CASE FILE

時代の気になるキーワードを解説

「コロナ禍で葬儀に出たくても出られなかった人はどうすればいいのか?」 (プロファイラー:葬儀ビジネス研究所の吉川美津子さん)

最近コロナでお葬式に行きたくても行けない、どうしようなんていう方も時々いらっしゃるんですけど、例えば田舎のおじいちゃんおばあちゃんが亡くなっていきたいんだけれども、みんな「東京の人は来ないでくれ。」なんていう声もあります。ある人はね、これも知り合いなんですけれども、この方はがんの手術をなさったばっかりだったんですね。でもやっぱり行きたい、どうしようかなと思って、人混みを避けるために、儀式への参加は避けて始まる前、つまりご遺体が安置されている場所に伺って、そしてお参りしてお帰りになったって方もいらっしゃいます。可能な環境であれば、その儀式は避けて人混みを避けて安置されてる場所に伺って、そして帰ると、そういう方法も一つの方法だと思います。元々葬儀自体の儀式に行ったりする意識がだんだん変わってきて、親しい人だけでしっかりと送りたい、つまり祭壇がどうこうとか儀式がどここうということではなくって、亡くなってから火葬するまでの間、個人とどうやってその時間や空間を共有するかっていう点に、今非常に注目が集まっています。つまり亡くなってから火葬するまで安定してる空間であるとかその時間であるとか、そこに伺ってお参りして、ご家族といろいろなお話をしたりとかすることによってそれが儀式の代替だとか、つまり元々故人を弔うという場として、何か原点に帰ってきてるような気がしますね。私はたくさんの方は見送って、そしてご家族とお話をしてる中でも、葬儀の間って本当にバタバタしてて、儀式ってあんまり覚えてないんですよね。ただ故人とその間をどうやって過ごしたかっていうことは結構皆さんよく覚えてらっしゃるんですよ。ずっと一緒にいたねとか、自宅に何日か安置してみんなでいろいろ話したりとか、そういうことは結構覚えていらっしゃるので、そういうところを非常に大事にされた葬儀にこれからはなるんじゃないかなと思っています。

選んでください。