2019/11/16 ON AIR

The Songbards

<The Songbardsの旅話>
トラベル・ラヴァーはThe Songbardsの松原有志さん、上野皓平さんでした。

「昨年夏にビートルズのカバーイベント出演とミニアルバムのマスタリングのためイギリスへ行ってきました。空き時間にロンドンとリバプールの街を歩きました。印象的だったのはロンドンの「ラフ・トレード」というレコード屋さん。アナログレコードという芸術に老若男女が気負いなくフラットに接していましたね。イギリスは建物を見ても歴史を大切にしているのが伝わります。リバプールは自分たちの出身地の神戸と同じ港町で共通点が多かったきがします。違ってびっくりした点は、大きなかもめがいたこと!遭遇できて驚きました!」

<INFORMATION>
The Songbardsは来週20日にファーストフルアルバム『CHOOSE LIFE』をリリース。
年明けにはリリース全国ツアーがスタート。
東京公演は3月14日、会場は渋谷クラブクアトロとなっています。
<今キニナル旅トピック>
南関東の紅葉も色付いてきました!

紅葉前線が徐々に南下して、関東の南まであと一息となりました。
きょうは都内からも気軽に日帰りドライブできる千葉の紅葉スポットを紹介します。
先日の台風15号、19号で大きな被害を受けた千葉県ですが、紅葉の美しい観光地では、たくさんの訪問者がやってくる最盛期に向けて、復旧作業が全力で進められています。

千葉県で随一と言われている紅葉の名所といえば養老渓谷。
高さ50mの崖を見上げるように、およそ2.5kmにわたって遊歩道が伸び、モミジやコナラなどが赤、オレンジ、黄色と色とりどりに染まります。
来週土曜日・勤労感謝の日には「養老渓谷もみじまつり」を開催。
餅つきや地元産のそば粉を使った手打ちそばの実演販売がおこなわれ、和太鼓の演奏、チェーンソーによるカービングアートなどで祭りを盛り上げます。

まだ一部、通行が制限されている区域があるそうですが、観光のメインとなる遊歩道のある谷間の楓は、ほとんど被害を受けていないうえ、ここ数年では、いちばん期待できるのではと予想されています。
紅葉の見頃は11月下旬から12月の初めにかけて。

今月23日から12月7日までの期間はライトアップもおこなわれ、夜の闇に幻想的に浮き上がる紅葉が見物客を魅了します。
渓谷を流れる川や滝の水音をBGMにすると、時間を忘れてしまいそうですね。
冷え込みが厳しくなるタイミング、すぐ近くにある養老温泉とセットでお出かけしてみてはいかがでしょうか?