KODANSHA CASE FILE

時代の気になるキーワードを解説

「退職代行サービス、今後どうなるのか?」

会社と労働者との間には大きな交渉力の格差があるので、そこを弁護士が埋める・交渉のサポートをするという意味では退職代行に限らず会社と労働者の交渉のサポートという仕事は広がっていくと思います。ただ退職代行に限って言えば、本来であれば労働者が自分で普通に辞めますと言って辞める方が自然だと思うので、個人的には退職代行サービスはなくなっていく・減っていく方がいいと思います。ただ一方でメンタルの不調や長時間労働によって心身共に限界という方はこれから先もいなくなることはないと思うので、そういう方が退職代行サービスを使うのはあっていいと思うので、減りはしますがなくならないと思いますね。退職代行に限らず労働者は辞めたければ辞められるんだということが世の中一般の常識になれば、従業員を物のように使う企業も、それではうちは続かないと気付くと思うのでブラックな企業がなくなるということの1つ助けに退職代行はなっているんじゃないかと思います。中にはこちらから連絡をすると非常にお怒りになる企業の方もいらっしゃいます。これは私の感想ですが、従業員をコントロール可能だと思っていて、なのにその従業員が反旗を翻したというかコントロールできなくなったとことが怒りのポイントなのではないかと感じていて、怒るのはごもっともですがその後に、なんで辞めたのかな?なんで弁護士を使ったのかな?ということを考える過程でご自分の会社の就業環境について目を向ける1つの機会になるんじゃないかと思います。退職代行サービスは今いろんなものがありますが、まずは弁護士を選ばれた方がいいと思います。いきなりやめると言った場合に損害賠償請求を受けたり引継ぎでもめたりすることがないわけではない。なので弁護士を使った方がい安心かと思います。あとは弁護士をどうやって選ぶかですが、ホームページを見たり電話をしたりして、自分に合う、この人なら大丈夫という人を選ぶのが重要。退職は人生の一大事なので、そこをきちんと任せたいなと思える人に任せるのがいいのではないかと思います。

選んでください。