1. 稲田防衛相、辞任へ PKO日報隠蔽問題で引責
2. 朝鮮学校の無償化認める 大阪地裁、原告側全面勝訴
3. 政府、北朝鮮制裁の対象拡大へ 資産凍結、28日に閣議了解
4. 求人倍率1・51倍に上昇 6月、正社員も初の1倍超
5. 米、「国境税」見送り決定 日本メーカーへの打撃回避
6. 米産牛肉の輸入制限発動へ 政府、冷凍の関税50%に
 
今夜、みなさんから募集するメッセージのテーマはこちらです!
『ついに稲田防衛大臣が辞任。今の安倍政権にひとこと』

稲田防衛大臣は、きょう、正式に辞任する意向を表明しました。
それを受け、安倍総理は、「閣僚の任命責任は首相たる私にある。
国民の閣僚に対する厳しい批判は私自身、真摯に受け止めなければならない」
と語っています。が、2012年12月の第2次安倍内閣発足後、
閣僚が辞任するのは、この前の今村復興大臣に続き6人目。
…みなさんは、今の安倍政権、どう見られていますでしょうか?
また、今回の辞任、今度の内閣改造で安倍政権は変わると思いますでしょうか。

メッセージを送る

さて、きょう午前、稲田大臣は、南スーダンPKOの陸上自衛隊の
日報問題をめぐる不祥事の責任を取って辞任することを正式に表明。
安倍総理に辞表を提出し、受理されたことを明らかにしました。
そこで今夜のCUTTTING EDGEでは
来週、8月3日に内閣を控えた、このタイミングでの辞任表明の背景、
今後の安倍政権への影響について、専門家の方にお話を伺います。

今夜のBREAK THROUGHでは、共謀罪による
人権侵害を救済できる公的な独立機関の必要性について
またなぜ、日本では設置できないのか?
「国内人権委員会」について、考えていきたいと思います。

人生の終わりを考える活動、いわゆる “終活”の1つとして、生きているうちに身の回りの物を整理しておく“生前整理”に注目が集まっています。いったい、どんなものなのでしょうか?
そこで、今週は、この“生前整理”について詳しく紹介しています。
金曜日のテーマは、「生前整理をするとどんないいことがあるのか?」です。

 

今夜は、九州北部、現地のボランティアの現状、被災者支援のあり方について
熊本県の西原村に拠点を構える「災害NGO結」の代表、前原土武さんにお話を伺います。

 

雑誌ソトコト統括編集長の小黒一三が、ゲストを迎えてその活動の中にあるロハスを探る10分間。
今週は、編集者で農家の小倉崇さんをお迎えしています。

最終日の今夜は『8月 渋谷で開催! 親子で楽しめる「トマト祭り」について。』

津田大介
堀潤
安田菜津紀
萱野稔人
青木理