KODANSHA CASE FILE

時代の気になるキーワードを解説

「今年の選抜高等学校野球大会で活躍しそうな野球エリートは?」

三月下旬になりますとまた今年も甲子園で春の選抜大会が行われます。そこに根尾昂くんのいる大阪桐蔭、石川昂弥くんのいる東邦高校が出場することになっています。根尾昂くんは去年の春の選抜から投打の二刀流、内外野ピッチャーですから三刀流とも言われてますが、その時二年生で初打席初安打初打点、その辺の活躍ぶりもこの本にたっぷり書きましたけれども、それが3年生になってチームを引っ張る立場になって今度はどういうリーダーシップを発揮するだろうかと、元々スキーが出来る、頭も良い、非常にセンスに優れている、そこで今度はリーダーシップを発揮する立場にあるんですよね。さらにプロのスカウトも10球団以上が一位クラスの評価をしていると聞いてますが、周りの注目度も高い、そこでどういう活躍をしてくれるか。彼がそこまでになった秘密というか、どんな成長過程を辿って来たのかを今、日本で一番詳しく書いてあるのがこの本なので宜しくお願いします。東海地区からは東邦高校の石川昂弥くんという、一年生からレギュラーになった子が出てきます。この人は実は大阪桐蔭の西高監督がぜひうちに来て欲しいと言って名古屋まで行ってスカウトしてたくらいの逸材なんですよ。結局石川くんのご両親がお父さんが東邦高校OBなので結局家族ぐるみ地域ぐるみで目の届くところに行って欲しいというので東邦高校へ進んだんですが、これは東邦高校の森田監督曰く巨人の坂本勇人クラスになるくらいのポテンシャル、センス、可能性を持っていると。一年生からこれだけ光り輝いている素材というのは今まで会ったことがないと。大阪桐蔭の根尾くんも甲子園に出てきてファンを沸かせたんですが、私もこの石川を見てる人がワクワクするような選手に育てたいと。それくらいの素材なんです。彼のこともしっかり書いてあるしまた彼のライバルである愛工大名電の稲生賢二くんというのがいて、多分愛知県出身のこの2人はプロに行ってからもすごいライバル物語をずっと続けていくと思うんですよ。本人たちその気だし今でも仲が良いので。そういう高校生たち、中学高校時代の青春も読み取って頂けるとい中々面白いんじゃないかと思います。(スポーツライター赤坂英一さん)

選んでください。