1. 韓国財団、元慰安婦に癒やし金 238人全員、故人も対象
2. 山東氏、GPSで「監視検討を」 相模原殺傷で法整備に言及
3. ケーン氏を副大統領候補に指名 米民主党大会
4. 米黒人死亡事件で警察官の刑事責任問わず
5. 全国知事会議 福岡市で開幕
6. 関東甲信が梅雨明け 平年より7日遅く
 
今夜、みなさんから募集するメッセージのテーマはこちらです!
「凶悪犯罪の再発防止に、必要なことは何だと思いますか?」

相模原の障害者施設での殺傷事件を受けて、
難しい課題だと承知で、あえて皆さんに伺うテーマです。
同じような凶悪な犯罪を、防ぐ手立てには何があると考えるでしょうか?

こうしていれば、未然に防げたのではないか?というご意見でも結構です。
いろんな視点をヒントにさせて頂き、
問題解決の糸口が見つかればと考えています。

メッセージを送る

相模原市の知的障害者施設殺傷事件で逮捕、送検された容疑者は、
その言動から、精神保健福祉法に基づいて、
相模原市が「措置入院」を決定していました。
ところが、およそ2週間で退院し、今回の事件を起こしています。

厚生労働省では、この「措置入院」の制度や運用のあり方について
きょう、見直しを検討する方針を固めました。
そこで今夜は措置入院の基本から問題点や今後の課題について
元慶応大学法学部教授で、弁護士の加藤久雄さんに電話を繋いで詳しくお話伺っていきます。

今夜のBreakthroughは、
9月の下旬に公開が決定した一本の映画を紹介します。
タイトルは・・「歌声にのった少年」といいます。

この映画のストーリーに込められたメッセージはもちろん、
パレスチナ・ガザ地区でロケーションした国際映画は、
おそらく初めてという貴重な記録としての側面も持つ「映像のディテール」、
そして、長年続く紛争はパレスチナの人々にどんな悲劇をもたらしているのか?
ゲストに映画「歌声にのった少年」の監督、
ハニ・アブ・アサドさんをお迎えし、詳しくお話伺っていきます。

暑い夏になると活動が活発になる虫。
最近では、生命力の強く殺虫剤が効かない「スーパー害虫」が
日本で増えているそうなんです。いったい、どんな虫なのでしょうか?

そこで今週は、この「スーパー害虫」について、詳しくご紹介しています。

木曜日のテーマは「今、どんなタイプの殺虫剤があるのか?」です。

 

大型の魚「メカジキ」を素材につかったデニム生地を、宮城県気仙沼の企業が開発!
その素材を使って、なんと「ウエディングドレス」を制作した
オリジナルドレスショップ 代表 柳谷理花さんに電話を繋いで詳しくお話伺っていきます。

 

雑誌ソトコト統括編集長の小黒一三が、ゲストを迎えてその活動の中にあるロハスを探る10分間。
今週は、アートディレクターの長友啓典さんをお迎えしています。

今夜は『デザインスタジオを構える、六本木の今昔。時代の移り変わりを語る。』

津田大介
堀潤
安田菜津紀
萱野稔人
青木理