CASE FILE

時代の気になるキーワードを解説

「ギグワーカーのメリット、デメリットとは?」

ギグワーカーのメリットの中で圧倒的に良いなと思うのは
時間を自分で決められる言葉ですね。
朝決まった場所へ行って夜帰ってくるスタイルが
どうしても今の自分がやらなきゃいけない事に合わないって人は
たくさんいらっしゃると思うんですけども、
今までだったら離職という形になってどうしようという人が
多かったと思うんですが、ギグワークである程度稼げるようになると
非常に融通が効く働き方になり、いろんな人のためにもなるかなと、
それが最大のメリットですね。後は副業的にやる事でリスク分散して、
会社で何かあった場合でもこちらでやってるから精神的なゆとりに
繋がるかもしれないですね。
後は組織で働くことが苦手な人でも自分のペースで出来る、
気が楽だという事もメリットですね。デメリットは先ずは公的な保証が
一切無い世界です。フリーランスの人も同じですが基本的には
自己責任の世界という事ですかね。後は下手すると
競争が激しい世界になるのでどうしても単価が安くなりがちで、
最低賃金という考え方が無いのでそれこそ1,000円でやって下さいみたいなのを
皆んながやりますやります!になってるとどんどん価格が下がってきますね。
後は1人でやるケースが多いと思うので、
会社が組織として自分をスキルアップさせてくれたり研修してくれたりは
基本的に無いのでスキルを売ってるタイプの人は常に勉強をして
自己投資していかなくてはいけないことも、
考えようによってはデメリットとも言えるのかなと思います。
ギグワーク的な働き方をしてそれが本業になるのは少なくとも私の周りでは
当たり前のように起こってるので、精神的にも身体的にも
ギグワークでやってる仕事が楽しくなってきて
本業の方に気持ちがいかなくなる人もたまにいます。
そうなると自分の持ってるスキルを世の中に
もっと発信していきたいという気持ちになりSNSなどを駆使して発信を始めて、
直接依頼が来るようになり単価が上がって
どんどん化けていくという方が周りにはたくさんいますね。
起業は全然珍しくないと思います。

選んでください。