KODANSHA CASE FILE

時代の気になるキーワードを解説

「日韓共催の2002 FIFAワールドカップで起こったチケット騒動」

チケットはFIFAが素人に任せてしまったんですよ、
だから間違えてしまって、一つは半分は外国にもう
半分は国内に売るというルールなんですよ、ところが
海外で売ってるところが通貨危機などがある国とか、
そういう国の人は買おうと思っても買えない国があった
んですよ。それで当然ながら戻ってくる、戻ってきた
ものを僕らに渡せばちゃんと売れたんですがそれを日本
に渡さないでしまっちゃったわけです。試合が始まったら
あいてることがわかって私が怒って出せって言って
ようやく改めて売ったんです。日本がグループリーグ突破
して仙台でトルコを試合した時、当時朝雨が降ってたんで
皆下に降りてこないんだなと思って見てたら、試合が
始まっても空いてるんですよ。何でだろうと思ったら
素人なものだから売れない切符って日本の競技場って
見えない席があるんですよ、そこは売らないんですね。
それとまともな席とを間違えちゃったんですね。だから
真ん中がガラガラで、そしたらFIFAが日本が遅く絵を
渡したからと言ってて私は記者会見に乗り込んでいきました。
轟々非難を受けましたが。最後は結局FIFAがお金返して
くれたんです。50万ドルくらい。だから皆んなチケットが
買いたくても買えなかったんですよ。最初の新潟の試合で
僕らは発見したんですが、そのときFIFAと一緒の東京の
ホテルにいてテレビで見ててビックリしてそれで理由を
聞いて行ったらそういう事が分かったんです。FIFAも素人
にそこは大丈夫だと思って任せてしまったんですよ
。今になって見れば32チームになったわけで64試合ある
ので日本にとってみれば精一杯でした。韓国も32試合やる
のにすごく苦労してたみたいですからね。そう意味では
悪くは無かったですね。その後サッカーの街が新潟や大分で生まれたりね

選んでください。