KODANSHA CASE FILE

時代の気になるキーワードを解説

「スマホ難聴にならないためには、どうすればいいのか?」

やはり音の大きさ、ボリューム、
それから聞く時間ですね、ですから一番の目安は耳で聞いて痛く感じる音、
これはもう一番いけません。
とにかくボリューム的には難しい何デシベルと言っても分かりません。
ですから聞いて痛く感じる音、これは避けなければいけません。
その痛く感じる音以下のボリュームでで連続1時間半を超えないでいただきたい、
1時間聞いたら5分10分でも結構です、
ちょっとヘッドホンを外して耳を休ませていただいて
それでまた音楽を楽しむ事は構いません、ですから音の大きさ、時間、
これを守っていただくだけでも十分守れます。
もしお子さんと一緒にロックコンサートなどで楽しみたい時は
子供さん様に簡単なものでいいですから耳栓を一緒に携帯していただくと安心です。
小さい子の場合なんですが、大きい音を聞いたときにある程度大人だと
これは不快に感じたり、ちょっといけないかもと理解ができるんですが、
子供さんの場合は分からないんですよね、
ですから大きい音から避けることができない事があるので、
親御さんとか保護者がこの大きな音は自分も痛いくらいですから子供には
害になるなと理解する必要がありますね、それで子供に指導する必要はありますね。
普通の小さいお子さんが行くくらいだとまだ大丈夫かと思いますけどね、
ですけどやはり音の大きさですね、それは注意が必要ですね。
親御さんが好きで一緒に行く時は注意が必要ですね、
その時は私が患者さんによくおススメしてる百均で
売ってるような簡単な耳栓でいいんですがそれをハンドバックやポケットの中に
忍ばせて下さいと。というのはがっちり耳栓をすると音楽が聞こえない、
それじゃ全く意味はないですね。簡単なスポンジ状のやつを
ちょっと入れるだけでも全然違うんです、
だからそれをポケットにでも入れといてもらってこれは危ないなと
思ったら少し入れてあげる、そうするとある程度音楽も聴けますし
楽しめますし巨大な音を防ぐことが可能ですので、それぐらいの事でも十分なんです。

選んでください。