MORI BUILDING Tokyo Passport

2018/12/13

文化を喫する、入場料のある本屋「文喫」

今年の6月に閉店した、青山ブックセンター六本木店の跡地に新しくできた「文喫」は、本と出会うための本屋、そして入場料(1500円)がある、本屋さんです。

「文喫」に置いてある本は、六本木の土地柄を意識し、アートやデザイン、建築、ビジネス関係の書籍を中心に、ありとあらゆるジャンルの本が約3万冊そろっています。”こだわりの選書”というだけではなく、独特の関連性を持った陳列方法で、思いがけない本との出会いやお気に入りの一冊に出会える楽しさも。

店内で本を楽しめるスペースは、大きく3つに分かれていて、おしゃべりやお食事を楽しみながら本が読める「喫茶室」、一人用のデスクで、じっくり本と向き合い、PCも持ち込みOKの「閲覧室」、グループやミーティングでの利用にもよさそうな「研究室」があります。珈琲と煎茶がおかわり自由で、何時間いてもいいので、好きな場所で、好きなだけ本と過ごせる空間になっています。さらに、小腹が空いた時に嬉しい喫茶店のようなメニューも要チェックです。看板メニューは「牛ほほ肉のハヤシライス」。

文喫
住所: 〒106-0032 東京都港区六本木6-1-20 六本木電気ビル1F
営業時間:9:00?23:00(L.O.22:30)
アクセス:地下鉄日比谷線・大江戸線六本木駅 3・1A出口より徒歩1分
入場料:1500円

BACKNUMBER

Copyright © 2017 J-WAVE, Inc. All rights Reserved.

HOME J-WAVE