WEEKLY SUMMARY

2020/01/18 ON AIR

映画『CATS』

J-WAVEリスナーズコミュニティ J-me では
「キニナルトピックス」のアンケートを実施。
もっともみなさんの関心を集めた今週のBEST3とは・・・?

<NO.3> 540 ポイント!
24日(金) 公開!
ミュージカルの金字塔、待望の実写映画化!
映画「キャッツ」!


<NO.2> 667 ポイント!
25日(土)、26日(日)さいたまスーパーアリーナで開催!
「QUEEN + ADAM LAMBERT THE RHAPSODY TOUR」


<NO.1> 804 ポイント!
23日(木)サンシャイン60展望台で開催!
天体観測会「ダイヤモンド富士」
映画『CATS』

今日は、キニナル第3位にランクインした、映画『キャッツ』に注目!
イギリスが誇るミュージカル界の巨匠、アンドリュー・ロイド=ウェバーが、詩集「キャッツ ポッサムおじさんの猫とつき合う法」を下敷きに作り上げた、一大ファンタジー。
「ジェリクルキャッツ」と呼ばれる猫たちが開く舞踏会の様子を描いた物語です。
1981年にロンドンで初演されて以来、世界合計の観客動員数は、8,100万人!
日本公演も通算1万回を記録しています。

公開前から、映画化への賛否両論もまた話題になっていますが、
それだけ世界中から愛されているミュージカル作品、ということですよね。

今回の撮影は、これまでのビジュアルエフェクトの限界への挑戦とも言われています。
顔を覆った上で派手なアクションにビジュアルエフェクトをかける手法は『猿の惑星』などでも行われていましたが、今回は役者の顔をしっかりと見せながら、激しい動きやダンスにエフェクトをかける。
この“顔を見せながら”というのがものすごく難しいんだそう。。。
この『キャッツ』は、最新技術もまた見所といえるかもしれませんね。

そういった最新技術もありますが、キャストたちの歌声や演技は本物です。
ジェニファー・ハドソンが歌う「メモリー」のシーンの撮影では2日間にわたって35回歌ったそうで、ノンストップで歌い感情を盛り上げていたそう。
また、キャストのみなさんは、猫の気持ちを学ぶために、キャットスクールに通い、猫の専門家による動き、考え、行動学などかなり細かく勉強して撮影に挑んだとか。

映画『キャッツ』は、1月24日(金) 全国公開です!