KODANSHA CASE FILE

時代の気になるキーワードを解説

どんなところでクレジットカードが不正に使われてしまうのか? (お話:ITジャーナリスト 三上洋さん)

クレジットカード不正使用で一番多いのはインターネットでの悪用です。
ショッピングサイトからクレジットカード番号が漏洩、これは情報漏洩
というパターンですね。この情報がネットの裏サイトで販売されて
いたりします。その他に目立つのは詐欺サイトです。ショッピング
サイトのふりをして実際はクレジットカード番号を盗み取るだけという
偽サイトは多数あります。例えばブランド品+激安というキーワードで
検索をするとそのような偽サイトがたくさん出てくるんですね。完全に
クレジットカード番号盗み取るだけで、その目的のために本物の
ショッピングサイトとほぼ同じものを作っているんです。もう一つの
パターンはスキミングです。スキミングとはクレジットカード番号を
別の機械で読み取る事です。スキミングの機械を入手してそこでカード
番号、セキュリティコードなどを記録する。これは海外旅行ではよく
あることで、帰国すると高額な利用があるパターンがあります。さらに
最近報道で目立ってるのが写真で撮影するパターンです。コンビニ、
レストランのアルバイトの方がスマホでクレジットカードの表裏を撮影
していたずら心のようにして使ってしまうパターン。クレジットカード
は表と裏の情報が見えてしまえばいいのでメモや写真だけでも十分なん
ですね。クレジットカードをお預かりしますと言って店員さんがレジ側
へ持っていくのが一番怖いことです。ですのでクレジットカードで決済
する場合はカードを店員さんに渡さずにずっと持ち歩いて最終的な読み
込みまで見ていることが必要です。銭湯やゴルフ場等のロッカーがやら
れるパターンがあります。怖いのは犯人はロッカーの側にいてロッカー
の操作を見ているんですね。多いのはロッカーの暗証番号が4ケタに
なってるパターンです。犯人はこの4桁の操作をこそっと見ている、これを
見てロッカーを開けてしまって財布を盗みます。さてクレジットカードや
キャッシュカードの暗証番号はなんでしょう、その暗証番号と同じものを
ロッカーで使っている人が多いんです。ですのでロッカーの番号を盗み取る
というのはッロッカーを開けるだけではなく中にあるクレジットカードや
キャッシュカードを盗み取って暗証番号で使ってしまうという魂胆のようです。

選んでください。