなく、ピッチ外でもね。ミーティングだったり、食事だったり、楽しく日々遅れてたので、そういうことがチームを一つにした要因だと思います。

Q)初めて出場したワールドカップという舞台は想像していたとおり、それとも違った?

A)夢見てた大会ですし、ドイツで悔しい思いをして、ワールドカップっていうのが勝つのがどれだけ難しいかっていうのを知った上でのワールドカップだったので多少なりとも払拭は出来たのかなと思いますけど、それでももっと上まで行きたいという気持ちがさらに強くなったのでワールドカップってやっぱりいいもんだなって思いました。

スタッフからの一言
ドイツ大会ではベンチ入りしたフィールドプレーヤーで
唯一出場が叶わなかった遠藤選手。
いろんな想いがあって、出場できない選手への気配りだったり、
チームを一つにする大切さだったり、その集大成がベスト16だったんだなって思いました。
遠藤選手の色紙の言葉じゃないですけど、日本のために、
サポーターのために健康、気をつけてくださいね。


宇佐美選手

Q)ベストヤングプレーヤー賞、受賞おめでとうございます。
どんなところが評価されたと思います?

A)得点数では新潟のチョ・ヨンチョル選手に負けているので、俺じゃないかと思っていたんですけど、それ以外のところが、攻撃に関しての貪欲さを見てもらったのかなと思います。

Q)26試合で7ゴール、どういうところが満足して、どういうところが満足いかなかった?

A)7ゴール獲れたのは聞こえはいいですけど、7ゴールしか逆に獲れてないとおもっているんで、もっと取れたと思ってるし、単純に決定機を外す場面が多かったので反省のほうが多いですね。

Q)昔から代表への強い思いはあったの?

A)自然にワールドカップを目指したというのがあるので代表に入りたい気持ちはあります。

Q)ワールドカップは子供の頃から見てたの?

A)98年、2002年ぐらいですかね。こないだの南アフリカワールドカップが一番印象に残ってますけど。ここでどうこういうより、チームでやってたし、しっかりグループリーグ突破して、パラグアイに負けましたけど、十分勝ててたと思うし、しっかりチームで戦って、全員で助け合って戦っていくのを見て、凄くいいサッカーしてるなと思いながら見てました。

Q)攻撃の方で物足りなさを感じたと思うんだけど?

A)前は収めることが出来てましたけど本田君とかが、数的優位に持っていけるぐらい突破していく選手があまりいなかったなとも思うし、上位に行ったチームはみんなそれがある選手がいたし、そういう選手、必要なんはそういうところかなと思った。


スタッフから一言
ロンドンオリンピック代表は眼中になく、すでにフル代表を目指す向上心の高さ。
現代表の分析と、そこに自分の居場所を見つけるあたりかなりのハートです。
攻撃への貪欲さ、早く見たいです。
宇佐美選手、期待してますよ!
それからリクエストの少女時代とKARAかけなくてごめんなさい。

J-WAVE STAFF| 07:26 | カテゴリー:


2017年 6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  


バックナンバー

カテゴリー