KODANSHA CASE FILE

時代の気になるキーワードを解説

「退職代行サービスとは、どんなものか?」 (お話:センチュリー法律事務所 弁護士 小澤亜季子さん)

退職代行サービスというのは会社をやめたいけれどご自身では交渉が
難しいという人に代わって弁護士が退職の交渉をするというサービスです。
うちの事務所では、退職代行とはまったく逆の仕事、不当解雇と言って
会社側からクビにされて納得できないので争いたいというのを
多くお受けしていたんですが、その不当解雇の電話相談に、
辞めたいけど辞められないという逆の相談が来るようになって
昨年頃からだったんですけど、「あれ?」って思っているうちに退職代行という
サービスが広がりを見せたんだと思います。
私の場合は、依頼はホームページ経由でお受けしています。
メールやLINEでお問い合わせをいただいた方にお電話などでご連絡をして
ヒアリングをする。その後に、弁護士を使って辞めたい方には、弁護士名義の
内容証明郵便を会社に送ります。郵便だとタイムラグがあるので、
FAXやメールでも退職の通知を送ります。
その上で相手様企業にお電話をして交渉、連絡をします。
退職自体は、正社員は退職を申し入れてから2週間経過すれば会社の同意に関わらず
辞めることができます。ただ退職にまつわるいろいろな問題、有休をとる、
欠勤をする、業務の引継ぎ、退職時の競業避止義務、守秘義務の交渉、
あと社保年金税金関係の取り寄せなどまとめて弁護士がお受けして交渉するサービスです。
徐々に増えていて、弁護士2名でやっているサービスなのでそんなにたくさん
お受けできないというのがあるんですが、年末に向けて辞めたいという方は多かったですね。
問い合わせ自体は200?300くらいきています。退職自体は先ほど申し上げたように
会社の同意が必要なものではないのでできます。ただ、2週間経たずに辞めたい、
明日辞めたい、あさって辞めたいという方には、会社の同意が必要なので交渉が必要です。
交渉事なので100%ではないですが、私がこれまでやってきたものに関しては、100%交渉は成功しています。
私の場合は内容証明郵便代込みで65,000円でお受けしています。

選んでください。