DAIWA HOUSE Secret Notes

2020/11/26

バードランドの子守歌 - ジョージ・シアリング-3-

M LULLABY OF BIRDLAND / GEORGE SHEARING 
                         
ジョージ・シアリングが1952年に作った、
ジャズのスタンダード、
「ララバイ・オブ・バードランド バードランドの子守歌」。

1947年に、故郷のイギリスから、ジャズの本場、
アメリカのニューヨークへ移住した、ジョージ・シアリング。
ブロードウェイ44丁目にあるジャズクラブで演奏していましたが、
そのクラブが1949年に、店名を「バードランド」に変えました。

チャーリー・パーカーのニックネーム
「バード」に敬意を表しての店名変更でした。
そして、オーナーのモーリス・レヴィは、
自分のクラブから、ジャズのラジオ番組を放送しようと考え、
その番組のテーマ曲の録音を、
ジョージ・シアリングに依頼しました。

このとき実は、オーナーのレヴィは、
「この曲を演奏して録音してくれ」
とシアリングに頼んだ楽曲があったのですが、
シアリングはその曲が気に入らず、
レヴィに「1曲書くから、それをテーマソングにしないか」
と持ちかけました。
1-2週間、ジョージ・シアリングは、
曲のアイディアが湧くのを待ち、
ある夜、夕食を食べている途中で、
ハッと立ち上がったシアリング、
ピアノのところにいって、10分ほどメロディを奏で、
それをメモのように書き留めました。
それがこの曲、「ララバイ・オブ・バードランド」。
なんと、ディナーの合間の10分で作った曲だったんですね・・・!

ですが、インタビューでシアリングはこう言っています、
「確かに10分ほどで書いたけれど、
10分で生まれたわけじゃない。
それまでの10数年以上の音楽キャリアがあったから生まれたんだ。
ずっとやってきたことの結果として、できた曲なんだよ」

西村由紀江 (ピアニスト/作曲家)

幼少より音楽の才能を認められ、ヨーロッパ、アメリカ、東南アジ ア諸国への演奏旅行に参加し、絶賛を博す。
桐朋学園大学ピアノ科に入学と同時にデビュー。
年間60本を超えるコンサートで、全国各地を訪れる傍ら、ライフワークとして「学校コンサート」や「病院コンサート」も行っている。

Copyright © 2017 J-WAVE, Inc. All rights Reserved.

HOME J-WAVE